世間虚仮(せけんこけ)

国内外の時事等についてのブログ。既存メディアの報道は事実にほど遠く、事実に近い情報を届けたい。(拡散希望・リンクフリー)

以下、敬意を表して転載します。

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
天皇陛下が「即位礼正殿の儀」に臨み、述べられたお言葉は、キッシンジャー博士とプーチン大統領が合意した「新機軸」の理念と平仄を合わせた感がある
19/10/23 08:01
(以下一部転載)
 天皇陛下は10月22日午後1時から皇居宮殿・松の間で行われた「即位礼正殿の儀」に臨まれ、即位を内外に宣言するお言葉を述べられた。お言葉全文は、以下の通り。
「さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに『即位礼正殿の儀』を行い、即位を内外に宣明いたします。上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御(み)心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。国民の叡智(えいち)とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします」(AbemaTV/『AbemaNews』が10月22 日午後1時19分配信)
 このなかで上皇陛下が30年以上にわたる御在位の間、願われた「国民の幸せと世界の平和」というお言葉を2回、「平和」は3回使われて、「国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします」と述べられた。米共和党の重鎮、最長老のキッシンジャー博士とロシアのプーチン大統領が2016年2月3日にモスクワ市で世界恒久の平和と繫栄を築くために合意した「新機軸」(第3次世界大戦の回避、世界の原発443基の廃炉、地球環境の改善、AIの産業化)と平仄を合わせた感がある。日本が2016年6月27日、「日本を100年間植民地とする」日米英3国裏協定が71年目に破棄され、晴れて独立国になっているが故の責任感に裏打ちされている。上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、以下のように解説する。


richardkoshimizu のブログ
平和と憲法に言及された天皇陛下。
2019/10/23 9:06:04
(以下一部転載)
即位の礼正殿の儀で、天皇陛下のお言葉を、「平和」と「憲法」に触れて韓国YTNが正しく報道。「改憲に力を入れている安倍総理と対照的だ。」と安倍晋三偽総理が、天皇陛下の平和憲法順守のご意思に反する「戦争屋」であることを指摘。
------
>海外メディアは、韓国のYTNが生中継で伝えました。そして、天皇陛下が「平和」と「憲法」に言及されたことに触れ、上皇さまのかつてのご発言と「相通ずる」と指摘。「改憲に力を入れている安倍総理と対照的だ」と報じました。
------
所詮、安倍晋三は、飼い主のDeepState残党に操られて極東の戦争を惹起しようと企む不埒もの。日本が憲法を棄損し戦争を起こして喜ぶのは、金融ユダヤ人だけ。ただのドル防衛が目的。そんなこともわからずに、安倍礼賛を繰り返すぐ愚鈍につける薬はないのか?あーあ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
今回の即位礼正殿の儀は、天皇陛下が即位を国内外に宣言しただけに留まらず、神々の復権と、“神々の世界と人が生きる地上が新たに結ばれた瞬間”を示すものだった
2019/10/23 9:30 PM
(以下一部転載)
 昨日の記事で既に触れましたが、“即位礼正殿の儀は神々の世界と人が生きる地上が新たに結ばれた瞬間”であり、儀式を霊導していたのは、第1システム国津神第五レベルの最高神・エリーザベト様でした。ツイートにある虹などは、彼女が現したものです。
 今から10,000年以上前の第1システム国津神第五レベルの最高神は、オーディンでした。しかし、約11,600年前に巨人(ハイアラーキー)との戦いに敗れ、神々の座を追われました。この時から、地球はハイアラーキーが支配する星になってしまいました。
 その時以来、地球ハイアラーキーの頂点に居たのはサナカ(沈黙の監視者)であり、世界主(地球ハイアラーキーのNo2)はサナット・クマーラでした。約11,600年前から5,500年の間、地球ハイアラーキーでキリストの地位に居た2名が、ラーマとクリシュナです。この2名はインド神話では神々ですが、実際にはハイアラーキーの魔王(あるいは魔人)です。クリシュナの方は特にひどくて、マハーバーラタの中で悪役とされた者たちが、実は正義でした。
 このように地球の宗教は、正邪が逆転した滅茶苦茶なものになってしまったのですが、2007年以降に始まった「天界の改革」によって、このような邪悪な者たちは一掃されました。今や、わずかなハイアラーキーの残党たちが抵抗しているだけです。そのうち完全に殲滅されるでしょう。
 なので、今回の即位礼正殿の儀は、天皇陛下が即位を国内外に宣言しただけに留まらず、神々の復権と、“神々の世界と人が生きる地上が新たに結ばれた瞬間”を示すものだったのです。
 時事ブログでは、世界の霊的中心は常に日本であり、これからもそうであると説明して来たのですが、昨日の儀式で現れた不思議な現象で、日本が天と地を結ぶ特別な国であることを感じ取った人も多いのではないでしょうか。
 “続きはこちらから”をご覧になると、日本は2016年6月27日に“晴れて独立国になっている”とありますが、確かフルフォード氏も、日本が独立を果たしたことを伝えていたと思います。
 リチャード・コシミズ氏のブログによると、ネタニヤフ首相が権力の座から滑り落ちたとのことです。フルフォード氏は“天皇ご即位の日から、世界が変わるのではないかと言っていた”とのこと。まさに、昨日が時代の転換点だったわけです。
 それにしても、あべぴょんと昭恵夫人ですが、時代についていけていないということが、ゆるねとにゅーすさんの記事を見るとよくわかります。彼らは、精神的には100年前の時代に居るのではないでしょうか。


シャンティ・フーラの時事ブログ
トランプ大統領に反対している魔女たちが、トランプ大統領と彼を支える人々に対し、魔術によって呪いをかける計画を画策
2019/10/23 10:00 PM
(以下一部転載)
 トランプ大統領に反対している魔女たちが、トランプ大統領と、Qグループのようにトランプ大統領を支える人々に対して、魔術によって呪いをかける計画をしているとのことです。日時は、10月25日とのこと。
 Qグループの人たちは祈りを欠かさないようですが、その理由は、敵対する者たちが呪いをかけてくるからだということがわかります。記事をご覧になると、トランプ大統領に呪いをかけようとしている人物は、呪いの効力に自信を持っているようです。魔法の力と効力は“絶対的なものだ”とし、その効力を“私は知っている”と言っています。
 確かに、トランプ大統領とQグループ、そして彼らを支援する人々が、神と信じて祈ってはいるが、実はハイアラーキーに祈っていたりすれば、この呪いが効力を発揮する可能性があります。しかし、彼らの祈りが神々に通じていれば、呪いは何の効果もありません。
 普段からガヤトリー・マントラを唱えている方はよくご存知だと思いますが、呪いを跳ね返すには、「除霊と浄化の祈り」を使ってください。このような呪いは、完全に無効化されます。
 6月13日の記事で、第1システムの各レベルにおける最高神を紹介しました。ガヤトリー女神を含む至高四柱は、第1システムで最も高い位の神々です。なので、ガヤトリー女神に直接祈るガヤトリー・マントラは、人類が授かった最強のマントラなのです。
 ホツマの神々からみれば、ハイアラーキーなど全く取るに足らない存在です。一瞬で滅ぼしてしまえるのですが、法に基づいて、厳格に裁いています。
 至高四柱はホツマの神々よりも上位に居る神々で、第1システムの頂点にいます。その至高四柱がすべて女神だということをご理解ください。天界の改革は、心の清らかな者が天位に就くということで始まったのです。第1システムの各レベルの要職に就いている神々の圧倒的多数は、女神です。いずれ、映像配信で各レベルの役職に就いている神々の名前を公開するつもりでいます。
 地上は天上の写しなので、男性の方はよほどしっかりしておかないと、未来に居場所がなくなるかも知れません。


《櫻井ジャーナル》
ラテン・アメリカで新自由主義的な政策に抗議する活動
2019.10.23
(以下一部転載)
 ラテン・アメリカが揺れている。ベネズエラのニコラス・マドゥロ政権はアメリカの支配層が倒そうとして混乱を演出して失敗したのだが、エクアドル、チリ、ブラジル、ハイチなどではアメリカの傀儡体制に対する抗議活動が展開されている。
 エクアドルのケースは本ブログでも最近取り上げたが、レニン・モレノ政権による燃料補助の打ち切りが引き金。10月3日から中旬までに8名の死者が出ているという。
 この政策をモレノは取り消したようだが、それで問題が解決されるわけではない。補助の打ち切りはIMFの命令に基づく新自由主義的な政策の一環だからだ。
 モレノが大統領に就任したのは2017年のことだが、今年3月11日にIMFはエクアドルに対して42億ドルの融資を実施すると発表、いつものように、その条件として緊縮財政を強要してきたのである。欧米の巨大資本やその手先を富ませるため、庶民に緊縮財政を押しつけて貧困化させるわけだ。
 モレノの前任者であるラファエル・コレアはIMFを動かしている欧米支配層にとって都合の悪い情報を公表してきたウィキリークスのジュリアン・アッサンジの亡命を認めていたが、その決定をモレノは取り消し、アッサンジは4月11日にロンドンにあるエクアドル大使館でイギリス警察に逮捕された。
 モレノは汚職で受け取ったカネのロンダリングを行うためにINA投資という名前のペーパーカンパニーを2012年にベリーズで作ったという話が伝えられているが、その情報が漏れた責任はウィキリークスにあるという理由でアッサンジの亡命を取り消したのだという。
 ​チリでも激しい反政府活動​が行われ、すでに15名が死亡したと言われている。この国では1973年9月11日にオーグスト・ピノチェトの軍事クーデターがあった。アメリカの巨大資本の利権を守るため、アメリカの国家安全保障補佐官だったヘンリー・キッシンジャーがCIAの破壊工作部門を使い、実行させたのだ。
 民主的に選ばれたサルバドール・アジェンデ政権は倒され、巨大資本のカネ儲けに邪魔な人びとは拉致、拘束され、少なからぬ人が殺された。サンチアゴの国立競技場は「拷問キャンプ」と化したと言われている。
 邪魔者が消えた後、アメリカ政府はシカゴ大学のミルトン・フリードマン教授のマネタリズムに基づいて大企業/富裕層を優遇する政策を実施、つまり世界で初めて新自由主義が導入されたのだ。この政策で貧富の差が拡大、いまも貧困問題は深刻。今回の抗議活動の原因もそこにある。
 ブラジルではアマゾンの森林火災が問題になったが、その背景も新自由主義にある。2003年1月から16年5月までは新自由主義に反対する労働者党のルイス・シルバとジルマ・ルセフが大統領だったが、このふたりは疑惑攻勢で潰された。
 ルセフを失脚させて大統領に就任したミシェル・テメルはアメリカ巨大資本の手先として知られ、彼を含むクーデター派の中心グループは犯罪捜査の対象になっていた人物。そのテメルは今年3月に逮捕されたが、新自由主義の体制は維持されている。
 ハイチでも2018年から反政府運動が激しくなっているが、その原因も新自由主義にある。この国は資源が豊かで、昔から金の産出で有名。石油資源も注目されている。
 資源国のハイチだが、貧困国としても知られ、失業率は70%を超すという。ヒラリー・クリントンの弟、トニー・ローダムは金の利権に食い込んでいるようだが、大多数の庶民はその恩恵に浴していない。
 2010年にハイチでは大きな地震があったのだが、その原因は油田開発ではないかという疑惑もある。この地震の対策を指揮したのは国務長官だったヒラリー・クリントン。国連特使には夫のビル・クリントンが就任する。ビルはクリントン-ブッシュ基金やクリントン財団の理事長で、ハイチ再建暫定委員会の共同委員長でもあった。
 クリントン財団は「慈善事業」を名目にして多額の寄付を集め、ハイチでは60億ドルから140億ドルを集めたと見られているが、その内容は明らかにされていない。しかも、国際規模でチャリティーを行うために必要な正規の手続きを踏んでいないという。法律的に問題を抱えているわけだ。
 クリントン夫妻のハイチ利権には犯罪の臭いがするのだが、もし2016年の大統領選挙でヒラリー・クリントンが勝てば、バラク・オバマが大統領の間に恩赦を与える手はずになっていたと言われている。ところがドナルド・トランプが勝ってしまい、シナリオが狂ったようだ。
 こうしたラテン・アメリカの国々と違い、ベネズエラや香港の反政府運動は新自由主義の信奉者が行っている。その違いは有力メディアの報道に反映されているようだ。


田中龍作ジャーナル
【香港発】Hong Kong の山本太郎 「普通選挙があれば…」
2019年10月22日 22:11  
(以下一部転載)
 「五大訴求の一つが欠けても我々は認めないぞ」「今すぐ普通選挙の実施を」・・・革命スローガンを叫んでいるのは、前・立法会議員で民主派の梁國雄だ。
 20日あった35万人デモの終着点となった西九龍駅すぐ傍の路上。デモ参加者は立ち止まり、梁のシュプレヒコールに合わせて拳を突き上げる。
 梁の肩書が「前」議員なのは、議員資格を剥奪されたからだ。
 梁は雨傘運動を引っ張った民主派のリーダーたちが逮捕されたことに抗議し、立法会の議場で雨傘を広げたのである。これが剥奪理由だ。
 傘には逮捕された民主派リーダーたちの名前が書かれていた。
 議場で抗議の雨傘を広げる反骨精神は、日本の国会で一人牛歩する山本太郎の姿に重なる。
 香港は民主派というだけで、議員であろうが、世界的有名人であろうが、逮捕される状況となっている。
 8月末、議員8人と民主運動リーダーの黄之鋒や女神の周庭らが逮捕された。デモを扇動したなどとする いいがかり だ。
 香港における中国支配の拠点である中聯弁(中央政府駐香港連絡弁公室)に、民主派団体がデモをかけようと計画していた前夜だった。
 「お上(中国共産党)に楯突くとこうなるぞ」という みせしめ だった。
  田中は梁に「革命スローガンを公衆の面前で叫んで、逮捕される恐れはないか?」と尋ねた。
 梁は何喰わぬ顔で「すでに逮捕経験があるので怖くない」と答えるのだった。そして続けた—
 「For the people, by the people. This is the theory of democracy」(英語で)
 「4ヵ月もデモが続いていて(香港)政府が倒れないのはおかしい」「普通選挙をやっていれば、こんなデモなんてしなくて済むのに」(広東語から日本語に翻訳)
 山本太郎がいみじくも言う。「政治を最も必要としている人たちが選挙に行かない」と。
 人々のために体を張り、選挙の大切さを訴える。二人の共通点だ。
 緊急事態条項の危険性に警鐘を鳴らし続ける山本太郎。発動された緊急法に抗議しマスク姿で政府庁舎前に立つ梁國雄。
 山本が次の選挙で当選しても、改憲され緊急事態条項が発動されれば、事実上議員活動はできない。
 二人はここまで似る必要はない。(敬称略)


ネットゲリラ
中国人にだって豊かになる権利がある
 (2019年10月23日 10:37)
(以下一部転載)
中国が金持ち、といういいつものNEWSなんだが、何も急に金持ちになったわけじゃなく、昔からそれなり、なんです。ただ、自給自足の数字に現れない部分が多くて、資本主義の尺度では「貧乏」になってしまうだけ。「二米炊煙」というYouTuberがいて、餅ついて蜂蜜付けて子供に食べさせたり、山から何か採って来たり、百姓やったりという田舎暮らしビデオを撮っているわけだが、彼女のビデオではこんなのもある。自分で車を運転して、家族で街に火鍋を食べに行くわけです。これ、特に彼女の家が大金持ちというわけじゃなくて、元が資本主義的には「収入ゼロ」でも、一家が飢えないで暮らせるだけの生活がベースにあるわけです。これで工場でも出来て父親が働きに行って月数万円の収入が得られれば、それは即、生活を向上させるカネになる。月数万円の給料でも、家族を養った上に、自家用車が買える。
------
スイスの金融大手クレディ・スイスが毎年、富裕層の動向をまとめている報告書の最新版によると、保有資産の額が世界の上位10%に入る人の数で中国が米国を抜き、初めて世界トップに立ったことが分かった。
報告書によると、保有資産が上位10%に入る中国人は1億人と、米国人の9900万人を上回っている。
一方で100万ドル(約1億円)以上の資産を持つ「百万長者」の数は、米国が1860万人と世界全体の40%を占め、中国は440万人にとどまった。
------
トンキン住まいの年収1000万たって、家族を何人も養い、高い家賃で「存在するだけでカネが消えて行く」んだったら、年収の意味がない。自給自足で一家が爺婆から子供まで飢えないで暮らせるというのは、資本主義的には生産性ゼロでも、実質年収は1000万以上です。


『文殊菩薩』
中国で即身仏となった日本人僧
2019年10月23日07:23 
(以下一部転載)
中国の大法王寺の地下から秘密の地下室が発見され、そこから即身仏が見つかったが、即身仏はどうやら日本人の僧侶らしい。
というのも、即身仏と共に発見されたのは仏舎利と墓碑銘で、墓碑銘には円仁と天如の二人の僧侶が仏舎利を隠したとある。
円仁は『入唐求法巡礼行記』と題する日記を残しており、筆者も円仁が滞在した山東省青州で亀さんに借りて読んだことがある。
ちょうど、円仁が唐の時代の中国を訪れた際に、皇帝武宗が仏教を弾圧して僧侶の還俗を命じる会昌の廃仏毀釈が起こった。
どうやら、円仁と天如はこの弾圧から仏舎利を守るために地下室を作り、天如が即身仏となって仏舎利を守護したらしいのだ。
『入唐求法巡礼行記』にはちょうど七日間の不明の空白期間があり、その期間に仏舎利を埋めたとのだろうと考えられている。


シャンティ・フーラの時事ブログ
[YouTube] 北海道がんセンター名誉院長「健康被害が無いなんて大ウソですよ!」「風評被害じゃない!実害が出る!」
2019/10/23 12:00 PM
(以下一部転載)
この動画は、2018年8月31日に東京千代田区イイノホールにて、
福島原発・汚染水タンク撤去後の放射性物質トリチウムを含む処理水の取り扱いに関するものです。
北海道がんセンターの名誉院長の西尾正道氏は、トリチウムはDNAに取り込まれると述べていて、DNAがどのような変化を起こすのかというようなことも説明されています。
非常に重要なことなので、是非動画をご覧ください。
この動画は10分くらいですが、下に下げるとフルバージョンのリンクがあります。
IWJのチャンネルです。
(編集部注・フルバージョンはIWJ会員のみ視聴可能です。)


ネットゲリラ
ヒトを食い潰し、国家を食い潰す
 (2019年10月23日 13:56)
(以下一部転載)
実質賃金が下がり続けている。税金は上がりつつけ、特に低所得者ほど高税。都市部の生活者は賃金生活しか出来ないので、安くても身を削って働かなきゃならない。山に行って食べられるモノを探して来るというのは、もはやYouTubeの中のおとぎ話だ。
------
厚生労働省が23日発表した8月の毎月勤労統計調査(確報値、従業員5人以上)によると、物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.5%減で、速報値(0.6%減)から下げ幅を縮小した。
8月分の1人あたりの現金給与総額(名目賃金)の内訳を見ると、基本給にあたる所定内給与は0.1%増の24万4786円(速報値は0.3%増)だった。残業代など所定外給与は0.1%増(同0.9%増)、ボーナスなど特別に支払われた給与は4.8%減(同11.4%減)だった。パートタイム労働者の時間あたり給与は3.3%増の1176円で、速報値の3.4%増から伸びが鈍化した。
------
「新規雇用が増えているから」「パート雇用が増えているから」とネトウヨは言うんだが、正社員で50万貰っていた人が辞めて、同じような定年退職者を20万で雇えば、会社としては「儲かった、儲かった」だが、社会に出廻るカネがそれだけ減る。その分は株主であるユダ菌や政府のモノに。かくしてカネを溜め込んだ資本家は投資先がなくてウロウロw 玉子を産むべきニワトリに餌をやらないから、そのうち玉子を産まなくなる。





嗚呼、悲しいではないか!
フルフォードレポート(10/21)
2019/10/22 18:00
(以下一部転載)
ドナルド・トランプに対するクーデターの企みは失敗し、10月革命は続いている
米国ドナルド・トランプと多くの米国の上級政治家に対するクーデターは失敗した。多くの米国のシニアMI6とペンタゴンの情報筋によると、ナンシー・ペロシ下院議員やアダム・シフ下院情報議長を含む政治家は、結果として逮捕または処刑される可能性が高い。それが、ペロシ、シフに加えエリオット・エンゲル外務委員長、国土安全保障議長のベニー・トンプソン、共和党マック・ゾンベリー下院議員他がヨルダンからアフガンへ行った理由であると、その情報筋は言う。
国防総省や他の情報筋によると、現在のヨルダン王の母親アントワネット・ガーディナーは、イスラム教に「改宗」して名前をムナに変えた悪魔の血統に属するため、政治家はヨルダンで保護を求めた。
https://www.veteranstoday.com/2019/10/20/henry-makow-satanic-black-magic-rules-the-world/
しかし、ヨルダンの政府は保護を提供する意思はなく、提供することができなかった。彼らはクーデターに対する軍事的支援を求めてアフガニスタンに飛んだと、情報筋は語った。
先週、ジェームズ・マティス前国防長官と特殊部隊提督のウィリアム・マクレイヴン提督はトランプを批判し、企業のプロパガンダメディアを用いて広く批判をしたと伝えられたことは重要である。
マティスはトランプを批判した後、「超党派主義」が「無政府状態」または「良心、または先例や品位に束縛されない野心的な指導者の台頭をもたらす」と警告した。
https://www.cbsnews.com/news/jim-mattis-slams-donald-trump-during-speech-al-smith-dinner-2019-10-18/
2011年にビンラディンに対する偽の襲撃を率いたマクレーンは、「私はブラッグ砦のパレードフィールドにいます。引退した4つ星の将軍が私の腕をつかんで、私は民主党が嫌いだが、トランプは共和国を破壊している!と叫んだ。これらの言葉は一週間私に響き渡った。
「強力な反トランプの連邦議会議員エリヤ・カミングズの処刑」(その人は「幼児性セックスの誘拐を可能にすることで有罪と判決されました」)によって、クーデター未遂は促されましたと、国防総省情報筋は言う。
 ペロシは彼女の兄弟、元ボルチモア市長トーマス・ダレサンドロ3世の死によって国から逃げだしたようだ、と情報筋は言う。
陰謀の軌跡は現在、暗黒の教皇フランシスに続く、とMI6の情報筋は言う。 「教皇のボディーガードであるバチカン警察長のドメニコ・ジャーニは、スキャンダルと関連するリークによって辞任した」と彼らは言う。「教皇は去るべきである」
私たちは、最終的には、新たな金融システムの構築に関与していた者に対する殺人に関連して、彼にの起因する金融科学的証拠を見つけるでしょうと、彼らは付け加えました。2万人が拷問と殺害されたアルゼンチンの「汚い戦争」で教皇の役割も捜査されていると、彼らは述べている。
教皇と彼に権力を与えたP2フリーメーソンは911や福島の大量殺人事件のような汚い戦争に責任がある。また、今処刑されたバラク・オバマは彼らの夫であったと自慢していた。
フランシスは、11月23-26日、安倍晋三首相の奴隷制度を支援する為日本を訪問する(人口のわずか0.5%がカトリック教徒である)。一方フランシスは。NSAによって記録された喚問において、彼の前任者であるイエスズ会指導者であるピーター-ハンス・コルベンバッハが悪魔主義者であり福島に責任があると主張した事実を隠蔽し続けようとするだろう。フランシスはこれらの事実や他のバチカンによって実行された人類に対する巨大な犯罪を隠蔽するならば最後の法王になるだろうと警告されている。
フランシスが行う他のこととしては、P2フリーメーソンによって醸造されてきた偽のメシアの発表の準備である。これはこの役割のために訓練されてきた汚名を着た人である。バチカンは、情報源によると、今回地域の彼の犯罪行為を隠蔽するために、東アジアへ最上の暗殺者を送った。
この文脈で、北朝鮮の最高指導者金正恩は聖なる山である白頭山で白い馬に乗っていたことは興味深いです。北朝鮮の朝鮮中央通信は、予測した:「再び驚きで世界を打つと韓国革命で一歩前進を作るための主要な操作です。」
https://kcnawatch.org/newstream/1571601920-832224570/supreme-leader-kim-jong-un-climbs-up-mt-paektu/
朝鮮半島を統一するための(米軍の許可を得て)突然のステップでは、金正雲が計画していることを正確に伝えている可能性がある。第二次世界大戦中に白い馬に乗った昭和天皇は、常に、太陽神の子孫として掲示されたように、金正雲のこの写真を提示することも、それが真の皇帝としての地位を確立することを主張していることは注目に値する。もちろん、10月22日に彼の即位への海外からの祝福を受ける日本の天皇皇太子徳仁親王は、同意しません。
海軍シールズと国防総省の海兵隊が深層国家のあどれのクロームを根絶するためにカルフォルニアの地下基地から数選ん子供を解放したので、アジアの陰謀に加え中毒者は悪魔主義社会に自分の道を見つけようとしていると、国防総省の情報筋は言う。多くの告発者によると、彼らの血と副腎が刺激的なアドレノクロムを抽出するために取り出される前に、子供たちは拷問されて、殺される。
先週また、25万の動画を持つビットコインの子供ぼるのサイトを閉鎖した後、英国、フランス、イタリア、アメリカ、ドイツ、ブラジル等38か国で337人を米司法省が逮捕したと、国防総省情報筋は述べた。もちろん、これは逮捕された小児性愛者が自分の悪魔のボスを倒す時間である。
インドクリントン財団をからかい始めましたインドのRanbaxy創設者MalvinderとShivinderの逮捕の後、ネットワークはより近づいてきている。
イスラエルのベンジャミン・ネタニヤフ首相は、恩赦と引き換えに悪魔の首長に対して証言するための交渉を続けているのは、徒党に対するもう一つの継続的な脅威である。 シリアからのアメリカの撤退は、彼のようなイスラエルの政治家に、イスラエルがもはや自由に使える米軍を持っていないので、彼らが取引をしなければならないことを認識させました。
地上の現実はイスラエルのメシア計画は終わりを迎えていると言うことである。イラン、アラブとロるこの戦争、つまり極度の交渉は今中東のうんめいを決めようとしている。イスラエルは生き残るためにはこれらの派閥の一つと同意しなければならない。最も可能性のある彼らの背無人の同僚であるアラブ人である。事実、エジプトは今、トルコに対してアラブ人の利益のために働いている。それはこれがイスラエルの最善の希望であることを意味している。
https://thearabweekly.com/egypt-steps-support-syrian-kurds-increases-political-pressure-turkey
いずれにせよ、米国とロシア間の暗黙の軍事同盟に支えられたロシア外交は、この地域での集中的な交渉を最も可能性の高い結果にする可能性が高い。
世界の他の地域にも多くの陰謀があります。しかし、他の場所で多く報告されているように、フランス、イギリス、スペイン、エクアドル、ペルー、チリ、レバノン、香港などで暴動と社会不安が存在することに気づくでしょう。これらすべての混乱の究極の背景は、最高レベルの不確実性です。つまり、金融システムの最上位にあります。
欧州の王様は、ブルームバーグのセントルイス連邦準備銀行総裁ジェームス・バラードとの連邦準備理事会の体制変化についてのインタビューは、来る新米連邦準備理事会による主導の金利決定制御を実際に意味していると言っている。世界経済はAIによる再帰的複雑性理論から離れた。言い換えれば、AIは、ハリケーンの予想のように繰り返しパターンを認識して意思決定を行なっている。
https://www.bloomberg.com/news/videos/2019-10-15/bullard-says-fed-must-consider-additional-insurance-in-next-meetings-video
しかし、システム全体を安定させるためのグローバル通貨リセットは、古いシステムがさらに不安定になるのを待たなければならない、と情報筋は語った。彼は、2020年にリセットが行われると予測しました。
一方、メディアのキーワードの頻度に関する不確実性は、9月11日、リーマンショック、ソビエト連邦の崩壊などを超えて、これまでになく高くなっています。つまり、古いシステムは、新しいシステムが予告される前に崩壊する必要があります。
https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/bfmF8D2.jpg?itok=NGuhyEZe
https://www.zerohedge.com/economics/did-something-just-snap-us-policy-uncertainty-unexpectedly-soars-above-lehman-sept-11
ただし、これはすべてのメッセージが不良であることを意味するものではありません。たとえば、現在、米軍が開示のプロセスを開始したことは疑いようがない兆候があります。彼らは私たちの生活に革命をもたらす自由エネルギーのような技術の特許をリリースしました。
https://www.zerohedge.com/technology/navy-patents-ufo-compact-nuclear-fusion-reactor-and-hybrid-spacesea-crafts
米国空軍士官学校からのツイートによると、このSFのような技術のデモは10月30日に行われます。
U.S. Air Force Academy
@AF_Academy
 Join us October 30 at 8:30 PM to see something in the skies above the Academy you've never seen before. 👽
Twitterで画像を見る
1,439
1:13 - 2019年10月19日
Twitter広告の情報とプライバシー
891人がこの話題について話しています
また、これまで隠されていたカーボン技術が発売されようとしているため、ダイヤモンドの価格が世界的に下落していると聞いています。
ダイヤモンドは炭素でできていることを忘れないでください。これは最も安価で豊富な素材の1つです。炭素科学者は、ダイヤモンド窓、食器などがまもなく公開されると言っています。
https://www.zerohedge.com/markets/there-global-crisis-israel-diamond-industry-plunges-amid-global-turmoil
さらにエキサイティングなのは、私たちを不滅にする医療技術です。たとえば、寿命を50%延長できる3剤の組み合わせが発表されています。次の記事では、これはショウジョウバエで機能するが、それはショウジョウバエのそれと同一の私たちの体の基本的なメカニズムに影響を与えます。
https://www.sciencedaily.com/releases/2019/09/190930161857.htm
Let it Slump-無料のエネルギー、スペース、不滅のテクノロジーが公開されます。 これらは、新しい時代が始まったという非常に現実的な兆候です。
---------------------------------------------
かなりまともな内容になってきた。しかし、しつこいようですがフルフォード氏が「お前ら目覚めよ、何騙されているんだ。トランプ派敵側である」「P2フリーメーソンとは妥協する必要がある」と公言していたことは忘れません。フルフォード氏は前から「私は間違った情報を与えたら訂正している」と言っているが、今のトランプ礼賛やP2非難が訂正したつもりなのでしょうが?日本の武士道は認めませんよ、青い目のサムライさん。どうして間違ったのか。そしてなにより白龍会と手を切るべきです。それでないと復権は難しい。だいぶ読者も減ったようです。


