世間虚仮(せけんこけ)

国内外の時事等についてのブログ。既存メディアの報道は事実にほど遠く、事実に近い情報を届けたい。(拡散希望・リンクフリー)

2018年04月

Mutual Aid Japan
【Ray:平和にむけて世界は大きく変わる!】 急転直下! 北朝鮮“大転換”は本当か1
(以下一部転載)
Ray:闇に揺さぶりをかける各国の思惑!北朝鮮の世界包囲網を見て日本の闇は戦々恐々!4月28日南北朝鮮統一の自立的平和攻勢によって、麻生切りで安部政権は一時延命可能かも?この後、中国は思わぬ経済のひずみで覇権が衰退、一党独裁に終止符がうたれ民主化に進む、新生アメリカが誕生、公正・公平・自由な統治モデルとして世界を変える動きが始まります。南北朝鮮統一の自立的平和が国際的に高く評価(ノーベル平和賞的)され、ほどなく金融面の要である日本の存在があらためて注目され、ロシア・中国とも友好的な関係が深まります。このころには世界各国によって国際機関の大改革が行われ、国際合意によってさまざまな社会の仕組みが飛躍的に改変されます。大国の価値観が支配から相互扶助に変ります。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
朝鮮戦争は、大東亜戦争後の「米ソ対決」「朝鮮民族の対立」を見越した軍略により、「日本民族の最終的勝利」に終わる
(以下一部転載)
「第2の日本」北朝鮮の金正恩党委員長=元帥と韓国の文在寅大統領が4月27日、「歴史的会談」と言われた南北首脳会談を行い、現在「休戦中」の朝鮮戦争終結に向けて、「板門店宣言」を発表した。次の焦点は、米トランプ大統領と金正恩党委員長=元帥による米朝首脳会談に移った。しかし、テレビ朝日が28日午後6時56分から放映した「池上彰そうだったのか南北や米朝の首脳会談これくらい知ろうSP」で「38度線は米ソが相談して決めた」と説明していたのは、「大きな間違いだ」と指摘しておこう。大東亜戦争後の「米ソ対決」「朝鮮民族の対立」を見越した軍略により、米軍将兵、韓国軍将兵・北朝鮮軍将兵、中国義勇軍将兵を犠牲にして、「連合国軍の軍門に下った日本民族が延長戦で最終的に勝利した」という事実を忘れてはならない。これこそ、孫子の兵法「戦わずして勝つ」の極致である。


シャンティ・フーラの時事ブログ
北朝鮮に日朝首脳会談を打診するも「謝罪と賠償が先」として全く相手にされていないあべぴょん …この期に及んで“最大限の圧力維持を表明”する安倍政権の外交音痴
(以下一部転載)
 “お呼びでないのにジャジャジャジャーン”のアホぴょん大魔王。「蚊帳の外」ではなく“蚊”だったことをすでにお伝えしていますが、その第二弾です。
 あべぴょんは、日朝首脳会談を北朝鮮に打診していたのですが、北朝鮮側は「謝罪と賠償が先」として、“一切取り合うな”との指示を出していたことがわかりました。あべぴょんは、全く相手にされていないわけです。
 北朝鮮は米朝首脳会談までに核実験場閉鎖の可能性を表明するなど、平和の流れを加速する動きを主導しています。なのにこの期に及んで、“最大限の圧力維持を表明”する安倍政権の外交音痴はさすがです。北朝鮮は、こうした日本の態度を非難しています。
 28日夜に、ようやくトランプ大統領と電話会談をしたあべぴょん。しかし、電話は数分だった可能性があります。おそらくトランプ大統領に相手にされなかったのでしょう。トランプ大統領と文在寅大統領は1時間15分にわたって電話会談をしているので、これでは格好がつかない。なので、首相動静では電話会談は30分だったことにしたのではないかという見解があります。もし本当に電話会談が30分間だったとすれば、トランプ大統領は通話中にツイートをしていたことになり、どちらにしても、あべぴょんが馬鹿にされている事実には変わりがないというところです。
 あべぴょんが報告を待っていた文在寅大統領の電話は、29日の午前中にあったようです。その中で金正恩氏が「日本と対話する用意がある」と表明したことを聞かされ、なんとかメンツが立つと思ったあべぴょんは、“南北首脳会談は我々が決めていたラインにのっとって行われた”という誰も信じない大風呂敷を広げました。
 ヒゲの隊長は、“いろんな事態を想定して、備えることが大事”などというトンチンカンなツイートをしているのですが、このツイートの前にマティス国防長官は、朝鮮半島からの米軍撤退もあり得るとの発言をしているのです。この国際感覚のなさはさすがです。
 さて、「北と日本の橋渡しをする」と文在寅大統領があべぴょんに約束してくれたのはありがたいのですが、北朝鮮は“数多くの朝鮮人を侵略戦争の駒として、強制労働と恥辱の性的奴隷として連行し、苦痛と死を強要した非人間的な蛮行”を謝罪し賠償しなければ、話し合いに応じないのではないかと見られます。あべぴょんにとっては、相手にされない屈辱を選ぶか、謝罪と賠償の屈辱を選ぶかということになりそうです。どちらも嫌なら、さっさと辞めろということでしょう。


逝きし世の面影
アベ氏の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止め「蚊帳の外」(Out of the Loop)を愛するようになったか
(以下一部転載)
首相動静‏ @PmActivityJP 
午後10時33分、トランプ米大統領と電話会談開始。同11時3分、電話会談終了。 #首相動静
8:14 - 2018年4月28日 
首相動静をリツイート
kentarotakahashi‏ @kentarotakahash 
首相動静では30分話したことになってるが、開始から12分後には、トランプは「過去形」でツイートを投げている。
15:28 - 2018年4月28日 
★注、安倍から電話が22時33分。トランプのツイート22時45分。会話は『一言だけ』で、すぐ切られた!!!ほぼストーカー並みに安倍さんはトランプにかなり嫌がられているのでしょう。


ネットゲリラ
安倍「蚊帳の外」晋三
(以下一部転載)
カリアゲとザイトラにノーベル賞、というんだが、2番人気はトランプだそうで、うっかり冗談を言うとそれが実現してしまう世の中で怖いですw 「朝鮮戦争を終わらせた」というのは、それくらい大きな意味のある話で、ネトウヨ阿鼻叫喚の地獄絵図なんだが、安倍「蚊帳の外」晋三の放心状態映像が世界に発信されて恥さらしですw


『文殊菩薩』
朝鮮半島は「非核化」、日本は「核のゴミ捨て場化」
(以下一部転載)
南北首脳会談では朝鮮半島の「非核化」が宣言され、金正恩は米朝首脳会談に先んじて五月にも核実験場を閉鎖すると発表した。
金正恩は、「米国が北朝鮮の体制維持を保証し不可侵を約束するなら、核は必要ではない」と至極真っ当な論理を掲げている。
さらに、金正恩は「自分と話したことのある人なら、米国に核を打ち込むような人間ではないと分かるはず」と述べたそうだ。
こうして、朝鮮半島が「非核化」に向けて動き出したにもかかわらず、一方の日本は大浜原発の再稼働が決まるなど「非核化」には程遠い。
本来なら、広島・長崎・福島と核による災害を経験した日本こそが、世界に率先して真の完全なる「非核化」を宣言するべきだったはずだ。
だから北朝鮮の「非核化」宣言に対し、日本が「また騙されるだけ」とか「不可逆的な非核化を要求する」などと言える立場では全くないのだ。
いまだに福島原発の核汚染も垂れ流しで次々と原発を再稼働する日本に、半島の「非核化」をうんぬんする資格などありはしない。


ネットゲリラ
世界最貧国でなおかつ世界最強
(以下一部転載)
北朝鮮が核放棄の条件として、朝鮮戦争終戦と、不可侵と言ってるというんだが、実は北朝鮮は金日成の時代から同じ事を言い続けている。アメリカが頑なに戦争を終わらせなかったし、不可侵も約束しなかったから、それでここまで来てしまっただけ。
(中略)
言うまでもなく、極東の緊張をメシの種にしているユダ菌の軍産複合体がいるからで、北朝鮮をネタに日本に武器を売りつけて、今まで半世紀、どれだけ稼いだかw トランプの決断は、その利権構造を根底から覆すモノであり、10年前だったらとっくにトランプは暗殺されていただろう。じゃあ、何故、今だと暗殺されないのか? それは中国が力を付けて来て、極東で火遊びしていたらタダじゃ済まなくなって来たからだ。しかも、韓国は今や、ユダ菌絡みの世界的企業を抱え、せっせと稼いでいる。中国も巨大な市場になった。毛沢東が狂気の叫びで鎖国していた時代ではない。まぁ、半世紀も経てば事情も変わる。変わらないのはアベシンゾーの低脳だけ。小学校の宿題やらないで嘘ついて逃げ廻っていた少年は、還暦過ぎても国会で嘘ついて、専用機で世界中、逃げ廻っている。低脳は永遠に低脳だ。


richardkoshimizu official website
「安倍政権は一切取り合うな」と平壌指示——北朝鮮問題で日本孤立浮き彫り
(以下一部転載)
金正恩は、ユダヤ金融資本が失権した結果、北朝鮮は今後、後ろ盾を失い、単独で生きていかなくてはならないと判断した。そこで大原則をかなぐり捨てて、ミサイルと核兵器の開発を放棄し、米中露リーダーと急遽、関係改善を図り、「普通の世界最貧国」として生き残る道を選んだ。
ユダ金の牙城の崩壊が北のキムデジの方針変更を起動したのである。金正日には、後戻りする選択肢は残されていない。そんな中で、いまだに、ユダヤ金融悪魔の細胞の一部として機能し、ユダ金の復権に備える役割を温存している安倍朝鮮悪政権は、金正日にしてみれば、「触れてはならない禁忌」である。安倍一味が、日朝会談を申し入れて来れば、それは、北朝鮮がユダ金陣営から離脱するのを阻止しようとする試みである。安倍一味以外に、極東アジアにはユダ金の「残党」はおらず、北朝鮮を再度、支配下に置こうとするユダ金の企ては、安倍一味に委ねられるのである。もちろん、成功しないが。そんな事情の分かっている金正日は、安倍の日朝会談申し入れを「瞬殺」してくれたのである。


