世間虚仮(せけんこけ)

国内外の時事等についてのブログ。既存メディアの報道は事実にほど遠く、事実に近い情報を届けたい。(拡散希望・リンクフリー)

2019年02月

『文殊菩薩』
トランプと金正恩の晩さん会
2019年02月28日00:00
(以下一部転載)
27日の夜、トランプと金正恩は一対一で30分ほど単独会談した後、さらに夜の食事をともにしながら語り合った。
トランプと金正恩の間には親子あるいは孫ほどの年の差があるが、金正恩も貫禄では少しも引けを取っていない。
トランプは北朝鮮に驚くほど急速な経済発展を約束して見せたが、今後20年で北朝鮮はスイスのような国に生まれ変わる。
おかげさまで、『飯山一郎最終講義 金正恩が統一朝鮮王になる!!』がアマゾンで売り切れ寸前、出版社も在庫切れです。
現在、出版社と取り急ぎ重版の相談をしていますが、アマゾンに再び在庫が入るまでに約2週間かかりそうです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
米Amazonはアメリカにて2年連続で税金ゼロ、さらに還付金まで受け取っている〜アマゾン・ジャパンでは販売システムという知的財産に課税できないという実質的な不平等条約である日米租税条約を前に打つ手なし
2019/02/27 12:00 PM
(以下一部転載)
 巨大IT企業のGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の一つであるアマゾンがトランプ減税の恩恵を受けていて、税金を納めないで済んでいるという驚きのニュースです。しかもそれどころか、逆に連邦政府から巨額の還付金を受け取っている!というのですから、ホント呆れるばかりです。
 これは法人税率が下がったことに加えて、トランプ減税にはおびただしい数の抜け道があるとのことで、2018年には納める税金はゼロで、逆に1億2900万ドルもの巨額の還付金をamazonは受け取っているというのです。なんとも”26人が世界半数の総資産を握っている”仕組みを垣間見るかのようです。
 新自由主義というのは国家を壊し、99%を奴隷にする1%のための仕組みだということがよくわかります。
 また、アマゾンはニューヨークに第2本社を移転させる計画を進めていましたが、市民団体などによる反発を受けて、移転を断念することになりました。
 税控除や優遇措置などのアマゾンの特権に対しての反発は想像以上に大きかったようで、第2本社移転に伴って約25000人の新規雇用の魅力を謳っていたアマゾンでしたが、地元住民はアマゾンという大企業の欲深さや労働者から搾取する仕組みをちゃんと見切ったようです。
 そこで気になったのがアマゾン・ジャパンです。調べてみると、やはり案の定といったところでした。
 アマゾンの便利な販売システムー顧客が欲しい商品をワンクリックすると、最速で当日もしくは翌日には手元に届くーは知的財産にあたるとして、日本法人から多額の「使用料」をアメリカ本社が吸い上げているというのです。そのために、課税対象となる日本法人の所得が圧縮され、法人税額が大きく減る(同規模の売上高を持つ国内小売りの10分の1以下)ことになっているというわけです。
 このあたりの取り決めは日米租税条約に基づいていますが、こうした二国間協議は”その国同士の力関係が大きくモノを言う”もので、実質的には「不平等条約」とのこと。建前上は独立国の体裁をしていても、やはりここでも属国扱いのようです。
 このままでいるのが都合いいとして国を売り続けるサギゾー政権には、とっととどいてもらって、民意を基にそれこそ真摯に立て直していく必要があるのかと。


richardkoshimizu's blog at ameblo
>破産済みの米国政府は偽債券を発行し、破産を免れようと悪足掻き中
2019-02-27 09:04:10
(以下一部転載)
こんなニュースが、後になって重大ニュースだったと分かるかもしれませんね。
記憶しておきましょう。
——-
コメント◆byとくお
19/2/18 フルフォード情報英語版: 
破産済みの米国政府は偽債券を発行し、破産を免れようと悪足掻き中
コメントとうとうトランプ氏が完全勝利宣言?!…(^O^…bysolar_mama
【来る6月4日、みんな明けといてくれよ!!
"米国に乾杯!!"イベントを
リンカーン記念堂でやるからな!!
これはDC史上最大規模の大イベントのひとつだ…】
さ~DeepState・ハザールマフィア残党はガクブルですね(^O^)
これから芋づる式に一網打尽にされる予定の
不正選挙・朝鮮悪ボスの安倍ちゃん一味もオムツ切らさない様にね~(棒)


《櫻井ジャーナル》
アメリカ政府による「人道的援助物資」のまやかしが明らかに
2019.02.27
(以下一部転載)
 CIAの工作資金を動かしているUSAIDの「人道的援助物資」を積んだトラックがコロンビア領からベネズエラ領へつながっている橋の近くで炎上したが、​そのトラックへ反ニコラス・マドゥロ派のメンバーが火炎瓶を投げる様子​が撮影されていた。
 現在、アメリカ政府のベネズエラ工作はエリオット・エイブラムズ。​アメリカ支配層は2002年にもベネズエラでクーデターを試みた​。当時のアメリカ大統領はジョージ・W・ブッシュ。クーデターの黒幕はオットー・ライヒ、ジョン・ネグロポンテ、そしてエイブラムズだと伝えられている。
 エイブラムズは2月13日に下院の外交委員会に出席、そこでイルハン・オマール下院議員から辛らつな言葉を浴びせかけられ、感情をあらわにする場面もあった。エイブラムズはイラン・コントラ事件で偽証、ジョージ・H・W・ブッシュ大統領の恩赦で刑務所行きを免れたのだが、議員はこの事実を指摘、そうした人物の話をどうして信頼できるのかと述べたのだ。
 当時、エイブラムズは2700万ドル相当の武器を「人道的援助物資」だとしてニカラグアの反革命ゲリラ、コントラへ渡す工作に参加していた。ベネズエラで同じことをしないという保証はない。
 そうした物資が含まれている可能性があるほか、一緒にコロンビアの特殊部隊員など、シリアやリビアのジハード傭兵やウクライナのネオ・ナチと同じように破壊活動要員が侵入することも懸念されていた。
 勿論、ベネズエラのニコラス・マドゥロ政権が破綻しているという宣伝にも物資搬入は使われるだろう。西側では物資をベネズエラへ運び込む口実として物資の欠乏が宣伝されている。
 しかし、これは現地を取材したジャーナリスト、​マックス・ブルメンソールがそうした事実を否定する映像をインターネットで伝えている​。
 しかし、そうした物資の運び込みを認めるようマドゥロ政権に求める人も西側にはいる。国民の苦境を救えということなのだろうが、それは侵略の容認につながる。そうした人のひとりがバーニー・サンダース上院議員だ。2016年の大統領選挙では途中、ロシアとの核戦争も辞さない姿勢を見せていたヒラリー・クリントン支持に回ったが、今回の発言を聞き、サンダースは理想的な支配者の手先ではないかと疑う人も出てきた。
 ところで、2月23日がイギリスの富豪主催で開かれたコンサートには事前の宣伝の1割に満たない人しか集まらなかった。昨年、アメリカ政府はベネズエラ軍幹部に接触してクーデターに協力するように求めたが、説得に失敗したと言われている。
 そうした中、アメリカの傀儡として大統領を名乗っているフアン・グアイドは軍事介入を求め、アメリカの​マルコ・ルビオ上院議員は自身のツイッターにムアンマル・アル・カダフィの元気な時の姿と惨殺される寸前の様子を撮影した写真を並べて載せている​。マドゥロに対する脅し、あるいは自分はマドゥロを脅すマッチョだというアピールをしているが、そのツイッターは恐怖ではなく嘲笑の対象になっている。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
みずほ銀行は3月1日からスマホ決済サービス「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」の提供を開始し、名実ともに「第2日銀」の地位を築き、「暗号通貨時代」のスタートを切る
19/02/27 07:35
(以下一部転載)
 株式会社みずほフィナンシャルグループ(坂井 辰史執行役社長)の中核子会社である株式会社みずほ銀行(藤原弘治頭取、以下「みずほ銀行」)は3月1日より約60の金融機関と協働し、「銀行系デジタル通貨のプラットフォーム」として、QR コードを活用したスマホ決済サービス「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」の提供を開始する。Jコインは、スマホのアプリ上で、「いつでも、どこでも、無料」で利用できるサービスであり、お金に関することが全てスマホ上で完結できる。まずは3月25日に20行の銀行口座の登録が可能になり、「2年程度で全国の地方銀行など約70以上の金融機関の参画を目指す」という。


ネットゲリラ
多国籍守銭奴は実刑まぢか
(2019年2月27日 05:41)
(以下一部転載)
カルロス・ゴーン逮捕100日、というんだが、いよいよフランスからも見捨てられ、多国籍守銭奴は実刑まぢかw まぁ、金額がデカいので10年は喰らうだろう。リーマンショックで多額の損失を出して、その穴埋めに60億とか70億とか、日産のカネを盗んでいる。あとは粛々と、日本の刑務所に収監して、10年なのか死ぬまで出さないのか知らんけど、刑務所で家具でも作って余生を過ごすんだなw 今は刑務所の職業教育は何を教えているんだろう。昔はよく、「写植」を教えたらしいw 写真植字というのが、活字とデジタルの狭間にあったのだ。おいらが編集者だった時代には、写植の全盛期で、漫画の原稿に貼り付けたり、版下まで作ったり、デザインの基本だった。必然的に写植屋さんとは付き合いが多かったんだが、古手の編集者から「写植屋には前科者が紛れ込んでるから、怒らせるな」と言われたもんだw
——-
 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)=金融商品取引法違反、会社法違反で起訴=が最初に逮捕・勾留されてから、26日で100日。東京地検特捜部は、前会長の指示でオマーンの販売代理店に約35億円が送金された経緯などについて捜査を続けている。日産関係者は「送金理由は『後付け』だった」などと説明しており、特捜部は送金が前会長の私的な借金返済目的だった可能性があるとみている模様だ。
——-
中東の怪しいブローカーみたいなのを使って、何十億ものカネを溶かしていた。日産の経理的には「販売促進費」などの名目を使っていたようだが、その実態が存在しない。高すぎると批判されるのを恐れての、裏給与だというのは、他の日本人役員も承知していたところで、まぁ、社長だからって好き勝手できるわけじゃないw


richardkoshimizu's blog at ameblo
日本の炭酸ガス封入地震は、国家テロ。地震惹起が目的。
2019-02-27 09:16:29
(以下一部転載)
中国ではシェールガス採掘のためのフラッキングが原因で地震が起きたと抗議デモ。で、採掘中止。
一方、日本では、鳩山さんの「地震は人災」発言を北海道警が「流言飛語の事例」と頭から否定。
日本の二酸化炭素封入地震は、国家プロジェクト。地震を起こすためにわざとやっている。国家テロ。最低。
だから、松代でも長岡でも苫小牧でも、同じことを繰り返している。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by酢味噌
日本とは違って中国では、人工地震の存在はもはや常識とされているようです。
中国で地震続発、2人死亡 シェールガス採掘が原因との抗議受け作業中止
【2月26日 AFP】中国内陸部四川(Sichuan)省栄(Rongxian)県で、24、25両日に地震が3度発生し、2人が死亡した。これを受けて、地震の原因は水圧破砕法(フラッキング)によるシェールガスの採掘にあると数千人が抗議し、当局が採掘を中止する措置を取った。
 地元自治体によると、24日にマグニチュード(M)4.7の地震と余震が発生し、翌25日にもM4.9の地震が起きたという。
 この3度の地震で2人が死亡、12人が負傷。家屋数千軒が損壊し、数百人が家を失った。
 栄県は中国版ツイッター(Twitter)の微博(ウェイボー、Weibo)で、「安全上の理由と安全生産に向けた要件順守の観点から、シェールガス採掘会社は作業を一時中断した」と発表。
 同県はさらに、地震後に県庁前で住民数千人が、シェールガスの採掘中止を求めて抗議活動を行っていたことも明らかにした。
AFP 2019年2月26日 19:33 
デマオンパレード、現役総理の「デマ認定」…byとくお
真実を語られ、アイヒマン北村が動いたか。
鳩山元首相ツイート、北海道警が“異例”のデマ認定! 
「地震は人災」投稿は「流言飛語の事例」
\^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^9:10 2019/02/25ol5ir