richardkoshimizu のブログ
ネタニヤフ、イスラエル首相の座から排除された!新時代がやってきた!
2019/10/22 13:05:30
http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-e4e768.html
(以下一部転載)
イスラエル首相、連立政権樹立できず 野党のガンツ氏が組閣へ
2019.10.22 Tue posted at 10:34 JST
https://www.cnn.co.jp/world/35144268.html
エルサレム(CNN) イスラエルのネタニヤフ首相は21日、やり直し総選挙の結果を受けた組閣を断念するとの意向を明らかにした。
リブリン大統領は法に基づき、3日以内に野党統一会派の中道「青と白」を率いるガンツ元軍参謀総長に組閣を要請する見通しだ。
ネタニヤフ氏はビデオ声明の中で、ガンツ氏に大連立への参加を求め、さらなるやり直し選挙を回避しようと全力で努めたが、ガンツ氏側に繰り返し拒否されたと述べた。
ガンツ氏はリブリン氏の要請に応じる構え。「青と白」は声明で、同氏の下でリベラルな挙国一致内閣をつくると表明した。
イスラエルでは4月に実施された総選挙の後、ネタニヤフ氏が組閣に失敗。9月に同国初のやり直し総選挙があり、同氏率いる与党の右派「リクード」と「青と白」がほぼ互角の接戦を展開した。
リクードを中心とする右派・宗教勢力が55議席を確保し、「青と白」支持の中道・左派勢力を1議席上回ったため、リブリン氏はまずネタニヤフ氏に組閣のチャンスを与えていた。しかしネタニヤフ氏は、過半数を占める連立政権に必要な残り6議席を獲得することができなかった。
------
ついに、この日がやってきました。
テロリスト・ネタニヤフが首相の座から転がり落ちた!リクードが野党に!
新天皇の即位の礼の日に、こんな朗報が!
BF氏が、天皇ご即位の日から、世界が変わるのではないかと言っていたことが本当に!?
ワクワクドキドキの時がやってきた!DSの橋頭保が崩落した!
さあ、一気に前に進もうではありませんか。
リチャード・コシミズ


《櫻井ジャーナル》
シリアで敗北した米軍はシリアの石油利権確保とネオコンの戦略維持に必死
2019.10.22
(以下一部転載)
 ​アメリカ軍がダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)のメンバー数百名をヘリコプターでイラクにあるアメリカ軍の基地へ輸送​しているとシリアでは報じられている。これまでもアメリカの軍や情報機関はダーイッシュやアル・カイダ系武装集団のメンバーを救出してきたが、少し前から輸送先がアフガニスタンからイラクへ変更になったようだ。
 シリア北部地域から約1000名のアメリカ軍部隊が撤退、入れ替わるようにシリア政府軍がその地域へ入っていると伝えられているが、取り残されるとまずいダーイッシュのメンバーを助け出しているのかもしれない。
 アメリカ軍の撤退はクルドへの裏切りだと叫ぶ人もいるが、アメリカ軍は勝手に他国へ入り込んだ侵略軍にほかならない。侵略軍の引き上げに異を唱える「帝国主義者」がアメリカには少なくないようだ。
 昨年12月にドナルド・トランプ米大統領は2000名のアメリカ軍をシリアから撤退させる方針を示していた。ジェームズ・マティス国防長官は抗議のために辞任、マイク・ペンス副大統領、ジョン・ボルトン国家安全保障補佐官、マイク・ポンペオ国務長官の好戦ラインのほか、シリア特使だったジェームズ・ジェフリーも撤退の問題で大統領と対立し、撤退は立ち消えになったかのように見えた。
 ところが、トルコ軍がクルド勢力を排除するためにシリアへ軍事侵攻、NATO加盟国との軍事衝突を避けたいアメリカ軍は撤退した。トルコ軍の軍事作戦の結果、トランプの方針が実現することになったとも言える。
 大統領の撤退命令を無視するかのような動きをしていたアメリカ軍だが、今年に入ってからイラクで軍事力を増強し始め他事実もある。増強の中心的な地域はイラク西部、シリア、ヨルダン、サウジアラビアに接するアル・アンバール。
 ​今年1月の段階でここにはふたつのアメリカ軍の軍事基地が建設されていた​が、その後、さらに基地の数は増えているはずだ。アメリカ軍の基地からシリア国境までダーイッシュの部隊が安全に移動できるようなルートを整備しているのだろうとも言われていた。
 イラクでの報道によると、アメリカ軍がシリアとの国境周辺を偵察して入手した情報、あるいはハシド・アル・シャービから入手した情報をシリア東部にいるダーイッシュへ渡しているとハシド・アル・シャービ(人民動員軍)の現地司令官は語っていた。
 アメリカ軍がダーイッシュのために整備しているルートは国境を越えるとシリアの油田地帯に至る。この利権をアメリカは最後まで守ろうとするだろう。2017年9月にロシア軍のバレリー・アサポフ中将がダーイッシュに砲撃で殺されたのはこの地域。中将がいる正確な場所をダーイッシュは知っていたと見られているが、その情報はアメリカ側から戦闘集団側へ伝えられていた可能性が高い。
 ダーイッシュやアル・カイダ系武装集団とは、本ブログで繰り返し書いてきたように、サラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団を中心とする傭兵。
 ​ロビン・クック元英外相が2005年7月に指摘​していたようにアル・カイダとはCIAの訓練を受けたムジャヒディンの登録リスト。そのリストに載っている戦闘員を中心に編成されるのがアル・カイダ系武装集団である。ダーイッシュも基本的に同じだ。
 この仕組みは1970年代の終盤、アフガニスタンにおける秘密工作のためにズビグネフ・ブレジンスキーが作り上げたのだが、ブレジンスキーの弟子と言われるバラク・オバマが2011年春からリビアやシリアの体制を転覆させるために復活させた。
 ただ、そうした動きはその前から指摘されている。調査ジャーナリストの​シーモア・ハーシュが2007年にニューヨーカー誌に書いた記事​によると、それまでにジョージ・W・ブッシュ政権はシリア、イラン、そしてレバノンのヒズボラを最大の敵だと定め、スンニ派の過激派と手を組むことにしたという。
 ブッシュ・ジュニアにしろ、オバマにしろ、ネオコンの戦略に基づいて動いている。その戦略とはイラクに親イスラエル態勢を築いてシリアとイランを分断、それぞれの国を壊滅させるというもの。中東からイスラエルに反抗する体制を駆逐し、エネルギー資源を支配するというわけだ。
 こうしたプランは1980年代からネオコンが主張していたものだが、1991年12月にソ連が消滅した直後、92年2月に国防総省のDPG草案という形で作成された。当時、国防次官だったポール・ウォルフォウィッツが中心になって作成されたことから、このプランはウォルフォウィッツ・ドクトリンと一般的に呼ばれている。日本の軍事戦略もこのドクトリンに基づいて決められてきた。


richardkoshimizu のブログ
天皇陛下御即位に際して。
2019/10/22 10:22:32
(以下一部転載)
皇室の話題は微妙なところがあって、難しいのですが、あえて書きます。
日本の天皇は、地球上に現存する唯一のEmperorであり、特別な存在である。
日本の皇室は、世界最古の王室であるとギネスブックにも書かれている。特別な存在である。
だから、世界の王族や元首が180か国から戴冠式に集まってくる。チャールズ英皇太子もデゥテルテ比大統領も来ている。世界の頂点の人たちが一堂に会する機会は、今回しかない。日本が特別な存在であるが故である。
その皇室を戴く日本という国は、世界の中心であり、最古の文明の発祥の地であり、尊い、冒すべからざる貴重な存在である。国丸ごと世界遺産に認定すべきである。
よって、本来、世界を領導するのも日本の役割である。金融ユダヤ人の役割では決してない。日本において、天皇家や天皇制を批判するのは、朝鮮半島マイノリティー勢力、部落極左勢力であり、歪な被差別感情に支配されている特殊なグループである。まっとうな日本人に天皇家を否定するものはほとんどいない。
今回、新しい天皇陛下、皇后陛下が誕生することは素直に喜びたい。外国経験の豊富なお二人が、新しい皇室外交の世界を展開し、世界の正常化に寄与されることを心より希望します。天皇皇后両陛下に、栄あれ!
リチャード・コシミズ


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
天皇陛下が「即位礼正殿の儀」で即位を公に宣言される慶事にもかかわらず、安倍晋三政権による消費税引き上げが日本経済に打撃、台風19号の大惨事の元凶は、安倍晋三首相の大失政にある
19/10/22 00:53
(以下一部転載)
 5月1日に即位された第126代の今上天皇陛下は10月22日午後1時から皇居・宮殿「松の間」で行われる「即位礼正殿の儀」(天皇陛下の国事行為「即位の礼」の中心儀式)で即位を公に宣言される。参列者は約2000人を予定。平成を上回る190以上の国と国連、欧州連合(EU)の代表者らの参列を見込む。即位の礼は1990年以来29年ぶりで、天皇を「象徴」と定めた現行憲法下では平成に続き2度目。しかし、安倍晋三政権が10月1日、消費税を「8%→10%」引き上げた副作用が日本経済に打撃を与え、景気下降、後退を招き、国民生活が苦しくなっている上に、台風19号による強風豪雨が猛威を振るい、とくに東日本各地の河川で堤防決壊、山崩れなどを招き、広範囲に土砂災害や浸水被害を引き起こし、21日までに死者は13都県の83人にのぼった。行方不明者は11人とみられる。避難所に身を寄せている住民らは4000人を超えている。最大の元凶は、政治の要諦である「治山治水」を忘れて、「国土強靭化政策=災害予防」に手を抜いてきた安倍晋三首相の大失政にあることが、実証されている。


シャンティ・フーラの時事ブログ
創造的な人生を生きるために必要な「逆算方式」〜 自分はどういう未来を望むのか。そのために今、どういう動きをしなければならないのか。
2019/10/22 9:50 PM
(以下一部転載)
 本来なら、即位礼正殿の儀を取り上げるべきだと思いますが、今日は映像配信の収録で、19時のニュースで今日の様子を見て、ネット上でも相当話題になっているのを知ったような状況なので、残念ながらタイミングを逃してしまいました。
 テレビで、天皇陛下がお言葉をのべられている時、明らかに、最高神・エリーザベト様が霊導していました。このことで地球のハイアラーキーによる統治は完全に終わり、神々が地球を統治することが示されました。ちなみに、平成の時代の即位礼はハイアラーキーが霊導していたのです。
 地球に大きな影響を与える国津神の最高神がことごとく女性であることは、6月13日の記事をご覧になるとわかると思います。これからは、平和で女性が働きやすい社会が来ると思います。
 さて、そういう時代が来るまでの間ですが、竹中平蔵氏がなかなか面白ことを言っています。我々は、“90歳位までは働くことになる”そうです。彼は自分でこのような発言をして、実際にそうなるように政治に働きかけているので、このことも実現する可能性は十分にあります。
 竹中平蔵氏の雇用改革というか雇用破壊は、多くの国民の怒りをかっていますが、実を言うと、視点を変えれば、あるレベルでポジティブな働きをしているとも言えるのです。未来は確実にベーシックインカム社会になります。この時に、現在の雇用システムは通用しません。労働という概念そのものがなくなってしまうかも知れません。人々は、自分が本当にしたいと思うことを職業にしている可能性があります。
 もちろん、NWO(新世界秩序)を目指している人たちは、人々を奴隷にする道具として、ベーシックインカムを使うつもりだと思います。しかし、同じものが、良識ある人々によって運用されると、真の民主主義の基礎になります。私たちは、その転換点にいるわけです。今日がその日だったと言ってもいいかも知れません。
 竹中平蔵氏の発言の中で重要なのは、記事にある「逆算方式」です。創造的な人生を生きている人は、自然にこの逆算方式を行っています。
 例えばシャンティ・フーラの場合、未来はベーシックインカム社会になるのだから、合同会社という、最も時代に合った方式で運営しているわけです。これは、未来の働き方のモデルになるものだからです。
 自分はどういう未来を望むのか。そのために今、どういう動きをしなければならないのか。数年後に、悪人どもが刑務所に入っていて、良識ある立派な人たちが政治家になるためには、自分は何をしなければならないのか。そういう風に考えて、逆算の思考を身につけてください。世界は簡単に変わります。


ネットゲリラ
マラソンだけ気候の良い条件でってズルい
 (2019年10月22日 15:26)
(以下一部転載)
東京五輪のマラソンでまだグダグダ言ってるんだが、利権にシガミツイて顔を潰された政治家共の断末魔ですw まぁ、IOCにはワイロの件でJOCにお仕置きする証拠を隠しているからね。まだウダウダ抜かすと、出すぞ、のひと言で黙らせられる。マラソンというのはオリンピックそのものであり、他の競技とは違う。マラソンが札幌に移った時点で、東京オリンピックは失敗です。
------
東京オリンピックのマラソン会場の変更をめぐり、都内での開催を主張する東京都側が、21日、スタート時間を午前5時より前にする「未明開催」を、IOC(国際オリンピック委員会)側に提案したことが明らかになった。
21日午後、非公式に行われたIOC、組織委員会、東京都による協議の場で、東京都側から、これまで午前5時半としていたマラソンのスタート時間を、午前5時前にする未明開催案を示していたことがわかった。
------
東京五輪は戦前にも一度中止になっているので、いっそ全部ヤメちゃったらいいんじゃないかなw 韓国でも中国でも、景気の良いところがやればいい。治水が放ったらかしで100人も死ぬような後進国でやる事じゃないです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
危なかった虚構新聞、東京五輪マラソンと競歩が札幌に会場変更 〜 「酷暑対策」を理由として東京都の頭越しに決定
2019/10/22 12:00 PM
(以下一部転載)
 16日、IOCは東京五輪のマラソンと競歩の会場を札幌に移す考えを表明しました。これは「相談ではなく決定」とのことです。IOCは東京の酷暑に危機感を持ち、東京都の頭越しに開催地変更に踏み切った形です。小池都知事は怒りのあまり「北方領土開催」を口走り、ロシアにたしなめられるという混乱ぶりです。北海道出身の橋本五輪相は会場の変更を先刻ご承知らしく、変更案は「トントン拍子」のようです。
表向きは「かぶる傘」や「打ち水」など冗談のような酷暑対策への不信感が原因とされていますが、今頃酷暑を問題にすることの方が奇異に感じます。
鋭いツイートを辿ると、今回の「トントン拍子」に裏を感じる人は少なくなく、そもそも五輪関連の話題は全て怪しさがつきまとっていました。「酷暑」ではなく「アンダーコントロール」への不信もうかがえます。ブラックボランティアを警告した本間龍氏は、いっそIOCを理由に「この忌まわしい21世紀のインパール作戦から撤退を」とツイートしています。金子勝氏は今回の混乱について「売ったチケットがどうなるか」というレベルの反対論だけで報じられ、日本組織員会に選手主体のまともな議論がないことをツイートされています。「ボランティアの交通費自腹」「前日集合」「宿泊施設なし」の過酷なボランティア達は札幌に行くのでしょうか。
 さて、危うかったと言えば、おなじみ虚構新聞です。ツイートによれば、かつて「東京五輪の札幌開催」を記事にするところだったとか。現実のタガが外れているので、社主も大変です。


シャンティ・フーラの時事ブログ
アメリカの言いなりである日本が置かれているあまりにも危うい食の安全 〜 輸入食材を口にするのは、できるだけやめた方がいい!
2019/10/22 10:20 PM
(以下一部転載)
 日曜日の記事で、しんしん丸さんが、「種苗法についての勉強会」をレポートした優れた記事を挙げていました。こうした記事を見た時に、自分に関係する非常に重要な問題だと捉える人と、農業なんて自分とは何の関係もないと思う人に、分かれると思います。皆さんが、直接自分に関係することだと自覚するほど、社会の変革は早く来ます。
 長周新聞さんの鈴木宣弘教授の記事をご覧ください。大変長い記事で、後半部分をカットして要約しました。ご覧になると、日本の置かれている立場があまりにも危うくて、恐ろしくなると思います。はっきり言って、輸入食材を口にするのは、できるだけやめた方がいいと言えそうです。日本はアメリカの言いなりで、海外から入ってくる食品を口にしていたら、健康を保つことがまずできないことがわかるでしょう。食材はよほど注意して、厳選する必要があります。
 食事に気をつけている人にとっては常識なのですが、スーパーで購入できる食材というのはほとんどありません。大病を患って、現代医療に見放された人たちが食事に気をつけるようになるというのが、通常のコースです。なので、普通に健康な人が、普段の食事に気をつけているというようなことは、まさに1000人に1人いれば良い方だと言えるかも知れません。よほど意識が開いていなければ、食材に気をつけるというところまで気が回らないのが普通です。
 しかし、こうした記事を読むと、安いからといってスーパーで値引き品を買って、食費を安く抑えることばかりやっていると、まず間違いなく病気になり、かえって医療費という形で出費がかさむのがわかると思います。
 おそらく、いちばん安くつき安心なのは、自分で生産することでしょう。この意味でも、若い人は未来を農業にかけるのが有望ではないかと思います。


IN YOU
日本の水道水からも検出される有機フッ素化合物の実態|後世に残さないために私たちが取るべき姿勢
2019/10/22
(以下一部転載)
有機フッ素化合物、と聞いて何のことだかわかりますか?
数千種類あるとも言われていますが、そのうちのとても有名なものがフッ素樹脂加工です。
撥水・撥油性が高く、テフロン加工のフライパンで一躍有名になったと言ってもいいでしょう。
フライパンなどの調理器具だけに使用されているわけではありません。
その加工は消火剤からデンタルフロスなどにまで幅広く活用されています。
ですが、この物質によって世界的な環境汚染が今なお続いています。
そしてそれは、あまりにも身の回りに多くあるために、
私たちの体にも大きく影響し続けていること、ご存じですか?
------
有機フッ素化合物PFOSの制限に続き、
2019年に全世界でPFOAが製造・使用禁止へ
有機フッ素化合物の有名な2トップであるPFOSやPFOAは、
撥水・撥油剤やフッ素樹脂の製造等で広く使用されていますが、
環境中で分解されにくく、蓄積性があると言われています。
使用例:
防水スプレー、家具やカーペットなどの防汚処理、
塗料やインク、消火剤、
フライドポテトやハンバーガーの包装用紙、
消火剤、ランチョンマットやレインコート、
紙皿へのコーティング、スキーやスノボのワックスなど
どれか一つは家にあったり、今まで使ったことがあるものではないでしょうか?
これらはアメリカ人の98%の体内から検出されるという報告もあり、健康影響が懸念されていました。
そんな中で2019年5月、PFOAが国連会議で製造・使用の禁止が決議されました。
大きな発端となったのはデュポン社(テフロン製造)の裁判でしょう。
20年ほど前からテフロン加工製品が増え、
工場排水によるPFOA汚染が続き、
工場周辺の住民のPFOA濃度は一般市民の20倍に。
中でも血中濃度が高い人は、
高コレステロール、妊娠性高血圧、甲状腺疾患、
精巣がん、腎臓がん、
潰瘍性大腸炎(難病指定)の発症率が上昇していました。
これにより2005年にデュポン社は、
PFOAに関する健康リスクへの報告義務違反として
EPA(米国環境保護局)へ約18億円という異例の額の罰金を払う事で民事和解しています。
過去の調査では、テフロン加工の調理器具は、直接的かつ主要な暴露源ではなく、
フッ素コーティングされた包装用紙の方が、暴露量が多いことも分かっています。
つまり、フライパンの使用をやめても、他の撥水・撥油加工製品を使い続けていれば、
あまり解決にはならないという事です。
PFOSは、2009年に既に「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)」で製造・使用・輸出入が制限されています。
国内では2010年に、
「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律」において、
第一種特定化学物質に指定され、
ある特定の用途以外での製造・使用・輸入が禁止されました。
しかしPFOS等の毒性は、
人体への影響等を数値化するのに十分な根拠がないとして、水質基準値は定められていません。
またPFOSはPOPRC(残留性有機汚染物質検討委員会:183の国と地域が締約)の附属書B(除外すべき化学物質リスト:製造・輸出入・使用の制限)に記載されましたが、
PFOAのように『禁止』ではなく『制限』です。
液体燃料消化のための泡消火剤やハキリアリの防虫は使用が認められています。
ですが、PFOSもPFOAと同様に制限ではなく禁止にすべきではないかとの意見もあります。


ネットゲリラ
歯切れが良いだけ。何も言ってない
 (2019年10月22日 07:47)
(以下一部転載)
小泉カラッポ進次郎という話なんだが水俣病問題で「心を砕いて」とか発言、というんだが、まぁ、例によって口だけ政治家ポエムです。水俣といえばユージンスミスだな。第二次大戦でも良い写真を残しているんだが、日本に住んでた時期があって、その時、水俣病を取材している。ところが、その際にチッソの雇った暴力団に襲われて、脊椎を折られ、片目失明という重症を負う。
------
1972年1月、千葉県市原市五井にあるチッソ子会社の工場を訪問した際に、交渉に来た患者や新聞記者たち約20名が会社側の雇った暴力団に取り囲まれ、暴行を受ける事件が発生する。スミスもカメラを壊された上、脊椎を折られ片目失明の重傷を負う[2]。この事件でスミスは「患者さんたちの怒りや苦しみ、そして悔しさを自分のものとして感じられるようになった」と自らの苦しみを語った。その後『ライフ』1972年6月2日号に「排水管からたれながされる死」を発表した
------
チッソというのは肥料を作る会社で、国策会社だったので、お国のためだ、貧乏人がグズグズ言うんじゃねーよ、というのが水俣病公害の基本で、それは足尾銅山も同じです。お国のために国民は我慢しろ、辛抱しろ、というのが基本にあって、ユージンスミスはそれに対して命がけで戦った。
------
小泉進次郎環境相は19日、水俣病犠牲者の慰霊式に出席した後、被害者団体と懇談した。
「環境省は水俣病をきっかけに立ち上がった組織。心を砕いていく」と述べたが、具体的な施策に言及はなく、被害者側から「歯切れが良いだけ。何も言っていない」と落胆の声が相次いだ。
------
政府は隠蔽に走ったんだが、マグナム・フォトの正会員であるユージンスミスの命がけで撮った写真はライフ誌に掲載され、国際的な避難を浴びて、政府は認めざるを得なくなる。で、その被害者への救済が終わるというのでまた上場しようと企んでいるというんだが、鹿児島県と熊本県にはまだ6000人の認定患者がいるのだ。





嗚呼、悲しいではないか!
藤原直哉「世代間継承と日本の未来」
2019/10/21 15:05 
(以下一部転載)
世代間継承と日本の未来
・平成は勉強の時代⇒平成に蓄積してきたものが多くある
・今の国民国家はどうにもならない⇒作り直さなければならない
・トランプはドルと米軍を戻す⇒輸出主導はあり得ない
藤原直哉
「世代間継承と日本の未来」
音声再生
(1)世代を超えて未来に継承すべきもの
・未来に対する不安⇒ネットで検索
・何を継承して
・明治維新を行った人は天保生まれ
・明治になって教育受けた人⇒大正昭和の指導者(とんでもないことをした)
・戦後教育の失敗とそれ以前の実績が残っている
・日本は続いてきた⇒終わりのない国
・金で作った国は金がなくなったら終わり
・持続可能性の高い日本
・偉大なる共生社会であり、健康立国
・旧時代の終わりと新時代の始まりは同じ場所である
・自分で「できる範囲で何かをしたい」人が多い
・変化の時に行動しなかった人は終わって行った
・情報は誰でも手に入る
(2)日本の国土利用の大々的見直し
・出水は出るべくして出ている
・昔は川であった所に住んでいる⇒どいてください。持続可能な社会
・昔の集落は高いところにある
・山も手入れをすれば簡単には崩れない
・東京江東五区は水没危険地域⇒930haで5m水没
・行政も250万人の住人は勝手に逃げてくれと言っている
・土地分類図は役に立つ。皆さんも使われたらいい。
・長野の車両基地も旧河川です。
・武蔵小杉のタワーマンションは旧河川に地下に電源施設を置いていた
・非常に無責任なことが行われていた
・東京下町は二階も大被害を受けている⇒引っ越した方がいい(放っておけばまた被害が出る)
・移転して新しい街をつくる
・鉄道・電気は人がいないから鉄道をつくる
 ⇒したがって最初は赤字。だから国営にする
・もっと人が住めるところにインフラを整備する。これが国の仕事。
・自然と共生する土地の使い方、地盤のいいところ。
・田んぼを埋めたところは水が来る
・想定できる災害に会わないように
・仕事も適材適所⇒小さくて気良い所(大都会ばかりじゃない)
・ネットを活用すれば、お得意がつけばどこでも商売ができる⇒地方に行く
・今の政府では無理⇒明治維新と同じ
・平成は変わらなかったが、令和は大幅に変わる
・トランプが大変革、英も大変革⇒畳みかけてくるよう
・これからは民が出てこなくちゃダメ
・官⇔民はダメ民が公と私に分かれる(ある時は公、ある時は民)
・米企業は金もうけだけではなく、社会のために働くと宣言した
・これから企業は大丈夫
・大転換のための投資をどうするか?これが重要な問題
 ⇒民が作った公を作り上げる
(3)次の世代に継承すべきもの(今は世代間断絶)
・国権から民権への大転換
・ミレニアム(<40才)世代の生き方
・ベテランのノウハウをいかに継承するか
(4)蓄積を踏まえた行動
・足りないのはリーダー
・力んだってだめ、タイミングが必要(一気に)
・世界秩序の交代は確実に日本にも波及する
・軍事力なんてあればあるだけのもの
・国権主義:法律を作る、予算を充てる⇒もうだめ
・これから10年が行動の正念場