マスコミに載らない海外記事
カタール政府は軍隊をシリアに派兵すべき、さもなくばアメリカの支持を失い、打倒される - サウジアラビア外務大臣
(以下一部転載)
サウジアラビア外務大臣が、"裕福な"国々は金を出し、地上軍を派兵するようにというアメリカ大統領の要求を引用し、リヤドは、地域ライバルで、アメリカ同盟国仲間カタールを、シリアでの戦争に参戦するよう脅そうとしているように見える。
ドナルド・トランプ大統領による地域の裕福な国々への呼びかけを彼なりに解釈し、サウジアラビアのアデル・ジュベイル外務大臣は、ドーハのカタール政権はアメリカが軍事支援を停止すれば、一週間も持たないと主張する露骨な恫喝をした。


かっちの言い分
安倍首相が本当に「膿」を出したのなら、自分が辞めればいいのだ。
(以下一部転載)
安倍政権は、5月の連休は、数かずの不祥事を国民から目をそらせ、忘れさせる時間と見ているのだろう。国民も連休に浮かれて、森友、加計、財務省文書改ざん、財務省セクハラ問題、自衛隊日報問題などを忘れない欲しい。何ひとつ解決されていないのだ。何一つだ。
この未解決の元凶が、二言目には「膿を出して正さないといけない。私が率先して正していく」と述べている本人なのだ。もう、この問題は、本人が私の意志でやったと言わない限り、解決しないのだ。


「ジャーナリスト同盟」通信
加計事件の真実<本澤二郎の「日本の風景」(2959)
(以下一部転載)
<官邸入官記録は100%存在>
 筆者が毎日訪れていた首相官邸は、今は新しく建設されたものだが、安全対策は完璧といっていい。隣の議員会館でさえも、出入り口の監視は、空港並みに厳しい。70年代、80年代はおおらかなもので、新聞記者はバッジを胸につけさえすれば、自由に出入りできた。アメリカの戦争と同盟国日本という悲しい現実が、官邸の入館を厳しくさせたものだ。したがって、加計事件に絡んでの関係者の官邸訪問の記録は、100%残っている。100%存在している。野党も知っている、まだ追及が甘すぎる。解散を恐れているのか、不甲斐ない。
<官邸セキュリティー室モニターに映像>
 事情通が入官の際、衛視のチェックを受けるが、そこにはセキュリティー室で全てモニターされていると教えてくれた。つまり、入官に際しては、特に特別な要人でない限り、文書による記録と映像が残されている。
 柳瀬の「記憶する限り、記憶にない」という安倍並みの嘘は通用しない。愛媛県が記録した「首相案件」は、安倍案件、安倍犯罪を裏付ける決定的証拠である。
 フロリダでの口裏合わせは、通用しない。安倍は議員を辞めると約束している。国会議員を辞めなければならない。平民になった安倍夫妻なら、検察は籠池夫妻と同様に逮捕・拘留しなければならない。
 野党は、このことを街頭で叫び続けなければ、責任を果たしたとは言えない。GWなど論外であろう。返上して戦うのである。


嗚呼、悲しいではないか!
セクハラ騒動の対応のまずさ
(以下一部転載)
もう、支離滅裂。
安倍が、とにかく収めようと必死に、世論のままに麻生に謝れとなったのだろう。
ある意味、民主主義の勝利です。どんどん、突き進むでしょうね、安倍が辞めるまで。大失敗でしょう(笑)
さて、麻生がどんな釈明会見するのか高みの見学モードになった。
おそらく、まだ喧嘩腰にぐちゃぐちゃ言うと思う。そして麻生の辞任となるだろう。


シャンティ・フーラの時事ブログ
安倍政権の混乱から目を逸らせるために仕組まれた山口達也事件 …政権が延命を図ろうと自作自演で大事件を引き起こす可能性あり ~連休明けは要警戒~
(以下一部転載)
 山口達也事件は、政権の混乱から目を逸らせるために仕組まれたものだったのではないかとしましたが、やはりそうだったようです。トカナによると、安倍政権は、“支持率が危険水域に達したため、2~3月頃から国民の注目を引くスキャンダルを探していた”とあります。
 NHKがこの事件を報じたタイミングが大型連休前であるということ、次の日に財務省が福田前財務次官のセクハラ問題を謝罪し、幕引きを図ろうとしたこと、そのタイミングを南北首脳会談の日時に合わせたことから見ても、政権とNHKとジャニーズ事務所は一体になって動いていたと考えて差し支えないでしょう。
 ゴールデンウィーク明けがポイントになりそうです。Me Too運動は、静まりそうにありません。政権が延命を図るとすると、以前から指摘していたように、自作自演で大きな事件を引き起こす可能性があります。
 “続きはこちらから”以降の記事では、連休明けのテロ・クーデターに警戒が必要だと指摘しています。オウム真理教の死刑囚が移送されたタイミングを考えると、自作自演のテロを、元信者による死刑囚奪還の仕業にされる可能性があります。要警戒です。
 最後の記事は、日本の加速器「スーパーKEKB」が、今年3月に本格稼働したとのことです。加速器は地震や火山の噴火の引き金になるという噂があります。次の稼働は、連休明けのようです。こちらも注意を向けておく必要がありそうです。




板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
文在寅大統領と金正恩党委員長の「板門店宣言」、安倍晋三首相が、日本人拉致被害者救出の仲介を求めてもムダだった
(以下一部転載)
 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩党委員長=元帥は4月27日、板門店で第3回南北首脳会談を行い、「板門店宣言」を発表した。合意内容に、「朝鮮半島の完全な非核化を南北の共同目標とし、積極的に努力をすること」「1953年から休戦状態の朝鮮戦争の終戦を今年中に目指すこと」などが盛り込まれている。朝鮮戦争(1950年6月25日勃発~1953年7月27日休戦)は、まだ終結していないので、「板門店宣言」は、あくまで、「朝鮮戦争終結」の第一歩である。ましてや、安倍晋三首相が、トランプ大統領や文在寅大統領に日本人拉致被害者救出の仲介を求めてもムダであることが、よくわかった。


「ジャーナリスト同盟」通信
半島とアジアに本物の春到来<本澤二郎の「日本の風景」(2958)
(以下一部転載)
<やっかみの政府とマスコミ論調>
 半島の38度線・板門店での南北首脳会談が、予想した通りの大成功で幕を閉じた。終始こぼれ落ちそうな韓国・文在寅大統領のほほが、そのことを世界に発信した。共同記者会見で半島の平和を追及してやまない北朝鮮の金正恩国務委員長に、人類は安堵した。「わが国は地球と共に歩む」 (1993年の超党派議員と同行記者団に対しての金日成発言)との祖父の公約を孫が実行した。本物の春到来である。対する日本政府とNHKなどマスコミは、蚊帳の外に置かれたやっかみ半分の悲壮な解説をして、天下に恥をさらした。
<半島の喜びを共有できない日本政府>
 共同記者会見で、両首脳は1、年内の朝鮮戦争の終結宣言2、休戦協定を平和協定に転換させるため、南北米中首脳会談推進3、朝鮮半島の完全な非核化を共同の目標とする、などの平和構築に向けた合意事項を明らかにした。
 既に平昌冬季五輪で下敷きが出来ており、確認のための米CIA長官が金正恩とそれらを確認、煮詰めてきている。米トランプ大統領は即座に大好きなツイッターで歓迎する、と書き込んだ。安倍晋三もそれに渋々従いながら、具体的行動を注視すると釘を刺した。
 核やミサイルの廃棄は、韓国に展開する米軍の撤収が不可欠である。米産軍体制とトランプの戦いの行方とも関係する。なんとしても米軍を撤収させる必要があろう。その流れを沖縄につなげる努力が、日本の政治の役割となろう。


『文殊菩薩』
マティス国防長官:在韓米軍の撤退を検討
(以下一部転載)
マティス国防長官が南北首脳会談の終戦宣言を受けて、在韓米軍の撤退を検討中であることを明らかにした。
近くポンペオ国務長官の働きかけで、ハリス米太平洋軍司令官が韓国大使として赴任し米軍撤退を指揮することになるだろう。
ハリス米太平洋軍司令官は強硬発言も多いが、なにせ第七艦隊のイージス艦を軒並み潰して朝鮮戦争勃発を防いだ功労者である。
それにハリス米太平洋軍司令官は日系なので、朝鮮で戦争が発生すれば日本が滅亡するくらいのダメージを受けることを熟知しているのだ。
古来、撤退戦でしんがりを指揮するのは最も難しいといわれてきたが、ハリス米太平洋軍司令官は撤退を指揮するにうってつけの人選だ。


逝きし世の面影
朝鮮戦争を終わらすトランプ、統一に向かう南北
(以下一部転載)
『トランプの野望を上手く利用する南北朝鮮(文在寅と金正恩)』
成功した実業家でテレビ番組でも成功し有名人になった71歳のアメリカ大統領が密かに描いているシナリオとは、間違いなく自分の手で『冷戦の完全終結』(朝鮮戦争を終わらす)を成功さす『偉業』の達成で、世界史(歴史教科書)にドナルド・トランプの名前を残すとの野望である。
この為に2017年いっぱいは北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)と二人三脚で核とミサイルで戦争前夜を演出して(日米韓3国内の永久に朝鮮戦争を続けたい保守派を思いっきり恫喝して)米朝チキンレースを行っていたし、現在でも『ひょっとしたら、米朝会談は行われないかも知れない』(北朝鮮への先制奇襲攻撃だ)と脅かしている。
ところが、危険な恫喝はディール(ハッタリ)であり目的は(過激な言葉とは180度逆さま)あくまでも『朝鮮戦争を終わらせる』(冷戦の最終的な終結)だった。
4月26日のニューズウィーク記事の後半部分の『南北双方が「時間稼ぎ」』では、文在寅(ムン・ジェイン)と金正恩(キム・ジョンウン)とが北朝鮮の経済を段階を踏んで立て直すことで韓国経済も恩恵をこうむり、結果的に悲願の南北朝鮮の統一まで進むと断定している。(★注、東西ドイツの統一は一気に進んだので大きな経費や混乱が起きたことを反省材料として、南北朝鮮の統一を急がず、一定の時間をかけ平穏に行うとしている)


※映像
Mutual Aid Japan
歴史的な南北首脳会談 すべての日程を終了(18/04/27)


シャンティ・フーラの時事ブログ
君よ知るや、平壌冷麺 〜 南北首脳会談で一気に注目
(以下一部転載)
 27日の歴史的な南北首脳会談のニュースは感動的でした。
特に、モニターを見るソウルの人々の写真には胸が熱くなりました。
ようやく家族に会えると思う人も沢山いるのでしょう。
今後、ベールの向こうだった北朝鮮のニュースもどんどん入って来ることでしょう。
まずは、日経冷麺先物ストップ高をマークした注目の「平壌冷麺」、
気になりますよね!