シャンティ・フーラの時事ブログ
[統計不正問題]西村統計委員長の「国会出席拒否」文書は、総務省がでっちあげた捏造文書!
2019/02/27 9:30 PM
(以下一部転載)
 驚きのニュースです。統計不正発覚のきっかけとなった西村統計委員長が、22日に総務省大臣官房秘書課から、“国会に出席できない”とするメールを送ったとのことです。ところが、25日に西村氏本人から、“私はそのような「文書」を提出するように指示したことはありません…極めて遺憾です”とする文書が届けられたというのです。先の文書は、総務省がでっちあげた捏造文書だったようです。
 原口議員の一連のツイートをご覧ください。
 安倍政権になってから急激な勢いで日本は崩壊中ですが、ついに底が抜けてしまった感があります。
 ツイートで菅野完氏は、“内閣潰れるのが普通なんだけど”と言っていますが、同感です。この問題でメディアが沈黙していること自体が、この政権の異常性を表していると思います。


ネットゲリラ
こんなに歩いたのにまだ静岡県かよ
(2019年2月27日 00:39)
(以下一部転載)
スーパーボランティア尾畠さんなんだが、毎日、静岡の民放では「今日はココまで来ました! 差し入れと野次馬が~と、ニギヤカに報道していたわけで、そうか、じゃあ、明日はウチの近くに来るな、よし、見に行こう、と、どんどん人が増えるわけですw 大名行列みたいになってしまって、野次馬にサインしてやったり、一緒に写真撮ったりするだけで一日、終わってしまうw しかし、そこで「じゃあ、ヤメたw 車で帰るわ」と、娘さんの車で帰宅したというから、偉いですw 凄い人だw こういう時に、周囲の思惑に惑わされず、自分だけの判断で動けるところが、この人の値打ちだと思う。
——-
Q.いつ大分に戻ったんですか?
尾畠さん:「24日の午後。日曜日に歩いたら地元の方やらが通行人が集まってるのを見て、車を左側にずっと止めて、ハザードをつけて交通渋滞になって。
いつ事故が起きてもおかしくないなと思って、今回はここで一応旅を打ち切って身を引いた方がいいなと思って。だから誰にも知らせずにスッと身を引いたんです」
静岡県内を歩き続けた尾畠さんを一目見ようと住民たちが次第に殺到し、警察も出動する騒ぎに...。見物に来た人たちが事故に巻き込まれてはいけないという思いから、志半ばで旅を断念したのでした。
——-
誰かからカネ貰って動いてるわけじゃない、自分のカネで、自分の判断だけで動く。そういう人間が、いつの時代にも最終的には一番強い。今日、山本太郎は日本母親連盟という日本会議系カルト団体主催の講演会に招かれて、30分に渡って日本母親連盟を批判し、話題になったんだが、山本太郎がなぜ、自分の名前を付けた党名にこだわったのか、そこにポイントがあるw 彼は、いつ、いかなる場においても、自分の判断だけで発言する、したい、そういう人間だからだ。アベシンゾー一味にブチ壊された未来を生き延びられるのは、そういう人間だ。


ネットゲリラ
カルト日本母親連盟、山本太郎飼い慣らしに失敗
(2019年2月27日 01:23)
(以下一部転載)
日本母親連盟というのがこのところ活発なんだが、選挙でまたしても野党票を分散させようという清和会自民党の別働隊臭いんだが、野党系では山本太郎が人気だというので、山本太郎のドキュメンタリー映画の上映会と、山本太郎の講演なんぞを主催したわけです。与党も野党も、山本太郎の人気には敏感になってるねw この団体の背後には多くのカルト的な団体が控えていて、アベシンゾー好みの、「水の記憶」だとか、まぁ、そういうのだw コイツらが日本会議の別働隊でウヨクやるのは勝手だが、山本太郎を担いで、リベラルまで取り込もうと、偽装しているわけですね。まぁ、そこで迎合するような山本太郎ではないw 


ネットゲリラ
「要請」「お願い」「配慮」お口はタダだ
(2019年2月27日 04:27)
(以下一部転載)
今年のGWは10連休だ、愚民ども、喜べ、と胸を張って威張るのがアベシンゾーやら官僚やら、日給や時給で働いたことのない人間ですw 毎年、年末年始になるとドヤ街では「炊き出し」というのがあって、仕事にありつけない日雇いたちがささやかな善意の食事にありついたりするんだが、山本太郎は毎年、こっそりと一人で炊き出しに参加してますね。政治家にも、下が見える人間と、下が見えない人間がいます。
——-
ことし春の皇位継承に伴う10連休に備えて、政府は国民生活に影響が出ないようにするための対応方針を取りまとめ、連休中も休めない保護者のニーズに応えるため、保育施設の一時預かり事業への補助を加算する制度の創設などを盛り込みました。
それによりますと、連休中も休めない保護者のニーズに応えるため、この期間にかぎって、保育施設の一時預かり事業への補助を加算する制度を創設するほか、自治体を通じて保育事業者に対して、受け入れ人数の拡充などを要請するとしています。
また、時給や日給で働く労働者の収入が減ることに備えて、雇用主に対し、有給休暇としたり、臨時の手当を出したりするなど、適切な配慮を呼びかけるとしています。
さらに、人手不足が深刻な運送業では、連休前後で運送依頼が集中しないよう、事前に荷主との間で調整を行うよう周知するほか、医療や介護サービス、ライフライン、それに一般ごみの収集などの分野でも支障が出ないよう、国民に対する情報の提供を積極的に行うとしています。
——-
おいらとしても、10連休は勘弁して欲しいところで、毎年なんだが、連休というのは通販の売上げが下がるのだ。ウチは弱小個人営業なので、土日祭日にはスタッフも休みますw 365日24時間営業しているのはおいらだけですw コンビニブロガーと呼んでくれw


meiwasuisan
【衝撃】甲状腺がん発生率が10年前の90倍以上に
001 2019/02/26(火) 20:04:28
(以下一部転載)
ID:C1pUAKdnb6 
筆者の問いは、国立がん研究センターの昨年11月の疫学分析で、東京電力福島第一発電所の事故後に事故前の10年と比較し、18歳以下の男子で90倍、 
女子で50倍の甲状腺がんまたはその疑いが発生していたことに加え、最近の知見を踏まえての大臣の所見である。 
最近の知見とは以下の2つのうち、筆者が例にあげたのは後者である。 
「十分な統計資料」 
一つは国際環境疫学会の学会誌「Epidemiology」(疫学)に掲載された岡山大学の津田敏秀、時信亜希子、時信亜 
男子90倍以上の甲状腺がん発生を見ぬふりの環境省−知見はいつまで積み重ねるのか?(まさのあつこ) - 個人 - Yahoo!ニュース 



『文殊菩薩』
第二回米朝首脳会談が始まる
2019年02月27日00:35
(以下一部転載)
ベトナムに到着した金正恩
金正恩は列車で中国を縦断しベトナムのダンドンから専用車に乗り換えて、宿泊先であるハノイのメリア・ホテルに入った。
金正恩はホテル22階のスイート・ルームに滞在するが、ホテルは北朝鮮大使館から近く、金正恩は北朝鮮大使館にも出向いた。
金正恩とトランプは27日に晩餐を共にし、28日にはメトロポール・ホテルでの米朝首脳会談を経て「ハノイ宣言」が発表される予定だ。
「ハノイ宣言」では北朝鮮が段階的に非核化に取り組むことや、米朝の二国間で事実上の朝鮮戦争終了宣言がある可能性も高い。
これまで、朝鮮戦争終了宣言は米中朝三カ国での形も模索されたが、実際に三首脳が集うのは難しく、米朝での終戦宣言となりそうだ。
3月1日は朝鮮半島で日本からの独立運動を記念する3.1記念日が盛大に祝われるが、今年は朝鮮半島の平和を祝う日ともなろう。


《櫻井ジャーナル》
中露韓主導で緊張緩和へ動く朝鮮半島で米大統領は何を目指すのか?(1/2)
2019.02.26
(以下一部転載)
 アメリカのドナルド・トランプ大統領と朝鮮の金正恩労働党委員長は2月27日と28日にベトナムのハノイで会談する予定だという。すでに金委員長はベトナムへ入り、トランプ大統領も26日中にハノイ入りすると見られている。
 朝鮮半島の問題では緊張を緩和させて経済を発展させようと望んでいるロシア、中国、韓国が主導権を握り、朝鮮を引き込むことに成功した。アメリカ中心の支配システムを揺るがしている中国やロシアに対抗、主導権を奪還しようとしているのがトランプ政権だ。アメリカの支配層には軍事的な緊張を高めたいと考えている勢力が少なくない。
 米朝両首脳は昨年(2018年)6月12日にシンガポールで会談、韓国の文在寅大統領と金正恩委員長が4月27日に合意した「朝鮮半島の非核化」を確認したのだが、その後、アメリカ大統領は朝鮮半島の非核化を朝鮮の一方的な核兵器放棄に替えてしまい、朝鮮側の反発を招いた。アメリカ支配層は朝鮮半島の制圧を狙っているのであり、必然的な展開だった。
 しかし、朝鮮を引き込むことに成功した中国、ロシア、韓国は東アジアでの緊張を緩和を望んでいる。朝鮮とアメリカとの首脳会談は望むところだろう。そして今年の元旦、金委員長はトランプ大統領といつでも会う用意があると発言、トランプ大統領は金委員長と再会談する準備はできていると応じた。
 朝鮮半島の情勢を動かしている最大の要因はおそらくロシアの戦略にある。高速鉄道やエネルギー資源を運ぶパイプラインでロシア、中国、そして朝鮮半島をつなごうとしているのだ。この計画で最大のネックだったのが朝鮮だった。
 そこで、​2011年夏にロシアのドミトリ・メドベージェフ首相はシベリアで金正日総書記、つまり金正恩の父親と会談、朝鮮がロシアに負っている債務の90%(約100億ドル)を帳消しにし、10億ドルの投資をすることで合意​している。
 ところが、金正日は2011年12月に急死してしまう。その直後、韓国の情報機関であるNIS(国家情報院)の元世勲院長(2009年~13年)は暗殺説を唱えていた。
 2011年12月17日に列車で移動中に車内で急性心筋梗塞を起こして死亡したと朝鮮の国営メディアは19日に伝えているが、元院長によると、総書記が乗った列車はそのとき、平壌の竜城駅に停車中だった。
 NISは金の動向を15日まで確認しているが、その後は行方をつかめなくなったともいう。22日に総書記は何らかの予定が入っていて、韓国側もそのために追跡していたともしている。
 長期にわたり、金正日が暗殺のターゲットになっていた可能性もある。例えば、2004年4月に危うく龍川(リョンチョン)の大爆発に巻き込まれるところだったと噂されている。爆発の2週間前にインターネットのイスラエル系サイトで北京訪問の際の金正日暗殺が話題になっていたようだ。一応、貨車から漏れた硝酸アンモニウムに引火したことが原因だとされている。
 朝鮮は2006年に核実験を実施、国連の安全保障理事会では制裁決議が採択された。日本政府が主導したと決議だと言われている。その後も朝鮮側はミサイル発射や核兵器の爆破実験を盛んに行うが、これはアメリカ支配層にとって好都合だった。
 イスラエルの元情報機関幹部によると、1980年代、アメリカ政府がイランへ武器を密輸していた当時、そのイランへ売る旧式ミサイルをイスラエルは朝鮮で調達している。(つづく)