シャンティ・フーラの時事ブログ
戦後に築かれた世界秩序の崩壊…に代わる新たな世界システムの誕生を示す様々な出来事が、同時多発的に起こっている ~トランプ政権は、少なくとも12万5000人ほどの反逆者を逮捕する予定
2019/10/21 9:30 PM
(以下一部転載)
 今日の正午に、10月14日付けのフルフォード情報英語版の翻訳記事が出ています。記事の中で、“ロシア・中国・米国の間で地球の新たな管理体制を巡って何らかの取り決めが上層部でまとまった”と書かれていました。下の記事は、今日のフルフォードレポート日本語版ですが、“戦後に築かれた世界秩序の崩壊…に代わる新たな世界システムの誕生”を示す様々な出来事が、同時多発的に起こっているとあります。
 しかし、ニュースを見ても、日本だけが蚊帳の外でガラパゴス化しています。NHKや報道ステーションなどを見ても、今、世界がこのような激変の最中にあることを窺い知ることはできません。
 Qグループの中心人物と目されるマーク・ミリー将軍が米国の統合参謀本部議長に就任したことから、トランプ政権は、大量逮捕に向けての準備が整ったと思われます。記事によると、“少なくとも12万5000人ほどの反逆者を逮捕する予定”だとのことです。
 これが本当に実行されれば、トランプ大統領を弾劾しようと騒いでいる議員たちは、全ていなくなるでしょう。彼らも死に物狂いで抵抗するはずで、藤原直哉氏のツイートによると、“米国は内戦状態”とのことです。
 フルフォードレポートでは「既にバラク・オバマの銃殺刑が執行された」との情報がありますが、英語版によると、この情報はロシア筋が伝えてきたとのことで、ペンタゴン筋からの裏付けは取れなかったということです。私の感覚だと、この情報は誤報の可能性が高いと思います。少なくとも、最近の写真で見ていたオバマ大統領なる人物の肉体の波動が残っており、生きていると思われます。ただ、何人もいるオバマ大統領の替え玉の中の1人が銃殺されている可能性はないとは言えません。
 “続きはこちらから”は、こうした状況下での日本の様子です。あべぴょんは、慌てているらしい。記事では、“森友・加計、これはただでは済まない”と書かれていますが、おそらく次々と新たなスキャンダルが噴出し、国民が安倍政権にうんざりするまで続けられるのではないでしょうか。


ネットゲリラ
破綻した時に考えればいいさ
 (2019年10月21日 07:08)
(以下一部転載)
ドイツ銀行破綻というのはずいぶん前から言われているんだが、8000兆というんだが、そんなカネ、どこにあるの? といえばないのであって、8000兆のカネがある事にして博打をやってるわけです。中国経済と密接に関係しているらしい。カネ? カネなら、ないアルよ、って、どっちだよw
------
なぜ破綻が避けられないかというと、ドイツ銀行が抱えるCDS(債権補償保険=デリバティブ)債務の総額が、8000兆円規模で、世界の実体経済総額に匹敵するからであり、この補償保険を完済できる可能性がゼロだからである。
景気凋落による企業破綻が連鎖すると、それを保証しているCDS債務が、軽く、地球経済の総額を超えてしまう。
おまけに、CDS債権保障をしているのは、ドイツ銀行だけでなく、世界中の低金利政策に苦しむ数万の銀行が行っている。
これらが一斉に破綻する可能性が強いのだ。
------
これだけ事前に騒がれているんで、それなりの準備は出来て居るだろうし、そもそもアメリカが中国敵視政策で変な事しなきゃいいんで、まぁ、穏便に済ませようよ。中国潰したらブーメランでアメリカも潰れる。中国は経済が破綻したら、昔の自転車と英雄万年筆300円の時代に戻れるが、アメリカは開拓時代の生活には戻れない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/10/14 フルフォード情報英語版:シオニストの計画が瓦解する中、世界各地に訪れる歴史的な変化
2019/10/21 12:00 PM
(以下一部転載)
 良くも悪くもアメリカ、トルコ、サウジアラビア、イスラエルに大きな変化が訪れています。
 対するカバール側はメディアと気象兵器を用いて、日本やアメリカを脅しています。恐怖で支配するのが一番簡単ですからね。おまけに12月21日から24日までのどこかで、“偉大な革命”なる御大層なものを決起したいのだとか。ようは、いつもの何とかの一つ覚えな人為的ハルマゲドンです。宇宙に逃げられないのに核兵器で地球潰して、どーするんだか。選ばれし民はアセンションできる、と盲目的に信じているのでしょうか。
 シリコンバレーや連邦準備制度を国有化し、金融システムをリセットするにあたって重要なのが中国の同意。新しい国連をアジアに移転したがっているようですが、国連が金欠なのでそちらも叶うかもしれません。
 金融リセットは、ブレキシットや香港の騒動と連動させる模様。どちらかで大きな事件が起きないか、注視しておく方が良さそうです。とりあえず現金とガソリンはこまめに確保を。こちらで重要になってくるのが11月1日、あるいは金曜日。週末を挟んで月曜日になったら、ATMがストップしているかもしれません。


《櫻井ジャーナル》
サウジアラビアの石油処理施設を破壊したUAVの脅威が注目されている
2019.10.21
(以下一部転載)
 ​UAV(無人機。ドローンとも呼ばれる)​の存在感が強まっている。9月14日に18機のUAVと7機の巡航ミサイルがサウジアラビアのアブカイクとハリスにあるアラムコの石油処理施設を破壊、中東情勢だけでなく世界の権力バランスを大きく変化させたことが大きいだろう。
 このケースではサウジアラビア軍に侵略されているイエメンの武装勢力、フーシ派によるものだが、サウジアラビアの後ろ盾になっているアメリカも手先の武装グループにロシアの軍事基地をUAVに攻撃させている。
 アメリカがUAVを供給している相手のひとつはシリアで政府軍と戦っている戦闘集団で、すでに200機がシリア国内へ運び込まれていると言われている。2016年から17年にかけてイラクでダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)がUAVを使ったという。今では自前のUAV製造工場をシリア国内に保有し、性能はかなり向上しているようだ。トルコ人とチェチェン人の専門家もシリアへ入っていると言われている。
 市販のUAVは航続距離が1キロメートル程度だが、改造すれば桁違いに行動範囲は延び、飛行精度や爆撃能力も向上している。
 そうしたUAVでシリアで政府軍と戦っているダーイッシュなどのジハード傭兵はタラキア近くにあるフメイミム空軍基地を攻撃、ロシア軍によると、118機を撃墜、あるいは無力化させた。アメリカの防空システムはUAVの攻撃に対して無力だったが、ロシアは巡航ミサイルやUAVへの対策として、ECM(電子対抗手段)のほか、短距離用の防空システム、つまりパーンツィリ-S1やトールM2を配備している。
 言うまでもなく、こうしたUAVは世界のどこでも使える。日本も人ごとではない。


田中龍作ジャーナル
【香港発】デモ隊の砦に「玉砕」の文字 特攻隊に等しい最前列
2019年10月21日 00:46  
(以下一部転載)
 「We fight to protect our Hong Kong=私たちの香港を守るために戦っている」と14歳の少女が言った。
 子供の戦(いくさ)支度を手伝っていた母親は「My son protect country=息子は国(香港)を守っている」と言って戦場(いくさば)に15歳の我が子を送り出した。
 いずれもデモの現場で田中が本人から直接聞いた話だ。少年少女が、香港警察を装った中国人民解放軍の兵士が混じる機動隊と激しくクラッシュする。戦場といっても何ら不自然ではない。
 20日の反政府デモは西九龍駅が終着地点となった。西九龍駅は中国大陸にそのままつながる高鐵のターミナル駅だ。事実上のイミグレがあり中国が我が物顔で支配することから香港人の反発の的である。
 駅のそばにデモ隊は砦のようなバリケードを築いた。パーツ、パーツをつなぐのはいつものように結束バンドではなく鎖だ。さらにバリケードの根元をセメントで固めた。
 「玉砕」とスプレーで書かれた横断幕が砦を飾った。
 国慶節に反対するデモのあった10月1日には「Give me Liberty or Give me death=我に自由を与えよ、しからずんば死を与えよ」とデモ隊のメンバーが叫んでいた。
 それが「玉と砕けたい」に進んだのである。
 20日の主戦場は旺角となった。旺角警察署前の攻防はひと際激しかった。
 旺角警察署は太子駅事件を引き起こしているからだ。8月31日、機動隊が無差別に乗降客を殴打した事件は、死者が出ているとの指摘が絶えない。
 機動隊がビーンバック弾や催涙弾を乱射した。催涙ガスが濃霧のように立ちこめた。呼吸困難になり、刺すような痛みが目に走っているはずだ。
 それでもデモ隊は前進を続けた。幅2m足らず、高さ80㎝ほどのバリケードと雨傘を楯に。
 無防備にも中指を上に向けて屹立するメンバーもいた。
 轟音と共に弾がバリケードに命中する。跳弾が火を噴きながら田中の足元に落ちた。デモ隊の最前列は特攻隊に等しかった。
 「死ぬなよ、逮捕されるなよ」。田中は心の中で叫び続けた。冷静に客観的に見ることはできなかった。ジャーリスト失格であることは承知のうえだった。
 逮捕され暴動罪で有罪になれば、人生の一番楽しい10年間を刑務所で過ごさねばならない。機動隊のリンチで殺されることもある。
 中国の弾圧をはねのけて、香港の自由を守り抜くことができたとすれば、彼らのおかげに他ならない。
 デモ隊を無事自宅に送り届けるボランティアのドライバーが、目に薄っすらと涙を浮かべながら言った。「彼らの犠牲は尊い」と。


『文殊菩薩』
中国アニメが世界進出
2019年10月21日07:25 
(以下一部転載)
中国アニメは長らく日本アニメに視聴率を奪われてきたが、今年は中国アニメの名作が一躍世界に進出する年になりそうだ。
アカデミー賞の長編アニメ映画部門に中国の『ナタ~魔童降臨~』と『白蛇』が、日本の『天気の子』と共にノミネートされた。
さらに、今年は日本でも公開された中国アニメ『羅小黒戦記』が大好評で、『ナタ~魔童降臨~』も日本で公開予定となっている。
中国では日本アニメやディズニーに追いつけ追い越せと、中国政府が国産アニメ業界の発展に力を入れて人材を育成してきた。
ようやく、その成果が出始めてきたようで、特にCGアニメの発展が目覚ましく、日本アニメにも劣らない内容を備えてきた。
中国から輸入されるものが電気製品や雑貨だけではなく、アニメやゲームやアプリなどソフト面でも中国製が増えそうである。


richardkoshimizu のブログ
ユダヤ人がユダヤ人の陰謀を暴く?
2019/10/21 13:42:22
(以下一部転載)
藤原直哉
151
@naoyafujiwara
おもしろい、米国の正統派ユダヤ教徒の多くがトランプ支持になっている。左翼から右翼へ
https://mobile.twitter.com/naoyafujiwara/status/1186085692624916480
ヨルダン紙のコラムニスト、01年の911事件はイスラエルの利益のために米国の国家安全保障会議が計画した。中東で米国に対抗するアラブの力の台頭を防ぐため。米国は中東をカオスに陥れ、イスラエルの利益に資するためアルカイダとISを創設した。
https://mobile.twitter.com/naoyafujiwara/status/1186085033825583104
投稿: とくお |2019年10月21日 (月) 12時55分
------
自分たちが「ユダヤ人」の全権代表かのようにふるまってきたDeepState。過去の犯罪を追及されると、「ユダヤ差別だ」と金切り声を上げて、言論を封殺してきたユダヤ・ディープ・ステート。だが、一握りの悪意に満ちたDeepStateが911を引き起こしたとの真説が一般ユダヤ人の間にも浸透しつつある。DSには、もはや国民の耳と口に封をする術がない。
やっと、環境が整ってきましたね。911の真相を世界が「受け止める」時代がやってきたかな。RKは、その時を待ってきたんですけれどね。
さ、エンジン駆けましょうか。

 
板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「トランプが海兵隊をつかって12万人逮捕。トランプ暗殺未遂に関わった人たちと、9.11を画策した関係者たちだ。安倍は、ヤバイ。総理を辞めると、森友・加計問題でやられる」と永田町界隈で、盛んに取り沙汰
19/10/21 07:19
(以下一部転載)
 「トランプが海兵隊をつかって12万人逮捕するといっている。トランプ暗殺未遂に関わった人たちと、9.11を画策した関係者たちだ。安倍は、ヤバイ。やられる。やばいから、来年の8月のオリンピック後まで、なんとかしてくれということを頼んだのだろう。このまま総理を辞めると、森友・加計問題でやられる。総理を辞めた途端にバーンとやられてしまう。やられるとは、逮捕されるということだ」―永田町界隈で、盛んに取り沙汰されている。トランプ大統領によほど恐れをなしているのか、安倍晋三首相は10月18日、トランプ大統領が結成を目指す有志連合には参加せず、日本独自の取り組みとして、自衛隊の中東地域への派遣を検討する方針を決めた。だが、永田町界隈ではいま、「森友・加計事件に全部関わった人物がいる。森友・加計、これはただでは済まない。その関係者が、A省の事務次官になっている。安倍の事件に全部関わっている。B派の連中が面白くないため、ベラベラと喋りはじめている」という情報が飛び交っているという。台風19号が接近中の非常事態にもかかわらず、「11日午後6時28分、官邸発。同34分、東京・有楽町のフランス料理店「アピシウス」着。谷内正太郎前国家安全保障局長、山内昌之東大名誉教授、辻慎吾森ビル社長らと会食」という間抜けぶりをさらけ出して国民有権者の顰蹙を買った安倍晋三首相の命運は、もはや尽きている。


richardkoshimizu のブログ
朝鮮カルトの悍ましい儀式に参加した国会議員ども。
2019/10/21 13:32:25
(以下一部転載)
国会議員の“統一教会”イベントへの出席に、弁護士団体が再び要望書。取りやめた議員はいたか?<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第19回> (ハーバービジネスオンライン)
https://hbol.jp/204590cx_clicks_art_mdl=2_title
投稿: 火星のリスさんファン倶楽部 | 2019年10月21日 (月) 13時13分
------
飼い主のDeepState様への忠誠を誓うために、飼い主様が任命したマイノリティー支配担当の朝鮮邪教の集団洗脳儀式に参加した国会議員ども。邪教の下賜する麻薬資金をいただくためなら、どんな芸でもやります。
本来ならば、奴隷の筆頭の安倍晋三が、吐き気のする邪教儀式に参加して、韓鶴子に土下座しなくては。隠れて秘密に参加していたのか?
この最悪のクズども、一匹残らず駆除される運命にあり。!(^^)!


LITERA/リテラ
即位パレード延期は天皇の意向、官邸は台風被害無視で強行するつもりだった! なのに延期した途端「安倍首相の判断」とPR
(以下一部転載)
即位パレード延期は天皇の意向、官邸は台風被害無視で強行するつもりだった! なのに延期した途端「安倍首相の判断」とPRの画像1
宮内庁ホームページより
 天皇の即位パレード「祝賀御列の儀」が台風19号の被害に配慮して延期になった。当然だろう。被災地では日を追うにつれて被害が拡大、土砂災害や浸水被害からの復旧は進まず、いまも4000人近くが避難所生活を強いられているのだ。どう考えてものんきに祝賀パレードを開催するような状況ではない。
 ところが、この延期は新天皇の強い希望によるもので、安倍政権、首相官邸はギリギリまでパレードを予定通り強行しようとしていたというのだ。宮内庁担当記者が語る。
「天皇陛下は台風19号の被害が明らかになった直後から、パレードの延期を主張されていたようで、15日の段階で宮内庁から官邸の皇室担当である杉田和博官房副長官に、陛下の意向が伝えられた。ところが、首相官邸は準備が進んでいることを理由にこの要望を一蹴、逆に陛下を説得するよう宮内庁に命じたんです」
 実際、菅官房長官は15日の記者会見で、パレードの準備を「淡々と進めていきたい」と延期するつもりがないことを明言。翌16日の会見でも、開催の是非を問われて「昨日、私が申し上げた通り」と答えた。
 また、一部の新聞では、15日には、政府高官が「陛下のお気持ちもあるが、国民の期待がある」と語ったことも報じられている。この政府高官というのは、杉田官房副長官のことで、首相官邸も非公式に天皇が延期を希望していたことを認めていたのだ。
 一方、宮内庁は西村泰彦次長が会見で、「天皇皇后両陛下には、台風19号による大雨災害で多数の方々が犠牲となり、また、依然として多くの方の安否が不明であること、数多くの方々が被災されていることに大変心を痛めておられます」と天皇の心情を説明したが、これは天皇の心情を国民に説明して、パレードに応じてもらおう、という作戦だったといわれている。
 しかし、それでも、天皇の抵抗は強く、頑として首を縦に振らなかった。そして、報告を受けた首相官邸もようやく説得を諦め、17日なって、延期を判断したというのが、事の真相なのだ。
 つまり、天皇自身が被災者を配慮してパレードを延期しようとしているのに、国民の側に立たなければならないはずの安倍首相や菅官房長官は、被災地のことなんて全く無視してパレードを強行しようとしていたのである。
 本サイトは安倍首相が以前から災害被害者に対して冷酷な対応を繰り返していたことを指摘し、今回の台風19号でも被害拡大の最中に私邸に帰り、ラグビーに大はしゃぎしていたことなどを伝えたが、この姿勢こそ、被災者ないがしろの典型と言っていいだろう
 しかも、姑息なのは、17日、この延期決定を公表した際の安倍首相のやり口だった。まず、安倍首相が被災地訪問した際、同行記者団に「今回の被災状況を踏まえて延期する方向で検討している」と発言、これを受けて、菅官房長官が会見で「首相から延期の方向で検討するよう指示があった。宮内庁と相談し、あくまで内閣として判断した」と説明し、まるで安倍首相の「英断」のようなストーリに仕立ててしまったのだ。
 苦しむ国民を平気でないがしろにし、天皇の意向まで自分の手柄にしてしまう独裁者ぶり。日本国民はこんな“逆賊”をいつまで総理大臣の椅子に座らせておくのだろうか。


ネットゲリラ
焼け野原なのに勝利を叫ぶ大本営。
 (2019年10月20日 21:19)
(以下一部転載)
嘘をつけばつくほどに現実との乖離が進み、破滅は近づく。大東亜戦争でも、大本営の嘘ではなく、正直な被害を報じていたら、原爆を落とされるまでもなく、厭戦気分が盛り上がって、敗戦を受け入れていただろう。本土決戦なんて体力もないのに、まだやれる、まだやれる、と国民を騙し続けて、あの結果だ。で、景気なんだが、これだけ酷い数字が出ても「アタラナイ、アタラナイ」の呪文でやり過ごして「緩やかに回復」と言い続けているんだから、もはや「ナムアミダブツと唱えれば、どんな悪人でも極楽往生」みたいなもんだw
------
政府は18日に示す「10月の月例経済報告」で景気は「緩やかに回復している」との基本認識を維持する方針だ。雇用情勢や設備投資は底堅く推移しており、内需を支える国内経済の基盤は堅調との見方を反映する。消費増税後の消費者心理の悪化や台風19号の日本経済への影響に留意し、総括判断の表現は下方修正する方向だ。
内閣府が7日公表した8月の景気動向指数による機械的な景気の基調判断は、4カ月ぶりに「悪化」に転じ
------
負けを認める頃には、既に取り返しのつかないところまで追い込まれている。アベの後には大洪水w


シャンティ・フーラの時事ブログ
「穏やかな語り口の猛獣使い」消費税の国会質疑が評判の共産党・大門みきし氏
2019/10/21 11:00 AM
(以下一部転載)
  海外情報を取り上げられることの多いYutikaさんのツイッターが珍しく共産党の大門みきし氏の国会質疑をピックアップされていました。ネット上でも「日本の税に対する考え方がよくわかる」消費税についての追求だと好評ですが、質問の内容だけでなく政治家としての大門氏へのリスペクトも感じられるものが多いようです。動画では確かに、あの横柄な安倍首相と麻生財務相がいつになく神妙に対応しているようで本物かと心配になるほど。大門氏の厳しい指摘にも丁寧に答えようとしているように見えます。
 そんな不思議を、毛ば部とる子さんのブログがうまく代弁して下さっていました。愉快な部分はそちらに任せ、質疑の要点を、以下にまとめてみました。
・政府は、中小商店に万全の対策を取るという言うが、実際にキャッシュレス、ポイント還元に参加しているのは11.6%程度で、増税対策としてすでに破綻している。
参加しないと決めている事業者は、その理由として「手数料が高い、仕入れに現金がいるという以外に、一番は馴染みの現金のお客さんや高齢のお客さんが多いのに、カードやスマホ決済のお客さんだけ値引きするわけにはいかない」と言い、お客さんのために判断している。万全の対策どころか反感を買っている。消費税の申告時期になると、事業者の身銭を切って払うという深刻な事態になると指摘
・消費税の最大の問題点は、お金持ちよりも所得の少ない人の方が負担が重いという逆進性。そもそも税金とはある人から取るのが政治の役割だ。今上げるべきは消費税ではなく賃金だ。
・あらゆる世代に公平な負担というのはおかしい。
近代国家では税の公平というのは世代間の公平のことではない、負担能力のある人とない人の間の公平のこと。世代間の公平と言っているのは日本と財務相くらいのものだ。
・導入後31年の間、消費税の税収分は法人税所得税の減税分に消えていった。結果的に、社会保障の拡充にも財政再建にも貢献しなかった。
・そもそも消費税導入は、直間比率(直接税、間接税の比率)の是正が目的だった。それは経団連の強い要望によるもので、代わりの財源として消費税をとあからさまに要求していたものを忠実に実行してきた。こうして現在、巨額の内部留保となっている。
・現在IMFはリーマンショック級の世界経済の落ち込みを予測し、世界は個人消費を底上げすべく、庶民減税を進めている。日本だけが増税という逆に舵を切っている。日本の消費者マインドは東日本大震災の時と同様かそれ以下にまで落ち込み、この状態での増税は、経済の自滅行為だ。
・どこから税金を取るべきか。現在、所得1億円を超えると税負担が減っている。せめて世界標準の30%課税にすべき。また企業の一番の優遇税制である研究開発減税の見直しを求める。


richardkoshimizu のブログ
ソフトバンクの孫さんに財務省がいちゃもん。w
2019/10/21 19:37:38
(以下一部転載)
【ソフトバンクGの節税策、財務省が抜け穴封じへ】2019/10/19
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51195880Z11C19A0MM8000/
>同一グループ内の資本取引で実態に変化がないにもかかわらず巨額の赤字を意図的につくり出して、ほかの部門の黒字と相殺して法人税を減らす手法を認めない。
ウィーワークは脱税のためのダミーだった?
------
これって、20兆円有利子負債大借金王のソフトバンク損さんに、財務省がダメ出ししたってことでしょ?法人税をごっそり取るっていう意思表示ですよね。これで、損さん、ついに轟沈!?トランプさんに相手にされず、サウジの王子様も資金引き上げ?今度は財務省?
これで、損さんの錬金術、失敗確定かな? ま、最後は潔くね。


シャンティ・フーラの時事ブログ
宇宙の本質は「因果応報」であって、人生とは「与えたものが還ってくる」プロセスである ~目的と手段は1つでなければならない
2019/10/21 10:00 PM
(以下一部転載)
 東海アマさんは、宇宙の本質は「因果応報」であって、人生とは「与えたものが還ってくる」プロセスだと言っています。まったくこの通りです。「与えたものが還ってくる」のだから、目的と手段は1つでなければなりません。平和な世界をもたらすために暴力革命を用いるというのは、ナンセンスです。
 例えば化粧品ですが、毒性を調べるために多くの動物実験が行われています。いわば、人間のために(お金のために)、多くの動物が犠牲になっているわけです。多くの生き物に苦しみを与えて、それによって利益を得る人もいれば、その化粧品を使って美しくなろうとする人もいます。しかし、因果応報(カルマの法則)に照らして考えれば、多くの生き物の犠牲の上に成り立つ商品から、本当の意味での喜びが得られるはずがありません。そうではなく、様々な生き物との関係の中でこぼれる笑顔に美しさを感じるというのが、本当ではないでしょうか。
 ところが悪人は、“目的のためには手段は正当化される”と言うのです。大計画のためには少々の犠牲はやむを得ない、崇高な理想が実現した暁には、一見悪に見える行為も悪ではなくなると考えているのです。なので、彼らは平気で人を殺します。不妊ワクチンなどを使って人口削減を平気でできる人たちも、このタイプだと思います。
 人に苦しみを与えておいて、自分が幸せになれると思っているのです。不思議なことに、彼らは因果応報(カルマの法則)を十分に知っているイニシエート(秘儀参入者)だったりします。なぜ、彼らはこのような矛盾した行動がとれるのか。
 実は秘教には、グノーシス(隠された智恵)があり、仏教には、「般若の智恵」というのがあります。グノーシスや般若の智恵を得た賢者はカルマを超越し、どんな行為を成しても悪とはならないという妄想を持っているのです。自分たちは「悟り(グノーシス、般若の智恵)を得た賢者であって、カルマを超越していると本当に信じています。そうした悪人たちは、地球の人口が多すぎるとして、平気で戦争をしたり、気象兵器を使ったり、不妊ワクチンをばら撒いたりするのです。
 当然のことながら、このような阿呆な連中が、カルマの法則を超越しているなどということはありません。しっかりとカルマが積み重なっています。ところが、彼らの考えはそうではないのです。
 例えて言うと、安倍政権が続いている限りは、あべぴょんを含め、あべぴょんに可愛がられている人物は、因果応報の法則が成り立たないということなのです。安倍政権が倒れたら、その時は、悪人は正しく裁かれることになるでしょう。この例えのように、彼らが信じている神(実は魔王あるいは悪魔大王)が地球を支配している限りは、カルマの法則は成り立たないことを知っているのです。
 なので、天界の改革が必要だったのです。天界の改革によって、これまで悪事を重ねてきて罪に問われなかった多くの神々が滅ぼされました。最初に滅びた神が豊受大神、天照大神だったことを指摘しておきたいと思います。





『文殊菩薩』
女の闘い:ヒラリー対ギャバード
2019年10月20日08:09
(以下一部転載)
ハワイ出身で軍務経験のある女性議員ツルシ・ギャバードが、ヒラリーを「戦争屋の女王」「腐敗の体現者」と批判し話題となっている。
ギャバードはネット上だけでなく、テレビ番組にも出演し、ヒラリーの手が「イラクで戦死した仲間の血で汚れている」と激しく批判。
これに対し、ヒラリーはギャバードを「ロシアの工作員」と呼んで応酬し、女同士の激しい舌戦へと発展しているようだ。
ギャバードが大統領予備選に名乗りを挙げていることから、ヒラリーはギャバードの批判を民主党の票を奪う売名行為と見なしている。
2016年の大統領選挙に名乗りを挙げた緑の党の女性候補ジル・ステインも女同士の闘いに参戦し、ヒラリーを追い詰めているようだ。