DEEPLY JAPAN
強まるイランとロシアの絆
(以下一部転載)
東アジア方面では南北朝鮮問題で話題がいっぱいという趣だが、世界的にはイラン・ディールがどうなるのかにハラハラしている報道も同様に大きい。
2015年にいわゆる5大国+ドイツとイランの間で合意した合意をトランプはぶっこわすと言い続けているため、イランとアメリカの間で厳しい言葉の応酬が続いている。
そんな中、イランとロシアは関係を深めていて、前から噂のあった、ロシア主導のユーラシア経済連合(EAEU)とイランとの間にフリートレードゾーンを作ろうとしていた。両国間の基本合意はされているようなのだが、いつまでにというのはかなり不透明だった。今年中にとか春までにとかとか言われていた。そんな中4月24日、ロシアのメドちゃんがこの合意を承認した。


マスコミに載らない海外記事
トランプの戦争意欲に迎合するマクロンをメルケルはしかりつけるべし
(以下一部転載)
今週、イランに対するドナルド・トランプの喧嘩腰姿勢に付き合い、テヘランとの“新たな核合意”を提唱し、エマニュエル・マクロンは台本からそれた。中東戦争を避けるためドイツのアンゲラ・メルケル首相はその立場をかさに、マクロンを叱らねばならない。
マクロンは、後で、イラン合意からの脱退は“常軌を逸している”と述べたが、それでも彼はアメリカに国際協定順守を促すのでなく、トランプが脱退するのを承認したのだ。
ワシントンで、イラン合意に関し、フランス大統領は、ドイツや他の欧州連合諸国の方針から大きくそれた。金曜日、メルケル首相のワシントン到着時  - マクロン出発の翌日 - 彼女は、アメリカ大統領に、フランス大統領は身の程知らずであることをはっきり知らしめるべきだ。


《櫻井ジャーナル》
ロシアを再び西側巨大資本の属国にしようとする勢力の圧力でロシアの親西側派は窮地へ
(以下一部転載)
 現在、ロシア国内でカネ儲けに勤しんでいるオリガルヒは一応、ロシア政府には従っている。そうしたロシア政府に恭順の意を表しているオリガルヒに対して政府に反旗を翻すよう仕向けることが西側のロシアに対する「制裁」の目的だとも言われている。
 ロシアの経済/金融部門は今でもシティやウォール街と関係が深く、ロシアの癌だと言う人もいるほど。西側はその辺をついているつもりなのだろうが、「制裁」はロシアの富豪に西側との関係断絶を強いることになりかねない。もしロシア政府に反旗を翻したなら、それを口実にして潰されてしまうだろう。


田中龍作ジャーナル
【ガザ国境発】徹底した報道規制でパレスチナ人射殺を続けるイスラエル軍
(以下一部転載)
 全世界が朝鮮半島の南北首脳会談に釘づけにされた27日、パレスチナでは中東最強の軍隊が丸腰の住民に襲いかかっていた ―
 前夜の26日、田中と友人のパレスチナ人記者は携帯電話で示し合わせた。「オレ(田中)はイスラエル軍をイスラエル領土から取材する」「私(パレスチナ人記者)はガザの中から」。
 ガザ在住のパレスチナ人記者がイスラエル兵を生きて間近で見ることはまずない。2014年のガザ攻撃で共に死線を潜った田中が、代理体験してくれるのが余程うれしかったのだろう。友人は「グレート」を連発した。


ネットゲリラ
みっともない首相ですよハッキリ言って
(以下一部転載)
今日の南北会談で、北朝鮮に高速鉄道を通すという話が決まったらしい。かつて日本が描いた夢、満州鉄道アジア号だ。「新幹線」て、今のあの新幹線だけじゃない、戦前にも新幹線計画というのがあって、東京駅で新幹線に乗れば、そのまま弾丸列車で北京まで乗換なし、という、そういう企画だった。実際、函南ではそのためのトンネルが掘り始められた。今でも函南町には大字「新幹線」という地名があり、新幹線公民館もあり、お祭りになると新幹線部落の山車が出ますw


社会科学者の随想
うんこネタのセクハラ財務次官が「エロいおっぱい触っていいか」とセクハラ行為,安倍政権の一端が暴露され,隣国の南北会談では蚊帳の外
(以下一部転載)
 もともと「幼稚で傲慢」な首相であるこの安倍晋三に,国際政治の実際に関してなにか特定の貢献をできるような「人物案件」であること期待するのは,どだい大きな間違いであった。いま,国民たちの視線に映るこの総理大臣の存在は,なんとも頼りなくもみじめにしか映っていない。
 日本では北朝鮮問題といえば,ミサイル問題と拉致問題以外なにも視野に入らないかのような実情にある。今回も「家族会」の関係者の意見が,報道のなかで大きくとりあげられてはいたものの,こうした日本側から投じられる〈隣国に対する見地〉が,かえって「北朝鮮問題」の全体的な把握・理解を歪曲しつつ,かつみえにくくしてしまう基本的な要因になってもいた。


嗚呼、悲しいではないか!
突然、海坊主現る
(以下一部転載)
飯島勉が突然登場。小泉と心中したのかと思ったら(するわけないか)海坊主のごとく現れた。
 よく聞くと、今はなんと安倍に拾われ「内閣官房参与」なる旗本のようなことをしているらしい。
要は扇動役である。
まず、飯島が17日にBSフジで「解散を口にする」
それを受けて自民党国対委員長の森山裕が「解散」と騒ぐ。
解散??自民党内にも通じなかった。
二階幹事長は「幹事長の知らない解散なんて世の中にあるわけがない」と不快感。
おまけに、安倍と官邸で面会した鈴木宗男元衆院議員も援護射撃。
「あらゆる選択肢、あらゆる行動も頭に入れながら、政治の停滞がないよう取り組む」という安倍の発言をバラまいた。
安倍は苦し紛れに、不正選挙をして、強行突破しようとしたのだろうけど、失敗に終わった。
解散について安倍首相「私の頭の中には全くない。これははっきりと申し上げておく」と。
「全く」「完全に」「はっきりと」「断じて」「まさに」「一切の」もう聞き飽きたね。
急所を突かれたのでしょ、この慌てぶりは。
どちらが仕掛けたかは知らないが、話は潰れました。
こんな意味のない騒動は安倍側でしょ。
今井も今や注目されちゃったので、動けない。海坊主を使ったんだろうが、役者がね~、飯島、森山、鈴木宗男じゃね、演技にもならない。
詰んだね。


シャンティ・フーラの時事ブログ
外交はもちろん、何から何まで異常で、評価すべきところが何もない安倍政権 ~“蚊帳の外ではない”と言っていることから、“蚊”そのものとの評価~
(以下一部転載)
 「蚊帳の外」でまとめてみました。あべぴょんは、“蚊帳の外ではない”と言っていることから、ならば“蚊”そのものだろうとの評価が定まったみたいです。
 “続きはこちらから”以降の一連のツイートをご覧になると、そのことがはっきりとします。外交はもちろん、何から何まで異常で、評価すべきところが何もない安倍政権ですが、ただ一つ、彼らの根性の悪さだけは一貫してブレがないと思います。


かっちの言い分
安倍政権は嘘まみれ。検察に頼れないなら検察審査会でやるしかない。
(以下一部転載)
安倍政権は、何から何まで嘘まみれ。別の表現をすれば、膿まみれ。立憲の逢坂氏が質問主意書で、自衛隊日報の中の「戦闘」と書かれていたことを、法的な「戦闘行為」ではないと回答したという。こういうのを、福田前次官がセクハラで弁明して述べた「言葉あそび」の類である。安倍首相になって、いつも詭弁がまかり通る。都合が悪く成れば、普通では通じない理屈で嘘を言う。
自衛隊法でいう「戦闘行為」ではないというが、人が死ななければ認めたいのか?実際には自分たちが寝泊まりしている場所近くに砲弾がさく裂して地面に穴が開いた。また自衛隊の車に銃弾が打ち込まれたともいう。これを戦闘は無かったというなら、どこでも戦闘は無いことになる。こんな嘘を堂々と言うところに安倍政権の嘘に固められた体質がある。
森友、加計、財務省の改ざん、セクハラ何から何までタガが外れてきた。また、あらゆる行政機関に手を入れている。


ネットゲリラ
セカンドレイプ麻生
(以下一部転載)
アスホールの「担当記者を男性に替えれば良い」発言は「妥当ではない」と閣議決定、だそうで、糞みてぇな内閣だわw アタマが古すぎて、セクハラとは何なのか、まったく理解してない。財務次官がアル中のセクハラ常習者で、毎度の事だから、というので、「そこは新聞社やTV局が気を利かせて、若い女を寄こすなよ」と言いたかったんだろうが、それじゃ女の就業機会を奪う結論になってしまうわけで、今の時代、それじゃ通らない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
ポジティブスターヨガがキャバクラヨガで無ければ林芳正文科相に、文部科学大臣としての資格は無い ~キャバクラのようなサービスの「マッサージ」なら免許不要であるが、庄司代表自らがそれを否定~
(以下一部転載)
 林芳正文科相が公用車でキャバクラヨガに通っていたことを、週刊文春が報じました。リテラも後を追って報じましたが、報道に対して、ポジティブスターヨガの庄司ゆうこ代表が、“ポジティブスターヨガは健全なヨガスタジオ”だとして、週刊文春に訂正と謝罪を求めました。リテラはさっそく記事を削除、風俗店と確認は出来なかったとして謝罪をしました。
 庄司ゆうこ氏の反論に対して、週刊文春がどのような対応をするのか様子を見ていたのですが、ここで非常に斬新な視点から、林文科相の行為とポジティブスターヨガの問題点を指摘する記事が出てきました。引用元の記事は、緻密で正確な論拠を提示しており、この論理に反駁するのは難しいのではないかと思います。
 要点は、医師以外の者が客に健康増進のためにマッサージを施すには、免許が必要だということです。しかも、こうした免許を与える養成校の認可権限を持っているのは文部科学大臣なので、林大臣が「健康のため」に無免許のマッサージを受けていたとすれば、大臣を務める資格は無いと論じています。
 「健康のため」ではなく、キャバクラのような接待としてのサービスであれば、マッサージに免許は要らないそうです。ところが当のポジティブスターヨガの庄司代表自身が、キャバクラヨガであることを否定しています。なので、ポジティブスターヨガは、無免許で健康のためのマッサージを客に施していたことになり、“ポジティブスターヨガは受講者に対し、セミナー料を全額返還すべき義務がある”としています。