田中龍作ジャーナル
【ベネズエラ・カラカス発】 ロシアと中国は米国に権益を渡さない 巨額兵器市場と地下資源
2019年2月26日 10:03   
(以下一部転載)
 政治腐敗と経済無策で国民の反発を買うマドゥロ政権の国外追放が、あたかも時間の問題であるかのように、西側メディアは伝える。
 だがロシアと中国は簡単にベネズエラを諦めない。ベネズエラが米国のノド元に位置する戦略要衝であることも大きな理由の一つだ。
 ロシア軍はベネズエラ領内のカリブ海の島に基地を設ける・・・昨年末タス通信が伝えた。
 これを知った米国は大いに慌てた。ロシアのミサイルが置かれたりしたら、「キューバミサイル危機」の悪夢がよみがえる。「マドゥロ追放シナリオ」の きっかけ ともなった。
 ベネズエラ軍の兵器はロシア製と中国製だ。ロシアは巨額の購入代金を貸し付けてきた。
 米トランプ政権が目論見通りマドゥロ大統領を追い出し、グァイド国会議長を新大統領にインストールすれば、兵器体系を米製に入れ換えることは可能だ。だがロシアと中国が みすみす 巨額の兵器市場を手放すとは考えられない。
 ロシアと中国がこだわるのは兵器ばかりでない。災害避難者用住宅などの建設もロシアと中国が手掛けてきた。ベネズエラにおいて両国は社会貢献しているのである。
 油質はともかく石油埋蔵量は世界一。ウランなどの地下資源も豊かだ。
 長年ベネズエラに投資してきたロシア、そして中国が、米国に権益を譲り渡すとは考えにくい。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
米朝首脳会談では、「北朝鮮の非核化は時間がかかるので、時間をかけて非核化を行うことを決め、そのうえで米朝不可侵条約を結ぶことを共同宣言する」という
19/02/26 08:37
(以下一部転載)
 「第2の日本」北朝鮮の金正恩党委員長が2月26日午前、ベトナムの首都ハノイに入り、27日から開かれる第2回目の米朝首脳会談に望む。23日午後、平壌を専用の特別列車で中朝国境の丹東を通り、中国入りし、天津市を通過、24日、北京に立ち寄らず、武漢市を通り南下を続け、25日、ベトナムのドンダンに入り、金正恩党委員長は、祖父・金日成将軍(国家主席)に習い陸路4700キロを走破して後、26日、専用車でハノイ入りして、27日、トランプ大統領と米朝首脳会談、その夜は、ハノイ市内のオペラハウスで両首脳がそろって観劇するという。北朝鮮とベトナムは、大東亜戦争後、大日本帝国陸軍中野学校出身のスパイの残置諜者が指導して精強な軍隊を養成した民族国家である。戦術の源流は、硫黄島の戦いを指揮した栗林忠道陸軍中将(最終階級は、陸軍大将)の洞窟戦。米軍は、朝鮮戦争にかい勝てず休戦、ベトナムは、敗北した。天皇陛下のごく近くにいる吉備太秦によると、「今回の米朝首脳会談では、北朝鮮の非核化は時間がかかるので、時間をかけて非核化を行うことを決め、そのうえで米朝不可侵条約を結ぶことを共同宣言する」という。次のステップは、トランプ大統領が、中国の習近平国家主席との米中首脳会談を行い、「韓国消滅→朝鮮半島統一」の話を詰める。


シャンティ・フーラの時事ブログ
ユダヤ問題のポイント(近・現代編) ― 外伝31 ― フランクフルトの秘密会合
2019/02/26 11:00 AM
(以下一部転載)
 安倍ペテン政権の無脳外交のオカゲで、北方領土と言われてきた場所は完全に「日本固有の領土」とは主張できなくなったラシイ。
 領土や主権が再注目されるようになったわけですが、一般的には国家構成要素は領土、国民、主権とされるようです。しかし、独立国家の構成要素には、本当は「通貨発行権」を正式に加えるべきでしょう。
 国家が通貨を「貿易や産業の需要に合わせて適切な割合で発行」する権利が奪われていたら、名前は独立国家でも主権を奪われていると同義です。逆に名称は植民地でも、そこに領土があり国民が住み、通貨発行権という最も大事な主権があれば実質は独立国家です。
 「ボストン茶会事件」と同年の1773年、フランクフルトで秘密会合がもたれていました。主催者はマイヤー・アムシェル・ロスチャイルド。会合の内容は、全世界のマンパワーと資源を独占的に完全支配するための世界革命計画であり、25の行動計画が示されます。
 その具体的内容は、集ったメンバーの資金をプールして利用し、銀行制度で世界人民の冨と資源を徹底的に収奪するのを中心に置いています。また、そのための行動計画では、あらゆるペテン、虚偽、欺瞞、裏切り、嘘の喧伝のプロパガンダ等、手法は駆使しなければならないとしています。
 現在の日本マスコミによる「嘘の垂れ流し」状態を鑑みても、この秘密会合の内容に沿って、約240年間世界が動かされてきたであろうことを認めざるを得ないのです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
沖縄県民投票から一夜明け、安倍政権はこれ見よがしの暴走を続ける 〜 追い詰められているのは無法の官邸側ではないか
2019/02/26 12:00 PM
(以下一部転載)
 沖縄県民投票の結果、辺野古反対は43万票を超え、圧倒的な民意が示されたと言えます。
 明けて25日、安倍首相は「投票結果を真摯に受け止め」、「基地負担軽減に向けて全力で取り組み」、これからも沖縄県民に「ご理解いただけるよう全力で対話を続け」、よって「引き続き辺野古移設計画を推し進める」という脳が腸捻転を起こしそうな結論を出しました。この日、岩屋防衛相も、3月予定の新区域への土砂投入を前に進めると発表しました。わざわざ投票結果を軽んじるような形でのこれらの記者会見に、この政権の悪辣さがよく表れています。
 そして大手メディアは、何の論評も加えることなく安倍様のコメントを報じますが、ネット上では容赦無く「辺野古が唯一の解決策」という「嘘っぱち」を暴き、その背後に宇部興産や大成建設という「オトモダチ企業」の利権があることや、NHKは「県民投票には法的拘束力が無い」と強調する前に、辺野古埋め立ての法的根拠が無いことを報道すべき、という本来メディアが果たすべき指摘を見ることができます。
 県民投票の圧倒的な結果にも関わらず安倍政権の弾圧は変わらない?
いや、連中が依怙地になればなるほど、窮地に追い詰められているように見えるのです。


シャンティ・フーラの時事ブログ
沖縄県民投票による圧倒的な民意が示された“この日を境に世界は変わる”!〜“あべ「李晋」教”を駆逐する十字軍が形成されつつある!
2019/02/26 9:00 PM
(以下一部転載)
 日刊ゲンダイの言う通り、県民投票による圧倒的な民意が示された以上、“この日を境に世界は変わる”と言って良いと思います。
 ツイートをご覧になると、もはやサギゾーの正体はバレバレです。森羅万象以来、サギゾーは、“面の皮が厚い嘘つき”で、評価が固まってきたと言えるでしょう。
 私は常々、この世界は、“地底人”と“最低人”の戦いではないかと思っているのですが、最低人を騙すのは、宗教が一番手っ取り早いというのは歴史が示すところ。顔色一つ変えず、平気で嘘がつけるサギゾーのサイコパス的資質から、彼は教祖の資格があるという意見があります。
 森羅万象発言を考慮すると、ひょっとしたらサギゾーは、すでに、エル・ピョンターレを最低晋とする“あべ「李晋」教”の教祖なのではないか。
 “続きはこちらから”以降は、この邪教を駆逐する十字軍が形成されつつある様子です。


ネットゲリラ
この人も大企業に天下りしそうだね
(2019年2月26日 05:14)
(以下一部転載)
統計のインチキが次々に暴かれているんだが、国会での追求は何とも腑抜けで、迫力がない。まぁ、野党の政治家も、官僚アガリが多いんだよね。同類。国際的な信用を失墜して、日本発の大恐慌が来るまでは、みんな腑抜けのままだろう。
——-
 毎月勤労統計の調査対象事業所の入れ替え方法変更を巡り、有識者検討会で議論がされていた2015年9月に、厚生労働省が中江元哉・元首相秘書官(現財務省関税局長)だけでなく、首相官邸の内閣参事官(当時)にも検討状況を説明していたことが23日、分かった。
 参事官は中江氏を補佐する立場。調査手法は中江氏の意向に沿う形で見直されており、野党は参事官がつなぎ役となり厚労省と官邸の間で頻繁にやりとりがあったとみて、追及を強めそうだ。
——-
いくら追求したって、絶対に白状しないんだから、やるだけ無駄。日本人とメンタリティが違う。韓国人のスリとか、そうだよね。現場を押さえられても、「知らない」と言うw 往生際が悪いw


シャンティ・フーラの時事ブログ
中西征子さんの天界通信45 〜ハルカナウチュウノヒカリノミコト様(エーテルダブル・ 16才)から地球人へのメッセージ〜
2019/02/26 9:30 PM
(以下一部転載)
 中西征子さんが、私のエーテルダブル(ライトボディ)を描いてくれました。中西さんの絵を見て驚くのは、姿形だけではなく、波動まで描き込んでいるところです。確かにこの絵を見ると、エーテルダブルのみの波動しかありません。
 前回、私のプラズマ体を描いた時も同様でした。
 このことの不思議さは、例えば、表裏が白い紙に私の名前を書くと、その紙は私のすべての身体の波動を出していることからわかります。なので、どの身体の波動も読み取ることができるのです。身体だけではなく、心の波動も意識の波動も読み取れます。
 しかし、このイラストからは、エーテルダブルの波動しか読み取れないのです。なので、エーテルダブルに意識を合わせることができない人には、この絵から何も感じられないということになるかと思います。
 各身体については、2018年10月17日の記事を参照してください。



嗚呼、悲しいではないか!
着々と進んでいる
2019/02/25 20:54
(以下一部転載)
彼らは不正なヒラリーが負けるとは決して思わなかったので、
多くの壊滅的な過ちを起こした。権力を人民へ戻しましょう。
ロシアの共謀は嘘と判明したので、次は反逆者の裁判がいつ始まるかである。トランプのツィートは「ロシアによる共謀は不正なヒラリークリントンと民主党全国会議(DNC)によるものであった。そしてDNCがFBIへ提出を拒否したサーバーはどこにあるのか?代理人リサ・ペイジと彼女の愛人代理人ピーターSの間の新しいメールはどこ?我々は今それが欲しい」 
ページはストラックに「(トランプは)絶対に大統領にはならないでしょう?」と送り、ストラックは「いや、なれない。俺たちが止める」と返信した。このメールを言っている。 
Qは反逆者の裁判が始まると予言しています。(彼らがやっているので確信です)ヒラリーは反撃の土壇場メールを発信しているようです。何の効果もありません。危険を察知しているのでしょう。ヒラリーメール「民主党の次期大統領候補に対するネガティブキャンペーンが始まっている」とお涙頂戴メールでしょうか?外国のエージェントがかかわっているとも述べている。本当にいつも同じパターンです。いままで同じパターンでうまくいっていたのでしょうね(反省)。