《櫻井ジャーナル》
ブッシュ・シニア人脈の司法長官がネオコンの疑惑に切り込もうとしている
2019.10.20
(以下一部転載)
 ウィリアム・バー司法長官は2016年のアメリカ大統領選挙に絡んだ疑惑の捜査が反ドナルド・トランプという主観に基づいて実行されたのかどうかをコネチカット州の連邦検事ジョン・ドゥラムに調べさせている。その​ドゥラムに率いられた連邦検事が元、あるいは現役のFBI幹部二十数名から事情聴取​、ドナルド・トランプ大統領を「ロシアゲート」で攻撃してきたFBIの幹部が弁護士を雇う事態になっているという。
 民主党や有力メディアはトランプを勝たせるためにロシア政府が民主党のサーバーをハッキング、電子メールをダウンロードし、ウィキリークスに公表させたと主張してきた。
 2016年3月16日にウィキリークスはヒラリー・クリントンに関連した電子メールを公表、その中にバーニー・サンダースが同党の大統領候補になることを妨害するよう民主党の幹部に求めるものがあり、また民主党幹部たちが2015年5月26日の時点でヒラリー・クリントンを候補者にすると決めていたことを示唆する電子メールもあった。
 民主党の幹部がクリントンを候補者に選ぶ方向で動いていたことはDNC(民主党全国委員会)の委員長だった​ドンナ・ブラジル​も認めている。彼女はウィキリークスが公表した電子メールの内容を確認するために文書類を調査、DNC、ヒラリー勝利基金、アメリカのためのヒラリーという3者の間で結ばれた資金募集に関する合意を示す書類を発見したという。その書類にはヒラリーが民主党のファイナンス、戦略、そして全ての調達資金を管理することが定められていた。その合意は彼女が指名を受ける1年程前の2015年8月になされた。
 FBIやCIAの幹部が2016年の大統領選挙に介入、さらにその結果をひっくり返そうとしてきたことは本ブログでも書いてきた。この件ではイギリスの対外情報機関MI6の役割も注目されている。
 DNCのサーバーに保管されていた電子メールがハッキングで流出したのでないことは技術分析で明らかになっている。これも本ブログで繰り返し書いてきたが、コンピュータの専門家でIBMのプログラム・マネージャーだったスキップ・フォルデンは​転送速度など技術的な分析からインターネットを通じたハッキングではないという結論​に達している。
 また、アメリカの電子情報機関NSAの技術部長を務めた内部告発者で情報機関で通信傍受システムの開発を主導したウィリアム・ビニーが指摘しているように、NSAはすべての通信を傍受、保管している。もしロシアゲートが事実なら、FBIは必要な証拠をすべてNSAから入手できるのだ。
 ロシアゲートでトランプを攻撃することは難しくなったとも言えるのだが、それに替わる2020年用の新たな疑惑が「ウクライナゲート」。
 民主党やアメリカの有力メディアはドナルド・トランプ大統領がウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領に対し、ジョー・バイデン前副大統領の息子、ハンターについて捜査するように圧力をかけたと宣伝しはじめた。
 すでに本ブログでも書いたように、トランプ大統領が7月25日にゼレンスキー大統領へ電話した際、ジョー・バイデンが2018年1月23日にCFR(外交問題評議会)で行った発言をトランプが話題にしたことを民主党やメディアは問題にしている。
 バラク・オバマ政権で副大統領を務めていた当時、バイデンはキエフのクーデター政権に対し、10億ドル欲しければ検事総長だったビクトル・ショーキンを6時間以内に解任しろと恫喝し、実際に解任されたことを自慢しているのだ。
 バイデンは「ウクライナを支援する欧米諸国や国際機関が同国の腐敗問題に取り組む中、同国の検事総長が汚職捜査に消極的だとして解任させようとした」と主張しているが、検事総長を解任されたビクトル・ショーキンは宣誓供述書の中で、解任の理由は天然ガス会社ブリスマ・ホールディングス(本社はキプロス)を捜査していたことにあるとしている。ジョー・バイデンの息子、ハンター・バイデンは2014年4月から同社の重役だが、エネルギー産業に詳しいわけではない。しかも検事総長を解任しろという圧力は2015年終わりから16年初めにかけての数カ月に及んだという。
 それだけでなく、トランプがゼレンスキーへ電話する前の​今年2月の初めにはハンターに対する捜査を再開する動きがあった​とも伝えられている。ちなみに、ゼレンスキーが大統領に就任したのは5月のことである。
 FBI、CIA、ネオコンに立ち向かっているように見えるウィリアム・バーとは何者なのか?
 1950年に生まれたバーはコロンビア大学で学んだ後、1973年から77年にかけてCIAで働き、連邦巡回裁判所判事の書記になる。書記になったのはブッシュの推薦による。そして1991年11月から93年1月まで、つまりジョージ・H・W・ブッシュが大統領だった時に司法長官を務めた。
 このようにバーはブッシュと緊密な関係にあり、イラン・コントラ事件にも深く関係していた。ブッシュはエール大学でCIAにリクルートされた可能性が高く、非公然オフィサーだったと見られていることは本ブログでも繰り返し書いてきた。
 1970年代の終盤からCIAはアフガニスタンで秘密工作を始めている。ズビグネフ・ブレジンスキーのプランに基づくものだが、例によって、麻薬取引を始めている。資金を処理するために使われていたのがBCCIだが、この銀行は上院議員だったジョン・ケリーらによって調査され、起訴されることになる。
 BCCIの内幕を含むCIAの工作に熟知していたひとりがパナマに君臨していたマニュエル・ノリエガ。1989年1月にアメリカ大統領に就任したブッシュはその年の12月、アメリカ軍にパナマへ軍事侵攻させてノリエガを拉致した。
 ジョージ・H・W・ブッシュに近いバーがネオコンの不正に切り込もうとしているようにも見える。1980年代、副大統領だったブッシュは財務長官や国務長官を務めたジョームズ・ベイカーと同様、ネオコンと対立していた。
 ブッシュたちやネオコンは好戦派という共通項があり、ジェラルド・フォード政権でともに台頭したのだが、例えばイラクのサダム・フセインに対する評価は全く違った。ブッシュたちはフセインをイランからペルシャ湾岸の産油国を守る防波堤とみなしていたのだが、ネオコンはフセイン体制を倒して親イスラエル派の政権を樹立、シリアとイランを分断して両国を潰そうとしていた。この対立が1980年代のスキャンダル発覚につながっている。ブッシュが所属していた支配層の勢力がネオコンをたたきにきているのかもしれない。


ネットゲリラ
スニッカーズを揚げて食べるのやめい
 (2019年10月20日 17:17)
(以下一部転載)
グラスゴーの人が短命だというんだが、きっと奥さんが美人なんだろ、って、落語じゃないんだからw イギリスは帝国で、イングランドがスコットランドやアイルランドを植民地として従えているわけです。支配者のイングランド上級国民は安楽な生活を送り、美味しいモノを食い、植民地の下級国民は貧困から抜け出せない。
------
グラスゴーの男性は他のイギリスの都市に暮らす男性に比べ7年も寿命が短く、4人に1人は65歳の誕生日を迎えることができないといわれています。その原因についてはさまざまな議論が行われており、天候やビタミンD不足、果ては「揚げマーズバーの食べ過ぎ」などさまざまな説が提唱されてきました。
そこで、グラスゴー公衆衛生センターで公衆衛生プログラムのマネージャーを務めるデビッド・ウォルッシュ氏は、合計40種類の仮説を検討したレポートを作成し、グラスゴーの健康問題を追究しました。その結果、「高いレベルの貧困が原因の最たるもの」だということが判明したとのこと。ウォルッシュ氏は「グラスゴーの子どもの3人に1人が貧困に分類される経済状況に置かれています」と指摘しています。
------
イギリスは徹底した階級社会で、下層民は満足な教育も受けられず、字も読めない人がいる、というんだが、一方で共産中国では半数が大学に進学するという、貧乏人でも金持ちでも同じ教育を受けられるシステムで、未曾有の発展を遂げた。インドが期待されながらも思うように伸びないのは、カースト制に加えてイギリス植民地システムの名残りで、いまだに階級制が抜けないからです。


田中龍作ジャーナル
【香港発】カネの力に屈した世界が香港を見捨てる日
2019年10月19日 22:28  
(以下一部転載)
 Dou you remember me?
 小柄な女の子が目の前に現れた。
 忘れもしない。6月21日、市民1万人余りが警察本部を包囲した時だった。最前列でシュプレヒコールをあげていた子だった。
 Almost my friend was arrested, but I’m safe. =友達のほとんどは逮捕されたけど、私はどうにか無事。
 彼女は警察に至近距離から撃たれそうになったこともあったという。必死に逃げたそうだ。
 彼女に最後に会ったのは9月21日だ。元朗であった激しいデモだった。以後、まったく連絡がつかない。
 逮捕者2,595人(10月17日現在)の中に彼女がいても何ら不思議はない。
 中国共産党から弾圧される香港人は、米議会を通過しそうな香港人権法に期待を寄せる。デモや集会では夥しい数の星条旗が翻る。
 香港人権法は内政干渉でも何でもない。理由は次の通りだ―
 米国は関税、輸出入、出入国などの面で、香港を優遇してきた。香港にはビジネスの大前提である法の支配があるとして、米国は香港を特別待遇してきたのだ。
 中国はその恩恵にあずかってきた。
 人権問題は「法の下の平等」を侵す。法の支配の大前提を崩すことになる。米国のビジネスに大打撃なのである。
 このため米国務長官は、香港市民の人権が毀損されていないかなどをチェックし、議会に報告書を提出しなければならない。
 むしろ米国国内の問題なのだ。
 憂慮されるのは、米国が中国との貿易を香港の人権よりも優先するのではないか、ということだ。
 香港を見捨てる、という傾向はすでに表れている。香港デモに連帯の意を示したNBA関係者が謝罪に追い込まれて以降、巨大市場のご機嫌を損なわないよう中国に 叩頭 する企業は後を絶たない。
 香港警察の動きがわかる地図アプリを削除したアップル。台湾が中国の地図に入っていないと指摘され「一つの中国」を支持すると言わされたディオール・・・こうした企業はカネさえ稼げれば人権などどうでもいいと言っているのと同じだ。
 米上院が法案を可決するのを阻止しようと、中国はあの手この手でやってくるだろう。


シャンティ・フーラの時事ブログ
5Gの運用開始で、基地局近くの鳥の大量死、原因不明の体調不良などの直接的な健康被害に加えて、国民の精神を操作できるようになる
2019/10/20 10:00 PM
(以下一部転載)
 TOCANAが引用している動画は、今月から5Gの運用が開始されている英コヴェントリーのものだということです。基地局の近くで、たくさんの鳥が死んでいます。
 次の記事では、周辺に5Gアンテナが設置されていたフェスティバル会場にいた人たちの多くが、原因不明の鼻血や片頭痛、不眠に悩まされたとのことです。これらのことから、5Gは非常に危険である可能性が高いです。
 TOCANAでは、5Gは“直接的な健康被害に加えて、国民の精神を操作できるようになる”とありますが、おそらく、政府の狙いはここだろうと思います。
 集団ストーカー行為に、たくさんの工作員を使う必要がなくなるのです。おそらく、ターゲットにした人物を殺すこともできるようになると思います。
 わずかな希望は、“益々多くの専門家ら、そして政治家らも5G の危険性を警告”していることでしょうか。大沼安史氏のツイートによると、トランプ政権の2020年度の研究開発重要事項から「5G」が消えたとのことです。
 残念ながら日本では、政権交代が実現しない限り、このまま突き進み、日本人はモルモットになる可能性が高いです。原発事故の放射能、食品添加物、GMO食品、5Gなど、どう見てもこれらに耐性を持つ新たな人類が、日本から出現するとしか思えない状況です。耐性を獲得できなかった者たちは、あべ叫喚地獄の中で、苦しみながら死んでいくことになるのでしょうか。


シャンティ・フーラの時事ブログ
安倍政権が推し進める「新自由主義」とは、植民地支配を合法的にやっているに過ぎず、「力の支配」となり、弱者は奴隷扱い ~愚民化政策に、フッ素やワクチンに含まれる水銀などがある
2019/10/20 9:30 PM
(以下一部転載)
 不寛容さが目立つ日本社会の原因は何か。どうすれば変えられるのか。日本では“強いものが勝つ「力の支配」が横行”し、「自己責任」の空気が蔓延しているとあります。これは、安倍政権が推し進める新自由主義とも密接な関わりがあります。
 「新自由主義」とは名ばかりで、実態は東インド会社が行っていたような植民地支配を合法的にやっているに過ぎません。当然、そこは「力の支配」となり、弱者は奴隷扱いです。さすがに、今の時代では奴隷という言葉は使えないので、弱者に対しては「自己責任」という言葉を用いるのです。国のトップに立っている人が、わがままで幼児性の塊のような人物なので、こうした傾向はますます顕著になっていきます。
 時事ブログでは、新自由主義の行き着く先は、人類の奴隷化であると説明してきました。このことは、ツイートの動画をご覧になると、よくわかると思います。
 動画の冒頭で、“今の我々の社会はIQの低い人々が増え続け…これは愚民化政策の結果です。ほとんどの人が凡人となって政府に依存するようになります。… IQの低い人々は完全に権威に依存します。…それは明確な思考ができないからです”と言っています。こうした愚民化政策に、フッ素やワクチンに含まれる水銀などがあると言っています。大変優れた動画なので、是非、全てをご覧ください。
 以前紹介したと思うのですが、ネトウヨになる人はIQが低いとのことでした。複雑なことが考えられないので、ものすごく単純に誰かを悪者に仕立て、本人はそれを叩く側に回るようです。しかし、ワクチンやフッ素などの毒物による影響だとしたら、これは、今後ますますこうした傾向が増えることになります。なんせ、日本は、今や農薬大国であり、GMO食品大国だからです。まともに生きていくのが難しい国なのです。
 加えて、スマホでゲームばかりやっている、ニュースは見ないということになれば、未来は絶望的だと言えます。彼らに、“自分の頭で考えろ”ということ自体が、拷問というか、いじめになりかねない世界なのです。
 ならば、どうしたらいいのか。メキシコのオブラドール大統領のように立派な人物が国のトップに立ち、模範を示す以外にないのではないでしょうか。
 私たちはどうすれば良いのか。自分自身が模範となる生き方をするよりないでしょう。しかし、逆説的ですが、実はこれは、自分自身に対して本当に素直であることが、そこに至る最短コースなのです。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
IOCは、2020東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌市で開催に変更、「東京は暑すぎる」のを理由にしているけれど、「本当は、まったく別の理由だ」という
19/10/19 06:06
(以下一部転載)
 2020東京オリンピック(2020年7月24日~8月9日)のマラソンと競歩を札幌市で開催することになったと、IOCが決定したと宣言した。「東京は暑すぎる」のを理由にしているけれど、「本当は、まったく別の理由だ」という。知っているのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長と事務局員、それに萩生田光一文部科学相はじめ文部科学省関係官僚、知らなかったのは、開催都市である東京都の小池百合子知事だった。10月16日、「突然の変更には、驚きを感じるところです」などとするコメントを発表し、不快感を示した。だが、本当の理由を聞かされて、小池百合子知事絶句。森喜朗会長「不快感持ちようない。やむをえない」とあっさり受け入れ、本当の理由を知っている様子。この変更決定で、2020年7月30日任期満了となる小池百合子知事の再選は、絶望的になったという。これは、自民党派閥「志帥会」(会長:二階俊博幹事長)と「菅グループ」(代表:菅義偉官房長官)の内部に詳しい事情通の極秘情報である。


シャンティ・フーラの時事ブログ
『緊急院内集会~種苗法についての勉強会~』に参加して。農水省は、やはり巨大種子企業の出先機関なのか?~自家増殖採種禁止へ向けて、種苗法改定案を来年の通常国会に提出する政府
2019/10/20 12:00 PM
(以下一部転載)
 先日、"種苗法についての緊急院内集会"に参加してきました。
 山田正彦さん、印鑰智哉さん、稲葉光國さん、議員さん十数名はじめ、総勢100名ほどとともに、種苗法改定について、農水省の官僚4人の話を聞き、議論するという集会でした。
 種苗法改正のそもそもの発端は、シャインマスカットなどの種や苗の海外流出を守るために農水省が検討を始めたというものでしたが、ふたを開けてみると、現在の種苗法自体が複雑だとして、”自家増殖は一律禁止”に改定するというとんでもないものになりそうだということで、急遽、緊急院内集会が開かれたというわけです。
 種などの海外流出に関しては、弁護士でもある山田氏によると、もちろん法解釈ではあるが、現行の種苗法21条で禁止されているというのが、山田氏ら弁護団の見解とのことです。
 そして自家増殖に関しては、現在の種苗法では、登録品種であっても自家増殖は原則自由となっています。しかし”自家増殖一律禁止”となると、今まで自由に自家増殖してきた農家にとって大打撃となります。さらに、種は交雑するので、登録品種の定義もあいまいです。しかも違反者には、1000万円(法人は3億円)以下の罰金、10年以下の懲役とのこと。つまり、この種苗法の改定とは、種の海外流出防止を名目とした、グローバリズムの戦略としかおもえない改悪なのです。こうした種苗法改定案を、政府は来年の通常国会に提出する予定でいます。
 話を聞いていて、農水省の役人が、巨大種子企業の先兵に見えてきました。もっともらしい話をして、煙に巻いて、説得しようとするという、頭のいい?詐欺師といった体です。いわゆる売国奴ですね。しかし今日は相手が悪すぎました。百戦錬磨の猛者たちは、みんなお見通しです。
 彼らには、山田さん、印鑰さん、稲葉さん他の指摘する、種を知財化することの危険やバカバカしさがわからないようです。というか、理解はできる?が端から聞く耳を持たないといった感じです。なんせグローバリストですから。
 日本の農業を守るため!とか、望まれている新しい作物を登録して海外への流出を守る!とかもっともらしく言うのですが、どうみても、その道の行く末は巨大種子企業による種子の独占です。そんなこともわからないのか!とおもいましたが、そのためにやっているのでした。
 2時間だけだったので、農水省からのグダグダの経過説明などでかなり時間を取られ、肝心の質疑応答がどれも中途半端ではありました。しかし、かれらのスタンスはよくわかりました。種苗法改悪の命を受けた、上級国民側の戦闘兵といったところでしょう。
 安倍政権がそうであるように、農水省はやはりグローバル企業の出先機関のようでした。日本のためといいながら、日本の農家をボッコボコにするつもりのようです。国連の"小農の権利宣言"を棄権するわけです。
 中には、映画「新聞記者」のように、事態を危惧している役人もいるのかもしれませんが、果たして立場主義と向き合うことのできる勇者はいるのでしょうか?
 最後に、山田氏が「9/30にゲノム編集の種を有機として認証するかどうかの検討会議があったというが知っているか?」と尋ねました。かれらは「知らない」といいます。本当に知らないのか、あったのは知っているが内容までは知らないのか、それとも違う部署のことまで与り知らないとでもいうのでしょうか。いずれにせよ、それでよく、日本の農業を守るなどと言い切れるものです。日本の農業を守らん!と尽力する元農林水産大臣である山田正彦氏を前にして。


Facebook - ミヤシゲ ユウコ
2019.10.19
(以下一部転載)
日本のメディアは あまり被害が大きくないように、 悲惨でないように ニュースが加工されていますけれど、 海外のニュースではちゃんと、このように、ありのまま報道してくれてます。安倍さんが、台風の前日、 一本10万円のワインを堪能していたことも、 ちゃんと報じられていますよ。 みんなドン引きしています。 国連で 安倍さんが喋りだすと、 みんな席を立っていなくなってしまうのは、こういうことを、外国の人たちはもう、既に知っているからです。


ネットゲリラ
疫病神の視察
 (2019年10月20日 14:55)
(以下一部転載)
堤防なんてのは、いくら高くしてもキリがない。河床が上がって行くからで、定期的に浚渫して河床を下げてやらないと、天井川が増えて洪水の被害も多くなる。ダムは洪水防止には役立たない。今回も、台風前に水位を下げておくとかいう調整はやってなかった。なので、すぐに放出する羽目になる。確かに治水は大事な仕事だが、どうしても洪水しやすい、冠水しやすい土地というのはあるもので、そういう土地に無秩序な開発を認めて、挙句にはタワーマンションなんぞ建てるというのは、言語道断です。
------
台風19号による被害を把握するため、安倍総理大臣は20日午前、広い範囲で河川が氾濫した長野県の被災地を訪れ、千曲川の堤防が決壊した現場で、被害状況などを視察しました。
------
それにしても世襲でやりたくもない政治家をやっているので、こういう時の動きが悪い。いつも顔が死んでいる。さすが「死神」の二つ名は伊達ではないですw






シャンティ・フーラの時事ブログ
大革命が生じて、これまでの通貨体制が無効になるような事態が発生した場合、ハイパーインフレになる ~まさに、このことがこれから起ころうとしていて、すべての鍵は新金融システムが握っている
2019/10/19 8:00 PM
(以下一部転載)
 山本太郎氏は、財源として新規国債の発行を主張しています。初めの記事はすでに編集長が取り上げたものですが、今回その一部を再掲しました。山本太郎氏の経済政策は基本的に正しいと思っています。ただ、このやり方で本当に日本がハイパーインフレになることはないのかについては、実のところよくわかりません。
 記事では、ハイパーインフレになる事項が3つ挙げられています。山本太郎氏は、いずれの場合も、日本には“当てはまらない”としていますが、それは今の状況がこれから何十年も続くことを想定しての話です。
 1つ目の“大きな戦争などで国内の生産能力が破壊され、かつその再建に国際社会がきわめて非協力的な場合”ですが、安倍政権は明らかに戦争をしたがっており、「日月神示」に代表されるような予言を信じている連中なのです。数年先に中国との戦争を実行するつもりだと言っている人もいます。このまま安倍政権が続くと、この1つ目の条件を満たす可能性があります。
 次に、“大革命が生じて、これまでの通貨体制が無効になるような事態が発生した場合”ですが、まさに、このことがこれから起ころうとしているのではないでしょうか。これまでの通貨体制は無効になると思われます。新金融システムがいかにスムーズに立ち上がるかが、すべての鍵を握っています。
 しかし、トランプ大統領がどんな政策を行っても、メディアを中心に徹底的な批判が起こる現状を見てもわかるように、トランプ大統領は、大手メディアはもちろん、世界の巨大企業はとてもコントロールできていません。
 この状態で、通貨体制の崩壊が起これば、新金融システムを誰が支配するかについて水面下で合意ができていなければ、それこそ大混乱になります。
 東海アマさんは、この時に“銀行の大量倒産により…国際的な貿易決済が不可能になる。つまり輸出入が止まる”と言っています。食料自給率が極度に低い日本は、危機的状況になります。
 このような危機的状況の時に、阿呆が国のトップであることの悲劇を想像してみてください。国民が苦しむことをまるで喜んでいるかのような連中が、こうした時に正しい対応をするとは、とても思えません。
 過去の例を見ても、ハイパーインフレは、中央銀行と大手銀行が共同して意図的に作り出していると思われるのです。混乱に乗じて巨利を得ようとする連中が国を支配しているのだから、当然です。
 なので、私たちは、常に最悪のケースを想定して準備しておくべきなのです。東海アマさんも、“数ヶ月程度の食料備蓄はしておくべきで…一番必要なものは、共同体ダーチャだ”と言っていますが、全く同感です。


『文殊菩薩』
英国のBrexitは成功するか
2019年10月19日08:10
(以下一部転載)
今月末にEUから脱退するBrexitの協議を進めている英国ジョンソン首相が、EUユンケル委員長と新たな離脱協定を発表した。
協定なき離脱を強行する姿勢を示していたジョンソン首相だが、議会の抵抗を受けて妥協せざるを得なかった模様だ。
新しい協定では北アイルランドの関税処理をめぐり、EUあるいは英国の関税ルールに従うかについて調整がなされた。
しかし、この新たな離脱協定も議会の同意を必要とし、北アイルランド民主統一党が不満を表明して反対している。
もし、協定が議会により否決された場合には、離脱は再度延期となるが、ジョンソン首相の政治生命は危うくなりそうだ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/10/14 ソルカ・ファール情報:ソルカ・ファール情報まとめ:トルコのシリア“侵攻”?[中編]
2019/10/19 5:00 PM
(以下一部転載)
 17日の「19/10/10&11 ソルカ・ファール情報まとめ:トルコのシリア“侵攻”?[前編]」では、トルコの四面楚歌っぷりをお伝えしました。
 当然のことながら、白人至上主義のディープ・ステートがトルコを同等扱いする訣がありません。ですがトルコは火事場泥棒的にシリアへ侵攻して、自国の領土を拡げたいのではなく、最早経済的に支えきれない大量のシリア難民がシリアに戻る気になってくれるよう、トルコとシリアの国境に安全地帯を設けたいのです。だって360万人の難民ですよ? 食費だけでも如何ほどか。
 今回は前半で諸悪の根源であるアメリカの事情を詳しく、そして後半でトルコの置かれた状況に戻ります。この中で現在一番の問題は左派ヨーロッパ諸国。アメリカがシリア政府転覆のために集結させたテロリストは大半がヨーロッパ出身だというのに身柄引き受けを拒否し、彼らがシリアに居座ることを未だに支援しています。
 エルドアン大統領が、「そんならウチにいるシリア難民をヨーロッパに送り込んだろーやないかい!」とキレるのも無理はありません。テロリストを追い出さない限り、シリアの一般市民はアラブ系だろうがクルド系だろうが、何教徒だろうが、怖がって戻ってくれないのですから。
 あと補足として、本文では「19日に公開」とあるFISA文書なのですが、再び延期されてしまいました(※現時点では月末との噂)。なんでさっさと公開しちゃわないのかな、とずっと疑問だったのですよ。今回のソルカ・ファール女史の記事を読んでやっと理解しました。
 「FISA報告書」とは、どうしてもトランプを大統領にさせたくなかったCIAやFBAが証拠(スティール文書)を捏造し、FISA(外国情報監視法)に基づく盗聴監視令状をFISAの秘密法廷で幾度も取得したという事件の捜査報告書を一般向けに編纂したものです。権力乱用事件と世間で呼ばれていますが、ようはトランプ選挙陣営に対してディープ・ステートが仕掛けたクーデターの一つ。
 えーとですね……大量の軍隊を国内にがっつり配備させないといけないレベルの危険を孕んでいたようです。ロシアも警戒を最大限高めておかないといけないレベルだそう。つまりFISA文書の公開のタイミングによってはアメリカ内戦どころか核兵器が飛び交う第三次世界大戦を覚悟してね、という。マジですか。
 ディープ・ステートを叩ける格好のネタだというのに、公開日がどんどん延期されているのも納得です。