(新) 日本の黒い霧
Marine Base on the Seafloor
(以下一部転載)
Dear friends
I'm very happy to know there exists a secret base under the sea in real, not SF fantasy. Please invite me to the base sometime soon.
around (40.68272, 141.79229)
P.S.
Do not attack on it before I visit there.
軍事にばかり金かけてますけど、発想は子供と同じですね。危ない玩具は取り上げ必至です。



『文殊菩薩』
金正恩を迎えた景福宮の儀仗兵
(以下一部転載)
韓国側が金正恩を迎えて挙行された閲兵式で、韓国の儀仗兵がなぜか時代劇風の服装をしていたことに気づいただろうか。
どうやら、金正恩を迎えたのは李氏朝鮮の王宮であった景福宮などで再現されている古めかしい衣装の儀仗兵たちだったようだ。
しかも、彼らが手にしている旗もどう見ても現代の韓国国旗などではなく、李氏朝鮮時代の王宮で使用されていたものに見える。
むろん、これは単なる韓国の時代劇風の外国人向けショーなどではなく、文在寅の内外に向けた密かなメッセージだったのではないか。
つまり、この古式の儀仗兵たちこそ、金正恩が統一朝鮮王として正当な王位継承者であること示すための仕掛けだったと思われるのだ。
金正恩が統一朝鮮王となる正当性は、李氏朝鮮・日本皇室・金王朝と三つの時代にわたる半島統治者の血統を兼ね備えていることにある。
朝鮮半島人は先祖が李氏朝鮮時代の貴族階級である両班出身であることを誇るが、金正恩の血統は如何なる半島人よりも高貴なのだ。
李氏朝鮮は歴史上最後の半島統一国家であり、その正当な王家の血統を引くものが統一を復興するのが大義名分というものであろう。


シャンティ・フーラの時事ブログ
今やプーチン大統領と習近平氏と並んで、最も信頼出来る人物になった金正恩氏 ~政治的天才たちによって導かれている現在の地球~
(以下一部転載)
 ツイートに“キム委員長の外交センス、すごいな”とありますが、全く同感です。時事ブログでは以前、金正恩氏を政治的天才と評しましたが、今では多くの人がこのことに同意するのではないでしょうか。以前触れたように、金正恩氏はホツマの神で、政治的才能が非常に高い人物なのです。彼は自分に与えられた歴史的使命を成し遂げようとしています。
 これまで何度も、もうダメかと思いましたが、最後の最後に見事に復活。今やプーチン大統領と習近平氏と並んで、最も信頼出来る人物となりました。
 今行われていることは、“金正恩、お前いい奴だったんだな~”作戦です。将来南北が統一され、日本で言えば天皇の様な地位に就く可能性が高い金正恩氏のイメージを180度変えて、人気者にしなければなりません。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
安倍晋三首相は、「韓国、北朝鮮、中国」との人脈がなく、「東アジア外交」には不適格、「小沢一郎政権」樹立が急がれる
(以下一部転載)
 朝鮮戦争(1950年6月25日勃発~1953年7月27日休戦)が、勃発から68年、休戦から65年を経て、やっと終戦となる。文在寅大統領と北朝鮮の金正恩党委員長が4月27日午前10時半から板門店の韓国側施設「平和の家」で開く南北首脳会談に臨む。会談は昼食をはさんで午後も開き、合意文に署名する。しかし、朝鮮戦争休戦協定を「最終的な平和解決」(平和条約)に切り替えるには、5月末~6月初めに行われるトランプ大統領と金正恩党委員長との米朝首脳会談を待たなければならない。さらに朝鮮半島統一⇒新国家「コリア」建設が実現し、「東アジア共同体」へと向かうけれど、安倍晋三首相は、「韓国、北朝鮮、中国」との人脈を築いておらず、「東アジア外交」には不適格のため退陣に追い込み、「大命降下」に従って、「天皇陛下の次に偉い人」と中国などから高く評価されている「小沢一郎代表を軸とした政権」を早急に樹立する必要がある。


※映像
嗚呼、悲しいではないか!
号外:金正雲の声です


※映像
Mutual Aid Japan
【Ray:真実を隠す表舞台!】南北首脳が会談 板門店で始まる


※映像
Mutual Aid Japan
【南北首脳会談】北朝鮮の金正恩氏と韓国の文在寅氏とが共同発表


ネットゲリラ
戦場を市場へ
(以下一部転載)
いよいよカリアゲとザイトラの蜜月スタートというので、TVももっぱら朝鮮半島の歴史一色なんだが、ところで思い出すのが「戦場を市場へ」という言葉なんだが、インドシナの戦乱が終わろうとしていた時に、タイの首相が呼び掛けた言葉だ。これからは極東が、「戦場から市場へ」と変貌を遂げる。北朝鮮内部でも、既に改革開放路線が始まっている。


《櫻井ジャーナル》
米国の威圧が効力を減少させる中朝鮮半島で話し合いの気運が高まるが、米国は覇権を諦めない
​​(以下一部転載)
 韓国の文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長は4月27日に板門店で会談した。アメリカ政府は談話の中で、この会談が「朝鮮半島全体の将来の平和と繁栄に向けて前進することを希望している」としているが、南北対話の流れができるまでアメリカ政府は朝鮮半島での軍事的な緊張を高める政策を推進していた。今でも東アジアの軍事的な緊張を高めようと画策している。
 この朝鮮政策は第2次世界大戦後、アメリカが中国を属国化することに失敗して以来続くもの。バラク・オバマ政権でNSC(国家安全保障会議)の安保副補佐官だったベン・ローズによると、​大統領は数年にわたり、日韓両国の首脳との会うたびに慰安婦の問題を採りあげ、両国の対立を解消させようとしていた​というが、これも軍事的な圧力を北へかけるため。アメリカの手下である日本と韓国が対立していては困るということだ。そして合意が成立、その翌年に韓国大統領だった朴槿恵のスキャンダルが発覚、2017年に失脚している。
 それに対し、朝鮮半島で軍事的な緊張が高める政策に反対する文在寅大統領は2017年12月に慰安婦をめぐる問題の合意に疑問があることを明らかにしてアメリカが戦争をしにくい環境を作った。今年(2018年)1月4日に文大統領がドナルド・トランプ米大統領と電話で会談してオリンピック期間中に米韓合同軍事演習を行わないことを認めさせ、平昌オリンピックでは金與正(金正恩の妹)との友好的な関係を演出している。


ネットゲリラ
脳味噌薄口
(以下一部転載)
朝鮮戦争終わるというので、トランプ大喜び、というんだが、アベシンゾーは良い鉄砲玉役を演じてくれた、と、内心、せせら笑っているだろう。ヤクザの交渉でも、ギャンギャン噛み付くチンピラが出て来て大騒ぎして、最後は「物分りの良い親分」が話をまとめるw トランプは自分の役割を心得ている。プロレス出身だ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
18/4/22 ソルカ・ファール情報: プーチンが英国にいる学生へ「即時帰国」を勧告、モスクワではロンドンへの核攻撃の可能性を検討 その2
(以下一部転載)
 昨日は、ロシアが最早救いがたい英国指導層の無茶ぶりに耐えかねて、核爆弾での先制EMP(電磁パルス)攻撃を検討し、ロシア人留学生たちに帰国を呼び掛けているという話でした。
 英国の悪魔主義者連中の目的は小児性愛の正常化です。つまり欧米諸国の性交承諾年齢の引き下げと、性目的の人身売買の合法化――私も書いていて「イヤ無理だろ」とツッコミたくなる妄想を長らく抱いているようです。第三次世界大戦で大半を殺害して、残りを奴隷化したら可能なんですかね、現在のサウジの王族みたいな豪邸生活だと隠蔽できるんですかね。
 但し、これを止めようとしている側もがっちがちのキリスト教徒でして。それはそれでまた問題なんじゃないかな、と不安になるのですよ。本当に聖書に思考が固定されていますからねぇ……悪魔崇拝への振り子が真逆に吹っ切れただけで、結局は極端と言いますか。
 バランスをとるって最も難しいのですけれど、何事も中庸が一番だと思います。


マスコミに載らない海外記事
マクロン大統領は救世主の仮面を付けた妨害工作者
(以下一部転載)
フランスのエマニュエル・マクロン大統領には、民主主義を求める人々をぞっとさせるに違いない、冷酷な野望という要素がある。
ワシントン・ポストによれば、今週のアメリカ合州国公式訪問で、マクロンはトランプ大統領の“対極”で、“欧米における中道リベラルの旗手”を装っている。
皮肉なことに、先週も彼は、火曜日ストラスブールの欧州連合議会での基調演説で、またしても自らを“ヨーロッパの救世主”として売り込んだ。
ストラスブール演説は、フランス大統領が、アメリカやイギリスとともに、対シリア共同大空爆をしかけて僅か四日後のことだ。
彼の高潔な見せ掛けをあざ笑うかのように、マクロンが、民主主義の壮大な構想でEU議員を喜ばせている中、労働者の権利を廃止する彼の計画に反対して戦う全国規模の産業ストライキで、彼の国は麻痺していた。


逝きし世の面影
3S政策(3Sとは、Screen、Sport、Sexの頭文字)
1945年の敗戦後にGHQ(アメリカ占領軍)の愚民政策として大々的に行ったと言われているのが(マッカーサー提督の)3S政策(さんエスせいさく)で日本ではこれが大成功した。この方式はローマ市民にたいしてコロッセウムの剣闘士の殺し合いなど大衆が熱狂する娯楽を提供したローマ帝国の皇帝と同じで、為政者がScreen(スクリーン)、Sport(スポーツ)、Sex(セックス)など政治とは無関係な無難な『遊びごと』に市民の関心を煽り立て政権批判を封じ込める愚民政策だったが、困ったこと2000年前のローマ帝国以来、今でも絶えることなく延々と続いているらしいのである。


嗚呼、悲しいではないか!
小沢-枝野-田原会談
(以下一部転載)
小沢一郎と枝野幸男が語り合う「安倍さんの禅譲って何すんだ。古賀君に会おうかと思った」
週刊朝日より抜粋要約
自由党小沢一郎代表と立憲民主等の枝野幸男代表が田原総一郎と対談。