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/2/18 フルフォード情報英語版:破産済みの米国政府は偽債券を発行し、破産を免れようと悪足掻き中
2019/02/25 2:00 PM
(以下一部転載)
 今回登場するアルバート伯ですが、リンク先のPDF文書には梅の五弁のスタンプが幾つか押されてあって、レッド・ドラゴンファミリーに関係しているらしき香港の梅花(メイファ)家を思い出しました。
 おまけにアルバート伯の「身元を偽造」って、具体的にどういうこと? と思ったのですが、ニール・キーナン氏とサウジの皇太子も例に挙がっていたので、ようは本人を殺して、クローンなどの成りすましを本人としてでっち上げた、と言いたいようです。どうやら今年に入ってもキーナン氏との溝は深いようで……世界平和のため、5つの龍が一致団結できますよう、どなたか橋渡しを切にお願い致します。
 今回は最後まで「フリをする」人々のオンパレードです。サウジのユダヤ王家や皇室の血筋、イスラエルの代理人しかり、ドイツの工作員しかり、嘘吐いたらカルマになりますよ~。


《櫻井ジャーナル》
ウクライナでの手口を思い起こさせるベネズエラでのクーデター計画
2019.02.25
(以下一部転載)
 アメリカ政府を後ろ盾とするフアン・グアイドは何かが23日に起こると予告していた。その23日にイギリスの富豪が主催するコンサートが開かれ、グアイド支持勢力は参加者を20万人とも30万人とも主張している。が、その様子を撮影した写真をみると1万5000人ほどにすぎない。
 似たような手口がウクライナのクーデターでも使われた。そのときは2013年11月にキエフのユーロマイダン(ユーロ広場、元の独立広場)で抗議活動が始まる。その演出はEUへの憧れを刺激するカーニバル的なものだった。その演出が功を奏したのか、12月に入ると50万人が集まったと言われている。その再現をベネズエラで狙ったのかもしれないが、成功しなかった。
 コンサートが開かれた23日には「人道的援助物資」を積んだUSAID、つまりCIAのトラックがコロンビア領内に出現、現在は使われていない橋を渡ってベネズエラ領へ侵入しようとする。不法入国を目論んだわけだ。こうした「援助」を容認した場合、プロパガンダに利用されるだけでなく、CIAの要員が侵入してくるとベネズエラ政府側が考えても不思議ではない。
 そうした物資の持ち込みを阻止するためにベネズエラは治安部隊を配置、それに対してグアイド派の一団は石と火炎瓶を投げ始める。その直後にトラックが火に包まれた。その原因はベネズエラ側にあるとグアイド派のメディアは主張、西側の有力メディアは同調する。催涙弾が原因だというのだが、通常の催涙弾で火がつくというような話は聞いたことがない。
 ウクライナでは人びとが集まったところでネオ・ナチが登場し、棍棒、ナイフ、チェーンなどを手に、石や火炎瓶を警官隊に投げつけるだけでなく、ピストルやライフルを持ち出す。
 2014年2月7日にロシアのソチで冬季オリンピックが開幕、それに合わせて抗議活動は暴力的になり、街は人血の海に化した。2月中旬になると広場で狙撃が始まる。
 西側の政府や有力メディアは狙撃の責任はビクトル・ヤヌコビッチ政権側にあると主張したが、25日にキエフ入りして調査した​エストニアのウルマス・パエト外相はその翌日、EUの外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)だったイギリス人のキャサリン・アシュトンへ電話で次のように報告​している:「全ての証拠が示していることは、スナイパーに殺された人びと、つまり警官や街に出ていた人たち双方、そうした人びとを同じスナイパーが殺している。同じ筆跡、同じ銃弾。実際に何が起こったかを新しい連合体(クーデター派)が調査したがらないほど本当に当惑させるものだ。スナイパーの背後にいるのはヤヌコビッチでなく、新連合体(反ヤヌコビッチ派)の誰かだというきわめて強い理解がある。」
 当時、広場で抗議活動を指揮していたのはネオ・ナチのアンドリー・パルビー。ヤヌコビッチ政権でSBU(ウクライナ治安局)の長官を務めていたアレクサンドル・ヤキメンコはそのパルビーが狙撃の責任者だと言っていた。
 その後、この狙撃に関するテレビ番組が2017年11月にイタリアで放送される。その中に自分たちが狙撃したするジョージア人3名が登場、警官隊と抗議活動参加者、双方を手当たり次第に撃つよう命じられたとしている。この3名は狙撃者グループの一部で、治安部隊のメンバーとしてジョージアから送り込まれたいう。(​その1​、​その2​)この3人も狙撃の指揮者はアンドレイ・パルビーだと語っていた。
 ソチのオリンピックが閉幕する前日、2月22日にヤヌコビッチ大統領は憲法を無視する形で排除された。このクーデターで中心的な役割を果たしたのはネオコンでヒラリー・クリントンと親しいというビクトリア・ヌランド国務次官補だ。
 ベネズエラ軍の掌握に失敗したアメリカ政府は暴徒を利用したウクライナ、あるいは武装勢力を侵入させてリビアやシリアの再現を狙うかもしれない。
 ニコラス・マドゥロ政権を倒し、アメリカ支配層が傀儡体制を復活させたたがっている理由は石油にあるとジョン・ボルトンも口にしているが、その石油はグアヤナ・エセキバという地域の地下に眠っているという。この油田は2015年に発見されたのだが、ここはベネズエラとガイアナが自国領だと主張している場所。石油を利権を獲得し、大儲けしたい欧米の石油資本は自分たちの言いなりになる人物、たとえばグアイドを大統領にしたいのだろうとジャーナリストのF・ウィリアム・イングダールは指摘している。


シャンティ・フーラの時事ブログ
ベネズエラ国民の圧倒的多数は、米国の介入に反対し、フアン・グアイド氏を認めていない!
2019/02/25 9:30 PM
(以下一部転載)
 冒頭の田中龍作ジャーナルでは、アメリカなどが提供する人道支援物資を拒否しているマドゥロ政権に対して、人々が「人道支援物資の搬入を」というデモを行ったとのことです。
 しかし、米国の人道支援物資には、反政府勢力に提供する武器が積まれていることはよく知られています。
 “続きはこちらから”では、“米国が主張する「人道支援」は前世紀末のコソボ紛争以来、軍事介入の露払いとなってきた”と書かれています。また、mkoさんのツイートをご覧になると、ロシア外務省は、米国が援助輸送を口実に軍事介入の計画があるとしています。
 こうした中で、田中龍作ジャーナルが米国の軍事侵攻の手助けとなるような記事を提供することには、疑問を感じます。
 mkoさんの4つ目のツイートには、米国の介入に反対するデモの様子が写っています。動画をご覧になると、田中龍作ジャーナルの写真のデモとは比較にならない規模だということがわかります。要するに、ベネズエラ国民の圧倒的多数は、米国の介入に反対しているのです。要するに、フアン・グアイド氏を認めていないのです。
 龍作さんは、弱者の視点に立って取材をしているだけだと思いますが、アメリカがこれまでに行ってきた歴史的経緯を無視して、一部だけを取り上げてマドゥロ大統領を独裁者と表現するのは、それこそ、私たち庶民を食い物にしているグローバリストの思惑に乗せられているのではないでしょうか。このような立場は日本国内なら通用するかもしれませんが、国際的な視点では相手にされないのではないかと思います。
 弱者の視点に立つと言うのであれば、マドゥロ政権支持派の最貧困層の意見も聴かなければ、歪んだ視点を伝えることにならないでしょうか。龍作さんには、是非ともフアン・グアイド派から離れて、自分自身の足でベネズエラを見てきて欲しいと思います。


《櫻井ジャーナル》
米支配層に従属する安倍政権が沖縄の新基地建設を急ぐ背景には米の世界制覇計画
2019.02.25
(以下一部転載)
 ベネズエラでは民意を否定するため、アメリカ支配層は傀儡のフアン・グアイドに大統領というタグをつけ、選挙で選ばれたニコラス・マドゥロ政権を倒そうとしている。西側の有力メディアはアメリカ支配層の利益に反する政策を推進する政権を「独裁」と呼ぶのだが、ベネズエラでもそうした呼び方が使われている。
 そのアメリカ支配層に従属している安倍晋三政権は沖縄県名護市辺野古での新基地建設を推進している。アメリカ軍の普天間飛行場を移設させるのだとしているが、はっきりしているのは新基地建設だけ。普天間飛行場がなくなる保証はない。
 普天間基地の返還合意が発表されたのは1996年4月のこと。そのときの首相は橋本龍太郎、駐日アメリカ大使はウォルター・モンデールだった。
 この合意は1995年に引き起こされたアメリカ兵による少女暴行事件が理由だとされているが、その年の2月にはアメリカの国防次官補だったジョセイフ・ナイが「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」を発表、日本に対し、国連中心主義の立場を放棄してアメリカの単独行動を容認するように求めている。この年に日本はアメリカの戦争マシーンへ組み込まれたのだ。
 アメリカ支配層が単独行動主義を打ち出したのは1992年のことである。この年の2月に国防総省のDPG草案という形で世界制覇プランが作成されている。当時の大統領はジョージ・H・W・ブッシュ、国防長官はリチャード・チェイニー、国防次官はポール・ウォルフォウィツ。DPG草案は次官だったウォルフォウィッツを中心に書き上げられた。そこでこのプランはウォルフォウィッツ・ドクトリンとも呼ばれている。
 このドクトリンは新たなライバルの出現を阻止することに主眼を置いている。ソ連は1991年12月に消滅、ボリス・エリツィンを大統領とするロシアはウォール街やシティ、つまりアメリカやイギリスの巨大金融資本の植民地と化していた。残された国の中で潜在的ライバルと見られたのが中国。そこでアメリカ政府は東アジア重視を打ち出す。
 敵対勢力が力の源泉でもあるエネルギー資源を支配することも防がなければならない。そこで中東支配もアメリカ支配層の重要な政策になった。
 ウェズリー・クラーク元欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)最高司令官によると、このドクトリンが作成される直前、ウォルフォウィッツはイラク、シリア、イランを殲滅すると語っている。(​3月​、​10月​)
 近代日本は明治維新から始まるとされているが、これはイギリスを後ろ盾とする長州と薩摩が徳川体制を倒したクーデターにほかならない。当時、イギリスは中国(清)を侵略、略奪している最中だった。
 1840年から42年にかけてアヘン戦争、56年から60年にかけてアロー戦争(第2次アヘン戦争)を仕掛けて勝利、広州、厦門、福州、寧波、上海の開港とイギリス人の居住、香港の割譲、賠償金やイギリス軍の遠征費用などの支払いを最初の戦争で認めさせた。次の戦争では中国に賠償金を払わせ、天津の開港や九龍半島の割譲を認めさせている。香港はイギリスによるアヘン密輸と侵略戦争の象徴だ。
 しかし、イギリスには内陸部を支配するだけの戦力がなかった。そこで目をつけられたのが日本。傭兵を供給させようとしたわけだ。役割はアル・カイダ系武装集団などジハード傭兵と同じだ。明治政府は琉球併合、台湾派兵、江華島事件、日清戦争、日露戦争へと進んでいく。
 関東大震災で復興資金の調達を頼って以来、日本に大きな影響力を及ぼすようになったのはウォール街の巨大金融資本、JPモルガン。この金融資本を中心とする勢力が1933年から34年にかけて反ニューディール派のクーデターを計画したことは本ブログでも繰り返し書いてきた。
 ニューディール派の中心、フランクリン・ルーズベルトが初めて大統領選挙に勝ったのは1932年。その年にハーバート・フーバー大統領が日本へ大使として送り込んできたのがJPモルガン総帥の義理の従兄弟にあたるジョセフ・グルーだ。そのグルーは政界や財界だけでなく皇族にも強力な人脈を張り巡らせていた。第2次世界大戦後の日本の進路を決めたジャパン・ロビーの中心はこのグルーにほかならない。
 大戦後、アメリカはソ連に対する先制核攻撃を計画する。実戦を想定したドロップショット作戦が作成されたのは1957年だと言われている。300発の核爆弾をソ連の100都市で使うというもので、工業生産能力の85%を破壊する予定になっていたという。(Oliver Stone & Peter Kuznick, “The Untold History of the United States,” Gallery Books, 2012)
 ​テキサス大学のジェームズ・ガルブレイス教授によると​、攻撃は1963年後半に実行されることになっていたが、その前にはジョン・F・ケネディ大統領という大きな障害があった。この障害が排除されたのは1963年11月22日。テキサス州ダラスで暗殺されたのだ。
 このドロップショット作戦が作成される直前、1953年4月に沖縄では布令109号「土地収用令」が公布/施行された。これに基づき、沖縄では武装米兵を動員した暴力的な土地接収が実行され、55年の段階で沖縄本島の面積の約13%が軍用地になった。これがアメリカの先制核攻撃計画と密接に結びついていることは言うまでもないだろう。
 そうした土地の接収が行われていた1955年から57年にかけて琉球民政長官を務めたライマン・レムニッツァーはドワイト・アイゼンハワー政権の時代に統合参謀本部議長へ就任、ドロップショット作戦でも中心メンバーのひとりだった。
 この当時から沖縄の基地はアメリカによる侵略戦争のために存在している。防衛を前提にした議論は無意味なのだ。ウォルフォウィッツ・ドクトリンで中国が第1のターゲットになったわけで、沖縄の基地は先制攻撃のために整備する必要に迫られたはずだ。1996年4月にはそうした意味がある。安倍政権が新基地の建設を急いでいる理由はそうした背景から考えなければならない。


