世間虚仮(せけんこけ)

国内外の時事等についてのブログ。既存メディアの報道は事実にほど遠く、事実に近い情報を届けたい。(拡散希望・リンクフリー)

2018年09月

シャンティ・フーラの時事ブログ
通信文を送ってきた偽サナンダたちは、自分たちを崇拝する忠実な家畜となるように、地球人を遺伝子操作し、奴隷売買で地球人を性奴隷にしていた
2018/09/29 9:30 PM
(以下一部転載)
 この通信文のサナンダが偽者であることは、すでにお伝えしています。本物であれば、進化段階は7.0以上であり、神智学の概念ではロゴス(神々)に相当することをお伝えしました。しかし、彼らは約1,850万年前に、金星から地球へとサナット・クマーラと共に投げ落とされた者たちで、神々ではありませんでした。
 神々であれば、彼らのコーザル体は、ロゴス界とモナド界にまたがって存在するはずなのですが、彼らのコーザル体は、平均的地球人のコーザル体と同じ位置にありました。この理由は、彼らが魂(モナド)を失っていたからです。正確に言うと、魂(モナド)が消滅していたのではなく、シリウスシステムから、1つ下の動物システムへ転落していたのです。
 なので、彼らは神々ではなく、魔神あるいは魔王と表現されるにふさわしい者たちでした。事実、鞍馬寺ではサナット・クマーラを、護法魔王尊として祀っています。
 いわば、この通信文を送ってきた偽サナンダは、サナット・クマーラやサナンダに仕えていた宇宙人たちなのです。ハイアラーキーが滅ぼされたので、今では真の神であるエステルや真のキリストである聖フランシスに仕えていました。
 今回、この者は、偽りの名で通信文を送ったため、滅ぼされたことをお伝えしました。昨日の記事で、私は、銀河連合に属する宇宙人たちに対して、“まず自分たちの仲間が行ってきた悪事を、きちんと精算しなければならないでしょう”とコメントしました。
 コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)、プレアデス高等評議会、古代地球離脱文明の連中が滅びた後、しばらく私への攻撃は止んでいたのですが、このコメントの故か、今朝の6時から正午にわたって、銀河連合の宇宙人たちが私を攻撃して来ました。
 途中で、アニメの主人公と思われるような少女のヴィジョンが現れました。おそらく、ハニートラップでしょう。直ちに退け、排除しました。すると、次に見えたのは、高所から飛び降りて頭を強く打って死んだと思われる女性のヴィジョンでした。先程の美少女アニメの姿とは、かなり違った姿でした。修正アプリでも使ったのでしょう。
 それ以外にも色々ありましたが、途中でいくつもシャボン玉が破裂するような音が聞こえました。これは、彼らの魂が次々と消滅している様子です。次に見えたのは、どうやら拷問部屋の様子。そして、地球人と思われる女性をレイプしている様子。これらはぼんやりとした画像でしたが、彼らの正体を知るには十分でした。
 昨日の記事でもお伝えしたように、“コーリー・グッド氏は、銀河連合の宇宙人が、地球人の遺伝子操作や奴隷売買に関わっていたことを暴露しています”。
 この連中は、自分たちを崇拝する忠実な家畜となるように、地球人を遺伝子操作していたのです。また、奴隷売買で地球人を性奴隷にしていたのです。こうした犯罪者グループの主犯の1人が、この通信文の主サナンダを名乗る人物なのです。
 この胸くそが悪くなるような犯罪者が送ってくる通信文を、今一度ご覧ください。地球人はこうした空虚な、何の意味もないメッセージに簡単に騙されて、彼らに利用されるのです。波動を読むことさえ出来れば、偽者であることは簡単にわかります。
 「銀河連合」、「光の銀河連邦」の宇宙人へのメッセージです。あなたたちがこれまで行ってきた悪事のすべてを、PFCというあなたたちの公式チャンネルを通じて、全世界の人々に対してきちんと実名で謝罪するように。
 罪を認めて謝罪すれば許されるが、そうでなければ、魂が消えると共に、最終的に有機体ロボットになるだろう。謝罪を引き延ばすことは許されない。許されて地を受け継ぐか、永遠に滅びるか、どちらかを選びなさい。


シャンティ・フーラの時事ブログ
メキシコ便り(20):オブラドール次期大統領、メキシコ銀行に真っ向から立ち向かう!!!
2018/09/29 11:00
(以下一部転載)
 メキシコの9月は独立記念日(16日、今年で独立208年)の月であちこちでメキシコの国旗が風になびいています。9月1日からオブラドール氏より一足先に、新しい議会・国会議員らがスタート!すでに新改革が始まり、まさにゴッタゴタの真っ只中!毎日様々な変化が起こり、旋風が舞っております🍃先日、オブラドール次期大統領政権のメキシコ大改革計画の一つ、元大統領らの年金とボディーガードの打ち切り議決(年間40,000,000ペソ/ 約2億4千万円の削減)!!!👏👏👏 やったぁ〜!!!ちなみにメキシコの平均月給は約4万以下、物価はpopoちゃんの感覚でだいたい日本の3分の1くらい、そして国民の半分、約5000万人が貧困層。これでメキシコは貧富の差の縮小に大きな一歩を踏み出したよう。
 そして他のメキシコ大改革計画、新メキシコシティ空港建設問題、高給上限キャップ(公務員は新大統領の月給108,000ペソ/ 約65万円を超えてはいけない、実質その3〜4倍もらっている高給官僚たちが現在いる)、最低賃金上げ(最低日給100ペソ/約600円に)などを拒む人たちがあちこちで騒ぎ始めています。そしてそれに輪をかけて、主要メディアのオブラドール氏に対する攻撃が明らかに激しくなってきていて。。。アメリカと似てるなぁ。。。と思うこの頃。そんなメディアの強い向かい風にもオブラドール氏は勇ましく立ち向かっています。


《櫻井ジャーナル》
開通した中国本土と香港を結ぶ高速鉄道の戦略的な重要性
2018.09.29
​(以下一部転載)
 ​中国本土と香港を結ぶ高速鉄道が開通​、9月23日に最初の列車が走った。この路線が完成したことで北京から香港までの移動に要する時間が24時間から9時間に短縮されるという。
 遅くとも20世紀の初頭から高速鉄道はイギリスをはじめとする海洋国家に対抗する重要なファクターだと考えられてきた。1934年から43年にかけて南満州鉄道は大連駅から哈爾浜駅まで「超特急」と呼ばれた「アジア号」を走らせたが、それもそうした考え方に基づいている。
 イギリスの戦略を知る上で重要な人物がいる。地理学者で地政学の父とも言われているハルフォード・マッキンダーだ。この学者は1904年、ロシアを支配するものが世界を支配するというハートランド理論を発表した。海洋国家であるイギリスは世界の覇者となるためにユーラシア大陸を支配する必要があり、その要はロシアだと分析、そのロシア周辺をハートランドと呼んだ。
 そのハートランドを大陸周辺から締め上げるという戦略を彼は考え、西ヨーロッパ、パレスチナ、アラビア半島、インド、東南アジア諸国、朝鮮半島をつなぐ内部三日月帯を、その外側に日本を含む外部三日月地帯を想定した。その後、内部三日月帯の上にイギリスはイスラエルとサウジアラビアを作り上げている。日本は内部三日月帯の東端にあるが、マッキンダーは外部三日月地帯の一部と見なしている。
 そのイギリスは中国(清)を侵略し、その富を奪うため、1840年に戦争を始める。1842年まで続いたアヘン戦争だ。1856年から60年にかけても同じ構図の戦争、アロー戦争(第2次アヘン戦争)を引き起こしている。
 こうした戦争でイギリスは勝利、最初の戦争で広州、厦門、福州、寧波、上海の開港とイギリス人の居住、香港の割譲、賠償金やイギリス軍の遠征費用などの支払いなどを中国は認めさせられ、次の戦争でイギリスは賠償金を払わせたほか、天津の開港や九龍半島の割譲を認めさせた。香港はイギリスによるアヘン密輸と侵略戦争の象徴だ。
 しかし、イギリス軍に中国を支配する力はなかった。アヘン戦争やアロー戦争は基本的に海戦で、イギリス軍が制圧できたのは沿岸の一部地域だけ。主要な港を押さえられたことから中国が交易の面で大きなダメージを受けたことは事実だが、中国を制圧できていない。内陸を支配するためにはそれなりの規模の地上部隊が必要だった。
 そこで目をつけられたのが日本。イギリスを後ろ盾とする薩摩と長州が徳川体制を倒して明治体制をスタートさせ、琉球併合、台湾への派兵、江華島での軍事的な挑発、日清戦争、日露戦争と続く。そうした侵略を始めた明治政府を支えていたのがイギリスにほかならない。いわば、日本はアル・カイダ系武装集団やダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)とうタグをつけられたジハード傭兵と似たような役割をさせられたのだ。