かっちの言い分
福田前次官のセクハラ調査で、謝罪無はまるで安倍首相の森友、加計問題と同じ。
(以下一部転載)
財務省が福田前次官のセクハラについての調査結果を報告した。財務省として発表したということは、麻生大臣が了解して発表したということだ。しかし、今まで何度も福田のことを弁護し、「嵌められた」とまで言ったくせに、一切の謝罪もない。福田もセクハラで減給になっているのに謝罪もしない。調査結果はあくまで弁護士事務所の話しだが、セクハラを認めた以上、麻生大臣も福田も誠意をもって、女性記者に謝罪すべきである。女性記者も謝罪がないので残念と述べている。朝日テレビも謝罪を要求していると言うが、もっと強く筋を通すべきである。この謝罪なしは、今の森友、加計問題に対する安倍首相の不誠実な対応と全く同じである。
決して罪を認めず、全てを曖昧にして、はぐらかす。全てが安倍首相の毒で中毒になっている。不正義も不正義と感じない。自分の不正を隠すために、官僚に嘘をつかせ、結果的に不法な行為まで強要することになる。近畿財務局の職員がそのため死んでも何も罪悪感も感じないのだろう。そういう政治家は、早く表舞台から退場しなければならない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
TOKIO山口達也氏の“余罪”は多数、記者会見の内容は嘘 ~ジャニーズ事務所による事件の隠蔽工作~
(以下一部転載)
 山口達也事件で今ひとつすっきりしないのは、キスされた16歳の女子高生の両親が激怒していることです。デヴィ夫人は自身のツイッターやフェイスブックで、“泥酔男性のたかがKissでしょ…無期限謹慎なんて厳しすぎ、騒ぎすぎ”とツイートしています。これには様々な意見があるでしょうが、両親が激怒していることを考えると、山口氏の行為は、“たかがキス”だけではなかったのではないかと想像したくなります。
 冒頭のトカナの記事によると、山口達也氏の“余罪”は多数とあります。記事の下の一連のツイートでは、山口氏の記者会見の内容は嘘であり、部屋には17歳の男性アイドルBが同席していたと書かれています。確かにこのような報道があったようですが、フジテレビはその後、この報道を事実ではなかったと訂正します。ですが、ツイートによると、この訂正はジャニーズ事務所の圧力に負けた結果であるとしています。


(真)日本の黒い霧
"山口"の謹慎
(以下一部転載)
事件自体は2月に発覚してるようですし、中身は有名芸能人の不始末ネタ。報道されることに不自然さはありませんが、何故、書類送検の段になってわざわざの報道なのか?NHKが主要ニュースで時間を割いて取り上げたり、日経でも大きく報道されるなど、その扱い方に不自然さが見られます。
暗号報道として解読したところ、現政府人脈への指示・指令であることが分かりました。山口との関係を断つ(達也)ということ。端的に言うと、現政府は地下政府の操り人形として失格という意志の伝達です。出所はTOKIO。アナ



シャンティ・フーラの時事ブログ
18/4/22 ソルカ・ファール情報: プーチンが英国にいる学生へ「即時帰国」を勧告、モスクワではロンドンへの核攻撃の可能性を検討 その1
 今回はソルカ・ファール女史の記事から暴走する英国について。どうやら状況は米国よりも深刻で、ロシアや中国に対する核攻撃を本気で模索しているらしく、困ったロシアがいっそのこと英国へ先制攻撃を仕掛けて全土を機能不全にしようかと考えてしまうほど。
 ロシアの方は出来るだけ被害の少ない攻撃方法を選んでくれそうですが、英国は世界を巻き込んでのカミカゼ攻撃をかましそうなほどに崖っぷちです。
 そういえば英国とフランスにはロスチャイルド家がありますものね。悪魔崇拝の伝統も一番根強いのでしょう。


《櫻井ジャーナル》
米中央軍司令官はイスラエルで米軍がシリアからすぐに撤退することはないと伝えた
(以下一部転載)
 化学兵器の使用を口実にしてアメリカ軍などが直接シリアを攻撃するというプランは遅くとも2012年8月にできあがっている。その年の12月になると、自暴自棄になったシリアのバシャール・アル・アサド大統領が化学兵器を使う可能性があると国務長官だったヒラリー・クリントンが主張する。そして翌年の1月、アメリカのオバマ政権はシリアでの化学兵器の使用を許可し、その責任をシリア政府へ押しつけてアサド体制を転覆させようとしているとイギリスのデイリー・メール紙が報道した。
 2012年8月にはアメリカ軍の情報機関​DIA(国防情報局)がシリアの反政府軍はサラフィ主義者(ワッハーブ派)、ムスリム同胞団、アル・カイダ系のAQI(アル・ヌスラを実態は同じだとDIAは報告している)であり、バラク・オバマ政権の反政府勢力への支援はシリアの東部(ハサカやデリゾール)にサラフィ主義者の支配圏を生み出すことになると報告​している。これは2014年以降、ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)という形で現実になった。その年にマイケル・フリンDIA局長は解任されている。
 シリア占領をアメリカ軍からサウジアラビアなどアラブ各国の軍隊へ交代させようという話も伝えられているが、占領を続けることは難しいだろう。支配階級がアメリカに守られているアラブの国々がカネを出し、アメリカ、イギリス、フランスの軍隊が占領を続ける可能性もある。実際、油田地帯をはじめアメリカはシリア国内に軍事基地を建設、その数は20程度に達しているとも言われている。
 

DEEPLY JAPAN
考えなしのG7外相宣言を批判する駐日ロシア大使
(以下一部転載)
G7諸国を代表とする西側諸国の無法っぷりは半端ない。
去年トランプがシリアに空爆した時も、なんでだかさっぱりわからないのに空爆したら、あっと言うまに、アメリカの支配層は喜び、ドイツ、フランスetc.は、「賛成よ」とか言っちゃう。もはや非西側勢としたら、笑うしかない状況だった。それが今年も起きて、今年も、同じように、何も考えずに「賛成よ」となっちゃう。


DEEPLY JAPAN
シリア:ドゥーマの地下の映像
(以下一部転載)
総合して考えると、イスラム国設置プランというのは、現代の満洲国みたいなものだったかも。そして、リビア・シリア侵略は満州事変のようなものと考えることもできる。
両方に共通するのは、武力侵略はやめましょうという国際的なコンセンサスがある程度存在する中で、先制攻撃で他国の領土を切り取り始めるという点。第二次世界大戦のはじまりは満州事変だという見解を持つ人が昔からいるのはこの意味。
しかし今回は、トランプが妙なものを拾って空爆なんかしたおかげで、国連安保理決議のない武力攻撃は国際法違反であるというルールは現在のところまだかなり「コンセンサス」的であることがむしろ確認されたような恰好。
現在のところ、もろ手をあげて4月14日の空爆を「正統である」と言っているのは英米仏と若干の属国のみ。


マスコミに載らない海外記事
羞恥心はいずこ?
(以下一部転載)
トランプとメイとマクロンの政権が、連中は疑う余地のない無法の戦犯政権であることが証明されてしまった今、これからどうなるのだろう?
ロシア大統領と外務大臣は、“我々の欧米パートナー”と言い続け、無法な戦犯と証明された連中との共通点を探そうとするのだろうか? 共通点とは一体何だろう?
ロシアによるスクリパリ毒ガス攻撃と、シリア政府のドゥーマでの化学兵器攻撃について、アメリカとイギリスとフランス政府が意図的にウソをつき、第三次世界大戦の危機を招き、裏付けるいかなる証拠もない見え透いたウソを基に、連中自身がシリア攻撃をするのを、他の国々の政府が一体なぜ受け入れられるのだろう? 戦犯と一体どうやって外交関係を持てるのだろう?
持てない。戦犯は裁判にかける。一体なぜ、トランプとメイとマクロンは裁判にかけられないのだろうか?
欧米による戦争犯罪を、人生上ごく当たり前のことだと考え、受け入れるように、世界が、パブロフの犬のように条件付けられているからだというのが理由だ。何十年間も、欧米に責任を取らせ損ねた前例により、欧米の犯罪は守られている。責任を負わないで戦争犯罪を行う、不法占拠者の権利が、欧米にはあるのだ。


『文殊菩薩』
朝鮮王の帰還
(以下一部転載)
昔々、東の果てにK国とJ国がありました。K国は武力の強いJ国に滅ぼされてしまい、K国の王子さまはJ国の捕虜となってしまいました。
J国は捕虜として連れ帰ったK国の王子とJ国の姫様を政略結婚させ、K国を乗っ取りやがてはK国を完全に支配するつもりでいました。
さて、K国の王子とJ国の姫様は政略結婚とはいうものの夫婦の間は仲睦まじく、二人の間に三人の子供が生まれました。
ところが、夫婦は悪党がK国の王家の血を根絶やしにするために、子供たちの命を狙っていると聞いて大変に悲しみにくれました。
夫婦はとても悩んだ挙句に、上の二人の子を死んだことにして泣く泣く別人に養子として預け、K国復興の夢を子供たちに託しました。
それから、数十年が過ぎK国の王子もJ国の姫も亡くなりました。しかし、夫婦の子孫にはK国復興の願いがしっかりと受け継がれました。
そして、K国が滅んで100年ほどたった時のことです。夫婦のちょうど曾孫にあたる男の子がK国の復興に成功しK国の王になりました。
しかもなんと、夫婦の子孫の別の一人はJ国の大臣となっており、K国の復興に協力するために高速鉄道をプレゼントすることにしました。
それ以後はK国とJ国は王族同士が親戚のきずなで結ばれたため、二国間の争いはなくなり永久に平和に共存することになりましたとさ。
めでたしニダ、めでたしニダ。
※なお本作品はフィクションであり、実在する国や人物とは一切関係がありません。


ネットゲリラ
これもモリカケ隠しだろどうせ
(以下一部転載)
韓国朝鮮融和で、「かんちょう」と打って変換しようとしても、浣腸とか間諜しか出て来ないw まぁ、あまり韓朝は言わんなw さて、今回の会談が今までと違うのは、アメリカが乗り気だという事だ。今までは、朝鮮戦争を終わらせようとしても、アメリカが強固に断り続けて来た。朝鮮戦争を終わらせてしまうと、日本の米軍基地の縮小、廃止に結びつくからだ。少なくとも海兵隊を沖縄に置いておく必要がなくなってしまう。もともと海兵隊は本土にいた。ウチの近所にもいた。今でも東富士には米軍の施設があるが、おいらはご幼少のみぎりに富士五湖で米兵のモーターボートに乗せて貰った事がある。幼児の頃は、それはそれはカワイイ子供だったのだw 日本を支配するために、米軍基地を手放したくないアメリカが、じゃあ、なんで変わったのか? 