《櫻井ジャーナル》
ベネズエラの国営石油会社をロシアのエネルギー会社が経営する可能性
2019.10.19
(以下一部転載)
 アメリカはベネズエラにも経済戦争を仕掛けている。その最大のターゲットは国営石油会社のPDVSA。同社がアメリカに保有していた資産70億ドルは凍結され、石油の販売も妨害されている。
 イランでイスラム革命があったときにも資産が凍結された。アメリカにある資産は絵に描いた餅、幻影にすぎないと思った方が良いだろう。日本がアメリカに対して持っている債権も同じことだ。
 苦境にあるPDVSAをロシアのエネルギー会社ロスネフトが支援してきたが、ベネズエラのロシアに対する負債を軽減するため、私有化せずに​PDVSAの経営権をロスネフトへ渡す合法的な手段を検討​しているようだ。
 アメリカがベネズエラの体制転覆を計画するようになった理由は1999年にウーゴ・チャベスが大統領に就任したことにある。チャベスは自国をアメリカから独立させた。
 そこで、​2002年にジョージ・W・ブッシュ政権はクーデターを試みた​が、その中心人物はイラン・コントラ事件に登場するエリオット・エイブラムズ、キューバ系アメリカ人で1986年から89年にかけてベネズエラ駐在大使を務めたオットー・ライヒ、そして国連大使だったジョン・ネグロポンテの3人。ネグロポンテは1981年から85年にかけてホンジュラス駐在大使を務めていたが、そのときにニカラグアの革命政権に対するCIAの秘密工作に協力、死の部隊にも関係している。
 このクーデター計画を事前に知らされていたチャベス政権は潰されずにすんだ。情報を伝えたのはOPECの事務局長を務めていたアリ・ロドリゲスだ。
 また、​ウィキリークスが公表したアメリカの外交文書​によると、2006年にもベネズエラではクーデターが計画されている。「民主的機関」、つまりアメリカの支配システムに操られている機関を強化し、チャベスの政治的な拠点に潜入、チャベス派を分裂させ、それによってアメリカの重要なビジネスを保護してチャベスを国際的に孤立させるとされている。
 チャベスは2013年3月に癌のため、58歳の若さで死亡。その際にアメリカは体制転覆を目論むが、それも失敗した。チャベスを引き継いだニコラス・マドゥロもアメリカの支配層から嫌われている。
 アメリカがマドゥロを倒す手先に選んだ人物がフアン・グアイドで、アメリカ政府は「暫定大統領」というタグをつけた。この人物を支援しているひとりがマルコ・ルビオ上院議員。この議員は自身の​ツイッターにムアンマル・アル・カダフィの元気な時の姿と惨殺される寸前の様子を撮影した写真を並べて載せていた​。
 ルビオはキューバ系だが、ほかの議員と同様、イスラエルのためにも活動している。ルビオはイスラエルに対するBDS(ボイコット、資本の引き揚げ、制裁)を法的に禁止しようとしているグループのひとりであり、2017年5月には反中国運動の中心メンバーである黄之鋒(ジョシュア・ウォン)と会談している。
 グアイドは「何か」が2月23日に起こると「予言」していたが、その日にはバージン・グループを率いるイギリスの富豪、リチャード・ブランソンが主催するコンサートが予定されていた。
 コンサートに20万人以上が集まったとワシントン・ポスト紙は伝えていたが、その様子を撮影した写真から実際は1万5000人くらいと推測されている。
 コンサートの開催日に「人道的援助物資」を積んだUSAID、つまりCIAのトラックがコロンビア領内に出現し、現在は使われていない橋を渡ってベネズエラ領へ侵入しようと試み、混乱を引き起こそうとしたが、失敗している。
 3月7日にベネズエラでは大規模な停電があったが、その数分後にルビオ議員はその状況を詳しく述べ、空港ではバックアップの発電機も起動しなかったことが指摘している。これは事実だが、その時点ではベネズエラ政府もその事実を把握できていなかった。
 4月30日にグアイドは軍事蜂起を呼びかけたのだが、「笛吹けど踊らず」で無様なことになる。グアイドと同様、反政府派の象徴になっているレオポルド・ロペス(2014年のクーデター未遂で自宅軟禁中だったが、クーデター派によって解放されていた)はスペイン大使館へ逃れ、クーデターに参加した兵士25名はブラジル大使館へ逃げ込んでいる。
 マドゥロ政権の転覆に失敗したアメリカ政府は経済戦争、一種の兵糧攻めを続けてきたが、ロシアや中国が立ちはだかっている。登場人物を見てもわかるように、中東、ウクライナ、香港、ベネズエラなどにおける混乱はアメリカの世界制覇プランが原因だ。


田中龍作ジャーナル
【香港発】デモ隊少女全裸殺人 闇に葬る警察と親中新聞
2019年10月19日 00:01  
(以下一部転載)
 詩織さん事件を思い出してほしい。警察が不自然な動きをし、追及されると力づくで隠す。暗黒国家・独裁国家の特徴だ。
 反政府デモの常連参加者だった陳彦霖さん(15歳・デザイン専門学校生)の全裸死体が、9月22日、学校近くの海岸に浮かんだ。陳さんが連絡を絶ってから、3日後のことである。
 陳さんは水泳選手だ。
 警察が、死体は陳さんであることを正式に認めたのが10月9日。死体発見から17日も経ってからだ。
 だが、その後の動きは恐ろしく速かった。
 翌10日、陳さんの火葬。香港警察は事件性が疑われる不審死の場合、数ヵ月は死体を保存していた。
 翌11日、警察は「容疑者はいない(事件性はない)」と発表。
 14日、学校がCCTV(監視カメラ)の映像を公開。
 映像は陳さんが乗ったエレベーターのドアが開いたところで終わる。だがドアの外側には警察官の棍棒が。(映像は改ざんされていて、陳さんではなく、よく似た女性との説もある)。
 だが、最後のワンカット・・・開いたドアの外側に警察官の棍棒が写っていたのが、香港市民の警察不信にまたもや火を着けた。
 陳さんがデモ隊だったことも、警察への不信を掻き立てた。
 世論は騒然となった。すると警察はこの日の夜、学校のCCTV映像やパソコンを押収した。
 映像証拠は闇に葬られた。
 収まらないのは香港市民だ。日本と違って権力犯罪には厳しい。
 香港の5ヵ所で事件の真相究明を求めるデモが18日、あった。
 遮打花園に数百人が集合していると、警察が駆け付けてきて警告幕を掲げた。参加者のマスク着用を「違法」と警告したのだが、ホントの狙いは別だ。全裸殺人事件をよほど追及されたくないのだろう。
 デモ集会の向こうを張ったのが御用マスコミだ。18日の親中華字紙は、陳さんの死を自殺と断定する記事を一面トップに掲載した。
 水泳選手が海で入水自殺するだろうか? 滑稽過ぎて不気味でさえある。
 警察と御用マスコミの “見事な” コンビネーション。詩織さん事件がウヤムヤにされそうな日本とよく似ている。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
IOCは、2020東京オリンピックのマラソンと競歩を札幌市で開催に変更、「東京は暑すぎる」のを理由にしているけれど、「本当は、まったく別の理由だ」という
19/10/19 06:06
(以下一部転載)
 2020東京オリンピック(2020年7月24日~8月9日)のマラソンと競歩を札幌市で開催することになったと、IOCが決定したと宣言した。「東京は暑すぎる」のを理由にしているけれど、「本当は、まったく別の理由だ」という。知っているのは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長と事務局員、それに萩生田光一文部科学相はじめ文部科学省関係官僚、知らなかったのは、開催都市である東京都の小池百合子知事だった。10月16日、「突然の変更には、驚きを感じるところです」などとするコメントを発表し、不快感を示した。だが、本当の理由を聞かされて、小池百合子知事絶句。森喜朗会長「不快感持ちようない。やむをえない」とあっさり受け入れ、本当の理由を知っている様子。この変更決定で、2020年7月30日任期満了となる小池百合子知事の再選は、絶望的になったという。これは、自民党派閥「志帥会」(会長:二階俊博幹事長)と「菅グループ」(代表:菅義偉官房長官)の内部に詳しい事情通の極秘情報である 。


ネットゲリラ
途中で止められない大東亜戦争体質
 (2019年10月19日 03:33)
(以下一部転載)
小池都知事のマヌケな三度笠スタイルが世界に報道されて、それでIOCが切れたらしいw あれ見りゃ切れるわなw おまけに朝顔だ、打ち水だ、と。アスリートが死なないうちに止めないと、大変な事になる。まぁ、日本人はパンとサーカスのサーカスも運営できないマヌケです。
新国立競技場問題で数々の主張をしてきた建築エコノミストの森山高至氏がツイッターで、国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に移す案を発表したのは「東京都の暑さ対策に危機感があったから」と述べている。その内容に懐疑的な声が寄せられると「今回の裏話は、そのうちニュースになると思います」と自信を見せた。
マラソンと競歩を移す、というんだが、トライアスロンはどうなの? とか、陸上長距離はどうなの? とか、全てに関わって来るところで、だれもマトモに検証しないところで立案したら、あとは誰が何を言おうと突き進むだけ、途中で止められないという、大東亜戦争体質だw


ネットゲリラ
これもう経済制裁だろ
 (2019年10月19日 15:45)
(以下一部転載)
オリンピック期間中は宅配を自重しろ、というんだが、高いカネ払って公式スポンサーになった会社に対して何という嫌がらせw 東京はただでさえ飽和状態なんだから、オリンピックなんてやるなよw やるんだったら余裕もあるオクシズとか南伊豆とか、だれもいないところでやれw
------
東京オリンピック・パラリンピック期間中の道路混雑を緩和するため、政府は、大手宅配会社に対し、時間帯を指定した配達の中止や、配送ルートの変更などを要請することになりました。
具体的には、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社に対し、大会の期間中の東京都心部を対象に、▼時間帯を指定した配達の中止や、▼配送ルートの変更、それに▼再配達の削減などを要請するとしています。
------
東京は限界なんです。飽和なんです。年に二回コミケットやるだけで精一杯。ところで宅配と言えばウチもヤマト運輸から値上げを迫られていて、包材費の高騰やら色々あって、年内にでも値上げを迫られるかも知れないです。


ネットゲリラ
いいなぁ、有給休暇3か月
 (2019年10月19日 10:26)
(以下一部転載)
神戸教師イジメ事件なんだが「女帝」だそうで、教育者一家の末裔のババアが諸悪の根源らしい。さいずめアベシンゾー的な位置かw 教師なんてのは特に高い知能が要求される仕事でもないので、政治家同様、世襲が多いんですね。昔は師範学校と言ったんだが、大学よりちょっとランクの落ちるインテリの末端ですw
------
「A先生は神戸市出身、地元の小中学校を卒業しています。お兄さん、お姉さんがいて、4人きょうだいの末っ子。お兄さんたちも、お兄さんの奥さんも教師とか教育関係の仕事をしているそうです。
 お父さんも教育関係の仕事に従事していて、おじいちゃんも有名な人だったと聞きました。教育者の家庭ですよ」
 そんな教育一家に育ちながら、いじめを主導していたとは、開いた口がふさがらない。この女性が続ける。
「Aさんと小中学校が一緒だった人の話では、結構おてんばだったせいか、結婚はしてないようです。一見、しゃべりやすい気さくな関西のおばちゃん。でも反対に、上から目線、人をなめているような態度で、あたりが強い、と感じる人もいたそうです。昔はお兄さん一家と同居していた時期もありましたが、義理のお姉さんとそりが合わなくて家を出たという話です」
------
世襲で屑人間が政治家になったり教師になったりする。それが日本です。隠れカースト制みたいなもんだw ところでウチの選挙区では細野豪志が自民党に移ったので、富士宮の県議の息子で大東文化大学卒の世襲との暗闘があるわけだが、その隙を付いて徳川さんが立憲民主党から立つらしいw どうせ世襲だったら、いっそそこまで行くと潔くて良いw


ネットゲリラ
鏡が無ければブスがいなくなるというのか
 (2019年10月19日 13:53)
(以下一部転載)
神戸イジメ教師事件なんだが、基本的には教師になりたくもない人間が世襲で教師になって、ツマラナイ人生なので憂さ晴らしに好き勝手やって世の中の迷惑になるという、おいらはコレを「安倍晋三現象」と呼ぼう。ヒトは自分のなりたいモノになるべきで、こういうヒトって、自分のなりたいモノというのがないんですね。小泉進次郎もそうだが、路線が決められているから、最低限の努力でソレナリの地位につける。自分のなりたいモノを探すより楽だw かくして、誰より努力を嫌い、他人の足を引っ張る事しか考えない、人間の屑が出来上がる。安楽は罪。
------
神戸市教委の健康教育課は18日、給食について、東須磨小から相談が来て、時期を決めずに当面、カレーを変更することにしたとJ-CASTニュースの取材に答えた。変更の理由については、「詳細は、お答えしかねます」とした。
代替メニューとして、カレー粉は止めたうえで、肉やジャガイモ、ニンジンなどの食材を生かした煮物にするなど、味付けを変えるそうだ。
カレーを食べられない児童に個別対応することについては、「同じ釜を使って自校調理しており、メニューを分けるのは難しいです」と話した。給食のカレーを今後の教育に生かすことについては、「そういう声を聞いていませんので、学校から相談があれば考えたい」と言うに止まった。カレー一時中止についての意見は、18日昼過ぎ時点までは来ていないという。
------
教師の半分以上が、やる気のない人間だし、自民党議員のほとんどが、やる気のない議員。日本は腐ってる。


シャンティ・フーラの時事ブログ
東須磨小学校教師による同僚いじめ、犯人は「給食のカレー」にされてしまう
2019/10/19 11:00 AM
(以下一部転載)
 ニュースを聞いた多くの方が、一瞬キョトンとしたのではないでしょうか。
東須磨小学校の4人の教員が同僚教師に対し「家庭科室」で「激辛カレー」を使って、いじめ、と言うより、犯罪を行っていたことを反省し、学校側は保護者に対して「今後、給食のカレーを一時中止する」「現場となった家庭科室を改修する」と説明しました。
 え、そこ?
ネット上では、buuさんが「なら、世の中から、獣医学部とか桜の木とかもなくさんといかんのでは??」と切り返し、カレー屋さんも「カレーを許してあげて」などのどよめきが上がっています。
学校は、原因となった4人の教師に触れたくないようです。当事者である教師に直接語らせることは避け、彼らの謝罪コメントを読み上げて済ませ、責任はカレーに引き受けていただく、ということのようです。
 この謝罪コメントの内容もまたクラクラするものでした。学校の責任逃れの態度と同様、今回の事件に正しく向き合っていないことが見て取れます。奇特なお方が「正しい謝罪」になるよう赤ペンを入れておられますが、あまりのひどさに「匙を投げ」られて笑えま、、せん。
 今回の事件を重く見て乗り込んできた文科省副大臣に対する、教育長らの深々としたお辞儀を見ると、寒々としたものを感じます。この最敬礼の気持ちの中に、教師や子どもたちへの思いはあるのでしょうか。


シャンティ・フーラの時事ブログ
台風19号で千曲川が氾濫し、JR東日本の「長野新幹線車両センター」が浸水。東北新幹線10編成120車両が水に浸かる ~新幹線車両基地一帯は千曲川の「遊水地」だった
2019/10/19 7:30 PM
(以下一部転載)
 台風19号で千曲川が氾濫したため、JR東日本の「長野新幹線車両センター」が浸水しました。東北新幹線10編成120車両が水に浸かったとのことで、最悪の場合廃車になるようです。
 この場所は、長野県のハザードマップで、氾濫の際には10メートル以上の浸水が予測されていた場所だったのですが、冒頭の記事によると、なんとこの場所は千曲川の「遊水地」だったとのことです。
 「脱ダム宣言」の田中康夫氏が、動画の中でこのことに触れています。動画の7分20秒~8分30秒をご覧ください。
 以前の記事で、橋下徹氏が、“都市部に被害が出ないように上流部であえて氾濫させる”と発言したことを紹介しました。遊水地とは、まさにそのような場所だと思われます。わざわざそのような場所に、新幹線の車両基地を作っていながら、大規模な水害に警戒するよう気象庁が何度も呼びかけていたのに、どうして車両を予め高いところに移動しておかなかったのでしょう。
 廃車になった場合の損失は、結局、利用者が運賃という形で支払うことになるのでしょうか。


ネットゲリラ
客に恥をかかせるような商売しちゃいかん
 (2019年10月19日 17:37)
(以下一部転載)
高級イタリア料理店を自称する店に場違いな客が来て、パスタだけオーダーしやがって、この貧乏人が、という話なんだが、ところで、超高級の懐石和食の店に、何を間違ったか若い普通のサラリーマンが来ちゃって、明らかにドギマギしていたら、親父さんが「親子丼でも食べますか?」と聞いてくれて、惣菜屋並みの値段で作ってくれたというんだが、高級だろうが低級だろうが、客に恥をかかせるような商売しちゃいかんですねw
------
@BacchusVinVino
ディナーで予約していない親子(中学生)が来店
席も空いていたので案内した
オーダーを聞きに行くとパスタ2品のみ
前菜やメイン料理のオーダーを尋ねるといらないと言う
一応リストランテなのでパスタのみでのオーダーは受け付けていないので最低料金を下回る場合、席料を頂戴する旨を伝える
続く
午後3:38 ・ 2019年10月16日・Twitter for iPhone
2,568件のリツイート2,292件のいいね
すると、あろうことか言うに事欠いて
「二人ともあまりお腹が空いていないんですけど...」
このセリフどう思いますか?
------
おいらの家の近所は日本でも有数のイタリアン密集地帯で、イタリア人のマリオの店はじめ、10軒以上の店が並んでいるんだが、こんな失礼な店は一軒もないです。






Facebook - Sumire Hashimoto
米の青組油バアバが育てた坊=中共が
米赤組トランプ銭バアバにポアされかかってる
今日この頃
2019.10.18
(以下一部転載)
米の青組油バアバが育てた坊=中共が
米赤組トランプ銭バアバにポアされかかってる
今日この頃
米の思惑で傀儡毛沢東中共に追い出され
大清帝国満州から台湾に逃げた清の王族を
今度は逆にデブり過ぎて使えなくなった中共を
潰し台湾満州派を中国のヘッドにすげ替えて
またまた傀儡としてコントロールしようという腹積もりであろう
------
Livedoor NEWS
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17239655/
2019年10月16日 16時57分
ロイター
[画像] 米下院、香港人権法案を可決 対中圧力強める
[ワシントン 15日 ロイター] - 米下院は15日、香港が高度な自治を維持しているかどうか米政府に毎年検証することを求める「香港人権・民主主義法案」など中国への圧力を強める4つの法案および決議案を可決した。
法案・決議案は全て、超党派の支持を得て全会一致で可決された。民主・共和両党は、中国により強固な姿勢で臨み、香港で4カ月続く抗議デモを支援することが必要だとの認識で一致した。
香港人権・民主主義法案は、香港への優遇措置継続の是非を判断するため、一国二制度に基づく高度な自治を維持しているかどうか、米国務長官に毎年検証することを義務付ける内容となっている。
また、香港警察がデモ隊に対して使う可能性のある軍用品などの輸出を禁止する法案「Protect Hong Kong Act」も可決した。
上院での採決日はまだ未定だが、法案が可決されればトランプ大統領に送付され、トランプ氏が署名すれば成立する。上院の外交関係委員会関係者は、数週間以内に上院本会議で採決されるとの見通しを示した。
さらに、香港と米国の関係に関する拘束力のない決議も可決。決議は、中国政府の香港への干渉を非難し、香港市民の抗議する権利を支援するとしている。
また、カナダで逮捕された中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の身柄引き渡しに関して、カナダ政府の行動を称賛する拘束力のない決議も可決した。
一方、中国外務省は、香港のデモに関する法案に断固として抗議すると表明し、米議会の議員らに干渉をやめるよう求めた。
香港政府もまた、法案の米下院通過に遺憾の意を表明。海外の議会は香港の内政に干渉すべきではないとした。
※情報を追加しました。


ネットゲリラ
中華帝国主義者は張子の虎
 (2019年10月18日 14:25)
(以下一部転載)
ネトウヨは「中華帝国主義者は張子の虎」と叫び続けて何十年、中国がどうなったかというと、何が起きても順調に発展し続けているわけだが、YouTubeの農村礼賛動画を見れば判るように、あれは「失われた存在しないユートピア」だからこそ、人気があるんですね。酒呑みリーさんの貴州省動画はまだしも、雲南省を舞台にした動画は、失われた過去の幻です。実際には眼鏡っ子のお嬢さんのヤツがリアルな中国です。新幹線で帰省し、タピオカミルクティー飲みながらお洒落な美容院で髪をカットし、都会の小綺麗な部屋で一人暮らし。田舎で幼い弟の面倒見ながら黙々と畑仕事に精を出す美少女なんていない。都会の若者は世界中どこでも同じような生活をしてます。


《櫻井ジャーナル》
トルコ大統領は露大統領と電話会談した翌日に米副大統領らと会談、22日には訪露
2019.10.18
(以下一部転載)
 アメリカのマイク・ペンス副大統領とマイク・ポンペオ国務長官は10月16日にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談、トルコ軍はクルド軍との戦闘を120時間休止することで合意したという。当初、エルドアン大統領はペンスやポンペオと会うつもりはないと語っていたが、何らかの事情で方針を変えたようだ。
 アメリカ政府が派遣したふたりとエルドアン大統領が会った16日、トルコ政府は大統領が10月22日にロシアを訪問すると発表した。その前日にエルドアン大統領はロシアのウラジミル・プーチン大統領と電話でシリア情勢などについて話し合ったという。アメリカ政府が派遣したふたりとの接し方を相談したかもしれない。
 ペンスとポンペオがトルコへ乗り込む直前、10月14日にプーチン大統領はサウジアラビアを訪問、経済的な関係の強化を印象づけた。サウジアラビアでもアメリカへの不信感が強まっているようで、ロシアとの関係が経済にとどまる保証はない。
 ドナルド・トランプ米大統領は以前からシリアから撤兵ようとしてきたが、シリア占領の継続を望むアメリカの議会や有力メディアから激しく攻撃されてきた。そうした声があるにもかかわらずトランプは10月6日にシリアからアメリカ軍を撤退するように命令、議員やメディアは「裏切りだ」と叫んでいる。
 アメリカなど侵略勢力が送り込んだサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団を中心とするジハード傭兵はロシア軍に敗北、クルドが新たな手先になった。クルドにシリア政府を裏切らせたのはアメリカだ。クルドはマクベスを演じてしまった。
 アメリカの強さを信じ、「クルドの国」を夢見てシリア政府を裏切ったのだろうが、シリアでの戦闘はアメリカ軍の弱さとロシア軍の強さを明らかにした。裏切りの失敗を気づいたのか、少なくとも一部のクルドはすでにシリア政府と話し合いを始めていた。
 アメリカのシリア占領が失敗したことは軍の好戦派も認識しているようで、アメリカ軍だけでなくジハード傭兵もイラクへ集中させつつある。そこでアメリカ政府とイラク政府との関係が悪化しているわけだ。
 そのイラクと接しているシリア東部、ユーフラテス川沿いにある​油田地帯のデリゾールからアメリカ軍が撤退する様子は見られない​。まだアメリカはシリアの石油利権に執着している。クルドが引き上げた後、イラクに集めているジハード傭兵を利用してアメリカは油田占領を続けるつもりなのかもしれない。
 メルキト・ギリシャ典礼カトリック教会の聖職者は2012年6月の段階で「​もし、全ての人が真実を語るならば、シリアの平和は守られる​。1年にわたる戦闘の後、西側メディアの押しつける偽情報が描く情景は地上の真実からほど遠い。」と指摘、シリア政府軍が戦っている相手が外国からやってきた戦闘員だということも報告していた。この報告は正しいのだが、ウクライナや香港でも基本構造は同じだ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
エクアドルとハイチ、報道されないラテンアメリカの革命 〜 極貧のハイチに日本は放射能汚染米を押し付けていた
2019/10/18 12:00 PM
(以下一部転載)
 ラテンアメリカの2つの国、エクアドルとハイチが今まさに革命状態です。
西側にとって都合が悪いことは大手メディアで報じられず、わずかなSNSや現地の報道を個人で紹介しておられるブログからの情報です。
 10月3日、エクアドルのモレノ大統領は「ディーゼルと極上ガソリンの価格を自由化する」大統領布告を発表しました。この「命令883」と呼ばれる措置はIMFとの協定の一環でした。翌日からガソリン価格は跳ね上がり、それに連動した物価は25%から120%にまで上がりました。映像配信の「IMF暴動」をご覧になった方はピンと来たでしょう。IMFによる経済植民地化と収奪のお決まりの手段です。
これに対して、先住民に率いられた大規模な抗議行動が起こり、それは12日間にも及びました。
そしてこのニュースです。全国的なストライキの要求によって政府はIMF寄りの「命令883」を取り消すに至りました。合意が達成された時、人々の歓声が湧き上がりました。
 ハイチは受難が続く国です。2010年のハイチ地震では31万人を超える空前の死者数を出し、国連平和維持軍により持ち込まれたらしいコレラ菌で1万人近く死亡し、2016年は大型ハリケーン・マシューで被災し子供の人身売買も問題になりました。長く極貧と汚職に苦しめられてきた国です。
こうした貧困に喘ぐ非産油国に対し、産油国ベネズエラのチャベス大統領は「ペトロカリベ」という優遇条件での石油供給を提案し貧困削減を目指しました。石油価格高騰を狙う米国にとっては許しがたい基金ですが、ハイチにとって「ペトロカリベ」は医療、教育、社会保障プログラムやインフラ開発に活用される貴重なものでした。しかし、モイセ大統領はじめ多くの官僚がこの基金から20億USドルを横領したことが発覚して以来、辞任を要求する市民と拒否する大統領の攻防が続いています。
今回のニュースは、ハイチの人々が激怒し、もはや一歩も引き下がる気配のないことを感じさせます。
 恐ろしいことに日本は、ハイチに放射能汚染米を押し付けているそうです。


ネットゲリラ
そもそも安倍になってから良いことねーわ
 (2019年10月18日 00:37)
(以下一部転載)
即位の祝賀パレードが延期というんだが、アベシンゾーはスケジュール通りやって台風の被害を矮小化させたかったようだが、宮内庁から延期と言ってきたそうで、陛下が台風の被害で心を痛めているからという、まぁ、アタリマエだわな。100人が死んだ大災害の直後に新車のオープンカーでニコニコ手を振っていたらキチガイだ。


Facebook - Sumire Hashimoto
森羅万象大神あべしがダシンしたとされる
11月10日は…恐ろしすぎたご覧あれ
2019.10.18
(以下一部転載)
森羅万象大神あべしがダシンしたとされる
11月10日は…恐ろしすぎたご覧あれ
なんか暗殺追悼日って嫌な予感するけど


Facebook - Sumire Hashimoto
2019年11月10日はユダヤ教カレンダーで
イツハク・ラビン首相暗殺追悼日
2019.10.18
(以下一部転載)
2019年11月10日はユダヤ教カレンダーで
イツハク・ラビン首相暗殺追悼日
1995年11月4日、テルアビブで催された平和集会に出席したが、和平反対派のユダヤ人青年イガール・アミルから至近距離より銃撃され、死亡した。