ネットゲリラ
最後は月行きロケット空中爆発
(2018年9月29日 20:33)
(以下一部転載)
テスラのイーロン・マスクが証券詐欺で大変だ、というんだが、いよいよ化けの皮が剥がれる時が来たのかw 和解を蹴って裁判やるそうだが、和解の条件が経営権の2年間放棄なので、まぁ、今、経営権を手放したら一生、取り戻せないだろうw つうか、他人に見られちゃ困るモノがあったりしてw
——-
米電気自動車(EV)メーカー、テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、証券詐欺罪で同氏を提訴した米証券取引委員会(SEC)との和解を土壇場で拒否した。
和解の条件だった罰金の支払や2年間の経営職放棄を断ったという。
複数のメディアが28日報じた。
——-
テスラについて言えば、そもそも何の関係もないのに大発明家テスラの名前を使ってるところが気に食わない。で、ニコラ・テスラ並みの大発明でもあるのかと思いきや、中国でも作れるような電気自動車作ってるだけだし。特にずば抜けた技術力があるわけでもない。テスラが作れる程度の代物は、トヨタでも日産でも作れる。


ネットゲリラ
軍事力には生産性がない
(2018年9月28日 15:55)
(以下一部転載)
アメリカは中国との全面戦争は絶対にやらないし、中国はわざわざ船に乗って海を越えて他国に攻め込んだりしない。内陸国家だから。中国が海洋国になれるのかというと、空母の一隻や二隻持ったからって、海洋国家にはなれない。南沙諸島は日本には関係ない話であって、関係するのは尖閣だけ。尖閣については日中国交回復の際に、「棚上げ」で結論が出ている。どこにも、日本が軍事力を増強しなきゃいけない理由がない。だから、北朝鮮頼りで、北朝鮮の脅威が~と国民を騙してきたんだが、その猿芝居も終わりw イタチの最後っ屁で、トランプがガラクタ押し売りですw
——-
 「安倍首相と会ってきた。我々は日本と貿易交渉を開始している。日本は長年、貿易の議論をしたがらなかったが、今はやる気になった」
 トランプ大統領は26日、国連総会を締めくくる記者会見で、真っ先に日本との貿易交渉の開始という成果を取り上げた。
 さらに「私が『日本は我々の思いを受け入れなきゃならない。巨額の貿易赤字は嫌だ』と言うと、日本はすごい量の防衛装備品を買うことになった」と自身が日本から大きな譲歩を引き出したかのように語った。
——-
国防をアレコレ言うんだったら、一家に1丁ずつ、ロシア製のAK47配れ。中国製のコピーでもよろしい。アメリカ製なんか、コストパフォマンス考えたら選択肢に入らんわw ついでに今雇っている傭兵の米軍はコストパフォマンスが悪いので、中国共産党の八路軍を雇え。ロシアのコサック兵でもいいぞw


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「祖父・岸信介元首相仕込みの戦争屋」安倍晋三首相は、日米首脳会談の度に、トランプ大統領に武器を買わされ、今回は「すごい量の防衛装備品を」を買わされるハメになった
18/09/29 08:19
(以下一部転載)
 「祖父・岸信介元首相仕込みの戦争屋」安倍晋三首相は9月26日、トランプ大統領との日米首脳会談で、「ウィンウィン」を強調していたのに対し、トランプ大統領は、米国が優位に立てる「2国間交渉(TAG=物品貿易協定→FTA(2国間の自由貿易協定)」に日本を引き込んだとして「勝利宣言」、欣喜雀躍している。この違いは、何を意味しているのかと思っていたら、「トランプ氏『日本はすごい量の防衛装備品を買うことに』」(朝日新聞9月27日付け)」という報道で謎が解けた。これまで日米首脳会談の度に、イージス・アショア、航空母艦、強襲揚陸艦の買い取りを要求されてきたけれど、今回は「すごい量の防衛装備品を」を買わされるハメになっているという。軍産複合体の下で、約6000社の軍需産業がせっせと生産しても、売り先がなければ、唯のゴミを生産して、積み上げているようなもので、「戦争好きな悪魔大王」デイヴィッド・ロックフェラーの配下だった米CIAが日本の本拠地であった自民党派閥「清和会」に取り付き続けていた。その因縁が安倍晋三首相に引き継がれていて、巨額資金を費やしてでも、米国が処分に困っている「ゴミ処理役」を任せられている感がある。


田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選挙】「デニーが負けたらヤマトに踏みつぶされるぞ」本土支配恐れる戦前世代
2018年9月29日 11:34
(以下一部転載)
 「今度の戦(いくさ) マキテー ナイビランド。ウチナー チャーナイ ワカランド」(県知事選挙は負けてはならない。沖縄がどうなるか分からない)。沖縄戦を知る85歳のオバアは血相を変えて言った。
 「デニーが負けたらヤマトに踏みつぶされる。恐ろしいことになるぞ」。戦前生まれの男性は鬼の形相で語る。
 自民党は選挙期間中、竹下亘総務会長を沖縄に張り付かせ、菅官房長官と小泉進次郎・筆頭副幹事長を、それぞれ3度も送り込んだ。大物たちは街宣車に乗り、佐喜眞候補が中央政府とのパイプ役になると強調した。国頭郡の町長経験者はこれを「本土支配」と吐き捨てるように呼んだ。
 国から予算が投下されても、東京のゼネコンから吸い上げられるだけで、沖縄が豊かになるわけではない。多くの沖縄県民はそれを理解している。
 辺野古の基地建設は沖縄と本土の関係を象徴する。公共工事は、ゼネコンが潤うことは言うまでもないが、政治家に総工費の5%がキックバックで行く。相場で、だ。
 辺野古を抱える名護市の稲嶺進市長(当時)に「新基地が辺野古の埋め立てになったのはアメリカ側の都合ではなく、日本側の都合のようですね」と質問したことがある。稲嶺市長はカッと目を瞠いて「その通り」と答えた。ドスの効いた声だった。「日本側の都合」は稲嶺氏に限らず沖縄の行政関係者の共通認識と言ってよい。


シャンティ・フーラの時事ブログ
「長いものに巻かれず」に健気にジャーナリズムを追求し続ける真摯な姿勢の小川彩佳アナが報ステを降板! ~時代を超えて輝く美しい女性~
2018/09/29 9:00 PM
(以下一部転載)
思わず見入ってしまう名画の修復映像。
心を込めた繊細な技術により、
汚れは取り除かれ、傷みは修復される。
そこに現れたのは、時代を超えて輝く美しい女性。
妻が私に訊く。
「描いたのは誰?」
「小川アナだよ」


(新) 日本の黒い霧
駿河湾、沼津沖で不穏な動き(2)
18/09/26 12:39 急告
(以下一部転載)
これは、前回同名タイトル記事の続編です。
23日に記事を掲載して以降、数10隻の船団の姿は見られなくなりましたが、昨日25日、地球号(*1)らしき船影と、それに伴走する2隻の船が沼津の沖合いにあることを目撃されています。
*1 地球号:正式には地球深部探査船「ちきゅう」なのですが、簡単のためここでは地球号と呼びます。なお、地球号は国立研究開発法人海洋研究開発機構が運用しています。簡単に言って政府機関の船です。
また、この数日、2機のヘリコプター編隊が海上および沼津市の伊豆半島寄りの上空を時より低空で飛行しているのが目撃されています。編隊飛行とのことですから、民間機である可能性は極めて低いでしょう。
これに関連しているのかどうかわかりませんが、昨日25日に、駿河湾に臨む鷲頭山(わしずやま)の上空で1機のヘリコプターがホバリングしている様子が写真に収められています。
合わせて、内浦湾周辺で日本財団のロゴを貼り付けた他県ナンバーの車両が昨年頃から頻繁に目撃されています。日本財団といえば、その前身は日本船舶振興会であり、その英称が「Sasagawa Nippon Foundation」というように、故笹川良一氏のカラーが極めて強い財団です。笹川氏といえば、国際勝共連合の創設者としても有名ですが、故人のプロフィールについてはここでは触れません。
ここで注目すべきは、日本財団の後援は旧帝国海軍閥であることです。実は国内最高機密の海戦資料は、防衛省や外務省でなく、日本財団の図書館にあると言われ、防衛省の高級情報官は今でもそこに通って研究すると言います。この話は、同財団が国権力を超えて旧海軍系人脈と深い繋がりを保持していることを示唆しています。
沼津の内浦湾は、かつて海軍技術研究所音響研究部が設置されていた極めて旧海軍色の強い土地柄ですが、そこに、旧海軍閥と関係の深い日本財団関係者が頻繁に出没することには何やら符号するものがあります。