Mutual Aid Japan
【Ray:北朝鮮人の血筋は縄文人、国民を搾取する金王朝!】「韓国のように自由に暮らしたい」 南北会談直前に聞いた北朝鮮国民の期待とは?
(以下一部転載)
4月27日、金正恩氏-文在寅氏にとって初めての首脳会談が開かれる。注目が集まるのは、いまだ停戦状態にある朝鮮戦争を平和体制に転換することだ。大きな進展があることを期待したい。一方、北朝鮮の人々が南北対話に期待するものは何なのだろうか? 24日と26日に北部地域に住む二人に聞いた。
通話したのは咸鏡北道の都市部に住む李スンヒさん(仮名、30代の既婚女性)と、両江道の都市部に住む朴チョルミンさん(仮名、40代の男性労働者で労働党員)。北朝鮮に搬入してある中国の携帯電話で話した。


※映像
Mutual Aid Japan
FBI内部メールの公開、ロシアのVIP警備会社に聞いたオバマを脅す恥ずかしい話、ワシントンの支配層の子供を食べる生贄の儀式【NET TV ニュース】国家非常事態対策委員会 2018/04/26


自由空間
日本のお金が世界を支えている・・・
(以下一部転載)
この桜庭さんと言う女性の言う事は非常に真実だと思います。
日本のお金が世界を支えている・・・このままでは日本人は世界の働き蜂(底辺奴隷)になりますよ。
お金を吸い上げ安倍や横田幕府は世界の王様気分・・・3、4世代お金持ちのボンボンで育つと世間の感覚、人としての自然の変化を感じる感覚、国民の苦しさのど完全に分からなくなり麻痺している。
政治はパワーとお金の奪い合いだけのゲームになり、何が根本の原因かも分からないままの大人の皮を被った動物以下の生き物になってしまいます。
13分~からの桜庭さんのお話が面白いです。
ハリウッドスターが通うジムのトレーナー経験がある桜庭 麻紀氏にインタビュー 【NET TV ニュース】朝堂院大覚 人物往来 2018/04/20 


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「大命降下」の反逆者・「朝敵」安倍晋三首相は、「3選欲の鬼」、「精神状態はまともなのか」と訝る声が自民党内からも吹き出す
(以下一部転載)
 「大命降下」の反逆者・安倍晋三首相は、最大の支持母体「日本会議」のなかからも「朝敵」の烙印を押されて、窮地に陥っている。何しろ「日本会議」には、天皇陛下を尊崇するメンバーが少なくないからである。師匠である小泉純一郎元首相が、「難しいだろうな。反対を言い続ける」と宣言していることもあり、9月の自民党総裁選挙で念願の「3選」を果たす可能性が限りなくなくなりつつある。にもかかわらず、今度は「中東訪問を終えて帰国後、5月7日に衆院解散を断行してでも、3選を果たす」と周辺に言い切り、いまや「3選欲の鬼」に成り切っているため、「精神状態はまともなのか」と訝る声が自民党内からも吹き出している。


「ジャーナリスト同盟」通信
「解散可能か」と潘君が質問<本澤二郎の「日本の風景」(2956)
(以下一部転載)
<しかし、自滅覚悟ならゼロでもない>
 1972年7月だったと思う。安倍の祖父・岸信介の実弟の佐藤栄作首相(当時)と佐藤番記者との最後の懇談の席で、7年8か月の長期政権者に対して「解散はいつでも、自由に打てるものか」という素朴な質問をぶつけてみた。
 彼の口からは、予想外の慎重なコメントが飛び出した。「いつでも、自由に?そんなことはないよ。党内の世論とか、いろいろな要因が絡んでくる。そう単純なものではない」と大きな目をしながら答えてくれた。
 内閣の解散権行使は、国民の代表である国会議員の4年任期を奪うことである。憲法が特定の条件のもとで許したものだから、前回の安倍解散は、明白な憲法違反解散だった。まともな司法が存在すれば、憲法違反の判決が下るところである。


かっちの言い分
与党の傲慢国会運営は安倍首相の責任。いつか罰が当たる。
(以下一部転載)
今日は、野党が国会審議を拒否した中で集中審議として、安倍首相が維新以外の野党が出席していない中、その割り当て時間の間、じっと座って待っていた。これは、俺は出ているのに、野党は来ない場面を見せつける嫌みだろう。これを受けて、TV番組のひるおびのキャスターの八代氏が、野党は給料をもらっているのに審議拒否はおかしいと述べていた。野党の言い分も考慮もせず、持論を述べるのはフェアではない。
野党の要求は一般社会の通念から極めて当たり前のことだ。与党は審議に出ろ出ろとは言うが、今までの嘘に嘘を重ねた行いに対して、それを反省し、改善するとの確証を何ら示していないからだ。野党はその証として、財務省の改ざん、虚偽答弁、セクハラ対応の責任取って麻生氏辞任、柳瀬氏の証人喚問を要求している。民間企業なら社長の首が2つぐらいは飛んでいるはずである。


嗚呼、悲しいではないか!
暴露合戦の様相
(以下一部転載)
逝きし世の面影さんから抜粋です。
暴露合戦
大変なことになってきた。
最近のはほとんど自民党内のバトルであろう。
加計メールを暴露した文科相が狙われた、、官邸のリークでしょう^^


逝きし世の面影
日本国とは別世界の安倍内閣(永田町周辺)の非常識
(以下一部転載)
 「おい、発見って、防衛省は古墳か何かなのか?」
 「まあ、庁舎の地下に秘密のダンジョンがあってもオレは驚かない」
 「どうせ天の岩戸ぐらいな名前つけて自衛隊OBの軍事オタクがコレクションを秘蔵してる程度だと思うけど」
 「あとはイシバさんのコスプレ衣装をおさめたワードローブな」
 「そこに日報やら交換日記やらを隠蔽してたってわけか?」
 「まあ、ガチムチの組織だけにそれぐらいの秘密の花園は許してやろうぜ」
 もちろんだが、日報は地下迷宮の壺の中から発見されたわけではない。
 ごく当たり前な保管場所から出てきたのだと思う。
 ただ、なぜなのか、誰も気づかずにスルーされていたということなのだろう。
 ともあれ、「『不存在』の日報」という、日経の見出しにある表現は、なかなか皮肉の効いた言い方だ。
 ほとんど哲学的ですらある。


ネットゲリラ
山口メンバー、福田メンバー
(以下一部転載)
昔からアル中のオヤジは散々見てきた。特に、酒に弱い、すぐに酔うタイプは駄目だな。自制心がなくなり、トラブルを起こす。福田次官なんだが、あすこまで酷いと、精神病院の閉鎖病棟で酒を抜かないとすぐ死ぬレベルで、断酒したところで、「漬物のキュウリは元の新鮮なキュウリには戻れない」by.吾妻ひでお、なので、もう遅いです。


ネットゲリラ
むりやり〇〇をした
(以下一部転載)
番頭ワタナベによれば、加計のフトコロが氷点下だそうで、三菱がブルって60億貸さなかった、現金担保で数億円というショボい融資に終わったため、ヤバいらしい。つうか、獣医大ではBSL施設で何十億か引っ張る予定だったのが、番頭ワタナベがネットで騒いだせいで、その分の補助金が出なくなってしまった。カネが止まれば即、コケる自転車屋さんなので、さあ大変w


ネットゲリラ
世界的には大学全入はあたりまえ
(以下一部転載)
私立大学の経営が苦しい、という話なんだが、大学に行くべき世代の人口が半分に減っているのに、どーでもいいよーなFランク私大ばかり次々に作るから、そら、そうなるわw いくら進学率が上がったところで、分母が半分では話にならない。ところで加計なんだが、「日本私立学校振興・共済事業団」というところから巨額のカネを借りているらしいんだが、ここは政府が100パーセント出資の特殊法人で、資本金は1000億くらいです。加計の土地の登記簿をウォッチングしていると、カネの動きが見えてくるんだが、これが妙だ、というんだが、


シャンティ・フーラの時事ブログ
TOKIO山口達也氏が強制わいせつ容疑で書類送検 …これもやはり“官邸のご意向”と見るべき
(以下一部転載)
 記事にある通り、2人は仕事を通して知り合ったということから、“山口達也に呼び出されて断れる女子高生なんているのか?”とあるように、この子が将来芸能界で活躍したいと思っていたとすれば、まず断れないでしょう。なので、これは典型的なセクハラであり、記事に書かれているようなハニートラップなどの言説は、二次被害だと言えます。
 おそらく彼女に対する嫉妬からくるものだと思いますが、これはやってはいけません。
 不可解なのは、何故このタイミングなのかということ。ツイートに、“今年2月の件ですでに示談が成立”しているとあります。やはり、“官邸のご意向”と見るべきでしょう。番頭ワタナベのツイートを見ると、例の“林芳正文科相が公用車を使って訪れた個室ヨガスタジオ”の文春スクープが関係しているかも知れません。
 番頭ワタナベによると、この件でネトウヨに指令が出ていると書かれています。指令が事実だとすれば、“このヨガスタジオは普通のヨガ教室であり、林文科相はスリーサイズが紹介されているスタッフと清らかなオイルマッサージを楽しんでいただけで、煩悩は断ち切っていた”ということにしたいのでしょう。ただ、煩悩を断ち切っていたのならば、そもそもこういうヨガスタジオに通わないのではないかとも思います。
 ツイート後半の“山口メンバー”は強烈。確かに、こちらを問題にすべきかと思います。


Mutual Aid Japan
【Ray:世界的な大手銀行の崩壊に続き、生保そして地域金融の旗頭だった”ゆうちょ”も崩壊の兆し?】ゆうちょ・かんぽ、1700人削減
(以下一部転載)
Ray:闇の金融改革、崩壊する大手銀行に代わる地域金融(農協・信金)も体質改善が不可能か?日本の改革が遅れれば、世界の改革はさらに遅れる。


richardkoshimizu official website
武田薬品が、海外企業4兆円買収で自爆。これで武田も消えていきます。
(以下一部転載)
武田薬品さんたら、国内市場が飽和状態で成長が期待でないから、ファイザーやロシュみたいな世界的大企業にのし上がりたくて、海外企業の矢継ぎ早の買収をおっぱじめて久しい。結果、収益は上がらず、買収戦略はすでに失敗したとの判定。武田という日本有数の企業が、日本伝統の「世間知らず」「国際音痴」の波に乗って、借金まみれの似非グローバル化・馬鹿企業化推進中。
米バイオ医薬品のミレニアム・ファーマシューティカルズを88億ドル(約9000億円)で買収。2011年にはスイスの製薬企業ナイコメッドを96億ユーロ(約1.1兆円)で買収。米アリアド・ファーマシューティカルズを6000億円で買収。そして、今回は、アイルランドの医薬品大手企業、シャイアーを4兆円で買収の予定?