シャンティ・フーラの時事ブログ
安倍内閣のほとんどが日本会議の関係者であり、安倍内閣自体がカルト ~支配層のほとんどは秘密結社に属しており、怪しげな儀式が行われ、いわゆる霊との交流がある
2019/10/18 9:10 PM
(以下一部転載)
 冒頭の動画は、とてもうまく編集されています。6分弱なので、是非全てご覧ください。動画の中で、阿呆が一杯出て来ますが、問題はこうした連中が権力を握っていること。
 カルトとは、「特定の人物・事物を熱狂的に崇拝,礼賛すること。または,そうした行動をとる集団や教団」のことですが、現状は、安倍内閣自体がカルトと言えそうです。
 庶民には想像し難いことだと思いますが、支配層のほとんどは秘密結社に属しています。そこでは、怪しげな儀式が行われ、いわゆる霊との交流があります。なので、世の中の政治的な動きの背後には、必ずと言って良いほど、霊による導き(霊導)があります。
 安倍内閣を見ると、そのほとんどが日本会議の関係者だとわかります。菅野完氏によれば、日本会議の源流は、谷口雅春氏が開祖の「生長の家」だということです。
 ほぼすべての新興宗教が、ハイアラーキーと繋がっていることはお伝えしました。谷口雅春氏は、「マイトレーヤの使命第 Ⅲ巻 ベンジャミン・クレーム著 シェア・ジャパン出版」の巻末にある「世界のイニシエートのリスト」にも名前が出ている様に、ハイアラーキーのイニシエート(秘儀参入者)です。
 p666で、「谷口雅春(2.3) 6-7-4-6-3(1894-1985)」とあります。進化段階2.3で、5つの数字は左から魂、パーソナリティー、メンタル体、アストラル体、肉体の光線です。
 このことからわかるように、谷口雅春氏の言う神は、本来の日本の神(ホツマの神)ではありません。簡単に言えば、今の日本のこのような政治状況を背後で霊導している重要人物の1人が、谷口雅春氏だということです。
 彼は、現在でも霊体として存在しており、完全に闇に落ちています。ハイアラーキーの残党の処分が進行している中で、このようなコメントを書いたからには、彼は、態度をはっきりさせなければならないでしょう。改心して神の教えに従うか、それともこのまま消滅するか。今の波動のひどさでは、後者の可能性がかなり高いです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
小・中・高校生の自殺者数が、統計上、最多の332人 ~いじめや虐待、経済的困難といったマイナス要因を抱えやすく、自己肯定感や将来の夢、信頼できる人間関係といったプラス要因を得づらい状況
2019/10/18 8:40 PM
(以下一部転載)
 小・中・高校生の自殺者数が、今の方法で統計を取り始めて以降、最も多くなったとのことです。自殺の理由は、6割が「不明」らしく、世の中全体の「生きづらさ」が背景にあるように見えます。2つ目の記事の引用元で、“いじめや虐待、経済的困難といったマイナス要因を抱えやすく、自己肯定感や将来の夢、信頼できる人間関係といったプラス要因を得づらい状況になっている”と言っています。
 マイナス要因は、グローバリズムの必然的な結果で、貧富の格差が拡がっていることから来ていると思います。プラス要因の減少は、格差の拡大によって、母親が仕事に出なければ子どもを育てられない状況にあることが大きいのではないでしょうか。子供が幼い時に母親が子供の傍に居なければ、プラス要因は育ちません。
 さらに引用元では、“とりわけSNSの影響が大きい”として、SNSが児童生徒間の「同調圧力」を高める方向に機能しているとしています。
 一説によると、大人でもFacebookを利用すると不幸になると言われており、他人と比較して自己嫌悪に陥ったり、「他者から評価されている自分」を演出することに疲れ切ってしまったりするようです。
 SNS上で、あまりにも多様な価値観が氾濫しています。大人でも正しい価値観を持っている人は少ないのだから、そうした混乱情報が子供に与える影響は、とんでもなく大きいと思います。
 まず大人が正しく生きること。正しく生きているかどうかは、簡単な方法でわかります。余命3ヶ月を宣告されたとして、今の生き方、生活が全く変わらない人が正しく生きているのです。余命を宣告されて、慌てて何か別のことをやり出すとすれば、その人は偽りの人生を生きているわけです。




richardkoshimizu のブログ
10.16FACT BF・RK対談にご参加いただき有難うございます。明後日、10月19日は、リチャード・コシミズ倶知安講演会です!
(以下一部転載)
2019.10.16 FACT10月 BF・RK対談にご参加いただき、誠にありがとうござました。
DS幹部のオバマが射殺された?米軍予備役が召集されて、DS一味の大量逮捕に従事?安倍は破れかぶれで11月解散決行?「戦争」を起こせなくなったDSが、気象兵器で東京首都圏壊滅を狙うも、失敗?風雲急を告げています!
いつ何が起きるかわからない。目が離せない1-2か月です!
次回は、明後日、2019.10.19(土)リチャード・コシミズ倶知安講演会です!
2019.10.19(土)リチャード・コシミズ北海道倶知安講演会
日時:2019.10.19(土)14:00~16:00
場所:ホテル第一会館
住所:倶知安町南3条西2丁目13番地


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/10/10&11 ソルカ・ファール情報まとめ:トルコのシリア“侵攻”?[前編]
2019/10/17 1:00 PM
(以下一部転載)
 10月9日夜からトルコがシリア北部のクルド地域に対して軍事作戦を開始しました。大手メディアの報道を鵜呑みにすると、どっからどう見てもトルコの悪手です。なーしてわざわざ悪者を引き受け、常軌を逸した行動に出たのか。ひたすら謎でしかありません。
 個人的にエルドアンの善人度合は未だによく把握できていませんが、幾ら何でも某国の天ぷら総理ほどの阿呆では、複雑な歴史と文化を抱える古い国家の舵取りは無理だと思うのです(※あ゛、そういえば日本も古かった……特大の墓穴を掘った気分です、悲しい。では「右に倣えな忖度へっぽこ島」とは違うということで)。ヨーロッパとロシアと中東諸国に挟まれ狙われる大国なのです、傀儡奴隷のポチ犬じゃトップは務まらない筈です。
 なので最近のソルカ・ファール女史の幾つかの記事から、トルコ側の置かれた状況が理解できそうな情報を拾ってみました。
 ……で、読後なんですが……トルコってば想像以上に厳しい立場なのですね。流石はナチス並みの白人至上主義思想を拗らせた欧米エリート・カバールじゃありませんか。トルコの扱い酷ぇ、酷すぎる。幸いなのは打倒ディープ・ステートのプーチンさんとトランプさんが理解を示してくれること。あとは見事な四面楚歌です。
 クルドはクルドで純粋に、文化を維持できるような流れに追々なることを祈っていますが、兎にも角にも、まずはテロリスト一掃ということで。
 ちなみに10月秋の軍事作戦だというのに「平和の春作戦」という名称、ディープ・ステートCIAによる他国転覆作戦「アラブの春」を想起したのは私だけでしょうか。意図してつけたのなら痛烈な嫌味ですわ、喧嘩売ってはります(笑)。


『文殊菩薩』
金正恩が白馬で白頭山に登場
2019年10月17日07:10
(以下一部転載)
金正恩が白馬にまたがって白頭山の初雪を迎え、実務者協議で物別れとなっている米国を批判し、北朝鮮の自力更生を訴えた。
これまで、金正恩が白頭山に登った時は重大な決断をする前が多く、叔父の張成沢を処刑する前の2013年2月にも登っている。
また、父親の金正日の3年間の喪が明ける前の2014年11月、韓国との本格的な対話を始める前の2017年12月にも登っている。
続いて、金正恩は三池淵に立ち寄っているが、ここは祖父の金日成が拠点とした革命の聖地で、国内の引き締めを図ったようだ。
また、金正恩がわざわざ白馬に騎乗していることは、「白馬の王子様」ではないが、王家の血筋を誇示しているのであろうか。
これらのことから、近く金正恩が何か重大な決定をするのではないかと推測され、対米交渉で新たな動きがあるのかもしれない。


《櫻井ジャーナル》
シリア情勢がロシアを中心に動く中、影が薄くなるアメリカ
2019.10.17
(以下一部転載)
 トルコ軍のシリア侵攻によってクルド勢力がシリア政府と手を組む展開になっている。クルドはアメリカやイスラエルの中東支配プランで中心的な役割を果たしてきた。そのクルドがアメリカの意向に反する動きをするということは、アメリカの中東支配の野望が崩れるということだ。
 トルコの軍事作戦を止めさせるため、マイク・ペンス副大統領とマイク・ポンペオ国務長官はトルコへ向かったようだが、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はふたりと話し合うつもりはないと語っている。話し合いはロシアを中心に展開している。
 トルコが軍事作戦を始めたのは10月9日だが、その4日前に​エルドアン大統領​は「安全地帯」を作る作戦を始める可能性があると発言している。現在、トルコには300万人近くのシリア難民がいて、その多くはムスリム同胞団だと見られている。
 トルコとの国境に近い地域にいるクルドを追い出し、そこへ親トルコのシリア人を移住させようというのだろう。ドナルド・トランプ米大統領がシリアからアメリカ軍を撤退するように命じたのは10月6日、つまりエルドアン発言の翌日だ。
 そうした動きを受けてクルドはアメリカ側に保護を求めるのだが、反応は鈍かった。すでに軍隊の撤退が決まっていたということだろう。10月14日にアメリカ軍とロシア軍はマンビジュの北にある村で会談、そしてアメリカ軍は撤退する。
 アメリカ軍をシリアから撤退させるというトランプ大統領の決定にペンスやポンペオだけでなく議会も反発した。シリア侵略作戦を続行しろということだが、これはイスラエルの希望でもある。
 アメリカの親イスラエル派やイスラエルは中東を支配するために「クルドの国」を作り出そうとしてきた。イラクのクルドは1960年代の後半からイスラエルの傀儡が支配、その勢力とシリア、トルコ、イランのクルド勢力を合体させようとしたのだ。いわば中東版の「満州国」である。
 しかし、2017年の段階でイラクのクルド勢力はイスラエルから離れる。イスラエルの傀儡、つまりマスード・バルザニの力はなくなったのだ。
 それでも「クルドの国」を作るという計画をアメリカやイスラエルは捨てなかったようで、シリアのクルドを抱き込むことになる。その下準備をすることになるのがダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)だ。
 ダーイッシュの中核はサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団。2012年の段階でバラク・オバマ政権の政策がそうした勢力を強大化させることになると警告していたのがアメリカ軍の情報機関DIAであり、当時のDIA長官がマイケル・フリン中将。その警告は2014年にダーイッシュという形で現実になった。ダーイッシュの台頭はオバマ政権の政策だということだ。
 このフリンをトランプが国家安全保障補佐官に任命すると民主党、有力メディア、CIAなどが総攻撃し、就任から約1カ月で解任に追い込んだ。
 ダーイッシュは2015年9月末にシリア政府の要請で軍事介入したロシア軍によって壊滅的な打撃を受け、その主要メンバーはアメリカの軍や情報機関によって救出されたと言われている。当初、アフガニスタンへ運ばれていると伝えられたが、今はイラクに集められているようだ。
 アメリカ軍が撤退した後、トルコ軍とシリア政府軍との衝突を避けるために​ロシア軍がマンビジュの周辺へ入り、パトロール​することになった。トルコとシリアは対立しているように見えるが、ロシアは両国と緊密な関係にある。


田中龍作ジャーナル
【香港発】 200万人デモ主催のリーダー襲撃 警察またも見て見ぬふり
2019年10月17日 01:57  
(以下一部転載)
 民主活動家のリーダーが16日夜、旺角の路上で暴漢グループに襲撃され重傷を負う事件があった。
 襲われたのは200万人デモを主催する民陣(民間人権陣線)大幹部のジミー・シャム氏(32歳)。
 現場は旺角警察署から歩いて約3分の商業エリア。建設資材などを扱う店が並ぶ。
 事件が起きたのは午後7時40分頃、ネットで速報が出たのは20分後の8時頃だ。
 近隣住民(男性41歳)は「速報を見て現場に駆け付けたが、警察はすでに非常線を解いていた」と証言する。
 現場には夥しい血痕が残るが、警察が現場検証をした形跡はほとんど見られない。
 聞き込みを終えた刑事たちは、血痕を撮影している田中を見て鼻でフンと嘲笑った。そして、そそくさと引き揚げて行った。
 ジミー氏は8月末にも暴漢に襲われており、今回が2度目。明らかにプロの仕業だ。
 旺角警察署は、8月31日にも隣接する太子駅構内で機動隊が、無差別に乗降客を襲撃する事件を引き起こしている。行方不明者は死者ではないか、との指摘が絶えない。
 今度は同警察署のすぐそばで民主勢力のリーダーがプロに襲われて大ケガを負った。
 前出の近隣住民は「第2の元朗駅事件だ」と奥歯を噛み締めた。元朗駅事件とは7月21日、親中派議員と関わりの深いヤクザが、乗降客を襲撃し多数のケガ人を出した事件だ。目撃者が通報したにも かかわらず 警察の初動はあまりに遅く、捜査もヤクザに対して大甘だった。
 社会民主連線の呉文遠主席は「民主派勢力にだけでなく市民全体に対する威嚇だ」と険しい表情で話した。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
旭化成の吉野彰名誉フェローらが発明した「リチウムイオン電池」技術が、「新機軸」の柱の1つ「世界の原発443基の廃炉」実現に向けて、前途に明るい光明を俄かに差してきた
19/10/17 00:00
(以下一部転載)
 米共和党重鎮キッシンジャー博士とロシアのプーチン大統領が2016年2月3日にモスクワ市で世界恒久の平和と繫栄を築くために合意した「新機軸」(第3次世界大戦の回避、世界の原発443基の廃炉、地球環境の改善、AIの産業化)の柱の1つ「世界の原発443基の廃炉」の実現に向けて、前途に明るい光明が俄かに差してきた。旭化成の吉野彰名誉フェロー(名城大学大学院理工学研究科・教授、九州大学エネルギー基盤技術国際教育研究センター客員教授、71歳)はじめ、ジョン・グッドイナフ米テキサス大学教授(97)、スタンリー・ウィッティンガム米ニューヨーク州立大学特別教授(77)リチウムイオン電池発明者3人が2019年ノーベル化学賞の栄光に輝いたからである。原発を全廃しても、大丈夫な道が開けてきたのは、心強い。


シャンティ・フーラの時事ブログ
九州上陸 れいわ新選組・山本太郎代表の街頭演説「宮崎編」〜 長周新聞の書き起こしから
2019/10/17 11:00 AM
(以下一部転載)
 れいわ新選組の全国ツアーは北海道に続き、秋は九州上陸です。
しかし山本太郎代表は、その直前にも休みなく台風19号の被災者支援に走っていました。
 15日宮崎市での2時間にも及ぶ街頭演説は、長周新聞がしっかり書き起こしをされていました。
以下、要点をまとめてみました。
 ・地方を犠牲にする形で大都市が繁栄する今の間違った政治を変えるには、お金が回らなければならない。そのためには中小零細企業に打撃にならないよう国が保障して、最低賃金を引き上げる。
 ・韓国や北朝鮮に対しては、まずは歴史の修正はしない。両国は経済的には切り離せない関係であり、日本が世界に理解され尊敬されるような振る舞いをする必要がある。
 ・国民一人一人への住まいの保障は、路上生活者への支援になり、少子化の歯止めになり、ひいては経済的安定につながるものだ。
 ・TPPは絶対にやってはならないと言っていた自民党が政権を取った途端に手のひらを返し、今やアメリカとの二国間協定をやっている、それが日米FTA。秘密裏に22項目もの項目を差し出す売国政策だが、安全保障上「食」は守るべきもの。その観点からも「生産者に手厚く」は世界の常識。
 ・人々の生命や財産を守るために災害対応は「素早く、大量の人手とお金をつぎ込む」のが本来の国の仕事。
 ・麻生太郎が進めた水道民営化など、国民の財産である公的インフラを次々民間に売り飛ばすのがPFI法。旗振り役は竹中平蔵。
 ・この国を動かしているのは、政治家ではなく企業であり経団連で、働く人々はコストとしか見ていない。外国人労働者への奴隷扱いは事実上「人身売買」で、日本のことが大嫌いになる若者を生んでいる。その様な企業支配を作ったのは有権者である私たちだ。
 ・消費税10%になると、年間で1ヶ月分の収入が取られることになる。しかも消費税は表向き、社会保障の充実に当てられるはずが、先ごろ社会保障1500億円の圧縮を検討することになった。これらは法人税の減税に当てられる。
 ・デフレ脱却のためには、国民にお金を配るのと同じ効果を生む消費税減税、廃止が有効だ。「ないところからとるな、あるところからとれ」
 ・もう一つの手段が新規国債の発行。ハンパーインフレになるという懸念も対処できる。若者を縛る奨学金のローンを解消することもできる。
 ・世の中を壊すのが政治ならば、新しい社会を作るのも政治。諦めている50%の人々と繋がって変えていこう。


ネットゲリラ
永遠の氷河期へ
 (2019年10月17日 15:57)
(以下一部転載)
銀行、証券が採用抑制で、大卒に就職難か? 金融業界はこれからAI化でどんどん人余りが予想されていて、まぁ、斜陽産業です。これから大学を、高校を出て就職しようという人は、目先の手取り金額とかに惑わされず、自分が将来、何になりたいかを考えて進路を選んで欲しい。
------
日本経済新聞社が15日まとめた2020年度の採用状況調査で、主要企業の大卒採用の内定者数(20年春入社)は、19年春入社数と比べ0.5%減だった。前年実績を下回るのは9年ぶり。銀行・証券がともに2ケタ減と採用抑制を続けていることが響いた。景気動向の不透明感が強まり採用に慎重な姿勢となっている企業もでてきた。
------
手に職を付ける、なんて言い方があるんだが、銭勘定なんてのは「手に職」ではないわなw 一般企業でも経理屋さんなんかそれほど必要としていない。素人でも「ググれば」経理くらいは務まる。これからは雲南省で竹のお家を自力で建て、自給自足するとか、そういうスキルが必要だw


シャンティ・フーラの時事ブログ
台風19号の大きな被害が予測されていたのに、なぜ事前の水位調節(事前放流)を行わなかったのか ~事前放流の実施は極めてハードルが高く、官邸からの指示が必要
2019/10/17 10:00 PM
(以下一部転載)
 台風19号では、6ヶ所のダムで緊急放流が行われたわけですが、事前放流は行っていなかったということでした。
 台風が上陸する前に大きな被害が予測されていたのに、なぜ事前の水位調節(事前放流)を行わなかったのかが謎でした。
 東海アマさんによると、実のところ、事前放流の実施は極めてハードルが高いようです。事前放流には、“関係利水者の同意と地方整備局長等の承認が必要”であり、事前放流したダムの水の容量が回復しなかった場合には、賠償責任が発生するようです。これでは、現場の判断で事前放流をするのは無理です。
 ツイートをご覧になると、多目的ダムの目的のひとつである流量調節による洪水防止(治水)は、利水事業者と利害が対立するので、“水害対策でガチの役割をしたという…エビデンスが必要になる”と言っています。
 官邸からの指示が必要だったことがわかります。やはり、この問題は、安倍政権の無能さが被害を拡大したと言えると思います。


シャンティ・フーラの時事ブログ
台風19号の被災者支援として、5000億円の予備費から7.1億円を支出 ~千葉の大規模停電13億円よりもあまりに少ない額
2019/10/17 9:30 PM
(以下一部転載)
 台風19号の被災者支援として、“5000億円の予備費から7.1億円を支出”するとのことです。千葉の大規模停電13億円よりも少ない額というのは驚きです。桁が2桁か3桁、違うのではないでしょうか。ゆるねとにゅーすさんは、「棄民政権」との名称がふさわしいと言っていますが、同感です。
 安倍政権がカルト内閣であることは、よく知られています。信仰者の中には、奇妙な考えに取り憑かれていて、自分たちが信仰している神を信じない者は死んでも仕方がないと思っている人がいます。例えば、安倍「李晋」教の信者だとしたら、森羅万象を担当するエル・ア・ピョンターレを崇拝しない者など、滅びた方が良いと思っているかも知れません。彼らにすれば、このような大災害は天罰なのです。なので、無慈悲に徹し切れるわけです。このように、宗教というのは正常な判断を狂わせてしまうものなのです。
 アセンションを待ち望む人たちの中には、天変地異が起こって、人類のほとんどが滅びてしまうのを待ち望んでいる人もいるのではないでしょうか。このような心の在り方はネガティブそのもので、闇に落ちている証拠なのですが、当の本人は、自分は光の戦士だと思い込んでいるのです。
 なので、こういう異常な精神状態の人々には関わらないのが肝要です。私がチャネリング情報に近づかないようにと言っているのは、ワクワク系の人たちにネガティブな人が多いからです。世間で明日の糧を得るために懸命に働いている人々を神を信じぬ者として軽蔑し、憎んでいるというケースがままあります。
 そうではなく、このような腐りきった世の中でも、正しく生きることが大切なことなのです。これは、宗教を信じる、信じないには、関係ありません。


坂本貴司ExpResS
パナマ文書「日本人全氏名」総勢486人を一挙公開
2019年10月16日
(以下一部転載)
https://sakamoto547416968.com/%e3%83%91%e3%83%8a%e3%83%9e%e6%96%87%e6%9b%b8%e3%80%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e5%85%a8%e6%b0%8f%e5%90%8d%e3%80%8d%e7%b7%8f%e5%8b%a2486%e4%ba%ba%e3%82%92%e4%b8%80%e6%8c%99%e5%85%ac%e9%96%8b/




嗚呼、悲しいではないか!
藤原直哉「時代の結論が出始めた」
2019/10/16 11:57
(以下一部転載)
藤原直哉
「時代の結論が出始めた」
音声再生
・トランプがシリアからの無理やりの撤退
・米を離れたクルドはロシア基地でシリアと合意
・米とイスラエルが邪魔していただけ
・トランプ「8兆ドルも使ってなにやっていたのか」言う通り
・中東は撤退、極東アジアも撤退 すごいメッセージが世界に送られた
・大統領選挙の前にキッシンジャーがトランプに会いに来た
・トランプの言うことが変わった「世界は一極から2-3極に」
・その通りやってきた
・国際秩序の終わりと始まり
・ロシアは経済がめちゃめちゃ、中国も共産党が終わっている
・ロシアも先進国が油を使ってくれなければ始まらない
(参考)
[ワシントン 16日 ロイター] - 米大統領選で共和党の指名獲得を確実にした実業家ドナルド・トランプ氏は、18日にヘンリー・キッシンジャー元国務長官(92)と会談する。16日付のワシントン・ポスト紙が、トランプ氏に近い関係筋3人の話として伝えた
会談はニューヨークで行われる予定。両氏はこれまで数週間にわたり、電話でも会談を重ねているという。キッシンジャー氏はニクソン政権とフォード政権で大統領補佐官や国務長官を務めた国際政治学者。
・ネオコンの世界一極体制の終わり
・国債金融市場で世界制覇は終わり
・情報と人と金がマーケットに集約されていた
・クリントン時代に金金金でやってきた
・ウォールストリートジャーナル、ファイナンシャルタイムスは精彩がない
 (トランプになって情報が集まっていない)
・経済の中心がなくなった 各国「今だけ金だけ自分だけ」
・日本なんて全く世界情報が集まらない、関心もない
・小さく構えて、開き直る
・変な人間が集まった
・優秀な人は今の体制には入らない⇒優秀な人は一杯いる
・武力は無意味⇒最後は元の木阿弥になる
・全部消えるのを待って世の中変える⇒そういう人達は一杯いる
・そのタイミングに来た⇒坂道を下るように早い
・貿易制裁拡大⇒今までのやり方ではダメ
・時代は前に進まざるを得ない(今までのやり方ではダメだと言う結論)
・車、スマホを売ってもうまく行かない
・原子力も終わり
・日本政府の財政赤字、増税に国民は怒る
・先行投資、そんなタイミングだ
・構想力が必要⇒従来の人々がへたり込んでいる
・今までのシステムを使わないやり方が必要
時が来た!


《櫻井ジャーナル》
シリア政府とクルドとの接近で米国のシリア侵略は大きな打撃
2019.10.16
(以下一部転載)
 トルコ軍がシリア北東部に攻め込む中、ロシア軍を後ろ盾とするシリア政府軍が北西部にあるマンビジュを制圧した。それまでアメリカ軍を後ろ盾とするクルドの武装集団が支配していたが、トルコ軍の攻撃を受けて政府軍に明け渡したのだ。
 昨年春の段階でユーフラテス川の北側にアメリカ軍、イギリス軍、フランス軍は軍事基地を20カ所ほど建設していた。その多くはアメリカの基地だ。そのアメリカ軍がトルコ軍の攻撃を前に撤退した。
 アメリカ、イギリス、フランス、サウジアラビア、イスラエル、カタール、そしてトルコがアル・カイダ系武装集団やダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)を使ってリビアやシリアへの侵略戦争を始めたのは2011年春のこと。
 リビアではその年の10月にムアンマル・アル・カダフィ体制が崩壊、その後は武装集団が跋扈する無法国家になったが、シリアのバシャール・アル・アサド政権は持ちこたえた。
 侵略勢力は2014年にダーイッシュを売り出し、その残虐さを宣伝、その上でアメリカ軍主導で空爆をはじめた。リビアに近い展開になり、ダーイッシュは支配地を拡大、シリア政府はロシアに支援を求めた。
 2010年8月にムスリム同胞団を使った体制転覆プロジェクトを決めたバラク・オバマ大統領だが、政府内には戦争に慎重な人もいた。国防長官だったチャック・ヘイゲルや統合参謀本部議長だったマーティン・デンプシーだ。軍情報部DIAの局長だったマイケル・フリンは2012年の段階でアル・カイダ系武装集団に対する支援が危険であり、ダーイッシュ的な集団の登場をホワイトハウスに警告していた。
 それに対し、オバマ大統領は2015年2月にヘイゲルと好戦派のアシュトン・カーターへ交代、デンプシーは15年9月に再任が拒否されて好戦派に従順なジョセフ・ダンフォードへ換えられた。フリンはダーイッシュが売り出された2014年に解任されている。
 つまり、オバマ政権はシリアに対するアメリカ軍による本格的な軍事攻撃の準備を2015年に始めた。シリアがサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団というカルトに支配されるのは時間の問題と見られたとき、ロシア軍が介入したのである。
 そこでアメリカはトルコを使い、ロシアを脅しにかかる。その年の11月24日にトルコ軍機がロシア軍機を待ち伏せ攻撃、撃墜したのである。この撃墜でウラジミル・プーチン露大統領は目を覚ましたのか、姿勢が厳しくなる。
 この脅しにロシアは屈せず、トルコは経済的に苦しくなる。そこで2016年6月にトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は撃墜を謝罪、7月13日には同国の首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆。その2日後に軍事蜂起(クーデター未遂)があったが、すぐに鎮圧された。事前にトルコ政府へロシアから警告があったと言われ、トルコとロシアとの関係は接近していく。
 ダーイッシュやアル・カイダ系武装集団が敗走したことからアメリカは新たな手先としてクルドを使い始めたのだが、このクルドをトルコ政府は敵視している。トルコとアメリカとの関係はさらに悪化させる要因になった。
 そのトルコがシリア北部を支配していたクルドを攻撃、アメリカ軍は事前に撤退した。トルコは戦略的に重要な場所にあるNATO加盟国であり、軍事衝突は避けたかったのだろう。アメリカの好戦派もアメリカ軍とトルコ軍が軍事衝突することはまずいと考えているはずだ。
 ドナルド・トランプ大統領によると、マイク・ペンス副大統領とマイク・ポンペオ国務長官はトルコ政府に軍事侵攻を辞めさせるため、トルコへ向かったという。好戦的な道から外れようとするトランプを制御することがペンスとポンペオの役割を担っている。
 大統領に就任した直後にトランプが国家安全保障担当補佐官に任命したのはマイケル・フリンだが、彼は1カ月足らずで解任され、トランプ自身の辞任とマイク・ペンス副大統領の昇格が噂になる。
 ペンスはキリスト教系カルトの信者で、親イスラエル派。マイク・ポンペオ国務長官や国家安全保障補佐官だったジョン・ボルトンに近い。
 ペンスが大統領になった場合、その政策はジョージ・W・ブッシュ政権に近くなる、つまりネオコン的なものに可能性が高いのだが、それは戦争ビジネスや金融資本と関係が深く、ネオコンに支援されていたヒラリー・クリントンに近いとも言える。


『文殊菩薩』
クルド人を完全に見捨てたトランプ
2019年10月16日06:55
(以下一部転載)
米軍がシリア北部からの撤退を始めたために、米軍の支援を受けてISISと戦闘していたクルド人がトルコから攻撃を受けている。
クルド人は民族虐殺を防ぐために、一転してシリアのアサド政権やその背後のロシアと手を結んで、トルコ軍に対抗するようだ。
これに対し、米国内では同盟軍であったクルド人を見捨てたとトランプを非難し、米軍撤退を中止するよう求める声が上がった。
しかし、トランプは「クルド人を守るのはシリアのアサドに任せておけばいい、我々は7,000マイルも離れている」とコメント。
さらに、トランプは「クルド人を守るというなら、ロシアであれ中国であれナポレオンであれ、好きにさせろ」と現状を容認。
遠く離れた中東情勢よりもメキシコとの国境に壁を建設するほうが米国にとって重要だと、米軍にシリア撤退を厳命した模様だ。