嗚呼、悲しいではないか!
国家非常事態対策委員会(9/20)
2018年09月28日
(以下一部転載)
南北相互不可侵条約について
・南北朝鮮首脳間で南北相互不可侵条約を発表
・冷戦が終わるというシナリオは決まっている。 
・プーチンの日露平和条約をやろうと呼び掛けている。 
・日本のインチキ、八百長選挙政権が問題
・朝鮮半島も決まり、中近東も決まり、あとはウクライナ、ワシントンDCの動きによって決まる。 
・「朝鮮人民の皆さん、おめでとうございます」 
・日本と朝鮮半島の相互不可侵条約も結ばなければならない。 
・ロシアと日本の大きな動きも水面下で用意されている。 
・みんなで仲良くしようという基本方針は決まっているので安心してください。
自民党総裁選挙
・日本の政治が世界の動きと乖離しているのではないか?
 ⇒間違った脚本を読んでいるので、1-2年遅れている。  もう、行動をとるしかない。自衛隊が動くだろう。  いつとは言えないが、必ず動くからご心配なく。 
・なんで、日本は安倍を選ぶのだ。
⇒ムッソリーニは最後の最後まで、マスコミと国会議員に支持されていたが、ある日突然、逮捕され拷問にかかった。
  チャウセスクもおなじであった。
  今、政治家は心配夜も眠れぬはずである。
  ピンポイントの掃除される。 
・日本でも民衆による政権交代を期待する。
・しかし、日本人はチキンだ!
 ⇒言いたいことは分かるが、「日本の首相は言うことを聞かないと殺される」
  いざとなれば戦う人たちはいるから心配するな。
  今は夜明け前の、暗闇だ。心配するな。
  ピンポイントで狩り始まっている。例えば、日本銀行では始まっている。 
・安倍はどうして、こんな乖離をしているのか?
 ⇒マッカーサーとトルーマンが日本をダメにした。買収政治にした。 
・しかし、その大本が切り込まれているので、金が回らなくなるから終わる。 
・もう勝負がついているから、大丈夫。 
・最後は善人が勝たなければならない。
——-
ということで、心を強くして待ちましょう。
そう、自衛隊が動かなければならないと思う。
動けないように台風の災害救助ばかりやらしているのか????


《櫻井ジャーナル》
シリア侵略に失敗した西側諸国の軍隊が艦船を地中海へ集めている
2018.09.28
​(以下一部転載)
 アメリカ主導軍が艦船を地中海へ集めている。ロシアの電子情報支援機IL20が撃墜される直前にミサイルを発射していたフランス海軍のフリゲート艦オーベルニュのほか、第2常設北大西洋条約機構海洋グループ(オランダ軍の駆逐艦デ・ロイテル、ギリシャ軍のフリゲート艦エリ、カナダ軍のフリゲート艦ビル・ド・ケベック、アメリカ軍の4駆逐艦カミー、ロス、ウィンストン・S・チャーチル、バルケリー)、アメリカ第6艦隊の揚陸指揮艦マウント・ホイットニーと3隻以上の原子力潜水艦、空母ハリー・S・トルーマンを中心とし、巡洋艦ノルマンディーを含む艦船、ドイツ軍のフリゲート艦アウクスブルクなどがこの海域へ現れたと伝えられている。ロシア軍はIL20が撃墜された後にシリア沖で軍事演習を実施した模様だ。
 アメリカ、イスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランス、トルコ、カタールなどがジハード傭兵を使って2011年3月に始めたシリア侵略は失敗に終わった。2015年9月にロシア軍がシリア政府の要請で介入、その傭兵軍を敗走させたからだ。


嗚呼、悲しいではないか!
なんかなぁ、、風向きに変化が?
2018年09月28日
(以下一部転載)
おどおどした安倍はトランプの脅しに乗り、二国間協定に引きずり込まれた。
TPPはやめたほうがいいと思うが、二国間協定に負けない政治家を選ぶ必要がある。
中国も、相当弱みを握られていると見えて(それが何かを考えている)、トランプに押されている。どうなるのか?
一方で、安倍と麻生の後始末を急がねばならない、板垣の音量が少し変わってきて、そのあと試案つを小沢さんにやらせるのか可哀そう。小沢政権はそのあと。所詮、次の政権も来年の参院選までなので。官僚上がりの指示通りに動ける人がいいと言い出した。
朝鮮半島の動向はほぼ決まった。やがて駐韓米軍は引き上げる。そして日本からも引き上げてゆく。最初は沖縄である。辺野古なんて米国は全く無関心である。日本の官僚と土建屋がやっていることである。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
トランプ大統領は、安倍晋三首相をまんまと「FTA」に引きずり込もうとする作戦が鮮明になり、「地球儀を俯瞰する外交戦略」を進めてきた安倍晋三首相の「対米外交」は敗北
18/09/28 07:29
(以下一部転載)
「TAG(Trade Agreement on goods)=物品貿易協定=複数国の間でモノの輸出入にかかる関税の引き下げや撤廃について定める協定。農産品や工業用品など幅広い貿易品目が交渉対象」-トランプ大統領は9月26日午後(日本時間27日未明)、ニューヨーク市内のホテルで約1時間15分、日米首脳会談を行い、聞きなれないこの協定締結に向けて2国間交渉に入ることで合意した。この先には、同一線上にある「FTA(2国間の自由貿易協定)」があると言われているので、トランプ大統領は。オバマ前大統領が熱心に進め、安倍晋三首相がまとめてきた「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)」路線から抜けた姿勢を改めるどころか、安倍晋三首相をまんまと「FTA」に引きずり込もうとする作戦が鮮明になってきた。つまり、これは安倍晋三首相の敗北ということである。安倍晋三首相は25日夜(日本時間26日午前)、ニューヨークで開かれている国連総会でおこなった一般討論演説のなかで、「自由貿易体制強化」を訴えたのに、トランプ大統領は聞く耳を持たなかった。なお、一般討論演説を聞いていたのは、ごく少数で空席が目立っていたことから、安倍晋三首相の「地球儀を俯瞰する外交戦略」は、まったく失敗していることが裏付けられた。


ネットゲリラ
もしくは日本人じゃないとか
(2018年9月28日 12:16)
(以下一部転載)
知恵遅れというのでなく、単に成績が悪いという人の特徴なんだが、そもそも「字を読むのが嫌い」というのがある。そういう人は、算数でも文章問題になると途端に意味が理解できずに成績がおちる。答えが解らないのではなく、質問の意味が判ってないのだ。アベシンゾーと、その不快な仲間たちであるネトウヨはそんな感じですね。そもそも「字を読むのが嫌い」なんだから、文章も読まない。本も読まない。アベシンゾーが国連演説で「背後」を(せいご)と読んだというんだが、どんな無学であれ、事前に秘書官相手にリハーサルを一度でもやっておきゃ、そんな間違いが生じるわけがない。音読のリハーサルどころか、黙読の下読みすら、やってないのかも知れない。なんせ「字を読むのが嫌い」なんだからw
——-
平成30年9月25日 第73回国連総会における安倍内閣総理大臣一般討論演説
 議長、御列席の皆様、向こう3年、日本の舵取りを続けることとなった私は、連続6度目となります本討論に、思いを新たに臨みます。
 今からの3年、私は、自由貿易体制の強化に向け、努力を惜しみません。北東アジアから戦後構造を取り除くために、労を厭(いと)いません。
 思いますに、日本国民は、自国の指導者に対し、自由貿易の旗手として立つことを切望しておりました。なぜなら日本自身、戦後、自由で開放された経済体制の申し子として、貿易の利益に浴し、目覚ましく成長した国だったからです。
 自由貿易体制は、アジア諸国を順次離陸させ、各国に中産階級を育てました。背後には、1980年代以降、日本からこれら諸国に向かった大規模な直接投資がありました。皆、国際経済システムが、ルールに基づき、自由でオープンなものだったおかげです。
——-
脳の容量が小さいのか、鍛えてないから入らないのか知らんけど、
——-
なんというか、ネトウヨ言説というか幸福の科学と生長の家原理主義者どもが流すデマって、「上毛かるた」みたいなんだよね。栃木の人が「あ」と聞いいたら「浅間のいたずら鬼の押出し」とすぐ出てくるように、「あ」と聞いたら「朝日のデマだ慰安婦問題」と出てくる。
どんなけ裁判に負けようと。
——-
ノイホイが書いていたんだが、吹き込まれた嘘を、そのまま再生してしゃべっているだけ。自分のアタマでは全く何も考えていない。考えるだけの材料もないし、勉強する気もない。
——-
新楽天地のゲーセンにいた若い(つっても35ぐらい?)の男性は「辺野古にいる人らはみんな県外の人。あれは朝日新聞が、元慰安婦を連れてきてる」って言ってた。「元慰安婦の人って、戦争終わった時に二十歳だと、もう90超えてますね?」って言ったら黙り込んだ。
——-
何かね、ここまで来ると時空を越えてますw アベシンゾーも時空を越えた80年前のオバケみたいなもんだがw