(新) 日本の黒い霧
埼玉県北東部で注意情報
(以下一部転載)
新たに地下原発が臨界状態であるとの情報が入りました。埼玉北東部の高速道路ジャンクションを中心に5基の原発が分散配置されている、その中のどれかのようです。直ぐ近くには冷却水源となる沼と、その電力の供給対象と成り得る民間工場群があり、地下原発自体の存在条件は満たしています。
地表への影響は分かりませんが、気になるのは汚染排気と排水の行方です。なお、この情報の信頼性については各自の責任でご判断ください。



ネットゲリラ
文在寅と金正恩のノーベル平和賞待ったなし
(以下一部転載)
朝鮮戦争がいよいよ終結だ。いやぁ、長かったよね。三世代だものw 一般的に、「ひと世代」と言った場合、それはほぼ25年です。薩摩焼の窯元で沈壽官窯というのがあるんだが、慶長の役で日本に連れて来られた陶工で、今は15代になる。ほぼ28年で世代交代してます。他にも、長く続いた家系を調べると、だいたいそれくらいで世代交代している。北朝鮮は初代の金日成が46年間、指導者の地位にあったので例外的なんだが、その分、息子の正日は14年間しか統治していない。初代の金日成は満州の馬賊で、正日時代まではそんな荒っぽさが残っていた。ラングーンテロとか、大韓航空爆破とか。それが、三代目になったら、割と大人しくなったね。ただ、初代の頃から北朝鮮の姿勢というのは一貫していて、アメリカは半島から出て行け、戦争を終わらせろ、と、そう主張し続けて来た。核開発にしても同じで、アメリカが戦争を終わらせて、極東から軍事力を引き揚げるんだったら、核開発は止める、と、以前から同じ事を言っている。北朝鮮は何も変わっちゃいない。変わったのはアメリカだ。


『文殊菩薩』
金正恩が玉座に就く日
(以下一部転載)
27日の北朝鮮と韓国の南北首脳会談で使用される会場の詳細や見取り図が、韓国の青瓦台からメディアに公開された。
使用されるテーブルは2018年を記念して最大幅が2018ミリとなっており、テーブルの両側に七脚づつの椅子が並ぶ。
金正恩が座る椅子には朝鮮半島のレリーフが彫られており、さながら統一朝鮮王が座る玉座を象徴するかのようだ。
トランプ大統領は金正恩が「率直で尊敬すべき人物」だと、まだ会ってもいないはずの金正恩に異例とも思える称賛を表明している。
トランプの言葉は「尊敬すべき」と訳されているが、英語で“Honorable”と言えば王様や貴族につける称号のような響きがある。
トランプ大統領は既に秘密裏に金正恩と直接に会話を交わしているとの未確認情報もあり、それもさもありなんと思わせる発言である。


richardkoshimizu official website
トランプさんにも北鮮にも見捨てられた安倍晋三君、2歳。
(以下一部転載)
トランプ氏に当面はお追従して、安倍統一教会朝鮮悪政権を何とか維持しておき、ヒラリーユダ金婆さんの米ユダヤ傀儡政権の復活を待つというのが、安倍一味の基本方針だったが….トランプさんの支持率、全く下がらず、トランプさんの打倒もユダ金の復活も、全く現実性なし。
安倍という陳腐な政治屋の「品位」を知ってしまったトランプさんは、テキトーにあしらって、全く、相手にせず。安倍はトランプさんに翻弄され、北朝鮮情勢でも完璧なまでのつんぼ桟敷。北鮮と米国の関係改善は、今まで、必死に関係悪化を促進してきたユダ金にとっては悪夢。その悪夢を推進するトランプ氏になにひとつ影響力を行使できない安倍愚鈍晋三。
間抜けを絵にかいたような安倍ちゃん。ざまあ、ご覧になってくださいませ。


マスコミに載らない海外記事
トランプのシリア‘撤退計画’はアメリカ汚れ仕事の外注化
(以下一部転載)
ドナルド・トランプ大統領は、シリアから軍隊を撤退させると語っている。しかし、計画は地域におけるアメリカの軍事的権益を少なくするというものではない。アメリカ帝国主義の汚れ仕事を下請けにだす計画だ。
中東におけるアメリカの戦争を減らすどころではなく - 撤退の動きとされるものは、紛争の減少ではなく、増加を意味する。
海外での介入を終了し、アメリカ軍を国に帰還させるという彼の選挙公約を、トランプがなんらかの形で実行しているという、ありがちな誤解が存在しているように見える。


《櫻井ジャーナル》
シリアへS-300を配備するという報道があり、米中央軍司令官がイスラエルを訪問して何らかの協議
(以下一部転載)
 ロシアがシリアへS-300という防空システムを配備するという報道があった。情報源はロシア軍内部の人間だという。ただ、セルゲイ・ラブロフ露外相はまだ決定されていないとしている。このタイミングでアメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官が急遽、イスラエルを訪問した模様だ。
 2016年7月にトルコでクーデター未遂があったが、その背後にはボーテル司令官やジョン・キャンベル元ISAF司令官がいたとトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は主張している。ボーテルとはそういう人物。実行グループの責任者として名指しされているのはアメリカに亡命中でCIAの保護下にあるフェトフッラー・ギュレン。
 このクーデター未遂がトルコとアメリカとの関係を悪化させたことは間違いないが、アメリカ側がクーデターを企てたのはトルコがロシアに接近していたからだ。シリアに対する侵略戦争が長引いてトルコ経済が厳しい状況に陥ったこともあり、エルドアン大統領は2016年6月下旬にロシア軍機撃墜を謝罪、7月にはトルコ首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆していた。武装蜂起があったのはその直後だ。このクーデター計画を失敗に終わらせた一因はロシアからの情報提供にあったと言われている。


Mutual Aid Japan
Rayのコメント(3月~4月)
(以下一部転載)
北朝鮮も日本の闇が後ろ盾、シリアも本命はトルコで日本の闇が後ろ盾です。その実体は世界が怖れたリバィヤサン(創造の宿命的な陰陽のエネルギー)です。シリア政府をロシアが支え、北朝鮮は中国が後ろ盾になっています。そしてシリアを攻撃しているのは、アメリカ、トランプ政権、北朝鮮に対しても日本国情次第ではアメリカが攻撃する可能性を秘めています。そのアメリカをコントロールしているのも日本の闇です。
第三次世界大戦を画策しているといいますが、日本の闇の実体とは?一人のゲーマーがいるとします。彼らは一種の超能力で数十台のコンピューターを使って特殊な暗号信号で世界のカオスに対処していると想像して見てください。彼は人間か宇宙人かよく分りませんが、そのひらめきは宇宙の戦いのエネルギーに感応しています。そういう人物が日本にいると聞いたことがあります。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
安倍晋三首相は、小泉進次郎氏が「マイケル・グリーン」事務所に頻繁に足を運んでいると聞き、嫉妬心に駆られ、押しかけている
(以下一部転載)
 安倍晋三首相が、このごろ、首相官邸の近くに建っている「ザ・キャピトルホテル 東急」(東京都千代田区永田町二丁目10番3号)が気になって仕方がない。地上29階建ての高層ビル「東急キャピトルタワー」の核テナントとして2010年10月22日にオープンしたホテルで、首相官邸とは、地下通路でつながっているので、暇を見つけては、この地下通路からホテルに赴いているという。行先は、最上階のフロアにある米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・ジョナサン・グリーン副理事長」の日本事務所。自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が頻繁に足を運んでいると聞き、嫉妬心に駆られ、ジッとしていられないのか、招かれもしないのに、勝手に押しかけているという。天皇陛下の「大命降下」(国際情勢が激しく動いているので、安倍晋三内閣は速やかに総辞職して、小沢一郎を軸に政権をつくり、外交安全保障問題に対応しなさい)に反逆して、「自民党総裁選で3選されたい」欲望が強すぎる。党内で「ポスト安倍」をめぐる動きが日々活発化しているだけに、小泉進次郎筆頭副幹事長の一挙手一投足に不安を感じているらしい。


richardkoshimizu official website
加計の倒産で、安倍ちゃん、連休明け解散か?安倍ちゃん支持率25%での解散、大歓迎!立憲民主党に一気に政権を渡して、安倍ちゃんは、好きなだけ、ホ○プレーを!
(以下一部転載)
加計の「倒産」がすぐそこに見えてきて、安倍ちゃん利権友の会の皆さん、パニクっている?
バイオテロ学部新設のごり押しで、すっかり、評判を落とした加計学園。系列の三流白痴大学に応募者無く、入学者がほとんどいない。まあ、この事態を回避するために、安倍ちゃんが動いて、岡山馬鹿大学にバイオテロ学部を無理やり新設させ、助成金・補助金で加計を存続させようと企んだのねん。
だけんども、もー金繰りがつかなくて、バンザイ突撃みたいです。親戚だかホモダチの加計理事長を助けるために、無理を重ねて、結果、安倍政権が自爆への道をひた走っているわけで、いやぁ、めでてーじゃねいか。暴走、大歓迎だぜー。
結局、関係者一同、全匹、貧乏くじ。ドアノブ使った死に方の練習、しておきましょうねー、安倍ちゃん。w (‘ω’)ノ


ネットゲリラ
連休明け解散か
(以下一部転載)
考えてみりゃ、去年の今ごろから既に、国会はその機能を停止したまんまなんですね。森友も加計も、追求して行けばどこまでも疑惑が深まって行くばかりで、アベシンゾーに解決は出来ない。解決できないから逃げる。逃げて逃げて、しまいには追い詰められ解散で、またしても解散話が出ているんだが、民主党が二分した状態では野党が弱い。そこが自民党の狙いなんだろうが。