richardkoshimizu's blog at ameblo
<辺野古埋め立て反対が72%>・・・・安倍晋三はこの結果を無視する。
2019-02-25 09:05:36
(以下一部転載)
安倍晋三が不正選挙を行使できない沖縄では、県民投票を行うと、正しい結果が出ます。
辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」が72・2%・・・・・です!
沖縄の創価学会の皆さん、汚い票差替え作業は、今回は不発でしたね。創価選管使えなかった?
だが、安倍晋三は、投票結果を無視して、工事を強行します。いまだにヒラリーの復権まで耐えろとハザール・ユダヤ人から指令されているのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古問題は、在日米軍全面撤退で解決する!
コメント無題byリッキー
<辺野古埋め立て反対が72%>
[ロイター【共同通信】:2019年2月24日 / 19:20]
 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票は24日投開票の結果、辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」が72・2%となった。投票率は、住民投票の有効性を測る一つの目安とされる50%を超えて52・48%だった。玉城デニー知事は近く安倍晋三首相とトランプ米大統領に結果を伝達する。県側は民意を踏まえ、改めて移設を断念するよう迫るが、県民投票結果に法的拘束力はなく、政府は推進方針を堅持する見通しだ。「賛成」は19・1%、「どちらでもない」は8・8%。
 反対票は投票資格者の4分の1に達した。投票条例に基づき、玉城氏には結果を尊重する義務が生じた。


ネットゲリラ
ポッポに負けた、あべし
(2019年2月24日 23:00)
(以下一部転載)
投票した人の79%が安倍内閣の沖縄の基地問題に対する姿勢を「評価しない」と答え、そのうち85%が埋め立てに「反対」の票を投じた、という事で、投票率も50パーセントを超えているので、デニー玉城大勝利だわw これで、トランプに結果を報告できる。顔を潰されるのは、ジャパンハンドラーズと、清和会。アメリカは、そこまでトラブル起こしてまで、辺野古の基地なんか欲しくない。
——-
 沖縄県民投票は24日、投票され、午後8時で投票を締め切った。朝日新聞が実施した出口調査では、埋め立てに「反対」を投票した人は7割に及び、投票率も加味すると、昨年9月の知事選で玉城デニー氏が獲得した過去最多の39万6632票を超える可能性がある。
 知事が首相らに結果を通知する投票資格者総数の4分の1も大きく超えそうで、玉城氏は近く、「辺野古反対」の民意を安倍晋三首相に伝える。
——-
明らかに流れが変わった。辺野古がすぐには出来ず、普天間の移転のためというのが完全に嘘っぱちだったのがバレた。辺野古なんて、やろうがやるまいが、普天間の移転には何の関係もない。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
天皇陛下は、「御在位三十年記念式典」で「次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」とお言葉
19/02/25 07:43
(以下一部転載)
 「天皇陛下御在位三十年記念式典」が2月24日、東京都千代田区の国立劇場で天皇、皇后両陛下をお迎えして開かれ、3権の長や各界の著名人ら約1100人から祝意を受けられた。4月30日にご譲位なされる天皇陛下は「即位から三十年、こと多く過ぎた日々を振り返り、今日(こんにち)こうして国の内外の祝意に包まれ、このような日を迎えることを誠に感慨深く思います。平成の三十年間、日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが、それはまた、決して平坦な時代ではなく、多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました」と振り返られ、「憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く」と自らの歩みを振り返えられ、ご譲位後の皇室に向けて「次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています」とお言葉を述べられた。天皇陛下が、沖縄県のハンセン病療養所の入所者との交流をきっかけに作詞され、皇后陛下が作曲された「歌声の響」を同県出身の歌手、三浦大知さんが独唱。ソプラノ歌手の鮫島有美子さんは、皇后陛下が幼いころの皇太子殿下の枕元で口ずさまれたという子守歌「おもひ子」を歌った。なお、この日に実施された沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票で、埋め立てに「反対」の得票が4分の1の28万8000票を超え、埋め立てに「反対」の得票は、43万4273票(72.48%=開票率100%)となった。「賛成」は11万4933票、「どちらでもない」は5万2682票だった。玉城デニー知事は、この結果を尊重し、安倍晋三首相とトランプ大統領に通知して、移設計画を断念するよう働きかけを強める。


richardkoshimizu's blog at ameblo
安倍晋三君のGDPの改竄の手口。すごいですねー。
2019-02-25 09:20:30
(以下一部転載)
南カリフラワー大学2年間構内散歩学部麻雀専科留学生安倍晋三君の卒業論文!
テーマ:「もし僕ちゃんがお爺ちゃんの七光りで総理になったら、GDPを改竄しますっ!ホモホモッ(擬態語)」
論文の概要:「その他」のかさ上げ額が非常に不自然→アベノミクス以降を大幅にかさ上げし、1990年代を大幅に押し下げている→アベノミクス以降の名目GDPを押し上げ、その他の年度の名目GDPを押し下げることで、アベノミクスが成功しているように見せかけること
なるほど、こうやって、GDPを水増ししてアベノミクスの成功を偽装。実際は、経済沈滞。
晋三君、あったまいーなー。すごいなー。
ちゃんちゃん。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<明石順平氏>
ハーバービジネスオンライン 2019/02/23 08:32 概略
毎月勤労統計偽装の実態が明らかになるに連れて、偽装された目的が「GDPを嵩上げして、アベノミクスの成果を捏造しようとしたから」ではないかという疑惑が濃厚になってきている。 
◆かさ上げされたGDP
事の発端は、2016年12月8日に内閣府がGDPの算出方法を変更したことです。それに伴い、内閣府は1994年以降のGDPをすべて改定して公表しました。
この新しい算出方法では、実質GDPの基準年が平成17年(2005)から平成23年(2011)に変更されました。また、これまでGDPの算出は「1933SNA」という国際基準に準拠していましたが、これが「2008SNA」に変更されました。研究開発費などが加えられたため、GDPが大きくかさ上げされることになりました。
しかし、これよりも重大な問題があります。内閣府はGDPが増額した要因を発表していますが、そこには「その他」という項目があり、「その他」のかさ上げ額が非常に不自然なのです。
たとえば、アベノミクス以降のかさ上げ額を見ますと、13年度は4兆円、14年度は5.3兆円、15年度は7.5兆円となっており、平均するとプラス約5.6兆円になります。これに対して、1990年代はすべてマイナスで、平均するとマイナス約3.8兆円です。
つまり、アベノミクス以降を大幅にかさ上げし、1990年代を大幅に押し下げているということです。
狙いはおそらく、アベノミクス以降の名目GDPを押し上げ、その他の年度の名目GDPを押し下げることで、アベノミクスが成功しているように見せかけることです。
算出方法を改定する前の名目GDPの推移を見ると、史上最高額を記録した1997年度と、2015年度との差額は20.7兆円もありました。ところが、「その他」の額を計算に入れると、1997年度と2007年度は押し下げられ、2015年度は大幅にかさ上げされます。その結果、1997年度と2015年度の差額はわずか0.9兆円になり、しかも2015年度は過去22年度の中で二番目の数字に急上昇するのです。
もし2015年度の数字が一番高くなっていれば、多くの人が疑念を持ったはずです。それを避けるために、あえて二番目の数字になるように調整したのだと思います。


richardkoshimizu's blog at ameblo
>この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性が
2019-02-25 09:09:24
(以下一部転載)
安倍晋三は、予定通り、計画通り、アベノミクスを破綻させているのです…
コメント「この記事は表示できません」そう… by偽装春曲丼阻止…
このスレをリブログしたのですが、先ほど見たら…
「この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。」だそうで、見られなくなっています。
なにがどうふさわしくないのかまったく分からないのですが。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、なにが「ふさわしくない」のかな?
もしかして、「安倍晋三」?w


シャンティ・フーラの時事ブログ
「記者が国民の代表だという根拠を示せ」という官邸の狂気じみた恫喝に屈しない東京新聞と、それを見過ごすことなく伝える西日本新聞
2019/02/25 11:00 AM
(以下一部転載)
 カナロコ然り、地方紙が頑張っています。
上村官邸報道室長の「簡潔にお願いしま〜す」という望月記者への質問妨害や、官邸が内閣記者会に東京新聞の質問をさせるなという文書を送りつけただけでも暴挙ですが、20日の東京新聞の記事では、それ以外にも官邸はずっと執拗な圧力をかけていたことが明らかになりました。元記事では、2017年以降の官邸からの恫喝が表にまとめられています。
 官邸から東京新聞の編集局長あてに「記者会見は官房長官に要請できる場と考えるか」などの高圧的な申し入れは9件、それ以外にも「記者は国民の代表として質問している」と述べる望月記者に対して「記者は国民の代表だという根拠を示せ」「国民の代表は選挙で選ばれた国会議員、記者は社内の人事」という子供の口喧嘩のような非難を浴びせています。
 東京新聞は怯むことなく、今回のような「検証と見解」を出したわけですが、この記事を重く見て取り上げたのが、西日本新聞でした。20日の東京新聞の記事を受け、菅官房長官が記者会見の場で、さらに東京新聞を威圧するような発言をしていることを明らかにしました。報道の役割を無視し、メディアを官邸の都合の良い広報としてしか見ていないことがよく分かる記事です。
 ツイートは、官邸のあまりの低レベル、独裁モードに呆然とするものが多く、極めつけは「頭がおかしくなりそうだ。」
「国会議員が選挙で選ばれた国民の代表」という点についても、「当選したら何でも許す無制限の白紙委任」ではない、「民主主義国では、当選後も、政治家は国民に監視され続ける。」という官邸によくよく学んで欲しいコメントがありました。