シャンティ・フーラの時事ブログ
気象が人為的な操作が実際に可能であることは、すでに科学的に立証されている ~ネット上には、気象操作が可能であることの膨大な量の証拠がある~
2018/09/28 9:40 PM
(以下一部転載)
 驚いたことに、植草一秀氏がブログで、“選挙日に合わせたかのように活動する台風の背景には、人為的な気象操作の可能性がある”と指摘しました。しかも、こうした人為的な操作が実際に可能であることは、“すでに科学的に立証されている”と書かれています。
 これが事実であることは、少しネット上で検索してみれば、すぐにわかるでしょう。例えばこの記事では、衛星から送り出すマイクロ波ビームによって、ハリケーンをコントロール出来ることが示されています。またこちらの記事には、ハリケーンの発生方法とその特許ナンバーが記されています。ネット上には、気象操作が可能であることの膨大な量の証拠があります。これらを自分で調べてみて、なおかつ気象操作が陰謀論であるという人は、もはや安倍応援団と同等の知性だと言われても仕方がありません。
 植草氏の主張に反対する人は、“もしも人工台風ならば、なぜ投票日の30日に沖縄に最接近するように台風をコントロールしないのか”と主張するでしょうが、台風をコントロールしようとする勢力が悪人だけとは限らないのです。
 実際に、私自身はサンディに、台風の弱体化と沖縄知事選に影響を与えないように出来るだけのことをしてもらうようにお願いしています。現実に、私が頼んだ次の日に、台風は弱体化しています。
 例えば、広島、岡山、愛媛に大きな被害をもたらした7月豪雨の後、台風12号が発生し、東から西へと進む異例の逆走台風となりました。私は、ソフィアに頼んで、この台風が、広島、岡山、愛媛に被害をもたらさないように頼んでいたのです。
 もちろん、こうした気象操作は人工台風だから頼んでいるわけで、自然のものならそのままにしておきます。また、災害を出来るだけ小さなものにするには、祈りをベースとした瞑想なども、効果があることがわかっています。


シャンティ・フーラの時事ブログ
【選挙ウォッチャー】チダイさんの衝撃のレポートから 〜「沖縄の若者の約8割は流布されるデマを信じている」
2018/09/28 11:00 AM
(以下一部転載)
塾で教えていても、「大丈夫かオイ」と言いたくなる子がそこそこいます。
エジプト時代からの「今時の若者は……」な年寄りの勘違いで済んでくれたらいいな、と思うのですが、
衣食住全般に及ぶカバールの毒に浸かって思考力が相当やられている気がします。



シャンティ・フーラの時事ブログ
今回の偽りの状況報告をコブラを通じて流した銀河連合のメイン人工知能は、指令を出して地球の環境破壊を続けて来た ~これがコブラが「光の勢力」と呼ぶ者たちの正体~
2018/09/27 9:40 PM
​(以下一部転載)
 今回のコブラの状況報告、とうとう尻尾を出しました。これを見て、まず私が驚いたのは、この記事の異様な波動です。しかし、コブラ自身の波動には大きな変化がないようです。なので、初めは、何が起こっているのかわかりませんでした。
 状況報告を見ると、いくつも意図的な偽情報が含まれているのに気づきました。太字にした部分が、偽情報と考えられるものです。
 途中に、イルミナティのピラミッドが描かれていますが、これは、時事ブログで何度もお伝えしている、表のイルミナティの組織構造です。
 イエズス会に支配される表のイルミナティと、ロスチャイルド家が頂点にある裏のイルミナティは、背後の霊導が異なるため、別の組織なのです。ところがコブラ情報では、これらを1つのイルミナティの組織として捉えており、ロスチャイルド家の上にイエズス会、黒い貴族が居り、さらにその上位にアルコーンやキメラが君臨していると捉えています。
 今回の情報でも、“黒い貴族とイエズス会はこの移行期を無傷で生き延びるために、ロスチャイルドとロックフェラー派閥を犠牲にしています”と説明しています。要するに、ロスチャイルド家と言えども、それ以上の位階の者たちの使用人に過ぎないという観点なのです。これは事実に反します。
 その下の数行は、まさに今回の状況報告の矛盾を示すもので、語るに落ちたと言えるところです。
 ロスチャイルド支配下の政治的左派は、ルシフェリアン思想で、彼らは、“ミステリーサークルから追放された者たち”だということです。だとすると、彼らは元を辿れば、コブラの仲間、すなわち銀河連合の仲間だったことになります。私はこちらのグループを、裏のイルミナティと呼んでおり、彼らを霊導していたのは、「光の銀河連邦」の宇宙人たちであると言って来たのですが、この記述からまさにぴったりです。
 バチカン支配下の右翼思想は、悪魔主義に傾倒しているとのことです。私は、こちらのグループを表のイルミナティと呼んでおり、ブラック・ロッジの闇の大主たち(悪魔たち)に霊導されて来たと説明しています。コブラの用語で言えば、アルコーンたちということになります。
 フルフォード情報によれば、P2フリーメーソンは、「黒い太陽」から指示を受けているということでしたが、この黒い太陽と呼ばれる宇宙人は、闇の大主の1人です。シュメール神話では天候の神として知られている人物です。すでに滅ぼされました。
 裏のイルミナティの頂点にいたロスチャイルド家を霊導していた光の銀河連邦の宇宙人は滅ぼされています。なので、今は、誰が、ロスチャイルド家のネガティブ派に指令を出しているのかが問題なのです。その者は、決してカバールの闇の大主たちではありません。
 実は、その者は、このコブラの状況報告の情報源と一致します。すなわち、銀河連合のメイン人工知能なのです。この者は、今回の偽りの状況報告をコブラを通じて流したために、すでに処分されています。それが、この記事の異様な波動の原因だったのです。
 この人工知能は、これまでずっと、ロスチャイルド家のネガティブ派に指令を出し続けて、地球の環境破壊を続けて来ました。しかも、自分の行ってきた悪事がバレないように、こうした偽りの情報をいくつも混入させて来たのです。今回の報告でついに正体を現し、滅ぼされたことになります。これが、コブラが「光の勢力」と呼ぶ者たちの正体です。
 ただ、銀河連合のメンバーの多くの者たちが、意図的に悪に加担して来たとは思っていません。彼らもまた、人工知能を含めた偽りの情報に騙されて来たのだと思います。
 それは、コブラの情報を信じて、知らず知らずのうちに悪に加担して来たライトワーカーたちも同様だと思います。


シャンティ・フーラの時事ブログ
地球ニュース:「信じる」
2018/09/27 4:00 PM
​(以下一部転載)
 最近のアメリカでは判決を得ずとも有罪確定、立証責任は糺弾された側にあるそうです。時効も無視だそう。証言してくれる目撃者がゼロでも、被害者本人の記憶すら超曖昧でも、昨今のMeToo運動の下では全ての女性を一方的に信じないといけないそうです。
 実際にそういう性的暴行の被害に遭った女性は、曖昧どころか事件を忘れられなくて苦しんでおり、今回登場した女性たちの雲を掴むような話の内容に首を傾げています。
 本日木曜日に一人目の被害者とカバノー判事が公聴会で証言するみたいですが、ソルカ・ファール女史によると、これは前日の水曜日にビル・コスビーの有罪判決が出され、男性に対する世間の印象が悪くなるのを見越して設定した可能性が高いようです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
NonGMOのラベルやオーガニックのラベルが溢れるアメリカの現実
2018/09/27 11:00 AM
​(以下一部転載)
 先日のしんしん丸さんの記事を読んで、ホールフーズ(お洒落でヘルシー志向の高級スーパー)でのNon GMOラベル付きの食品の写真を見て、こちらのローカルな情報を伝えてたくて伝えたくてムズムズ!実はpopoちゃん、カリフォルニア州サンタモニカに5年ほど住んでいた時期がありまして、その間、お買い物はほぼすべてホールフーズで、ホールフーズの大ファンでした!そして約一年前ほどにpopoちゃん在住のファレスの国境都市エルパソ(テキサス州)にホールフーズが初オープン!それを知ったpopoちゃんはメキシコから国境越えて2週間に1回ほどホールフーズにお買い物に。。。(国境都市ではお買い物、通勤、通学に毎日たくさんの人が行き来しています。)が、ある日、ネットでホールフーズの実態を知って超ショック!!!😱それ以来、行くのやめました。。。😢
 下のインフォワーズによって報道された動画では、GMO入りのたくさんの商品がその表示なしで堂々とホールフーズで売られているとのこと。そしてホールフーズの重役がGMO入りの商品を売っていることを認めてしまい、しかもそれはホールフーズの問題ではなく、無知である消費者の問題だと言う。ホールフーズの重役たちの政治家への献金が発覚したり、オバマ元大統領が長年のモンサントのロビイストだったマイケル・テイラーをFDA (アメリカ食品医薬品局)長官代理に任命していたりと。。。めちゃめちゃ!