かっちの言い分
森山国会対策委員長のご提案の通り、内閣不信任を突きつけろ!
(以下一部転載)
野党が国会審議を拒否していることに、安倍首相は全く反省している気配もない。森山国会対策委員長は、野党の審議拒否を続けるなら、内閣不信任を出してもらい国会を解散してもいいと述べた。これは完全な脅しだ。選挙をやって、また疑惑をチャラにしたいのだ。
しかし、今解散すれば、内閣支持率は30%を切っているので、確実に自民は票を減らす。小池のバカが希望の党を立ち上げて、野党を分断させ野党は大敗に帰した。その結果、自公に絶対多数を与えてしまった。だから、審議もしないで強行する。
枝野代表は、疑惑チャラの解散は認めないと言っているが、今解散すれば立憲は確実に議員が増えると述べた。森友、加計、セクハラを争点にすれば、少なくと、野党は今の絶対多数の勢力は崩すことが出来るはずである。
今回の解散の話は、小童の森山ごときが言える話ではない。安倍首相あたりから言えと言われたのだろう。解散と言えば、野党がビビると思ったのだろうが、国民は、安倍、麻生の顔など見たくないと思っている。安倍、麻生の顔を見て、話しを聞いていると、むかむかと不快になる。森山氏のご提案通り、内閣不信任を突きつければいいのだ。


richardkoshimizu official website
麻生太郎よ、あんた、自分が思ってるよりも「小物」だよ。( `ー´)ノ
(以下一部転載)
たかが学習院出の石炭屋のバカ息子が、東大出た朝日やNHKの記者を上から目線で逆詰問するのが腹が立つ。
記者への対応は、国民への対応と同じ。お前に馬鹿にされるほど、国民は馬鹿じゃない。
口曲がりの、昔偉かった爺さんの七光りしか「売り」がない低級な輩が、何を偉そうに。さっさと辞任して、二度と出てくるな。お前がいなくても、日本は何も困らない。否、いない方が遥かに有り難い。去れ、無能者。去れ、国民を代表しない裏社会野郎。
文責:リチャード・コシミズ


richardkoshimizu official website
林文科相のイヤーン、バカーン、キャバクラヨガ三昧、ウッフーン。
(以下一部転載)
統一教会自由民主党さんの日替わりスキャンダル。
本日のテーマは、林芳正文科大臣閣下のキャバクラヨガ通い!
ま、法律違反でもないが、いかがわしい風俗に日参する政治家が、文科大臣?
「ヨガ」を掲げて、風俗ではないかのようにみせかているが、「サービス」付きの純正の風俗。
大臣やっている間くらい、我慢できないのか、この馬鹿。
安倍の周りは変態と変質者ばっかり。安倍一味となる絶対条件は「まっとう」ではないこと。


逝きし世の面影
安倍モグラたたきで場外乱闘 (^_^;) 
(以下一部転載)
4月25日発売の週刊文春が、林芳正文部科学大臣(57)が白昼に「キャバクラヨガ」に通っていたなどと報道した件で、そのヨガスタジオの経営者である元グラビアアイドルの庄司ゆうこさん(庄司祐子、34歳)が週刊文春に抗議するブログ記事を投稿した。(キャバクラはともかく、P.S.Y自身が女性たちのセクシーさを強調して宣伝、営業している事実は明らか)
週刊誌(文春)が公開した動画では「経営するのは元AV女優の庄司祐子氏(34)」と説明。個室で元グラビアタレントや元キャバクラ嬢のインストラクターらが一対一でヨガを指導した後、オイルマッサージなどを行う。
料金は男性客は1時間1万1000円なのに対し、女性は3000円。客とのLINE交換や食事、交際も認めており、(フジサンケイグループの)4月8日のテレビ番組では「キャバクラヨガ」として(下世話な下ネタの笑い)扱われていた。


ネットゲリラ
脳味噌腐り始め
(以下一部転載)
あの福田という次官なんだが、「実は酒に弱い」のに「宴会大好き」で、毎晩、飲まずにいられない、財界の偉い人と飲んだら、その後は憂さ晴らしに若い娘っ子の記者を呼びつけてホステス代わりにセクハラ垂れ流し、と、そういう生活を定年まで送ってきたわけで、完全にアル中で脳味噌腐り始めているパターンです。こういう人は、仕事が絡まない酒を誰かと飲むという事がないので、みんな、気を使って対処してきたから恥をかかずに済んでいただけ。


社会科学者の随想
セクハラ問題の基本的な理解に関する議論
(以下一部転載)
記者 福田さんはもう忙しくないですか?
福田 俺はやることがないから。
記者 財務省と森本学園どうなんですかね。
福田 今日はね,今日ね・・・ 抱きしめていい?
記者 だめです。
福田 いいじゃん。
記者 福田さんは引責辞任はないですよね?
福田 もちろん辞めないよ。だってから浮気しようね。
記者 今回の森友案件で,1番大変だったことってなんですか?
福田 いろいろ大変だったけど,これからがうんこだから。胸触っていい?
記者 だめですよ。
福田 手縛っていい?
記者 そういうことほんとやめてください。
福田 手縛られていい? 手縛られて,おうちいってOOをみるか・・・。
福田 エロくないね,洋服。
記者 エロくない服できました
福田 その前はエロい服だったの?
記者 パジャマでした。
福田 パジャマで来れぱよかったのに。
記者 トラック何千台も使ってゴミ撤去した。
福田 そうだな,しかしその程度は大したことじゃない。なんでそんなことしちゃったのかなあ。それが問題なわけだよ。そもそもなんで8億円値引きしたかってことだよ。罷池がしつこかっただろうけど。
記者 昭恵さんの名前あったからじゃないですか?
福田 デリケ-卜な話なんだよ。それは直接関係ないと思うけど。
記者 はい。
福田 おっぱい触っていい?
記者 明日早いんですか?
福田 俺はいま暇だから。
記者 なにやってるんですか?
福田 朝きて新聞読んでうんこして,話聞いて夕方から飲んで終わりだよ。
記者 いままで頑張ったから。
福田 がんばってないよ。よくうんこするようになったよ。
記者 佐川さん,まだホテル住まいなんですか?
福田 逃げているんだろう,ホテルにいるって。風俗嬢呼んでんのかなー。
佐川が辞めた後,証人喚問までのあいだにちゃんと床屋行ってた。
それが話題になっている。人生であそこまでみてもらえる機会ないもんな。一世一代の大舞台だもんな


シャンティ・フーラの時事ブログ
画像の出典: Author:Wolfmann [CC BY-SA]
伊藤詩織さんの勇気ある告発によって、日本人の意識にも変化 ~様々なハラスメントで心身を病む状態になる環境に身を置く意味は本当にある?~
(以下一部転載)
 詩織さんの勇気ある告発によって、日本人の意識も変化をし始めたのが、ここ一連のセクハラ問題でよくわかります。その詩織さんですが、“「他にも自分の居場所はある」、「助けてくれる人がいる」ことを知るだけでも、心の支えにはなる”と、適確なアドバイスをしています。
 セクハラ、パワハラだけではなく、これ以外にも様々なハラスメント(嫌がらせ)があります。果たして心身を病む状態になるまでそうした環境に身を置く意味が、どれくらいあるのか。
 下の記事は、セクハラの実体験を記したもので非常にリアリティがあり、女性の置かれている現状を知る上で重要な記事になっています。“この世界で生き延びなきゃいけない、と信じ込んでいた”ために、“思い出すだけで吐き気がするようなひどい集団セクハラ”を我慢し、我が身を守るためには、そうしたセクハラに自らも関わらなければならなかった現実が描かれています。


シャンティ・フーラの時事ブログ
民進党の小西洋之議員が、現職自衛官から「お前は国民の敵だ」と罵声を浴びた事件から見える自衛隊の異変 ~これまでの我々の自衛隊へのイメージとは異なる方向に自衛隊が動き出している~
(以下一部転載)
 民進党の小西洋之議員が、16日夜に現職の自衛官から、「お前は国民の敵だ」と繰り返し罵声を浴びたという事件があり、現場で対応した警視庁は、“防衛省統合幕僚監部の現職職員と名乗った”と言っています。本人は「国民の敵」発言を否定したとの報道もありましたが、小西氏のツイートによると、防衛省幹部がこの件に関して、“そんなに騒ぐこと? だって言葉の通りでしょ”とコメントしたとのこと。
 これは、自衛隊の中で異変が起こっており、これまで我々が自衛隊に対して持っていたイメージとは異なる方向に自衛隊が動き出していることを意味すると思います。今の自衛隊の危機的状況は“自衛隊の危機01 ”と“自衛隊の記事02”という記事に、要点がまとめられています。
 記事の中に、“多くの制服が切実に訴えたのは…憲法9条2項によって…手足を縛られている自衛隊が現状のまま、ある日突然、軍隊に変貌することを求められるのでは、という懸念”であると書かれています。激変する世界情勢の中で、彼らが現状に不満を抱く理由はよくわかります。しかし、米軍がこれまで世界で行ってきたことをありのままに見るならば、その2軍あるいは下請けとして自衛隊が軍隊として活動することに価値があるのかという疑念が生じます。


シャンティ・フーラの時事ブログ
辺野古海上警備にあたる業者が防衛省に7億円もの過大請求、防衛省は契約容認
(以下一部転載)
 米軍普天間飛行場の辺野古移設工事を防衛省から受注した大成建設は、海上の警備を東京都内の警備会社に委託しました。カヌーに乗って移設反対の抗議行動をする人々と、海上保安庁との「衝突を防ぐ」ことが目的だそうです。具体的には、工事区域に近づく者の早期発見と警戒だそうで、警備母船と警備艇に5〜7人が乗り込み、拡声器で退出を警告し、反対派の撮影を求められていました。衝突を防ぐというよりは、海上保安庁のお手伝いなのですね。
 その警備会社が防衛省に対し、警備費を約7億円も過大請求していたことが明らかになりました。国民の税金なのに、ずいぶん気前良く支払う防衛省ですが、驚くことに、この警備会社の不正請求が発覚した後も、この会社との契約を中止することなく4件約82億円を支払ったようです。防衛省は「警備を中止すると不測の事故が起きる可能性がある」ため契約を継続したと回答しましたが、国民にとっては、移設工事そのものが不測の犯罪です。


ネットゲリラ
ウシジマくんが「俺らのほうが健全」と言うレベル
(以下一部転載)
金融庁がギリギリとスルガ銀行を締め上げているみたいなんだが、問題は株価で、はたしてスルガ銀行は生き残れるのか、それともどこかと合併させられるのか、株価が一時の半値まで下がっているので、博打として面白いところに来てますw 他の銀行が破綻した時と違うのは、スルガ銀行自体の収益構造は悪くないわけで、儲かってるんですね。日本の銀行の中で唯一、街金みたいな商売をやっているんだから、儲からないわけがないw


velvetmorning blog
一番ヤバいプルサーマル玄海原発3号機フル出力 4号機も燃料装填
(以下一部転載)
一番ヤバいプルサーマル原発 の玄海原発3号機がフル出力だそうです。 
以下引用 
九州電力は23日、玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)がフル出力に達したと発表した。今後控える国の検査に合格すれば、5月16日にも営業運転復帰となる見通し。4号機も燃料装填(そうてん)が進んでおり、鹿児島県の川内原発を含めた原発4基体制に向けた準備が大詰めを迎えている。 
以上引用 以下全文は 
saga-s.co.jp/articles/-/208880 



このページのトップヘ