嗚呼、悲しいではないか!
藤原直哉の2月時事解説・時局分析
2019/02/24 08:19
(以下一部転載)
(1)急激に世界が不景気になってきている
・短期金利は横ばい、長期金利は下がっている。
・長期が下がるのは不景気の証拠
・金融は引き締めない
・大きな破綻が出てから金利を下げるだろうが手遅れ
・年末年始の大暴落で金融経済の背骨が折れた
・不透明感が投資を控える
・世界的に人員削減の話が多い
・企業の景況下方修正が多い
・中国は大変
・半導体も車が売れないのでダメ
・ドイツも景気下方修正
・食品まで不景気
・急速に不景気はやってきている
・政治が変わっている
・早くビジネスモデルを変える(保護主義の中海外にはうまみがない)
・米では学生ローン(無担保)の支払い遅延が過去最高
・オンライン債権がやばい
・昭和のバブル崩壊と違って、個人に余裕がない
・中流階級に貯蓄がない
・米政府閉鎖の時、食費がない。
・奴隷のごとく働いてローンの返済をしている
・バブル崩壊を想定せずに政府や企業や家計を運営した結末
・今回は革命が起こるかもしれない⇒社会主義の台頭
・トランプの貿易戦争⇒アメリカ経済の回復のため
・アメリカドルを世界に投資して儲けるビジネスモデルはない
・雇用のため⇒海外の工場を米国に戻す
・アメリカへ輸出依存している国は被害が大きくなる⇒中国
・日本も自動車輸出のモデルは同じ
・中国の問題が片付きそうであるが、次は日本
・トランプは雇用を守ると言っているのに、日本はまだ輸出だと言っている
・輸出モデルはない⇒アジアは不景気になる⇒にっち戦略しかない
・日本は決して損ではない⇒産業構造を変えるチャンス
・大量リストラが起こる
・大量販売も危険
・世界的に不動産は価格が上がりすぎて買えなくなっている
・価格は下がるであろう
・売り手、銀行が危ない
・レオパレス21はバンザイだろう
・不良債権は最後に誰が損を被るか
・前回は米政府が一部引き受けたが、今回は受けるところがない
・銀行が倒産する可能性が高い
(2)恐慌の展開を考える
・明治政府は江戸時代の借金を引き継いだ
・日本の1千兆円の借金は10年国債の発行をしないとか
・体制をどうするか
・FRBも引き締めを考え直している
・英国EU離脱、中国問題
・中国の人民元にドルがついたので世界で通用できるようにした
・トランプはドルをはがしている(米中貿易戦争の裏側)
・人民元だけで世界に通用するか?
・世界通貨体制をどうするか(ドルは基軸通貨を降りたい)
・金融恐慌は始まっている(欧州、中国)
・国際金融を中国は理解していない
・台湾はうまくやっている
・日本もこのゲームに参加できないと意味がない
・いきなり円高になる
・金利と株価がリンクしている
・自己資本がほとんどない状況での急激かつ巨大な資産価値の下落
・バブル崩壊を想定せずに政府や企業や家計を運営していた結末
・バブル時代のリー台シップの総退陣
(3)社会主義が台頭しつつたる
・資本主義希望が減ってきている。社会主義が台頭中
・個人が手をつなぐ社会主義(輪をつくる)
・アマゾンがニューヨークの第二本社に対して市民が反対(社会主義の典型)
・人と話ができないリーダーは生き残れない
・下剋上。この緊張感が日本に伝わっていない
・エコノミスト誌の今週号の特集「若者社会主義」
・フランス、イタリア、米国に左派、社会主義者が出てきた
・腹をくくったリーダーが必要
・足して二で割るでは結論が出ない
・ともに作り上げるたくましいリーダーが必要
・株価は戻らない⇒株主は消える⇒従業員の時代へ
・所得の分配⇒企業の所有の問題
(4)日本の政治も流動化
・日本の政治は「統計捏造がもたらす政治破壊の迫力」
・公明党が怒っている(安倍支持では選挙をまとめきれない)
・内部分裂と真相暴露で溶解加速する日本の旧体制
・日本でも極右と左派の時代が来る
・日本もリストラが始まった
(5)世界は下克上
・テロ戦争の終結、冷戦の終結⇒英米の世界からの撤退
・ドイツと中国の共倒れ(ユーラシア同盟も沈没)
・多国籍企業は没落(自動車、IT)
・資源国の溶解(金を生かせない)
・ボトムアップと体制の流動化
・混乱の先に見える新しい時代をイメージできるか否か
私は悲観していない。
右向きのねじは巻き切った⇒極右主義は終わったと思っていい
中道右派(企業)と中道左派がしのぎ合う
相手の話を聞き、共に未来をつくれる人が出てくる
感情で政治は成功しない⇒安倍の失敗
バブル崩壊⇒双方をよく見て聞いて進めなければならない
(質問の回答:質問はよく聞き取れない)
ロシアは怒らせてはいけない⇒金では動かない(米国とか中国とは違う)
日韓は難しい(歴史的に)
韓国は、米軍が帰るとユーゴスラビアになる可能性がある(内戦)
新しい関係を構築しないと戦争になるかもしれない
真相が暴露されれば、日本も米国のように国民が騒ぎ出す
オンラインショッピングは競争激化
日中は、経済関係をどう付き合うか重要な問題
中国はバブル崩壊でめちゃめちゃ⇒中国も一つではない
中国も日本に帰ってもらっては困る
ブロックチェーン(IT)、オーガニックに優秀な人が集まっている
マネージメントには優秀な人はいない


『文殊菩薩』
金正恩が特別列車でハノイ入り
2019年02月25日00:00
(以下一部転載)
金正恩がハノイでの米朝首脳会談に臨むため特別列車に乗り込み、約3日間かけて中国を縦断してベトナム入りするという。
先回は中国の習近平の専用飛行機を借りてのシンガポール訪問だったが、列車となったのは暗殺の危険を避けるためもある。
また、鉄道で移動する場合も中国の全面的な警備とバックアップが必要なため、中国と北朝鮮の関係を誇示することにもなる。
さらに、1958年に祖父の金日成がベトナム訪問した際に、中国の広州まで鉄道で移動した形式を模倣する意味もあるという。
1958年に金日成は鉄道で北京や武漢を経由して広州まで至り、そこから中国の政府高官用飛行機でベトナムのハノイを訪問した。
金正恩のベトナム訪問は祖父の金日成が1964年に二回目のベトナム訪問以来、55年ぶりの北朝鮮のトップの公式訪問となる。


《櫻井ジャーナル》
西側メディアの宣伝とは違ってベネズエラ国内は安定、体制転覆は難しい状況
2019.02.24
(以下一部転載)
 ベネズエラでは物資が欠乏し、国民は食事もままならないと西側では伝えられているが、現地を取材したジャーナリスト、​マックス・ブルメンソールはそうした事実を否定する映像をインターネットで伝えている​。西側は物資欠乏を内政干渉の口実にしているのだが、それが大量破壊兵器や化学兵器と同じように嘘だとブルメンソールは報道している。
 物資が欠乏しているとしても、その責任はニコラス・マドゥロ大統領にあるが、そうした状況ではないということだ。アメリカは配下のメディアを使って物資が欠乏しているというイメージを広め、「支援」という口実で国境を超えて強引に物資を持ち込もうとしている。侵略の一環だと言えるだろう。その結果、軍事的な緊張が高まっている。コロンビアとの国境近くにベネズエラ軍が派遣されているともいう。
 アメリカ支配層の傀儡、フアン・グアイドはマドゥロ政権の一部が国外へ逃亡したかのように主張しているが、これも怪しい。アメリカなどによるシリア侵略の失敗はバシャール・アル・アサド大統領夫妻が国内に留まったところから始まっている。
 西側支配層としては、マドゥロに逃げ出して欲しいわけだろうが、そうした状況にあるとは思えない。イギリスの富豪が企画した「支援」コンサートに20万人以上が集まったとワシントン・ポスト紙が伝えたようだが、その様子を撮影した写真から実際は1万5000人くらいと推測されている。
 それに対し、ピンク・フロイドのメンバーだったロジャー・ウォルタースはカラカスにいる彼の友人から伝えられた現地の様子を書いている。それによると、現地では内戦も混乱も殺人も独裁も反対派の大量拘束も言論封殺もないという。今回もいつも通り、西側の有力メディアは偽情報を流しているようだ。ま、プロパガンダ機関なので当然なのかもしれない。


田中龍作ジャーナル
【ベネズエラ・カラカス発】 市民が空軍基地にデモ 「人道支援物資の搬入を」
2019年2月24日 06:59   
(以下一部転載)
 人道物資の搬入を求める人々が23日、カラカス市内にあるベネズエラ軍最大の空軍基地にデモをかけた。
 食料と医薬品が不足するベネズエラに米国やブラジルなどが人道支援物資を搬入しようとしてきたが、マドゥロ政権が国境沿いに軍を出し、実力で阻止してきた。
 「支援物資は汚染されている」「米国の侵略だ」などと屁理屈をつけて拒んできたのである。
 22日にはブラジル国境沿いで搬入を求める市民に軍が発砲し、2人が死亡した。
 翌23日に発生した空軍基地へのデモは、人道支援物資の搬入を力づくで阻むマドゥロ政権への強い反発だ。
 軍は一個小隊を出して警戒にあたった。
 空軍基地のフェンスに張り付いた人々は、兵士たちに「恐れるな、一緒に戦おう」「あなたたちの家族は我々の家族でもある」と呼びかけた。
 「リーベルテ=自由を」のシュプレヒコールがコバルト色の空に響いた。この国をどんよりと覆う「表現の自由への抑圧」に対する抗議だ。
 ハイパーインフレと不正選挙に抗議するデモが2015~2017年にかけて発生した。治安部隊が発砲し多数の死傷者を出した。多くのデモ参加者が逮捕された。人々は今なお続く圧政を はねのけて 再び立ち上がったのである。
 23日にあった空軍基地へのデモに参加したビジネスマンは「マドゥロ大統領は国を破滅に追い込んだ。経済と社会を破壊した」と吐き捨てた。マドゥロ大統領を安倍首相と置き換えてもすんなり 話が通る。
 首都カラカスの中心部に位置する空軍基地は、マドゥロ大統領の私邸から車で10分の距離にある。大統領が亡命するとなれば、この基地からとなるだろう。