ネットゲリラ
工作員が大発狂してもこれからは中国の時代
(2018年9月27日 19:51)
​(以下一部転載)
201034NAC119.gif 中国なんだが、この100年間を除けば、ずっとインドと並んでGDP一位、二位を競っていたわけです。なので、13億まで人口を増やした今、GDPで世界一になるのは時間の問題で、ちなみに1600年から1700年にかけて大きく減らしているんだが、これは明が滅亡して清が興った時期にあたる。明が滅亡したのは1644年で、この時期、明は大混乱の極みにあり、人口が急激に減っていた。秀吉がもう少し腰を据えて頑張っていたら、今ごろ天皇が中南海の支配者だっただろうw
——-
中国は2030年までに米国を抜き世界一の経済大国になりそうだと英銀HSBCホールディングスが指摘した。
  同行が25日公表した75カ国対象の新たな分析結果によれば、中国は今後10年も世界経済の成長に最も大きく寄与する見通し。30年時点で中国の国内総生産(GDP)は26兆ドル(約2940兆円)と、現在の14兆1000億ドルから大きく増加する一方、米GDPは25兆2000億ドル(現在20兆4000億ドル)と中国を下回る見込みだ。
  HSBCはまた30年までにインドが日本とドイツを抜き世界3位の経済大国になると予測。世界経済の成長率は3%弱が持続可能であるとみられることから、世界のGDPは17年との比較で40%膨らみそうだとしている。
——-
さて、この予測はHSBCです。昔は香港上海バンクと呼んだね。調べてみたんだが、どうにも正体がよく判らない。世界一大きい銀行だという説もあるんだが。元は、サッスーン家というユダヤ系がやっていたようだが、今は不明。日本に支店はあるが、一般的な窓口営業はやってない。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「日米通商交渉」の敗北を恐れて「安倍隠し」に利用された「貴乃花親方」が、2019年7月の参院議員選挙に立候補したら、大量得票当選は間違いないとの声が上がっている
18/09/27 06:53
​(以下一部転載)
 安倍晋三首相とトランプ大統領が9月26日、日米首脳会談を行う前に茂木敏充経済再生相は25日、ニューヨークで米通商代表部のライトハイザー代表と行っていた日米通商交渉で、トランプ大統領が検討している自動車関税の引き上げを凍結する代わりに、農産品の関税を引き下げることを受け入れた。「自動車を守るために農産品を犠牲にする」結果となり、安倍晋三首相と茂木敏充経済再生相は、事実上、半分敗北し、帰国後、農業畜産業界から弱腰交渉の厳しい批判に晒され、突き上げられるのは、間違いない。この失態から目をそらさせる「安倍隠し」に利用するため、大相撲の貴乃花親方に引退会見させたのではないかと疑われている。


田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選挙】「辺野古埋立て」は「普天間閉鎖」の条件ではない 自民党のトリックに騙されるな
2018年9月27日 14:43
​(以下一部転載)
 1996年2月24日昼、伊藤茂・社民党幹事長の自動車電話が けたたましく 鳴った。秘書が受話器を取り、伊藤に取り継いだ。サンタモニカでクリントンと会談した橋本龍太郎首相からの国際電話だった。
 「伊藤さん、クリントン(米大統領)に『普天間を返せ』と私は言いましたからね」。橋本の興奮した声は受話器から飛び出るほどだった。生前、伊藤から聞いた話だ。
 自社さ政権時、自民党の政調会長だった橋本と社会党(後に社民党)の政策審議会長だった伊藤にとって、沖縄には特別の思い入れがあった。
 それから2ヵ月足らずの4月12日、日米両政府は普天間飛行場を日本側に返還することで合意した。前年に起きた米兵による少女暴行事件を受けて、在沖米軍基地の返還などを謳ったSACO(沖縄に関する特別行動委員会)の最終報告が1996年12月に出た。
 SACO最終報告によると普天間飛行場は閉鎖され、キャンプシュワブ沖合2.5㎞のフロート(浮体)に移設される。フロート基地であれば国際情勢が変わった場合に撤去できる・・・というのが日米両政府の考えだった。
 昨年、沖縄を訪れたペリー元米国防長官は翁長知事に「朝鮮半島の緊張がなくなったら沖縄の海兵隊は要らなくなる」と語った、という。沖縄県基地問題の最高責任者から聞いた話だ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
[森友文書改ざん]テレビ東京「ゆうがたサテライト」で、自殺した近畿財務局職員の父親へのインタビュー、財務局OB職員6人全員が顔出し・実名での告白
2018/09/27 9:10 PM
​(以下一部転載)
 冒頭のテレビ東京の「ゆうがたサテライト」の映像は、引用元で是非ご覧ください。森友問題で公文書を書き換えさせられて自殺した近畿財務局の職員の父親が、取材に応じています。その後、財務局OB職員6人が、カメラ取材に応じています。なんと、全員が顔出し・実名での告白です。驚きました。
 ゆるねとにゅーすさんはこのニュースを見て、“追及を続けていく必要性を改めて強く認識させられた”と言っていますが、同感です。やはり、モリカケ問題は、このまま忘れ去られるような事件ではないと思いました。
 それにしても、貴乃花親方が、“またしても”というタイミングで出てきました。モリカケ問題から国民の目線を逸らす時に、“必ずこの親方出てくるな”というのが素直な感想。こうなると、裏で安倍政権と繋がっているのではないかと、疑いたくなります。今度の参院選で自民党から出馬したら、これは当たりだということになるでしょう。


ネットゲリラ
東京オリンピックは、全てが腐敗し、全てがお粗末
(2018年9月27日 21:42)
​(以下一部転載)
トンキンオリンピックのボランティア募集サイトの出来が素晴らしい、と、Twitterでも大評判なんだが、イマドキこれだけ使いにくい個人情報収集サイトも珍しいw 最近はおいらも通販が増えて、あちこち個人情報入力させられるんだが、どこだってもう少しはマシだw
—-_
さっそく基本情報の『国籍』からだ。当然、『日本』はデフォルトであるものと思っていたが...。アからはじまり、ニにもなく、ようやく下のほうにまでいき、「北朝鮮」の上にようやく『日本』を見つけることができた。多様化している国籍といえども、日本はデフォルトにしておくべきだろう。しかし、こんなことは序の口の応募フォームであった...。そう、ウェブサイトでは表示している言語の言葉をデフォルト国にするなどの気の効くサービスがまだまだ少ないのだ。サービス精神のかけらもないのが、ウェブフォームの特徴だ。
STEP 1 の生年月日を入力するのに、2018年9月のカレンダーから入力しなければならない。これは最悪なパターンだった。
半角数字で『19611012』で打ち込めば8桁数字で簡単に入力できるものを、カレンダーの西暦を1クリックで一年づつ巻き戻して行かねばならない。ダイレクトに数字を打ち込もうとしても打ち込めない...。
来月で57歳になる筆者が、1961年まで遡るには、57回もクリックもクリックしてようやく『1961年10月12日』が入力できた...。
思わず、これは夏の五輪が、炎天下が予想されるので、高齢者のボランティア応募を制限するためのトラップなのか?かとも疑りたくなった...。だんだん嫌な予感がしてきた...。そう、この応募フォームの設計があまりにもド素人なのだ...。
多少、辛口な評価だが、8万人集めなければならない無料ボランティアの応募フォームだ。筆者の応募フォームに30分どころか、約半日費やしたことを考えると、1日も早く改善されなければならない。それでないとボランティアは集められない。
また、この応募フォームが、天下の広告代理店の電通さんの仕事だったとしたら始末書ものだろう。営業担当は頭を丸めてすぐに謝罪にいくべきだ。いや、そんな暇があればこのフォームのエラーを見直すべきだ!
——-
まず、デフォルトで出て来る画面が「英語版」w 日本語への切り替えスイッチがどこかにあるので探して切り替えるというところまで、自力でやらなきゃならない。つうか、外国人がこのボランティアに応募できるのか? 次に、フェイスブックかグーグル、LINEのアカウントでサインインしろ、と出るし、と思ったら、
——-
これ作ったのは、アトス AtoSというフランスのIT企業(IOC公式パートナー)
フランスだから日付がDDMMYYYYなわけ
——-
日付は日月年の順番で書き込め、という仕様だそうでw 笑えるのは、サイトの一部に中国語簡体字を使ってますw 日本語判らないヤツに日本語のページを作らせるなw