田中龍作ジャーナル
【香港発】「送中条例」撤回延期 反政府デモ、収まる気配なし
2019年10月16日 18:29  
(以下一部転載)
 中国共産党にとって不都合な人物を大陸に連行する「送中条例」-
 香港政府は立法会初日のきょう、同条例の撤回を表明するものと見られていたが、議場が騒然となったため延期することになった。
 林鄭長官の施政方針演説はビデオ演説となった。どこかの国の首相と同じく議会軽視とその場しのぎだ。
 林鄭長官が6月に表明した「送中条例」は、反政府デモに火をつけたため、林鄭氏は先月4日、条例撤回の意向を示した。
 時すでに遅かった。民主派勢力はじめ香港市民にとって「送中条例撤回」はアウト・オブ・デートになっていたのだ。
 日本マスコミだけが林鄭長官による撤回の意向表明を誉めそやした。
 デモで叫ばれ、街角にスプレーで書かれ、レノンウォールに貼り紙されるスローガンは、「送中条例撤回」から「五大訴求,缺一不可」にとって代わられていた。
 5大訴求の中には中国共産党が絶対認めっこない条件が2つ含まれている。
2つとは—
・警察の暴力に関する独立委員会の設置
・普通選挙の実施
 この二つを認めたら中国共産党が中国共産党でなくなる。
 林鄭長官が「送中条例」撤回の意向を表明した9月以降の混乱はあらためて述べるまでもない。
 香港政府は5日、自民党改憲草案の「緊急事態条項」にあたる「緊急法」を発動した。それでも反政府デモが収まる気配はない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
ぴょんぴょんの「ケムに撒かれるな!」
2019/10/16 11:00 AM
(以下一部転載)
散歩しながら空を見上げると、「消えない飛行機雲」が放射線状に走っている。
「ああ、また撒いてるな」とうんざりします。
「えっ? あれは、飛行機雲でしょ?」と思ってるあなた!
いつまでも消えないあれは、飛行機雲じゃないですよ。
「ニセ飛行機雲」をレンチンしたら、19号のような巨大台風になるって知ってた?
(ぴょんぴょん)


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「安倍晋三首相の精神状態がひどい。ボロボロで、近親者に『来年8月に辞める』と言っている。辞めた後は、ドバイかカナダに逃げる」などという話も出回っている
19/10/16 07:42
(以下一部転載)
 「安倍晋三首相の精神状態がひどい。ボロボロで、近親者に『来年8月に辞める』と言っている。辞めた後は、ドバイかカナダに逃げるなどという話も出回っている」「安倍晋三首相は、首相を辞めたタイミングで連れて行かれることを一番恐れている。現役の首相の間は連れて行かれないだろうが、気が気ではない。いずれ辞めないといけないときのことを考えると、むしろ早く辞めて安全な外国に逃げたいと考えているらしい」-これは、自民党派閥「志帥会」(会長:二階俊博幹事長)と「菅グループ」(代表:菅義偉官房長官)の内部に詳しい事情通の情報である。


シャンティ・フーラの時事ブログ
森ゆうこ議員が事前に通告していた国会での質問内容が漏洩! ~守秘義務がある情報を様々なルートで流し、SNS上での世論誘導に使っている日本政府
2019/10/16 9:10 PM
(以下一部転載)
 森ゆうこ議員が事前に通告していた国会での質問内容が、漏洩していたとのことです。前日のインターネット番組「虎の門ニュース」で高橋洋一氏が言及したことで、発覚したらしい。
 高橋洋一氏は、確か元財務官僚で、加計学園獣医学部の認可関係者だったと思います。
 質問内容が「政府から漏洩した」わけですが、ツイートにあるように、“映画「新聞記者」を見た人なら内閣調査室の仕業と思う”のが普通ではないでしょうか。
 この件を含め、本来なら守秘義務がある情報を政府が様々なルートで流し、SNS上での世論誘導に使っていると思われます。
 改めて感じるのは、あべぴょんの周りに集まる人々というのは、本当にどうしょうもない連中で、しかも頭が悪いということです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
4月から9月までの半年の倒産件数が前年比で2年ぶりの増加 〜 10月からの消費増税と台風19号の被災で消費の落ち込みは深刻
2019/10/16 12:00 PM
(以下一部転載)
 今年4月から9月までの半年間に倒産した企業の数が、2年ぶりに前年比で増加しています。
中でも飲食店などの小売業が最多で、地域の生活の一部だったようなお店がひっそりと姿を消す光景が伝えられています。調査会社の分析では、顧客が通販に流れたためと見るところもありましたが、ツイートなどでは大手通販も厳しいとの現場の声があります。また日韓関係の影響などで観光客が激減し、加えて消費増税のスタートにより軽減税率やポイント還元の対応が小売業者への負担となり、追い打ちとなって、これを機会に廃業するというケースも増加しているようです。消費の落ち込みが決定的な要因であることは明らかです。
 それを実証するように、セブン&アイ・ホールディングスがグループ各社の閉鎖・閉店を突然発表しました。西武やそごうでは、現場の店長すら寝耳に水のような方針だったことがうかがえ、地域に根付いていた商業施設が突如閉店することへの経済や雇用への配慮などお構いなしです。
そして台風19号による甚大な被害が与える影響を考えると、今の政権では悪夢しか見えません。
 復旧に向けて大規模な財政出動をすれば、起死回生となりうるのに。


Facebook - Sumire Hashimoto
悪代官過ぎてヤバすな今日この頃
2019.10.16
(以下一部転載)
悪代官過ぎてヤバすな今日この頃
台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った” 。断水が発生した神奈川県山北町で、到着した自衛隊の給水車に、 県が「待った」をかけ、水が捨てられる


Facebook - Sumire Hashimoto
悪代官だらけな今日この頃
2019.10.16
(以下一部転載)
悪代官だらけな今日この頃
【酷い】神奈川県が自衛隊の給水支援を拒否か 山北町で県が待った、目の前で水を捨てる!県のプライド優先?



嗚呼、悲しいではないか!
フルフォードレポート(10/14)
2019/10/15 18:00
(以下一部転載)
シオニストの計画が崩壊するにつれて歴史的な変化が世界中で展開する
何世紀にもわたるシオニストの計画が崩壊するにつれて、本当に歴史的な出来事が世界中で展開しています。これは、とりわけ、国連の資金不足、シリアへのトルコの大規模な侵略、および米国におけるエスカレートする内戦によって示されています。さらに、世界的な責任の新体制に関して、ロシア、中国、米国の間で高度な合意に達したという兆候がいくつかあります。
米国の状況から始めましょう。ここで、軍事政権はドナルド・トランプ大統領のリーダーシップの下で、破産を避けるために中国からの資金を確保した、とペンタゴンの情報筋は言う。実際、中国は、世界的な通貨のリセットが発生するまで、米国の豊富な食料に現金を支払うと彼らは言います。
米軍は見出し付きでこの写真を送ってくれた。「新会計年度を迎えるために、トランプは10月7日にホワイトハウスでの会議と夕食に[トップマーク]ミルリーと他の陸軍将軍と軍を呼んだ。第二次世界大戦の制服を着て、シオニストと深層国家との戦争を宣言しました。
さらに、ペンタゴンの情報筋は、「ハンターである(バイデンと他の裏切り者)が狩られているように、10月革命の狩りが始まっており、ジョセフダンフォード将軍が軍事裁判所を監督している」と述べています。
ロシアの情報筋によると、元大統領のバラク・フセイン・オバマはすでに発砲隊によって処刑されている。ペンタゴンの情報筋はこれを確認しなかったが、「内戦は、ギトモ(グアンタナモ湾)での処刑、機密解除、軍隊と当局の動員、およびカリフォルニアを乗っ取ったらしいことに激怒している」と述べた。
もちろん、シオニストは夜に静かに消えることはありません。上位のMI6の情報源は、非常に信頼できる情報源からとして、この惑星の生命の大部分を破壊することにつながる12月21日から24日の堕天使(悪魔の血統)の「輝かしい革命」についての奇妙な主張」と述べています。
もちろん、これは、その存在そのものが脅かされているときに世界を破壊するというイスラエルの「サムソンオプション(最後の核手段)」の焼き直しです。イスラエルは間違いなく致命的な実存的危機に直面しています...トルコ軍が出発した。クリスチャン・シオニストとシオニストのメディアは、トルコがシリアに移動する間、米国がクルド人を去るという問題を抱えています。企業メディアは、これを国境を確保するための限定的な介入と呼んでいますが、トルコ人はそうではないと言います。 「トルコとしては待てない。誰が何を言おうが、我々はこの戦いを止めない」と金曜日にエルドアン大統領は言った。
https://www.rt.com/news/470734-erdogan-continue-operation-syria-kurds/
「トルコは、「国連平和維持活動」により、政治史上最大の地政学的介入を開始しました。 ...イラン国境と地中海にまたがる回廊全体が帳消しにされている。トルコ領域があり、平和のゾーンが開発されています」とトルコのコラムニスト、イブラヒム・カラギュルは言います。
https://www.yenisafak.com/en/columns/ibrahimkaragul/operation-peace-spring-turkish-political-historys-most-crucial-geopolitical-intervention-those-asking-what-will-us-europe-say-are-finished-the-internal-invader-front-has-collapsed-desperation-abroad-solidarity-within-may-god-grant-erdogan-strength-our-army-victory-2047197
トルコ人がこの動きに対するロシアと米国の支持を暗示しているようにも見えます。木曜日、米国とロシアはトルコに対する「一方的な軍事行動」の中止を求めるEU決議を拒否した。 1946年の国連の最初の会議以来、米国とロシアが同じ安全保障理事会決議を拒否したのはこれが初めてです。
https://www.blacklistednews.com/article/75046/us-and-russia-fail-to-condemn-turkish-aggression-in-syria-moscow-and-washington-exercise-their-unsc.html
ヨーロッパ人は手を絞るしか手がなかった。 「シリア北東部でのトルコの作戦は、すでに非常に暗いシリア戦争の歴史に新たな劇的な章を開くことができます。 そのような軍事作戦の起こりうる結果は、少なくとも私たちにとっては明らかです。 その影響は、人道的、軍事的、政治的、戦略的観点から非常に深刻なものになる
https://eeas.europa.eu/headquarters/headquarters-homepage/68651/speech-high-representativevice-president-federica-mogherini-european-parliament-plenary_en
「クルド人とトルコは長年にわたって戦ってきました。トルコは、PKKを史上最悪のテロリストと見なしています。他の人は入って来て、どちらか一方のために戦いたいかもしれません。好きにしろ!状況を注視しています。終わりのない戦争!非常に巧妙で、例外的にトルコ国境沿いの激しい戦いに参加しないことを」トランプはツイートした。
トルコには、150,000人のシリア軍と30,000人のクルド軍に対して、109万人の現役軍隊と予備軍がいます。少なくともトルコ人がシリアを占領するのは簡単だと思われます。
もちろん、大きな疑問は、石油ドルの中心であるサウジアラビアの旧トルコ領土に何が起こるかということです。ロシアのウラジミール・プーチン大統領は、「サウジアラビアは東を向いている」と述べ、「そして、S400ミサイルがイスラエルから身を守ることさえできるだろう」
サウジアラビア経済も破綻し、石油会社アラムコを大きなトラブルに巻き込む計画を立てています。 「アラムコはAからAに格下げされており、ソブリン資産ファンド、国有企業、年金、億万長者がIPOの礎石となることを拒否しているため、BB以下の投資適格格付けになっている可能性があります」こうした状況下では、悪魔的なサウド家の私有地が再びトルコの支配下に置かれる可能性がありました。
イスラエルでは、ネズミはベンジャミン・ネタニヤフ首相から始まって、シオニストの船を離れようとしているようです。モサドの情報筋は、「ビビはまだ連合に招待されていない。彼はレーダーから離れ、出口戦略を準備します。彼は自分の時間がなくなったことを知っています。彼は姿を消そうとします。彼にはいくつかの選択肢があります。彼の動きは注意深く監視されています。 "
ネタニヤフは現在、司法取引の交渉を試みており、米国軍の保護の見返りに福島やシオニストのボスなどについて証言する、とペンタゴンの情報筋は述べている。
その間、シオニストは空の核の脅威は失敗したが(サムソンの選択肢が中立化されたため)、日米に対する気象戦争も繰り広げられました。
メディア不安と戦うための混乱した日本の運動において、日本はカテゴリー5 Typhoonで10月12日に襲われました。日本の気象衛星のこの画面ショットを見るならば、あなたは台風の左側で不自然な格子パターンを見ます。そして、それは天気戦争のはっきりした徴候です。
しかし、結局、「台風」は激しい暴風雨に過ぎないことが判明しました。報道機関で報告された洪水被害の多くは、いくつかのダムが水門を開けたため、意図的な妨害行為によるものと思われます。 (Stuxnet?)東京でもマグニチュード5.7の地震の報道がありましたが、私も東京で知っている誰もそれを感じませんでした。 「日本は深い国に屈するべきではなく、正しい歴史に立つべきだ」とペンタゴンの情報筋は言う。彼らは、暴力団にリンクされた裏切り者安倍晋三を逮捕するために軍の警察を送ることによって助けることができます。
米国では、中西部のコーンベルトが「前例のない」吹雪に見舞われています。例年であれば、収穫の75%がすでに収穫されているはずであるが、「前例のない」春の洪水が植え付けを遅らせたため、雪が降る前に収穫の22%しか取られていませんでした。
その間、カリフォルニアは放火、意図的な停電、その他の混乱に悩まされてきました。そのため、米軍はこの不正州を一時的に支配することを計画しています。カリフォルニアの侵略により、Google、PayPal、Facebookなどの破壊的なカバルテクノロジー企業を国有化することも可能になります。
もちろん、個人所有の連邦準備制度理事会は、国有化が必要な最大の徒党機関です。現在、ドイツの中央銀行でさえ、「システムが崩壊した場合、金はそれを再構築するための基盤として役立つ可能性があります。 金は、中央銀行のバランスシートの安定性に対する信頼を強化し、安心感を生み出します。」と言うように、それは起こりうる。
willem middelkoop
@wmiddelkoop
 Wow
Dutch National Bank goes 'Big Reset':
'Aandelen, obligaties en ander waardepapier: aan alles zit een risico [..] Als het hele systeem instort, biedt de goudvoorraad een onderpand om opnieuw te beginnen. Goud geeft vertrouwen in de kracht van de balans van de centrale bank'.
Twitterで画像を見る
464
17:02 - 2019年10月12日
Twitter広告の情報とプライバシー
311人がこの話題について話しています
https://www.dnb.nl/en/payments/goud/index.jsp
これは、CIAの情報源が、このレポートが発行されたときの金融システムのリセットについて報告したものです。
「我々は今決勝戦に出ている。ピラミッドの頂点にいる人から、世界的な銀行のリセットは数か月先ではなく数週間先だと聞かされた。これは、ブレグジットと香港の危機に関連している可能性が最も高いです。これが正しければ、同じ日に香港で大事件が起こる。 11月1日は金曜日です。これは、週末にオンラインバンキングシステムを閉鎖するのに最適な時期です(事前に計画された政府イベントの場合は常にそうでした)。起こり得る結果はわかっています。 ATMが一時的にスイッチがオフのときにATM画面に通常表示されるように、「システム障害が原因でオフラインになっている」場合、大衆の間でパニックが発生します。
将来の予測と同様に、これが真実であるかどうかを確認するまで待つことができます。米国は世界で最も重債務国であるため、FRBの国有化とシステムのリセットには債権者、特に中国との合意が必要です。
この面では、トランプは関税や他の多くの脅威のためにロングビーチ港から中国への圧力を強めた。この文脈において、中国の食糧生産を破壊する豚コレラとアフリカシロナヨトウが自然現象でないと仮定されることができます。
アメリカもニンジンを提供しているようです。特に、米軍はこれまで隠されていたハイテク製品を一般に公開し始めました。たとえば、航空宇宙を完全に変革する「UFOのような技術」をリリースしました。また、世界経済を完全に変えるコンパクト核融合炉の特許も公開しています。この融合技術が機能すれば、文字通り地球上の誰でも億万長者のように生きることができるでしょう。
https://www.thedrive.com/the-war-zone/30256/scientist-behind-the-navys-ufo-patents-has-now-filed-one-for-a-compact-fusion-reactor
国連がついにニューヨークから撤退できる兆候もあります。 アントニオ・グテーレス事務総長は、月曜日(10月7日)に、10月末までにはもうお金がなくなると述べた。 これは主に、米国および他の64か国が国連の拠出金を支払っていないために発生します。 これは、中国がラオスやアジアの他の場所への移動を希望する可能性があることを意味します。
https://www.channelnewsasia.com/news/world/united-nations-may-run-out-of-money-by-end-of-the-month-guterres-11980058
新しい時代が始まっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
すでに発表されている情報ばかりです。どうしたんでしょうね、フルフォードさん。オバマの件も既知情報ですが、まだ確認できていないと言うのが最新情報としてとっくに流れています。そういう情報を見て書いているような気がします、最近。まぁ、そういう時代ではないってことです。直ちにtwitterで暴露されてしまう。それより先にといっても、暴露しているのが当事者だから難しい。
なお、トランプ政権は軍部をバックにした政権なので、毎年軍の将軍を迎えて夕食会をやっています。今年に限ったことではありません。だから、どうのこうの言うのはおかしいと思います。おんなじ写真が毎年公表されている。ほんと簡単な翻訳です。既報だからです。裏を取る必要がない。


ネットゲリラ
アメリカの実質賃金はここ10年間上がって無い
 (2019年10月15日 01:26)
(以下一部転載)
トランプが、「たまには戦争に関わらないことが非常に賢明だ」とツイートしたというんだが、根がプロレス屋なので、本気でなんか戦いません。吠えるだけw 本当の戦争になったら、いくら最新人殺し兵器並べても、現地人の恨みには勝てない。ベトナム戦争の時、ベトコンは落し穴を掘って中に竹槍並べて、その切っ先にウンコ塗って米兵を殺した。その場で死ななくても、いずれ破傷風で死ぬ。米兵は発狂し、アメリカ社会に深いトラウマを残した。
------
トランプ大統領は13日、中東の紛争に関わるのは間違いで、「たまには」戦いに関わらないことが「非常に賢明」なことだとツイートした。
------
中東では、幼い少女がニコニコしながら寄ってくるので油断すると、それが自爆テロで、仕方ないから寄って来る者は残らず撃ち殺すしかない。無邪気な幼児を撃ち殺すというのは、それこそ気が狂う。どんな相手にでも、反撃する権利はある。


田中龍作ジャーナル
【香港発】「香港人権法」集会前夜200人逮捕 法の支配なき中国
2019年10月15日 04:23  
(以下一部転載)
 中国で「法の支配」はありえない。それを見せつけた一夜だった。
 14日夜、米国議会に共和、民主両党の合意で審議されている「香港人権法」の早期成立を求める集会が、東京の大手町にあたるセントラルで開かれた。主催者発表で13万人が参加した。
 集会は米国国歌「星条旗」の演奏で始まった。「香港人権法」に対する期待の高さがうかがえる。
 参加者に聞いた。40代の女性(職業マーケティングリサーチ)は「香港の絶望的な状況を香港だけの力で救うことはできない」と望みを託す。
 天安門事件(1989年)の時のように米中貿易に翻弄されたあげく、米国に見捨てられたりはしないだろうか? こう女性に問うと「大きい悪魔(中国)より小さい悪魔(米国)を取った」と答えた。
 中国共産党は「香港人権法」を内政干渉だとして敵視しており、同法を支持する民主派勢力への弾圧を強めている。
 香港警察の発表によると、11日~13日の3日間で201人を逮捕した。覆面法違反や破壊活動などのカドである。14日も集会やデモ参加者を容赦なく逮捕した。
 田中の目の前で1人の若者が逮捕された。民主派議員(立法会)の歐諾軒氏が現場で機動隊に抗議した。
 「逮捕理由を説明して下さい。さもなくば違法です、人権にも反しています」と。歐氏は最初に広東語で、次に英語で言った。海外のメディアを意識してのことである。
 機動隊は歐氏の抗議に耳を傾ける そぶり も見せなかった。背景を説明しよう―
 中国による香港支配の拠点である中聯弁(中央政府駐香港連絡弁公室)に、デモが掛けられる8月31日の直前に一斉逮捕劇があった。
 黄之鋒氏や周庭氏が逮捕された、あの一斉逮捕劇である。民主派の立法会議員ら議員8人も逮捕された。歐氏はその一人だった。
 今回の反政府デモが鎮圧されてしまえば、香港の中国化は一気に進む。立法会議員といえども警察に抗議さえできなくなるだろう。
 法の支配がなくなれば、為政者に不都合な人物は理由も告げられずに逮捕される。法治国家でなくなった日本の近未来を見る思いだった。


《櫻井ジャーナル》
IMFの命令で新自由主義的な政策を進めるエクアドルで大規模な抗議活動
2019.10.15
(以下一部転載)
 エクアドルでは10月3日からレニン・モレノ政権に対する大規模な抗議活動が続いている。すでに7名が死亡、1300名以上が負傷、1100名を上回る人が逮捕されたと伝えられている。
 抗議活動の切っ掛けは10月1日に政府が宣言した燃料補助の打ち切り。40年の歴史があるこの政策が打ち切られたことでディーゼル燃料の価格は倍増、ガソリンは約30%値上がりし、庶民の生活は苦しくなる。今後、新自由主義的な政策が打ち出されてくるため、庶民の貧困化が進むことは間違いない。こうした政策を命令しているのはIMFだ。
 モレノが大統領に就任したのは2017年のことだった。今年3月11日にIMFはエクアドルに対して42億ドルの融資を実施すると発表、その条件として緊縮財政を強要してきたわけだ。言うまでもなく、この緊縮財政は庶民に負担を強いるもので、富を欧米の金融機関やその手先になっている一部の地元有力者へ集中させることが目的。必然的に庶民は貧困化する。
 エクアドルに対する融資の場合、ほかに重要な交換条件がつけられていたと見られている。2007年1月から17年5月まで大統領を務めたラファエル・コレアが亡命を認めたウィキリークスのジュリアン・アッサンジをアメリカへ引き渡すということだ。
 融資を受けてエクアドル政府は亡命を取り消し、4月11日にイギリス警察はエクアドル大使館へ乗り込んでアッサンジを逮捕した。アッサンジはイギリス版のグアンタナモ刑務所と言われているベルマーシュ刑務所で拘束されている。
 アッサンジは友人や親戚の面会が禁止され、弁護チームも監視下で会うことが要求されているほか、食べ物の差し入れや基本的な医療行為も拒否されている。彼の弁護士によると、アッサンジの健康状態は悪化しているという。
 アッサンジを尋問しているアメリカ人は国防総省、FBI、CIAに所属している人びとで、BZ(3-キヌクリジニルベンジラート)という薬物が使用されていると言われている。これを使うと幻覚を生じさせ、現実と幻覚を混乱させるほか、昏睡、物忘れなどを含む意識障害、あるいは運動失調症を引き起こすと言われている。
 モレノは汚職で受け取ったカネのロンダリングを行うためにINA投資という名前のペーパーカンパニーを2012年にベリーズで作ったという話がリークされた。その責任はウィキリークスにあるという理由でアッサンジの亡命を取り消したとモレノは主張している。
 IMFは米英を中心とする西側の巨大メディアとタッグを組んでラテン・アメリカ、アジア、アフリカといった国々で略奪してきた。その仕組みの中心には金融がある。
 ギリシャもIMFと巨大金融資本の餌食になっている。まず財政破綻させるところから略奪は始めるのだが、その始まりは通貨の切り替え。2001年に自国通貨のドラクマを捨て、ユーロにしたのである。この切り替えでギリシャは経済的な主権を失った。
 実は、EUのルールに従うとこの通貨切り替えはできないはずだったが、財政状況の悪さを隠して実行している。その作業で中心的な役割を果たしたのが巨大金融機関のゴールドマン・サックス。財政状況の悪さを隠す手法をギリシャ政府に教え、債務を膨らませたのである。
 その手法とは、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)などを使って国民に事態を隠しながら借金を急増させ、投機集団からカネを受け取る代償として公共部門の収入を差し出すということが行われていたという。
 その結果、ギリシャは借金漬けになり、「格付け会社」がタイミングを見計らってギリシャ国債の格付けを引き下げて混乱させる。
 財政危機が表面化した際、ECB(欧州中央銀行)、IMF(国際通貨基金)、そして欧州委員会で編成される「トロイカ」は欧米の巨大金融機関を救済するため、緊縮財政を強要、尻拭いを庶民に押しつけようとする。
 ちなみに、ギリシャを破綻させる作業が続いていたであろう2002年から05年にかけてゴールドマン・サックスの副会長を務めていたマリオ・ドラギは06年にイタリア銀行総裁、そして11年にはECB総裁に就任している。
 ギリシャの財政危機を招いたのは年金制度や公務員の問題だと西側のメディアは宣伝していたが、それでは危機が急に深刻化した理由が説明できない。そもそもギリシャの財政を悪化させた最大の要因は第2次世界世界大戦や軍事クーデターによる国の破壊だ。
 新自由主義が初めて政策として導入されたのは軍事クーデター後のチリ。このクーデターでアメリカの巨大資本に盾突く勢力を消滅させ、シカゴ大学のミルトン・フリードマン教授のマネタリズムに基づく大企業/富裕層を優遇する政策を実施したのだ。
 その政策とは労働組合を弱体化し、健康管理から年金、教育まで全てを私有化しようというもの。一連の規制緩和でチリの民間部門は外国の金融機関から多額の資金を調達、1980年から82年の間に債務額は倍増、対外債務は200億ドルに達する。その3分の2は民間部門だった。(James S. Henry, “The Blood Bankers”, Four Walls Eights Windows, 2003)
 債務危機が起こると、外国の金融機関は銀行の国有化を要求し、国有化された彼らの債権は私有化された国有企業の株券と交換することが許されていた。その結果、年金基金、電話会社、石油企業などチリの重要な企業を外国の投資家は格安のコストで支配することになる。
 庶民の貧困化が進み、貧困層の子供は教育を受けるチャンスを奪われ、さまざまな不平等を再生産することになる。そして麻薬ビジネスが経済を支えることになった。これが「チリの奇跡」だ。
 モレノのような人物が大統領になり、西側の巨大資本やその手先を儲けさせる情況を生み出した原因は、この略奪の仕組みを破壊しなかったことにある。


Facebook - Sumire Hashimoto
事前の水位調節は6ダムとも実施していなかった
(以下一部転載)
事前の水位調節は6ダムとも実施していなかった
↑やっぱりわざとでしょ有罪確定な今日この頃


Facebook - Sumire Hashimoto
ダム放水人工災害を皆さん指摘してバレバレ促進
(以下一部転載)
ダム放水人工災害を皆さん指摘してバレバレ促進
この際ダム利権から~の政府のたくらみまで
バレバレちゃってくだせぃ
これ以上の人工災害は御免だぜぃな今日この頃
かよさんよりシェア
「今回の台風19号による河川の氾濫は、それぞれの河川の上流のダムが緊急放流を行なったために発生した。台風が上陸してから緊急放流を行なうと下流域で氾濫の恐れがあるため、専門家らは「事前に放流してダムの水位を下げておくべき」と進言したが、安倍政権は取り合わなかった」とのこと。