シャンティ・フーラの時事ブログ
コブラが1月21日に呼びかけた瞑想の目的は、宇宙のセントラルサンの光を地球に呼び込み、最終的に地球にポールシフトを起こし、巨大な津波によって地球上を一掃すること!
2019/02/24 10:00 PM
(以下一部転載)
 コブラが1月21日に呼びかけた瞑想は、宇宙のセントラルサンの光を地球に呼び込むことが目的でした。これが実現できると何が起こるのかを、コブラが示しています。
 第6段階をご覧になると、最終的に地球はポールシフトを起こし、巨大な津波によって地球上が一掃されることがわかります。その後、“新地球でニューアトランティスが構築されます”とのことです。
 これこそまさに、地球を支配するエリートたちが目指していたことではないでしょうか。第三次大戦による全面核戦争などで人口の9割を削減し、大艱難の最中には、自分たちは地下の基地あるいは宇宙に逃れているわけです。艱難の後に、地表に戻り新世界を構築するわけで、全くと言って良いほど、NWOを実現しようとしていたエリートたちと、コブラの計画に違いはありません。
 時事ブログでは、コブラ達のグループはNWOを推進するロスチャイルド家を支援してきたと言っているのですが、今回の記事で、そのことがさらによくわかると思います。幸いなことに、このような彼らの邪悪な計画は既に打ち砕かれており、実現しません。
 2月5日午前9時45分に、爆発音と共に、私は星が爆発する様子をヴィジョンで見ていました。驚いたことに、私の妻も爆発音を聞いていたのです。妻には、先代の天の川のセントラルサンが破壊されたのだと説明しました。
 2月6日、午前0時25分のことですが、私の日記には、次のように書き残してあります。
 「コブラの言う宇宙のセントラルサン(先代の星神第五レベルのキツヲサネ五神の№4)の処刑(死刑)を命ずる」
 私の命令は、その命令が法に適っていれば実行されます。6日の朝方の出来事ですが、ゴキブリのような虫が飛んできて、私の右袖にとまりました。これは夢ではなく、宗教では、三昧(サマディー)と呼ばれる体験です。普通なら、袖にとまった虫を払い落とすのでしょうが、不思議なことにそのまま放っておきました。すると、「先生」という言葉が聞こえ、痩せて髭の生えた70歳代ぐらいの東洋人と思われる小柄な男性が、私の右側に現れ正座をしていました。彼は、“愚かにも騙されて…”という言葉を発しましたが、残念ながら、それ以外の言葉は聞き取れませんでした。
 その老人が、先代の宇宙のセントラルサンだということは、すぐにわかりました。彼が先生と私に呼びかけたのは、彼が過去に天界の学校の私の生徒だったからです。直接私の前に姿を現して、恩赦を願い出たのだと思います。その後日記に、
 「2月9日午後12時8分、宇宙のセントラルサンが処刑される」
と書いています。
 第1システム星神第五レベルでは、この処刑の前後で、キツヲサネ五神を始め、陰謀に関わったと思われる星神全員が調べられていたのです。この事件に関わったキツヲサネ五神とアウワ三神に加え、スバルシステムの星神が一柱処刑されました。 
 ちなみに、新しく宇宙のセントラルサンとなったタカキウチュウノヒカリノヒメミコ様も、私の天界の学校の生徒だった女性です。
 今回の件で処刑された先代の天の川銀河のセントラルサンのヒメミコも、先代の宇宙のセントラルサンの男性も、約20億年前に私が任命したのです。現在の天の川銀河のセントラルサンのミサキタカクノボルヒメミコ様と宇宙のセントラルサンのタカキウチュウノヒカリノヒメミコ様も、同様に私がその地位に任命しています。多くの人には、こうしたことは信じがたいでしょうが、昔も今も、天位に就く者を任命するのが、私の仕事です。


Bloomberg
諭吉先生のお札が紙切れに、日銀緩和続けば経済大混乱も-土居慶大教授
占部絵美、日高正裕、竹生悠子
2019年2月18日 8:20
(以下一部転載)
財政学が専門で財政制度等審議会委員を長く務める土居丈朗慶応義塾大学教授は、現在のような財政拡大と日本銀行による国債の大量購入が続けば、いずれ金利急騰を抑えられなくなり、経済が大混乱する可能性が高まっていくとの見方を示した。
  土居教授(48)は14日のインタビューで、政府が巨額の国債を発行する中で「日銀はやがて6割、7割を買い取ってしまうかもしれない」とし、国の財政赤字を日銀が従属的に穴埋めする「財政ファイナンス」との見方を払しょくできなくなる可能性を指摘。その際「慶応の人間としてはあまり言いたくないが、福沢諭吉先生の肖像の1万円札が紙切れになるかもしれない」と語った。
  2018年末の国債および借入金は1100兆5266億円と過去最高を更新した。債務残高の対国内総生産(GDP)比率は230%超と先進国で最悪。日銀は13年に量的・質的金融緩和を導入して以来、巨額の国債購入を続け、長期金利を0%程度に誘導している。昨年9月末時点で日銀の国債保有残高は全体の43%に達した。
  土居教授は、財政出動と日銀の大量国債購入を繰り返せば、最も起こる可能性が高いのは「金利の急騰だ」と説明。日銀の国債保有比率はますます高まっていき、買い入れ余地がどんどん減っていることが明白になった時、そのまま継続できる政策でないことに皆が気付き、「いずれ金利を抑制できなくなるかもしれない。それがハードランディングだ」と語った。
生き残れない企業も
  中長期の経済財政に関する試算では、国・地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)は名目3%・実質2%の高成長でも黒字化は26年度で、政府目標の25年度に届かない。10月の消費増税に伴う家計の負担増は、軽減税率や幼児教育無償化で2兆円程度だが、追加的な予算・税制措置は2.3兆円程度とこれを上回る。
  土居氏は、仮に国債金利が4、5%に上昇しても、政府は公共投資や補助金など不要不急の予算の削減で利払い費をねん出できるので、直ちに予算が組めなくなるわけではないが、「運転資金に困っている企業は生き残れない可能性がある」との見方を示した。
  行政サービスを国の補助金に頼る多くの自治体では、病院や学校の統合を強いられ、「行政サービスの低下がかなり起こるだろう」と指摘。政府も「その場しのぎを何年も続けられない」ため、国際通貨基金(IMF)が強制的に介入するかどうかは別として、「それに類する財政緊縮をせざるを得ないだろう」と語った。
  若田部昌澄副総裁は就任前の昨年3月の国会所信聴取で、国債はまだ6割残っていると指摘した上で、必要なら追加緩和を提案すると述べた。消費税増税を控え景気の減速が鮮明になりつつあることを受けて、昨年10月の金融政策決定会合では「金融緩和の強化とともに、政府との政策連携も、もう一段強化することが必要ではないか」と、さらなる財政拡大と金融緩和を主張する声も出た。
  土居教授は「デフレ脱却は通貨価値を適切に落とすことと同義語だが、その落とし方は適度ではないかもしれない」と指摘。インフレが先か金利急騰が先か分からないが、「どちらかが急に起こる可能性はある。日銀が国債を買い入れる度合いが高まれば高まるほど、発生確率は論理的に高まっている」と語った。
  さらに、政府が「未然に危機感を抱き政策転換することが、金利が低いゆえになかなか起こらないことが、日本が今、直面している不幸だ」と付け加えた。


シャンティ・フーラの時事ブログ
[沖縄県民投票]反対多数が確実で、有権者の4分の1に達する勢い! ~ホワイトハウスへの署名を呼びかけたロバート・梶原氏の存在感
2019/02/24 9:30 PM
(以下一部転載)
 いよいよ県民投票です。午後6時の投票率では26・29%とのことで、投票率が低いのが気になりましたが、午後8時過ぎの速報では、反対多数が確実で、有権者の4分の1に達する勢いとのことです。これで、玉城デニー県知事は、結果を首相・米大統領に通知することになります。
 冒頭の動画は、ぜひご覧ください。翁長雄志前沖縄県知事の声。翁長氏の存在が強く感じられます。しかも、波動が高い。まさに、沖縄を守護していると言えます。
 その下は、ホワイトハウスへの署名を呼びかけたロバート・梶原氏。あまりにも存在感が大きく、周りの人々と比べてそのオーラが桁外れなので、もしやと思い調べてみると、やはり氏は「ホツマの神」でした。
 仏教では、修行者の段階を預流・一来・不還・阿羅漢と称しますが、これは進化段階が順に1.0、2.0、3.0、4.0 を表しています。進化段階が4.0になった者を阿羅漢と呼び、聖者とみなすのです。ヒンズー教では、この段階を解放に達した者と言います。チャネリング関係では、アセンションです。
 ホツマの神は、一般人よりも最低60は、進化段階が上になります。ロバート・梶原氏の進化段階を皆さんが知れば、仰天するでしょう。
 昔は、ホツマの神と人間が共に暮らしていたのです。当時のホツマの神は、自分が神であることを自覚していたと思います。現在では、ホツマの神の家系は、ごく一部の神社の神主の血筋しか残っていないかも知れません。天皇家はそのような血筋の一つでしたが、残念ながら、孝明天皇の代で終わってしまいました。
 ロバート・梶原氏は、おそらく自分がホツマの神であることを知らないと思います。しかし、クンダリニーがすでにアージュナー・チャクラまで上昇しています。後ほんの少しでサハスラーラ・チャクラに至り、覚醒を体験すると思われます。
 “続きはこちらから”は、常にど真ん中の直球を投げ込む「せやろがいおじさん」です。この頭のでかさとユニークな存在感は、1種8種体癖だと思われます。体癖がわかると面白いです。


richardkoshimizu's blog at ameblo
統一教会創設の議員連合創設大会に国会議員63人が参加・・・・・清和会、日本会議所属ですか?
2019-02-24 10:04:25
(以下一部転載)
統一朝鮮悪カルトの奴隷議員が、自ら名乗り出てくれました!
63匹がわざわざ朝鮮悪カルトの議連に参加!(ばれると思っていなかったのかな?)
こいつら、まさか、合同結婚式で生まれた2世ではないですよね?父方が朝鮮半島出自ではないですよね?
自民党の中川雅治、高木宏壽、御法川信英、竹本直一センセイ、民進党(当時)の鈴木克昌センセイ!
カミングアウト、有難うございます!朝鮮半島のための政治のご担当ですか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆byとくお
統一教会創設の議員連合創設大会に国会議員63人が参加
<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第6回>


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
第5回「権力を知り」と「政治を考える」~『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係―「平和」軍門の前で盟約し、講和を行うことを意味する
19/02/24 00:00
(以下一部転載)
平和
「平」は、〈于(う)と八〉の文字を組み合わせたものです。于は手斧(おの)の形を表し、木を削り平らかにし、その破片が左右に飛ぶことを意味しています。
「和」は〈禾(か)+口〉の組み合わせです。禾は軍門を意味し、口は「サイ」、盟誓などの文書を収める器を表しています。つまり、軍門の前で盟約し、講和を行うことを意味しています。「和平」を原義とする字でもあります。


ネットゲリラ
安倍晋三記念朝鮮獣医大学
(2019年2月24日 19:18)
(以下一部転載)
朝鮮皇帝の子孫というのが、こっそり日本人の家庭に匿われて生き延びたわけです。歴史を調べると面白い。朝鮮皇帝の家系に産まれた赤ん坊、次々に暗殺されている。そこで、仲の良い日本人の家庭に託して、日本人として育てた。けれど、長じるに従って正体が露呈し、馬鹿の血筋は隠せない。朝鮮皇帝の血筋は、暗愚で知られた血筋ですw
——-
"腹心の友"が計画に「いいね」と安倍首相が太鼓判を押し、柳瀬唯夫氏や和泉洋人氏といった首相秘書官や首相補佐官らの暗躍により国家戦略特区で52年ぶりとなる獣医学部新設が決定──。
しかし、加計問題は、「総理のご意向」「首相案件」と書かれた決定的な証拠が出てきたのに、安倍首相が不正を認めず、マスコミは途中で疑惑追及を放棄。いまでは国民にもすっかり忘れ去られた話題となってしまった。
だが、国民が忘れている間に、その加計学園がなんともデタラメなことになっているらしい。「深刻な四国の獣医師不足を解消するため」という大義名分で新設されたはずの岡山理科大学獣医学部で、四国で獣医師になることを希望する「四国枠」合格者がたった1名しかいなかったことがわかったのだ。
——-
昔の人はよく、そういう事をやったね。あと、妾に産ませた子供をどこかの家に押し付けて、その家の子供として育てさせるとか。けれど、あの異様な面相が長じるに従って露呈し、騙しきれないw まぁ、異議があるというなら、DNA検査すりゃいいw