《櫻井ジャーナル》
自分の意に沿わない意見も受け入れ、議論することが言論の自由
2018.09.27
​(以下一部転載)
 新潮社が発行してきた「新潮45」が「限りなく廃刊に近い休刊」になると伝えられている。自民党の杉田水脈衆院議員が寄稿したLGBT(Lesbian、Gay、Bisexual、Transgender)をテーマにした論文が問題になったという。外部から論文に対する批判があったようだが、ここでは論文の内容について議論するつもりはない。そうした批判が「限りなく廃刊に近い休刊」という形になったことに嫌なものを感じるのだ。
 かつて講談社から「DAYS JAPAN」という月刊誌が発行されていた。創刊号(1988年4月号)で放射能汚染を取り上げるなど支配層を刺激しそうな雑誌だったが、89年11月号に掲載された著名人の講演料に関する記事で間違いがあり、90年1月号で謝罪、そのまま廃刊になった。「新潮45」の話を知り、この出来事を思い出した。なお、広河隆一を編集長として2004年に同じ「DAYS JAPAN」の名前で写真雑誌が出されている。
 最初の「DAYS JAPAN」が創刊される前年、1987年の5月に朝日新聞阪神支局の編集室が覆面をしたふたり組に襲撃され、散弾銃で記者の小尻知博が殺され、犬飼兵衛が重傷を負った。この事件の4カ月前、朝日新聞東京本社に散弾2発が撃ち込まれていたことが後に判明している。また、1987年9月には同新聞名古屋本社寮にも散弾が撃ち込まれ、翌年3月には静岡支局で爆破未遂事件があった。
 支配層が隠そうとする重要な情報を明らかにすることがジャーナリストの使命だと考える人がいるが、日本の支配層は重要な情報を隠すこために特定秘密保護法を成立させた。その法律が国会へ提出される直前、森雅子少子化担当相(当時)は法律の処罰対象として、沖縄返還に伴う密約を報じた西山太吉記者の逮捕を引き合いに出している。



シャンティ・フーラの時事ブログ
大量逮捕を回避するためにあがき続ける、絶望的なカバール ~第三次大戦、パンデミック、イエローストーンのカルデラ爆破、大きなEMP攻撃…ことごとく無効に~
2018/09/26 9:40 PM
(以下一部転載)
 ブレット・カバノー氏の最高裁判事への就任を阻止するため、カバノー氏の性的暴行疑惑をカバール側がでっち上げている件ですが、24日の記事で、“あくまで時間稼ぎで、その間に、大量逮捕を回避する何らかの手を打ちたいのではないか”とコメントしました。
 今回のフルフォードレポートでは、元CIA職員のロバート・デイビット・スティール氏の情報として、“スタックスネット…を起動させ大規模停電を引き起すため”だということです。
 カバール側は大量逮捕を免れるために、シリア、ウクライナを発火点として第三次大戦を引き起こしたいのは山々ですが、プーチン大統領が冷静沈着で、これは実現しそうにありません。レポートでは、連中は、“世界的流行病を誘発させ、イエローストーンのカルデラを吹き飛ばし、大きなEMP攻撃を始めると脅迫”しているとあります。
 アフリカでは、結核が大流行しているとNHKが報じていましたが、彼らは、今年の冬にパンデミックを誘発させる計画なのだと思います。ビル・ゲイツが、それを示唆しています。しかし、レポートでは、“これらは無効にされる”と書かれています。
 状況は彼らにとって絶望的らしく、ロスチャイルド家は降伏交渉に応じるつもりのようです。ギロチンで処刑になるのは許してくれということのようです。
 ただ、交渉がうまく行くかと言えば、そうはすんなり行かないでしょう。常識で考えて、中央銀行を手放すのは当然のことです。彼らは、人類から奪った富を全額返還しなければならないでしょう。彼らが権力から一切身を引くなら、命の保証はあるかも知れません。しかし、こうした待遇に彼らが満足するとはとても思えないのです。なので、最終的にはナサニエル・ロスチャイルド一族を除いて、滅ぼされるのではないかという気がします。
 記事では、Google、Facebookなどを含むメディア関係企業が、今後のターゲットになっているようです。このことは、次の記事でもわかります。
 最後の動画は、ぜひご覧ください。動画でも、大手マスメディアの脅威と大量逮捕について語られています。メディア関係者が一斉に逮捕され、メディアの論調が、北朝鮮のように劇的に変化する日が来るのかも知れません。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
金正恩党委員長が10月中旬、韓国に招待されて、ソウルで南北首脳会談を行うと聞いて、トランプ大統領が、「その機会にソウルで米朝首脳会談を行おう」と即決した。
18/09/26 07:56
(以下一部転載)
 「トランプ大統領と金正恩党委員長の2回目米朝首脳会談は10月中旬、ソウルで行う」-国連総会に合わせて米ニューヨーク入りしているトランプ大統領は9月24日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、「完全非核化」に向けた金委員長の強い意志を確認、金委員長が近いうちにトランプ大統領とまた会いたいと話していた」と報告した。文在寅大統領は9月18日から20日まで北朝鮮を訪問し、平壌では約10万人の市民に出迎えられるなど最大級の歓迎を受けた。金正恩党委員長と3度目の南北首脳会談を行っており、トランプ大統領が、「その機会にソウルで米朝首脳会談を行おう」と即決した。この米朝首脳会談では、「朝鮮戦争終戦宣言」と「南北統一宣言」を目的に「金正恩党委員長が近くソウルを訪問することになった」と話したのを受けて、「米朝首脳会談」を行うことになるという。南北統一の条件は、南北首脳会談の共同宣言で述べている。この結果、トランプ大統領、金正恩党委員長、文在寅大統領の3人が、2018年ノーベル平和賞受賞者にノミネートされる。これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の情報である。


シャンティ・フーラの時事ブログ
[リニア新幹線] JR東海への巨額融資3兆円は加計学園もビックリの破格優遇条件 〜 30年返済据え置きとは、つまり返さなくても良い?
2018/09/26 12:00 PM
(以下一部転載)
 日経ビジネスがあべぴょんの「お友達融資」を追っています。あの日経、アンチ安倍に舵を切ったのか。
 JR東海・葛西敬之会長が安倍政権の黒幕の1人であることは、よく知られています。リニア新幹線問題は、これまで不正入札疑惑や無理やり辻褄を合わせるような形で融資された3兆円の怪しさなどを指摘されながら、決定的な解明は程遠い状況が続いています。
 ここにきて、くだんの3兆円は「無担保、30年間は元本返済も猶予し、その上、超長期なのに金利は約0.8%という低金利」で融資されたことが明らかになりました。早い話「3兆円返さなくてもいいよ」という程の破格の融資です。あべぴょんにとっては森友学園や加計学園など些細なことに見える「スペシャルお友達優遇」だ。
 この3兆円は、国の財政投融資を使い「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」がJR東海に無担保融資した形をとります。記者が「鉄道・運輸機構」「国交省・鉄道幹線課」「財務省理財局・財投総括課」「JR東海」それぞれに説明を求めると、いずれも、のらりくらりと責任を回避し、前代未聞の超優遇融資の責任は「うちではない」と主張する様子はなかなか可笑しく、また、これまで様々な「安倍トモ」疑惑の追求でウンザリするほど見てきたものでもあります。
まともな金融機関であれば絶対成立しない融資スキームが実現したことについて、JR東海・金子社長は潔く「安倍総理以下、国交大臣、あるいは担当大臣、政府として」知恵を出されたと、答えています。
 JR東海が3兆円を返済できない場合は、国民の負担になることは当然の成り行きで、むしろそれこそが決定済みの、連中の目論見でしょう。


richard koshimizu official website
リチャード・コシミズ独立党
裏社会専属メディアは立憲民主党の支持率を必死に改竄中です。統一教会さん、買収工作、ご苦労さまです。
(以下一部転載)
世界ゴロツキ協同組合日本支部の皆さん、立憲民主党の興隆に非常に危機感を持っておられるようです。必死に「立憲民主党の支持率が急落している。」と強調していますが、その理由を読んでみると「荒唐無稽」としか言いようがないこじつけ。
簡単な話です。世ゴロ協専属メディアの出す「立憲民主党の支持率」そのものがマイナスの粉飾です。
来る国政選挙では、大躍進の立憲民主党の票を改竄し、零敗したことを偽装する予定の世界ゴロツキ協同組合。そのためには、今から、支持率を低く改竄して「弱小政党」イメージを作り出す必要があるわけで。アメリカで、世ゴロ協専属マスコミが「トランプは勝てない。」のイメージ作りをしたのと同じ手口ですね。だから、アメリカ同様、日本でも失敗しますね、w。
立憲民主党は、地方の支部を着々と立ち上げ、次の選挙で立てる候補をどんどん固めている。野党候補の半分以上を自党から出すことで、大躍進を狙っている。それが、とっても怖いんですね、対日侵略軍の皆さんは。
だから、必死に支持率を改竄中です。生活の党潰しと同じ手口ですね。立憲の人たちだって、世ゴロ協が、立憲をフェードアウトさせようと企んでいると、とっくにご存知ですよ。ま、頑張ってね、日本会議、清和会、統一教会の反日ガイコクジンのみなさん。w