シャンティ・フーラの時事ブログ
台風19号で緊急放流を行った6ヶ所のダムは「事前放流」を行っていなかったことが判明!〜 官邸は有識者らの事前放流の進言を聞き入れなかったのか?
2019/10/15 9:30 PM
(以下一部転載)
 台風19号で緊急放流を行った6ヶ所のダムのいずれも、洪水対策のための「事前放流」を行っていなかったとのことです。
 城山ダムに関しては、データから若干の水位調節を行っていたようですが、これは、「予備放流」と言われるもののようです。「予備放流」と「事前放流」の違いは、ツイートをご覧ください。予め、洪水対策として決められた「予備放流水位」を超えて水位をさらに下げるのが、「事前放流」というイメージでしょうか。
 “続きはこちらから”をご覧ください。共産党の高橋千鶴子議員が、城山ダムの緊急放流の発表に関して、「どうして水害が起こると分かって、溜め込んでおくのか」とツイートしました。城山ダムでは予備放流は行っていたのですが、事前放流は行っていなかったのです。なので、高橋議員の指摘は的を射ていたのです。
 昨年の西日本豪雨の教訓があるにもかかわらず、なぜ事前放流は行われなかったのか。きっこさんのツイートによると、有識者らが事前放流を進言したが、官邸は聞き入れなかったとあります。
 きっこさんがこの情報をどこから手に入れたのかがわからないので、この情報が正しいかどうかも今のところはっきりしません。しかし、もしこれが本当だとしたら、大変です。今回の大災害は、この事前放流だけを見ても、官邸の無能さが招いた部分がかなりあると言えそうです。
 それにしても、あべぴょんが危機管理学会名誉会長というのは本当なんでしょうか。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
安倍晋三首相が「非常災害対策本部設置」を表明したのは、13日午前のことで「いかにボーッと生きているか」が分かり、これでは、総理大臣の資格はない
19/10/15 07:21
(以下一部転載)
 「河川護岸工事、山崩れ防止砂防ダム造りに手を抜いてきた安倍晋三首相の内政軽視が、甚大な被害を招いて死傷者が増大している」-これでは、自衛隊明記の憲法改正どころの騒ぎではない。安倍晋三首相は、気象庁が10月11日、史上最強と恐れられた台風19号が伊豆半島に上陸しそうになって注意喚起していたのに、午後6時34分、東京・有楽町のフランス料理店「アピシウス」で、谷内正太郎前国家安全保障局長、山内昌之東大名誉教授、辻慎吾森ビル社長らと食事し、午後9時40分、公邸に帰ってきていた。12日午後7時前に静岡県の伊豆半島に上陸。気象庁は、「台風は北北東に進む見込み、中心が通過した地域も引き続き暴風や大雨、高潮、高波に厳重に警戒してください。今後は北北東に進み、関東地方などを通過する予定」と警告した。だが、安倍晋三首相が首相官邸で関係閣僚会議を開き、「今般の極めて広範囲に渡る甚大な被害を踏まえ、本日、『非常災害対策本部』を設置する」と表明したのは、13日午前だった。豪雨で川の堤防が壊れる「決壊」が発生したのは13日夕方の時点で、21河川の24か所に上り、水が堤防を乗り越える「越水」による氾濫は、国や15の都県が管理するのべ142の河川で確認され、1都10県に被害、死者35人、行方不明18人、負傷者187人を記録していた。安倍晋三首相の危機管理意識が、いかに鈍く、「いかにボーッと生きているか」が分かる。上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、「これでは、総理大臣の資格はない」と手厳しい。


シャンティ・フーラの時事ブログ
本気で国民を殺しに来ている 〜 市民を守る義務を放棄する行政、そして今この状況で社会保障費の削減を検討する安倍政権
2019/10/15 12:00 PM
(以下一部転載)
 安倍政権が「国民のことなどどうでもいい」と考えていることを裏付けるニュースが次々と報じられます。一つは、日経が「行政主導の防災対策には限界があり、しかも費用対効果が小さい」ため国の「治水事業の積み増しは慎むべき」「自らの命は自ら守る意識を持つべき」と論じています。お金をかけて防災し人命を救うのは採算が合わぬ、ということでしょうか。都市計画レベルの対処を個人や企業に負担させ、それで被災しても自己責任とは、日経は中学校の公民レベルすら学んでいないようですが、あべぴょんはさぞや嬉しかろう。BUZZAP!の記事が指摘する通り「治水は国家存亡に関わる一大事」で、それが不可能だと放棄する政権など税金のムダ。それを指摘できない日経は、いよいよ落とし紙にも使えぬ。
 もう一つは、東京都台東区が、路上生活者など区内の住所の確認できない人を避難所に受け入れなかったというニュースです。「税金を納めていない人間は被災して死んでもよい」ということか、「行政による究極の社会的排除であり差別」と識者も批判しています。ここにも行政が負うべき義務を放棄するあべぴょん得意のパターンがあります。この報道を受け、お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔氏は「自分は高い税金を払って、税金を払えない人の分も負担させてもらっている。社会ってのは税金を払ってない人もいていい場所」と、日経に聞かせたいようなコメントを出していました。
 しかし、まのじの可愛い皮肉など到底及ばぬ凶悪内閣、なんと今この被災の実態も明らかにならない状況で、1300億円の社会保障費削減を検討し始めたそうです。本気で国民を殺しに来ています。


ネットゲリラ
自殺増税
 (2019年10月15日 06:00)
(以下一部転載)
景況感が五期連続悪化、というんだが、アベシンゾーが出てきて以来、一度も良くなってないような気がするんだがw 重税で国民から奪った富をユダ菌に献上し続けて10年。もはや国民はスッカラカン。先進国だった日本は衰退途上国に零落し、中国に置いてきぼりだ。
------
 日銀は11日、9月の生活意識に関するアンケート調査結果を発表した。1年前と比べ景況感が「良くなった」と答えた割合から「悪くなった」の割合を引いた景況感DI(指数)はマイナス26.0となり、前回6月調査から1.0ポイント悪化した。悪化は5期連続。DIは2016年6月以来、3年3カ月ぶりの低水準だった。
 日銀は、DIが悪化した理由について、夏のボーナスの減少が影響したとみている。1年後の景況感を示すDIは5.6ポイント悪化のマイナス41.7で、08年12月以来、10年9カ月ぶりの低い水準。
------
それでも国会のアベシンゾーは「景気は良い、景気は良い」の一点ばりで、悪くなっているのを認めないんだからどうにもならない。


ネットゲリラ
ドコモが詐欺幇助サービス
 (2019年10月15日 10:44)
(以下一部転載)
個人の車を貸したら戻って来なかった、というんだが、そのサービスをやってるのがドコモで、何の保証もしてくれないという、新自由主義では国営企業までもが詐欺師の片棒担ぎます。詐欺幇助じゃねーかよw 自動車泥棒というのは山口組系のヤクザの資金源になっていて、みんな盗むのに苦労しているのに、ドコモが被害者を探して紹介してくれるw
------
 個人が所有する車を別の人に貸す「個人間カーシェアリング」で、貸し出した外国車が売却されたり、返却されなかったりするトラブルが大阪市内で相次いでいることが15日、関係者への取材で分かった。
利用者から提示された運転免許証は偽造の可能性があり、車の貸主から被害届を受理した大阪府警が詐欺などの疑いで捜査している。
 個人間カーシェアリングは、高級車や外国車が多く貸し出されているのが特徴で、近年人気が高まっている。トラブルが相次いでいるのは、NTTドコモが2017年から運営する「dカーシェア」の「マイカーシェア」。
------
ドコモが管理しているのは携帯電話の番号だけなので、トバシ携帯を使われたらどうしようもない。このサービスはダメです。





『文殊菩薩』
『天気の子』が予告していた台風被害
2019年10月13日23:35
(以下一部転載)
新海誠監督のアニメは日本の近未来を予告する内容が多いが、7月公開の『天気の子』で今回の台風被害を予言していたのである。
同監督の『君の名は』で隕石の落下による街の消滅が描いているのは、北朝鮮による核ミサイル攻撃の予告であると思われる。
また、『雲の向こう、約束の場所』は、近未来に北海道がロシアに占領されるというテーマを予言するためだけに作られている。
同監督の『天気の子』は降りやまない大雨により関東地方が水没し、雨を止めるために人柱として犠牲となって死ぬ少女の物語だ。
もちろん、新海誠監督に予言能力があるわけではなく、彼は組織よりテーマと資金を与えられてアニメを制作しているに過ぎない。
以前にはスタジオ・ジブリが同じような役割を果たしていたが、2019年8月23日地上波放送の『崖の上のポニョ』も何やら怪しい。
『崖の上のポニョ』では津波で老人が亡くなる様が描かれているが、今回の台風でも養護施設が水没したとのニュースが流れている。
ハリウッド版『ゴジラ』で強風を起こすラドンは台風を、モスラは火山噴火を、ゴジラは地震と津波による原発崩壊を象徴している。
とすれば、大友克彦監督『AKIRA』で予告されたように、2020年東京オリンピックを前に複合災害が日本を襲う運命なのかもしれない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/10/07 フルフォード情報英語版:カバール解体に向け軍隊が動員され、アメリカは内戦へ
2019/10/14 12:00 PM
(以下一部転載)
 このところ、自称“内部告発者”(実態は単なる又聞き)がアメリカ下院の民主党に駆け込んでは超しょーもない弾劾騒ぎを繰り広げています。次々とCIA関係者であることを早々に暴露されていましたが、グアンタナモの拷問指揮で悪名高きジーナ・ハスペルがやっと尻尾を出したようです。そして彼女もまた、ロックフェラーの一員でした。
 ということでアメリカの内戦は激化。予備役の招集まで現実化している模様です。JPモルガンなどのメガバンクも攻撃対象となっています。
 昨日の「ニール・キーナン更新情報:国際口座群、真実と盗人と嘘吐きと詐欺師 後半」でご紹介した動画も登場します。CIA筋に聞いたら、そりゃキーナン氏の悪口を言うでしょう。フルフォード氏とキーナン氏が直接会って、和解できないもんですかねぇ。
 一応、キーナン氏はUBSを潰すと宣言している側ですし、「仲介役が裏切っている」せいで時間を無駄にしていると訴えていました。動画は冒頭に10月2日と書いてあったので確かめませんでしたが、動画内で「今日はシンガポールでフォーミュラ1が開催されている」と本人も語っているので、あえて日付を偽っている訣でもなさそうです。ただしキーナン氏はジョコウィ大統領支持だったと思います。
 記事では他に米軍へのアドバイスとして、本丸スイスを狙うこと、カバールによる中国の取り込みを警戒することを挙げていました。孫正義は孫文の一族だったのですね。ザッカーバーグといい、実業家として成功するのは実力よりも他の要因が大きいみたいです。
 まずは十月革命でロックフェラー一族の粛清、となるのでしょうか。是非とも清々しいお正月を迎えたいものです。


《櫻井ジャーナル》
中東のパワーバランスが変化する中、露大統領がサウジを訪問
2019.10.14
(以下一部転載)
 支配体制が揺らいでいるサウジアラビアをウラジミル・プーチン露大統領が10月14日に訪れる。サウジアラビアは言うまでもなくアメリカの影響下にある国で、イスラエルと同じようにアメリカの支配システムにおける重要な柱のひとつになっている。揺らいでいるサウジアラビアの体制を支えるためなのか、アメリカは約3000名の部隊を同国へ派遣するようだ。
 現在、サウジアラビアはモハメド・ビン・サルマン皇太子を中心に動いていると見られているが、その皇太子が孤立化していることは本ブログでも指摘した。
 父親である国王のサルマン・ビン・アブドラジズ・アル・サウドからの信頼も失い、国王から最も信頼していた警護責任者のアブドル・アジズ・アル・ファガム少将を9月28日に射殺した黒幕は皇太子だと言われている。
 皇太子は2017年11月4日からライバルの粛清をはじめ、48時間の間に約1300名を逮捕。拘束された人びとは財産を取り上げられただけでなく拷問された。
 その拷問を行ったのはブラックウォーター(すでにXe、さらにアカデミへ名称が変更されているが、今でもよく使われているので、ここではこの名称を使う)だとされているが、皇太子は警護をブラックウォーターに任せようとしているとする情報が流れている。
 サウジアラビアを訪問するプーチンはシリア政府とクルドの話し合いを仲介しているという。シリアは2011年3月からアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの三国同盟、イギリスとフランスのサイクス-ピコ協定コンビ、パイプラインの建設でシリアと対立したカタール、そしてオスマン帝国の再興を夢見るトルコなどに侵略戦争を仕掛けられた。
 その中からカタールとトルコが2016年に離脱する。トルコの場合、シリアでの戦争長期化で経済が苦境に陥ったことが大きい。
 シリアでは2015年9月末に同国の政府から要請を受けたロシアが軍事介入、アメリカなどの侵略勢力が使っていたダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)やアル・カイダ系武装集団、いわばジハード傭兵を敗走させ、戦況は一変。そこでトルコの戦闘機が11月24日にロシア軍機を撃墜した。アメリカ軍の命令によると見られている。
 その撃墜をトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は2016年6月下旬に謝罪、7月13日には同国の首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆。その2日後に軍事蜂起(クーデター未遂)があったが、すぐに鎮圧されている。事前にトルコ政府へロシアから警告があったと言われている。
 このクーデターでアメリカはフェトフッラー・ギュレンの一派を利用した。アメリカでCIAに保護されているギュレンを引き渡すようトルコ政府はバラク・オバマ政権に求めるが、拒否される。トルコ政府はクーデター計画の背後にアメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官がいたと主張している。
 クーデターの失敗はアメリカを厳しい状況に追い込むことになった。トルコは戦略的に重要な位置に存在するNATO加盟国であり、扱いが難しい。手先のクルド勢力をトルコ軍が攻撃したからといって、アメリカ/NATO軍がトルコ軍を攻撃するわけにはいかないのだ。こうした展開になったことで、クルドは自分の立場を理解しただろう。シリア政府と話し合いが始まっているとは以前から言われていたが、ここにきて​協議​は進んでいるようだ。
 クルドがアメリカの手先として動くことをやめ、「クルドの国」の建設を放棄したなら、アメリカのほかイスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランスはシリア占領を続けることが難しくなる。
 こうした勢力はイラクの拠点を強化しているが、そのために関係が悪化しているイラク政府を揺さぶっているが、その目論見が成功するかどうかは不明だ。
 アメリカの支配力が弱まり、中東のパワーバランスは大きく変化している。そうした中、アメリカを支えてきたサウジアラビアをロシアの大統領が訪問、何が話し合われるのかは興味深い。


田中龍作ジャーナル
【香港発】「遊撃戦」に戦術転換のデモ隊 逮捕者出さぬよう
2019年10月14日 00:15  
(以下一部転載)
 行方不明者は何人いるんだろうか? 死者は何人いるんだろうか? 逮捕された友達は無事なんだろうか?
 「香港の惨状を世界に伝えたい」。市民たちが13日、無数の折り鶴で戦いのスローガンを書いた―
  FIGHT FOR FREEDOM
  STAY WITH HONGKONG 
 「鶴文字」を書いた場所は、外国人観光客で賑わうチムシャツォイの海浜公園だ。ドローンで撮影し、写真はSNSで世界に発信する。
 鶴を折った学生(21歳・女性)は、友達3人が逮捕された。行方不明も数人いる、という。
 「鶴を折ったからといって友達が釈放されるわけではないけど、これしかない。世界に香港の現状を知ってもらいたい」と力なく語った。もちろんマスクを着用しての参加だ。
 デモ隊としても1ヵ月に500人以上が逮捕される事態は避けなければならない。戦力を消耗するだけだ。
 この週末(12日)辺りから戦術を転換したようだ。機動隊とぶつかる市街戦は避けるようになった。
 代わりに展開し始めた主な作戦は、中国系企業や警察のお先棒を担ぐMTR施設の破壊だ。
 これらの作戦はもともとあったが、この週末辺りから集中的に実行し始めた。
 いきなり現れて作戦を実行したらすぐに消えるのである。確かに逮捕者をあまり出さずに済む。
 バリケードを築いたりするが、立て籠もり用ではない。機動隊の進撃を遅らせるための障碍物だ。
 デモ隊のコアなメンバーは田中に「遊撃戦に切り替えましたね」と話した。「遊撃戦」という言葉を使ったのである。
 デモ隊の神出鬼没に対応するため、機動隊の小型バスが激しく東奔西走する。これまで見られなかった光景だ。
 警察が遊撃戦を力で潰したりするようなことにでもなれば、デモ隊は地下に潜ることになる。
 中国人民解放軍の戦車が出てきても、どうにもならない。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「天が、悪魔の黒い貴族とその眷属を最終浄化する作業を進めており、『外交の安倍』の化けの皮が剥げた安倍晋三政権は、もう持たない」と上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、予告している
19/10/14 08:16
(以下一部転載)
 安倍晋三首相は10月11日の衆院予算委で質問に立った国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)に「外交面ではロシアとの北方領土交渉や北朝鮮による拉致問題が進展していない。外交の安倍と言いながら何の成果を上げたのか」と厳しく批判された。在任通算8年にもなるのに、「外交の安倍」の化けの皮が剥げて、あえなく沈没、「政府専用機で外国にばかり観光旅行三昧」の末に、政治の要諦「治山治水」を忘れていたツケが、毎年発生する風水害、河川大決壊、山崩れなどの災害によって安倍晋三政権を根底から揺るがしている。「令和元年9月9日台風15号」(千葉県を中心に甚大な被害、死者1人、負傷者148人)と「10月12日『ハギビス』台風19号」(1都10県に被害、死者35人、行方不明18人、負傷者187人)によってひと月に2度も大打撃を受けた。国民有権者からは、政府に対する非難の投稿が多く出ているという。上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、「天が、悪魔の黒い貴族とその眷属を最終浄化する作業を進めており、安倍晋三政権は、もう持たない」と予告している。以下、続けて言う。


ネットゲリラ
動かざる事、アベシンゾーの如し
 (2019年10月14日 02:08)
(以下一部転載)
朝鮮愚鈍王アベシンゾーが休日は何が起きてもヒキコモリで何もしない、というんだが、シャブやってる人って、そういう事、あるよね。二、三日、連絡も取れない。人前に出られる状態ではないんだろう。狩野川台風の時は、時の首相が稀代の売国奴、岸信介だったんだが、それでもあわててヘリコプターで現地視察している。ネトサポが口を揃えて「大した被害は出てない」というんだが、何十人も死んでいる近来稀に見る大災害です。
------
首相動静―10月12日
 終日、公邸で過ごす。
------
トップがコレだから、現場でも気合いが入らない。婆さんを40メートルも落っことして殺したり、緊張感欠けてます。
------
近年TV等で武蔵小杉と呼ばれている場所は小杉ではなく市ノ坪や宿河原という地名。地名から分かる様に昔は多摩川の蛇行の中。元は砂利採掘、その後は工場。土地が低く溢れて当たり前の場所なんですよ
------
そんな場所にタワーマンション建てて、ちょっとした水害で住めなくなるというのも、乱開発の結果で、今だけカネだけ自分だけ、売り逃げした不動産屋の勝ちだw


ネットゲリラ
安倍はもちろん何もしません
 (2019年10月14日 04:05)
(以下一部転載)
一日で台風の犠牲者が倍になったんだが、まだまだ日毎に倍々で増えるのだろう。311の時もそうだった。おいらもほとんど外出せずに情報を集めていたんだが、結局、TwitterとFacebookが一番早かった。何もしない朝鮮愚鈍王はご自慢のネット部隊を動員して、せめて、被害情報を集めるべきだったね。
------
 各地に大雨被害をもたらした台風19号で、13日夕方までの朝日新聞の集計では、少なくとも23人が死亡、20人が行方不明となっている。国土交通省などによると、関東や東北など計21河川で堤防が決壊して浸水するなど、東日本を中心に36都道府県に被害は広がっている。
 この台風の影響で、関東や東北など10県で計23人が亡くなった。栃木県や神奈川県、群馬県でそれぞれ4人が死亡したほか、宮城県でも3人が死亡。福島県では6人が行方不明になっている。河川の水が広範囲にあふれ出たことなどから、各地で計1575棟が床上浸水し、1656棟が床下浸水した。さらに被害は広がりそうだ。
------
近年では、50名を超す犠牲者というのは大災害です。来る前から、大きな被害が予想されていたわけで、それが、10万円のワイン飲んで酔っ払って以降、何日間も消息なしの首相って、どうよ? つくづく政治が嫌いに違いない。


richardkoshimizu のブログ
台風19号と日本経済の関係
2019/10/14 8:23:56
(以下一部転載)
スーパー台風19号が発生したワケ「強大なストームはもっと強大化し、もっと頻繁に起きる」米気象学者
 コロラド州立大学の気象学者フィリップ・クロズバック氏もこの速さに驚き、こうツイートしている。
「ハギビス(台風19号)は、最大瞬間風速が18時間で40メートルも強まり、熱帯低気圧からスーパー台風になった。北太平洋西部で、18時間でここまで急速に発達した熱帯低気圧は、18時間で風速が40メートル強まった1996年の台風イェーツ以来だ」
------
台風19号は、発生直後に信じがたい短時間に急速に発達してスーパー台風になった。つまり、発生直後にちょっと細工をしてやると強大化する。実際、気候改変特許で、そのような「手法」が論じられていた記憶がある。今回の台風、サイズが大きすぎる。雨量が気違い沙汰である。1000ミリを超えている。ありえないことの連続だ。
当然ながら、被害は甚大である。だが、人的被害は一部で予測された死者8000人といった数字には達しなかった。なにやら、熊本地震同様に「中途半端」な結果で終わった「人災」だったのかもしれない。東京湾で高波・大潮による大規模な浸水が起きれば、死者は多数出たかもしれない。過去に例を見ない大台風だった割には、人的被害は「甚大」ではなかった。
一方、河川の堤防は決壊し、家は流され、田畑は水没した。そして、鉄道があちこちで寸断された。中でも、北陸新幹線が10編成、120両が水没して「廃車」となる模様であり、痛手だ。当分の間、復旧しそうにない鉄道網もある。これは、日本経済に多大な影響を及ぼす。だが、日本の経済劣化を願う連中にとっては、まだまだ不十分な「ダメージ」だったかもしれない。
なにやら、日本を壊そうとする「勢力」に、日本が、無意識に最大限の抵抗をしているかのように見える。
これも、DSの衰退を意味するのであろうか。
台風の犠牲者の方々に深く哀悼の意を捧げます。被災者の皆さん、大変な事態ですが、希望を失わずに!
ところで、おかげで収賄事件が有耶無耶になった、関電と自民党清和会の犯罪者の皆さん、特に、安倍晋三さん、台風様に感謝していますか?


シャンティ・フーラの時事ブログ
台風19号の直撃を受けたフクイチ、排気筒の倒壊は免れたものの、汚染水流出の不安に加えてフレコンバッグが浸水、流出
2019/10/14 11:00 AM
(以下一部転載)
正直に報道してくれた自治体。
もっと多くの場所で似た様な事象が発生していると
想像はできる。
相当な雨量が地下に染み入ったからこれが
F1(東京電力福島第一原子力発電所)を通り
太平洋へ。
回遊する海産物の汚染を想像しましょう。
(DFR)
 台風19号の予想進路上には福島第一原発がありました。311以降、応急処置のまま経年劣化した脆弱な施設が強風に耐えられるのか、また、これまでの台風の時と同様、地下水位の上昇により汚染水が流出するのではないか、さらに現在、解体作業が進行中の1号機2号機の排気筒が倒壊し高濃度の放射性物質が強風に乗って大量に飛散するのではないか、多くの不安を抱えつつ夜が明けました。
NHKのニュースでは、フクイチの「配管の水漏れ検知器の警報が鳴っている」と報じながら、同時に「放射性物質が漏れ出す異常は確認されていない」と断じており意味不明です。それに対して、ロイター通信では「放射能汚染水感知器の異常な測定値の検出が続き、汚染雨水も含め放射能汚染水が海洋に漏出されたことは疑いない」と報じています。結果的にNHKの「異常」を報じたようなものでした。
 そして13日、福島県田川市では除染廃棄物をつめたフレコンバッグの仮置場が浸水し、川に流出したと報じられました。野ざらしのまま台風対策などは取られておらず、流出は「想定内だった」状況です。空気中の飛散だけでなく、河川の下流域の汚染も一層深刻です。途方に暮れる思いですが、除染利権にとっては、再び「宝の山」ということでしょうか。


シャンティ・フーラの時事ブログ
一般人をブロックしまくっておいて、防災情報をツイート発信する河野防衛大臣 / 台風19号の被害について、二階幹事長の発言「まずまずで収まったという感じだ」に批判の声
2019/10/14 8:50 PM
(以下一部転載)
 河野防衛大臣の災害に関するツイートが、「ブロックされてるから見れない」事態になっているとのことです。河野大臣が、“一般人をブロックしまくっている”のはよく知られています。一度も絡んだことがないのに、先まわりブロックされている人も結構いるようです。
 一般人をブロックしておいて、防災情報を発信するというのは、理解しがたいところです。河野大臣にすれば、自分を批判する連中は、“死んでもいい”と思っているのでしょうか。それとも、こうしたことに関して、“何も考えていない”ということでしょうか。いずれにしても自民党は人材の宝庫で、次から次へと問題のある議員が湧き出してきます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。二階幹事長は、台風19号の被害について、「まずまずで収まったという感じだ」と発言。多摩川、荒川の氾濫を想定していたので、“まずまずで収まった”と言ってしまったのでしょう。
 政治家としては極めて不適切な発言で、批判が出るのも当然です。しかし、今の安倍政権を見ていると、地方がいくら被災しようが、東京さえ守られれば良いと思っているように見えます。
 あべぴょんの言動と二階幹事長の発言を見ると、与党議員は、国民のことなどどうでもいいと考えているとしか思えません。あべぴょんの場合、株価と支持率しか頭にないのかも知れません。


シャンティ・フーラの時事ブログ
橋下徹氏「都市部に被害が出ないように上流部であえて氾濫させる」 ~いざというときは江戸川区を沈めて都心を守る設計
2019/10/14 8:20 PM
(以下一部転載)
 橋下徹氏が、“都市部に被害が出ないように上流部であえて氾濫させる”とTV番組で発言。大阪の治水行政を例に出して、ゲストの専門家に質問していましたが、尋ねられた専門家はしどろもどろ。事実上、橋下氏の発言をそのまま認めていたように見えました。
 10月12日の記事で取り上げましたが、江戸川区のハザードマップの文章は、「ここにいてはダメです」でした。7割以上が海抜0メートル未満ということで、災害が起こると、区の全域が浸水してしまうと予測されています。
 マンションの3階以上に住んでいたとしても、電気、ガス、水道、トイレが使えない状況になります。しかも、浸水の中に250万人が取り残されるとなると、救助しきれません。
 また、“いざというときは江戸川区に沈んでいただいて、都心を守る設計になっている”ということらしいので、元々江戸川区全域が水没するようになっていると考えられます。“原発を都市部に造らないのも同じ理屈”とのツイートが、的を射ていると思います。
 なので、橋下氏の発言は、大阪府のトップだった人物の発言として十分に納得できるものです。問題なのは、現実に水没することを想定される地域に住んでいる人たちが、こうした治水行政のことを全く知らないことだと思います。いざという時に犠牲を強いられる地域に住んでいる人たちと、比較的安全な地域に住んでいる人たちが、同じように税金を払わなければならないことに、納得できない人も多いのではないでしょうか。


Facebook - Sumire Hashimoto
宇宙人と通じている人って結構いるよ
とにかく気持ちイイのよ♪
(以下一部転載)
宇宙人と通じている人って結構いるよ
とにかく気持ちイイのよ♪
あちらと繋がるにはスケジュールと満期がある
ムリにやるとすれば方法はあるけど
コレができるかどうかは分からない
『自意識を失う』『自我の消滅』
基本的必要条件のエゴ=生命維持の意識
をそうしつする
だから死にかけた人は生還すると
通じている場合が多いのよ
逆説的に言うとエゴとか自意識とか自我が
この世とあちらのボーダーラインシールドになっているとうこと
だからタイマとかNGなワケさ
本当にオープンマインドで
脳のロストコントロールをさせちゃう物質は
マズいって輩が阻止いてる
どうせ解禁しても製薬会社が
薄めるとか変なものを加えるとかしてさ
効果を得られないように操作すると思うよ
自家菜園を禁止した理由のひとつも
ここに通じてくる
みんなが宇宙人と通じたら
この世の支配構造がいかに原始的であるか
バレバレちゃうからね
もう誰も輩の嘘を相手にしなくなる
本質が見えてくるようになり
バカバカしいにもほどがあるって
笑えちゃうと思うよ




このページのトップヘ