ネットゲリラ
安倍政権と共に去りぬ
(2019年2月24日 00:19)
(以下一部転載)
産経新聞の新入社が2名だけ、というので、地方紙以下だと業界の笑い者になっているというんだが、まぁ、縮小真っ最中なので仕方ないw ところで、記事では評判が悪い産経なんだが、写真では意外に定評があって、「安藤美姫の恥ずかしい写真」とか、ずいぶん騒がれたもんだw 鼻水飛ばしてスピンしている変顔とか、コレとかw 政治部では酒巻俊介というカメラマンがいて、民主党政権時代にはけっこう鋭い写真を撮っていたんだが、被写体が安倍晋三では冴えない。もっと面白い写真があるのに、使って貰えないのかw 
——-
例年は数十人規模で新卒採用を行っている全国紙の中で、産経新聞の2019年春入社に向けた内定者がわずか2人だとして、波紋を広げている。産経が18年春入社に向けて内定を出したのは38人で、わずか1年で激減させているのだ。
大手紙はここ10年で2~3割程度部数を落とす厳しい状況が続くが、ここまで採用を絞ったのは産経だけだ。一体何があったのか。
——-
写真報道局には、尾崎修二という猫カメラマンがいる。上手いです。まぁ、どこでも新聞社のカメラマンというのは何でも屋で、腕は達者なんだが、産経は特に、上手いカメラマンが多いような気がする。



3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ 他1名
出版社 リチャード・コシミズ
発売日 2011/4/20
内容紹介
3.11東日本大震災は、深海で核兵器を爆発させて引き起こした人工地震・津波テロ。 1.地震で、日本の原発で事故が発生したことにする。だが、実際には地震の前に原発の運転を止め、燃料棒も秘密裏に抜いておく。(地震前に安全管理契約をハザール仲間の企業に請け負わせ地震と同時に電源が切れるなどの細工を仕組んでおく。911方式。) 2.地震後、放射能漏れを偽装するために小型プルトニウム爆弾で建屋を破壊し、多少の放射能をまき散らす。地震誘発のための核兵器使用を隠蔽する目的も同時に果たす。 3.以後、原発の状態が重篤であると偽装し、米国企業の『支援』を仰がせる。GE、ベクテルなどのユダヤ企業は最初から危険がないと知っているが、極めて危険だと偽装してたっぷり金を掛けて『廃炉』費用20兆円ほどを日本からふんだくる。 4.最終的にチェルノブイリ式にコンクリートで覆ってしまうので、なにがあったかは分からず、中身が空っぽだと知られることもなく、米国政府と米国企業が恩を売り、日本の属国化がさらに進行する。一旦東北にはいった米軍は常駐し、以後の日中対立、日露対立の激化に寄与する。金融ユダヤ人が儲かる。

3.11同時多発人工地震テロ



病院に行かずに「治す」ガン療法―ひとりでできる「自然療法」
船瀬 俊介
出版社 花伝社
発売日 2008/11/1
内容(「BOOK」データベースより)
からだにやさしい代替療法、ガンを治すのは、あなた自身。

病院に行かずに「治す」ガン療法―ひとりでできる「自然療法」



新装版 タオの暗号 性パワーの扉を開いてタオの宇宙へ
千賀 一生
出版社 ヒカルランド
発売日 2018/6/11
内容紹介
超感覚的能力を拡大させる最新DVD『タオの宇宙」を極める≪身体原理編≫~ 
完全図解:宇宙と共鳴する理想の超心体になる!』との同時発売コラボレーション! 
本書が、中国でいまだ発禁となっているその理由はなぜか? 
現代に新たに発見された本書≪原版老子の教え「タオ・コード」≫の秘儀に触れ、同時発売のDVDを活用することで、「タオの宇宙」と一つになり、完全悦/至福体質へと変貌を遂げる!あなたを自己制限や支配システムの枠外へと導いていきます。 
中国雲南省の秘境には、古代より原版老子書を秘蔵し、その教え(聖なる性の秘儀)を純粋に継承しながら、生命の悦びに満ち溢れた人々の姿があった――。 
原版老子書は、一つの文に陰(裏の意)と陽(表の意)が二重構造で暗号化されています。老子思想の根幹は、この陰陽を掛け合わせ、読み解くことにあったのです――。ここには、セックスによる局部的な陰陽の交わりを超え、宇宙の営みへと帰一した万物一体感の至福=全存在的エクスタシーに目醒めさせる秘儀が隠されています。 
権力者たちの統制監視をくぐり抜け、二千五百年の時空を超えて、今、老子が人類に託した不変なる真理=超宇宙意識へと次元上昇させる聖なる性の秘儀/タオ・コードの全貌と活用法が初めて明らかとなる! 
支配者が性の抑圧を強めることで、民衆の性意識を歪ませ、その代替となる様々な欲望へと駆り立てて大事な本質から遠ざけていく……老子は、巧妙に民衆操作される欲望社会、宇宙の法則を閉ざす歪んだ意識にも警鐘を鳴らし、その軛(くびき)を解き放つ術を秘かに伝えていたことになります。支配者の意のままに操られる時代はもう終わり!自己のブロックも外して、生命本来の悦びを体現するときが来ました。 
本作品は2011年8月にヒカルランドで刊行された『タオの暗号』の新装版です。

新装版 タオの暗号 性パワーの扉を開いてタオの宇宙へ



ザ・フナイ vol.137
(発行)船井本社
出版社 ビジネス社
発売日 2019/2/1
内容紹介
特集 
破天荒が世界を変える! 知られざる日本人の汗と涙 
① 阪根博(さかね・ひろし)&野村哲也(のむら・てつや)& 舩井勝仁(ふない・かつひと) 
  「超古代文明と地球の秘密」 
② 早川友久(はやかわ・ともひさ)(李登輝元総統秘書) 
  「秘書だけが知っている李登輝の真実」 
連載 
副島隆彦 
評論家、副島国家戦略研究所<SNSI>主宰 
連載テーマ「誰も書かない世の中の裏側」 
今月号タイトル:欧米で滅び始めた「人権・平等・人種」思想 
誰も言わない移民拒否の真実 
古歩道ベンジャミン 
フリージャーナリスト 
連載テーマ「新しい時代への突入」 
今月号タイトル:ゴーン元日産会長の逮捕劇と仏ロスチャイルドの関係 
船瀬俊介 
地球環境評論家 
連載テーマ「マスコミのタブー200連発」 
今月号タイトル:猛毒! 抗ガン剤オプジーボ ノーベル賞の黒い罠 
飛鳥昭雄 
サイエンスエンターテイナー 
連載テーマ「情報最前線――未来への指針」 
今月号タイトル:GHQを引き継いだCIAの「在日による大和民族分断プロジェクト」!!(最終編) 
安西正鷹 
『みち』論説委員 
連載テーマ「お金の謎に迫る」 
今月号タイトル:時間とお金の関係を読み解く(2) 
片桐勇治 
政治評論家 国際政治アナリスト 
連載テーマ「日本と世界を読み解く」 
今月号タイトル:時代を動かす本源――構造と歴史の特異点㉗ 
渋澤健 
コモンズ投信株式会社会長 
連載テーマ「変化を捉える価値視点」 
今月号タイトル:心のコンパスを忘れずに 
金原博昭 
オリオン形而上学研究所 代表 
今月号タイトル:エジプトの謎 第一のトンネル《その⑩》 
小川繁幸 
新連載 連載テーマ「オホーツクから全国へ 地域の魅力を発信する」 
今月号タイトル:地域を魅せる~新たな付加価値の創出を目指して~ 
今月号の見どころを、一部ご紹介 
巻頭鼎談 
阪根博×野村哲也×舩井勝仁 
超古代文明と地球の秘密 
舩井 
織物、テキスタイルというのは、考古学者や歴史学者はあまり専門にやりたがらないと聞きますが、天野博物館は世界一のチャンカイ文化の織物コレクションを所蔵しているのですよね。 
阪根 
時代区分を見るときに、正しい、正しくないは別にして、土器の変遷はわかりやすいのです。 
しかし、織物はその境目がぼんやりしている。例えば、絞りなら絞りという技法で分類できても、いつの時代でもそれは連綿と広がっていく。織物だけを見てパッと「これは何年の○○文化」と一口に言えないのです。だから考古学者は敬遠しがちです。 
それに対し、織物に描かれた文様の変遷というか、なぜこんな文様があるんだろう、どうしてこんな文様をつくったのだろう、ということが天野の関心の中心だったので、私たちもその遺志を継いでいます。 
特集 
早川友久 
秘書だけが知っている李登輝の真実 
蒸し暑い日だったので、ワイシャツを腕まくりしながら報告を終え、一段落したときのこと。李登輝が「来週はこれを持っていくんだ」と取り出したものがある。見ると、文庫本くらいの書籍数冊が箱に収められたセットだった。 
「来週は舩井さんのお孫さんが来るんだろう。この本は舩井さんがくれたものだから、あなたのおじいさんからもらったよ、と見せてあげるんだ」とうれしそうに話す。こういう細かな気遣いが、李登輝が「稀代の人たらし」と呼ばれるゆえんなのだ。 
不定期連載 
小川繁幸 
地域を魅せる~新たな付加価値の創出を目指して~ 
北海道のビールと言えば、皆さんもご存じサッポロビール㈱のビールがイメージされるかと思います。
実は北海道網走市はこのサッポロビール㈱のビール麦の契約栽培を行っており、2016(平成28)年度産においては、北海道の総生産量が6720トンの中で、網走市の総生産量は4480トンと、北海道総生産量の約67%を占めています。 
サッポロビール㈱のビール麦の一大産地となっている網走市ですが、残念ながらここ最近はビールの消費需要が落ちる中で、ビールメーカーはもちろんのこと、ビール麦を生産する農家にとっても悩ましい状況が続いています。

ザ・フナイ vol.137



anemone(アネモネ)2019年3月号
anemone編集部
出版社 ビオ・マガジン
発売日 2019/2/9
内容紹介
「愛と美の女神が世界を癒す魂の輝くスピリチュアルビューティ入門」 物・事・人の本質が表に現れ、“透明化”が進み水瓶座時代は、美しさの基準も変化。 表面的な美・エゴ的な美は淘汰され、私達の内側にある霊性や神性を表した調和美が主流になっていきます。 「私はあなた」というワンネスの世界では、相手の内なる神を映し出す鏡としてお互いが存在するのです。 この特集では、一人ひとりに内在する光を外側に現す方法とともに、外側を美しくすることで霊性も高まる方法を さまざまな角度から学んでいきます。外も内も輝いた人は、この世界を癒し、元気づけ、希望を与える愛と調和の女神。多くの人の女神性が花開くことで、地球は次元上昇を加速することが出来ます。美の概念をシフトする企画です。

anemone(アネモネ)2019年3月号












このページのトップヘ