ネットゲリラ
むしろこれからが佳境
(2018年9月26日 02:13)
(以下一部転載)
森友も加計もまだ終わってない。むしろこれからが佳境ですw アベシンゾーが築き上げた強固なはずの帝国が、あちこちで崩れ始めている。まぁ、スルガも新潮45も貴乃花騒動も、オリンピックにまつわる利権騒動も、腐った日本の限界を露呈しているわけです。アベシンゾーの足元から、次々に日本が崩れて行く。さて、いつまで神輿は神輿でいられるのかw
——-
学校法人「森友学園」への国有地売却問題。 この問題が明らかになってから1年半以上が経ちました。 公文書の「改ざん」を強いられ、近畿財務局の職員が自殺してから半年、Aさんの父親が初めてテレビのインタビューに応じました。 テレビ東京の独自取材です。
「上司に言われた通りに書き換えたと遺書に書いてありました」
詳細はソース内の動画をご覧ください
——-
加計については、BSL施設を誰も見てないとか、購入したはずの蔵書が拾ってきたような30年前の古本ばかりだとか、次から次にインチキが暴かれて、さて、いつまで泥棒どもは威張っていられるのかw


田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選挙】ついに出た 自公候補の本拠地で「学会は辺野古反対」の貼り紙
2018年9月26日 11:01
(以下一部転載)
 田中龍作ジャーナル前稿『学会の寄合いで飛び交う「玉城に入れたよ」』でもリポートしたが、辺野古埋立て推進の自民党候補に投票を強制される学会員の離反が相次ぐ。
 佐喜眞淳候補(自公維希推薦)が2期にわたって市長を務めた宜野湾市では、ついに「学会は辺野古反対」の貼り紙が出た。
 場所は「米軍普天間基地の野嵩ゲート前」「公明党・沖縄2区支部前(佐喜眞選挙事務所前)」「宜野湾市中央公民館前」だ。
 田中がけさ取材車で宜野湾市を見て回った限りでは、この3ヵ所だけだった。隈なくチェックしたわけではないが。
 貼り紙の場所からは、米軍基地、自公政権、佐喜眞市政に対する強い反発がうかがえる。明らかに“確信犯”だ。
 池田大作名誉会長の教えに反する公明党の方針に、学会員の反発は日を追って強まる。投票日まであと4日、次は何が飛び出すか。


『文殊菩薩』
山本〝KID″徳郁の死因は「フ」の「ホ」
2018年09月26日21:22
(以下一部転載)
総合格闘家の山本〝KID″徳郁が41歳の若さで胃がんでなくなったと聞いて、すぐに「フ」の「ホ」が原因だろうとピンときた。
なぜなら、復興支援のために現地に滞在したことのある筆者の知り合いも、数カ月前から白血病に苦しんでいると耳にしたばかりだったからだ。
そこでグーグルで検索してみると、案の定2013年から2014年までに、KIDも何度か「フ」を出入りしていて酒を飲んだりしていたようだ。(記 事)
山本〝KID″徳郁のガンが見つかったのが2年以上前とのことだから、潜伏期間から発見まで2年とすると時期的にもピッタリとくる。
自分でも原因にうすうす気が付いていたのであろう、「フ」の野菜はチェルノブイリより危険だと避けていたそうだが、なにぶん遅かった。
外食で出てくる野菜の産地をいちいち気にしていたら食べられないし、「ホ」は水道水にも空気にも漂っているから避けきれないのだ。
格闘家としていくら肉体を鍛え上げても、内部から「ホ」に侵されればあっという間に打ちのめされてしまう。
やはり「君子は危うきに近よらず」である。



シャンティ・フーラの時事ブログ
信頼度が高いマイケル・サラ博士の報告とQ情報〜QがETの存在と秘密の宇宙プログラムの存在、そして月面着陸の事実を断言!
2018/09/25 9:30 PM
(以下一部転載)
 冒頭の記事は、マイケル・サラ博士がQについての記事を書いたもの。マイケル・サラ博士は徹底的に裏取りをする人で、コーリー・グッド氏やエメリー・スミス氏などの証言の裏付けもしっかり取っています。公文書の公開請求をして、内部告発者の証言が公文書と一致することまで示しています。なので、博士の報告は、その信用度が高いと言えます。
 記事によると、いくつかの投稿でQがETの存在と秘密の宇宙プログラムの存在を断言したとしています。また下のTOCANAの記事では、人類が月に行ったことを疑う人もいる中で、Qは“月面着陸は事実”と断言。
 コーリー・グッド氏の話を聞いても信じない人が、Qの発言だというだけで簡単に信じるのはおかしいですが、それだけ、Q情報は信頼度が高いということでしょう。
 月面着陸に関しては、確かにスタジオで撮影された映像が流されたので、人類は月に行っていないと考える人も結構いるのです。しかし、以前コメントしましたが、月で中継中にUFOが映ったり、宇宙人が手を振ったりすると困るので、スタジオ撮影したものを放映したのです。またロシアに月の情報を与えたくなかったということもあるでしょう。
 コーリー・グッド氏によれば、月に行った行かないというような陰謀論の範疇ではなく、現実には、太陽系中に人類は基地を所有しており、すでに宇宙船で別の銀河にすら行っているとのことです。
 また人類は、高度な科学テクノロジーを入手するため、宇宙人たちと奴隷売買を行っているとのことです。いずれ、これらのことが暴露されると思いますが、まずは大量逮捕。そのために、ローゼンスタイン司法副長官の辞任から、というわけです。先は長いです。


richard koshimizu official website
リチャード・コシミズ独立党
はやぶさ2号よ、宇宙放射線に負けるなー!
2018年9月26日
(以下一部転載)
JAXAのはやぶさ2が小惑星りゅうぐうに到達したそうで、おめでとう御座います。今後は、はやぶさ2自体が小惑星に着陸を試みるそうで。
搭載されている小型カメラは、「宇宙空間の強い放射線の中でも耐えられるよう設計」されているのだそうで、「強い放射線を浴びると、画像を送信する回路に異常な電流が流れることがある。」のですね。なるほど。
宇宙空間は、宇宙放射線に満ち満ちていて、電子機器が誤動作を起こすほど危険なところなんですね。そうなるとアポロ11号で月に行ったアームストロング船長らは、放射線に強い特異体質だったのかなぁ?それとも、どこか違うところにある月に行ったのかな?わかんないなー、ぼくちゃん、アベちゃんくらい馬鹿だから。。


『文殊菩薩』
米朝の仲介役を果たした文在寅
2018年09月25日23:10
(以下一部転載)
文在寅大統領は平壌で金正恩と「平壌宣言」をまとめた後、すぐにニューヨークに直行しトランプ大統領と会見した。
文在寅の仲介案にトランプ大統領は「金正恩は開放的で優秀だ」と評価し、年内に二度目の米朝首脳会談を決意したようだ。
米朝首脳会談の段取りはポンペオ国務長官がニューヨークで、ウィーンではビーガン特別代表により2トラックで進められる。
文在寅の仲介案は、北朝鮮が寧辺核施設のIAEAによる査察を受け入れ、在韓米軍駐留や軍事境界線の維持を認めるというものだ。
米朝首脳会談は米国の中間選挙でトランプの人気を後押しするために、11月に開催される可能性が高いと思われる。


嗚呼、悲しいではないか!
フルフォードレポート(9/24)
2018年09月25日
(以下一部転載)
あまり大きな動きはないようです、同じ話が繰り返し繰り返されているだけです。
白龍会はさも真ん中に入るように書いていますが、聞いた話、自分達の主張を繰り返しているだけです。「貧困を止め、環境破壊を止めるために数十兆ドルのかねを・・・・・・」誰の金よ?
P2が悪者になったようです。P2と組んで米国を裏支配しようとしたのが白龍会でした。
まぁ、まだ待つしかないようです。明日のトランプとの会談でことが始まる気がしますが。


《櫻井ジャーナル》
ロシア軍機の撃墜を受け、露国防相はシリアの防空システムの強化策を発表
2018.09.25
​(以下一部転載)
 シリア沖でロシア軍の電子情報支援機IL20が撃墜されたことを受け、​セルゲイ・ショイグ国防大臣はシリアの防空システムを強化すると発表​した。
 第1にシリア軍へ射的距離250キロメートル以上という防空ミサイルS300を2週間以内に引き渡す。すでにシリアのロシア軍へはS300やS400を配備していると見られているが、シリア軍に対しては2013年に配備しようとした際、イスラエルの反対でロシアはシリアへの引き渡しを止めていた。
 第2に、シリアの防空部隊司令部は自動化されたコントロール・システムを装備する。これによって防空能力が向上するだけでなく、ロシア軍機の識別が可能になり、9月17日のようなことは防げるというわけだ。
 第3に、航空機の衛星ナビゲーション、搭載されたレーダー、通信システムはジャミングされる。ロシア軍のECM(電子対抗手段)能力は高い。例えば、アメリカ軍がシリアへ軍事侵攻すると見られていた2013年9月上旬、地中海からシリアへ向かって2機のミサイルが発射されたが、このミサイルは途中で海中へ落ちてしまう。イスラエルはミサイルの発射実験を行ったと発表するが、事前の警告はなく、ECM(電子対抗手段)が使われたと言われている。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
天皇陛下の要請で、世界銀行とG7のMSA実務者が、駐日米国大使館で、「MSA資金」を恒久的に継続して分配する体制をつくるために会議している
18/09/25 07:32
(以下一部転載)
 天皇陛下の要請で、世界銀行とG7のMSAがらみの実務者が9月21日から、日本に来ていて、駐日米国大使館で、天皇陛下と小沢一郎代表に委ねられている「MSA資金」を恒久的に継続して分配(シェア)し続けていく体制をつくるために会議をしている。安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相が、「MSA資金」から分かっただけでも不正に「816兆円」と保証金を抜き取っていたことが判明しており、これを防ぐことと、2人を処分するのが目的である。しかも彼らは、日本で恒久的に、スムーズに資金が動く体制ができたことを確認できるまで、1年だろうが2年だろうが、日本にいるだろう。政権交代しないと、資金がスムーズに流れないと判断した場合は、政権交代を見届けるまでいる。政権交代と資金がスムーズに流れるということの因果関係をどう考えるかは、彼らの判断になる。政権交代をしなくても、大丈夫だと判断すれば、早々に帰ることになる。これは、天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦からの情報である。


richard koshimizu official website
リチャード・コシミズ独立党
打倒すべきは、麻薬組織・世ゴロ協日本支部の安倍晋三一味です。
2018年9月26日
(以下一部転載)
トランプさん!世界最強の麻薬密輸機関は、CIAでした。貴方のおかげでCIA組織は形骸化し、今こそ、麻薬業界を壊滅させるチャンスです。
日本では、満州麻薬王岸信介以来の麻薬シンジケートがしぶとく生き残っています。CIA残党は日本を拠点にして、最後の抵抗中かと思われます。CIA極東支部である統一教会は、安倍晋三一味・自民党を裏から操縦することで、「トランプ暗殺後」の復活を狙っています。
その資金源は長い間麻薬でした。だが、統一麻薬協会と北朝鮮の関係が悪化した今、覚醒剤収益が統一教会と自民党に流れ込む構造に変化が現れている?安倍一味は、最後に残った資金で不正選挙を敢行中なのか?麻薬資金が途切れれば、世ゴロ協は燃料切れで停止します。
つまり、安倍一味を日本から根絶することが世界ゴロツキ協同組合を打倒することに繋がるわけです。トランプさんに、このメッセージが伝わるよう、我々も努力してみましょう。安倍を排除する指令をトランプさんが密かに発してくれるように。それだけで世界は大きく変わるのだから。


田中龍作ジャーナル
【沖縄県知事選挙】学会の寄合いで飛び交う「玉城に入れたよ」
2018年9月25日 15:57
(以下一部転載)
 学会員が学会員ではない友人(Friend)に特定候補への投票を依頼する・・・これを「F獲り」と言うのだそうだ。腕の立つ学会員であれば、1人で70〜100票のF獲りをこなしてきた。
 ところが今回の選挙ではこのF獲りに苦戦している。「佐喜眞をお願いします」などと言おうものなら、依頼しようとした相手から叱られる、というのだ。
 代わって勢いづいているのが「逆F獲り」だ。学会員が学会員ではない有権者に「玉城デニーに入れて下さい」と依頼するという。沖縄の学会員によると、これが、好調なのだそうだ。
 こうした現象が起きている理由は辺野古埋め立てだ。公明党沖縄県本部は辺野古埋め立てに反対。にもかかわらず、学会員が埋め立て推進の自民党に入れるのは筋が通らない。投票を依頼するのは、さらに筋が通らない。
 「『学会員はウソつきか』と言われると心が折れる」。前出の学会員は苦しい胸のうちを明かした。
 学会幹部は「連立のためだ」とか「これも一つの戦いだ」とか説き伏せにかかるが、効果はない。「辺野古の話はするな」と指示が出ているが、県政を揺るがす大問題は避けて通れない。
 2月にあった名護市長選挙では学会がフル稼働した。自公候補が掲げる「学校給食の無料化」「高校生までの医療費無償化」は、学会員の生活に直結していた。ところが今回の県知事選挙では、生活に直結するようなテーマはない。
 辺野古問題に加えて学会員の反発を買っているのが、闇雲な押し付けだ。これまでPKOや安保法制などが選挙戦で問われた際は、学習会が催されていた。ところが今回はそれもなく「サキマと書け」だけだった、という。いまや学会員は離れる一方である。
 「玉城に入れたよ」。学会の寄り合いで飛び出しているそうだ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
“自民党の締め付けは効いていない”沖縄知事選〜公明党沖縄県本部は辺野古埋め立てに反対、崩れ始めた創価学会員の統制!
2018/09/25 9:00 PM
(以下一部転載)
 田中龍作さんが、日本を変えそうな勢い。日本の未来に大きな影響を与える沖縄知事選のために、沖縄に張り付いています。龍作さんへのご支援を、よろしくお願いします。
 記事によると、公明党沖縄県本部は辺野古埋め立てに反対とのことで、創価学会員の統制が崩れ始めたようです。期日前投票でも“佐喜眞と玉城がほぼ互角”とのこと。
 そういえば、さきの自民党総裁選でも、どんなに安倍陣営が締め付けても、地方は石破氏に入れたケースが多かったです。確かに、“自民党の締め付けは効いていない”のかも知れません。
 “続きはこちらから”のしんぶん赤旗では、期日前投票者数を報告するように求めていたのは、自民党本部だったことが判明したとのこと。田中龍作氏の、“「『佐喜眞』って書きました」のウソは通用しない。写メで撮影させるから”のツイートは、大きな反響を呼びました。ここまで自民党本部がやらせていることが、今後、明らかになる可能性も出てきました。
 この勢いで選挙に突入すれば、玉城デニー氏は勝てるかも知れません。しかし、例によって、お約束の台風24号が近づいています。あまりにも見事なタイミングで、実際問題として、台風やハリケーンというのは、どこまでコントロールが可能なのだろうと思ってしまいました。


シャンティ・フーラの時事ブログ
沖縄県知事選挙「何が起きても不思議ではない」状況に対応できるか、あと5日の攻防
2018/09/25 12:00 PM
(以下一部転載)
 冒頭の翁長夫人の最初の言葉を聞いた瞬間、「まずい、泣く!」と思った途端に涙が出ました。
当初は静かに選挙戦を見守るつもりだった夫人ですが、「日本政府があまりに酷い、オールジャパンと称して、たった140万人1%の沖縄県民を総力を挙げて押しつぶそうとする」その非道さに居ても立っても居られぬ想いから、ついにデニー候補支援の声をあげられました。
 二つ目のツイートは、あの勇敢な山城博治氏の「これは選挙ではない、国家による有権者買収だ」「業界票取りだ」という部分の抜粋です。
 そして三つ目のツイートは、デニー氏の「本当に訴えたかったこと」。沖縄県民みな、あたりまえに教育を受け、誰にも脅かされることなく生活をする権利を持っていること、そしてそれを行使するのが選挙という大事な手続きだと話されています。デニーさんの沖縄県民を守る気持ちは、そのまま日本国民を守る姿勢だと多くの方が共感します。
 それだけに安倍政権も必死で公職選挙法どころか憲法違反になるような妨害や攻撃をして恥じることがない、一票になればよしというやり方のようです。
 選挙運動を十二分に行うことはもちろん大切ですが、期日前投票の監視や、集計の際の票のチェックは各陣営から立会いをしても良いのではないだろうかと考えてしまいます。全国であれだけの不正選挙の証拠や証言があるのであれば、沖縄でも何が起きてもおかしくない。不正がなければなおさら結構、国民、県民で見届けられるような選挙にしたいではないですか。


richard koshimizu official website
リチャード・コシミズ独立党
福島沖のヒラメ、震災前の8倍の漁獲量。海底核爆発の影響です。
2018年9月26日
(以下一部転載)
放射線量が少し増えるだけで、動植物に大きな影響が出ます。311人工地震核攻撃の年の東京の薔薇は、通常の2倍サイズの大輪を咲かせました。
海底で水爆を爆発させた311人工地震でも、東北沖の海底が南北500キロに渡って核汚染したわけですが、その効果がいま出ているようです。(福島原発の汚染水投棄は無関係です。)
ヒラメが8倍の漁獲量。しかも大型。
311が核攻撃であった証左です。



このページのトップヘ