世間虚仮(せけんこけ)

国内外の時事等についてのブログ。既存メディアの報道は事実にほど遠く、事実に近い情報を届けたい。(拡散希望・リンクフリー)

2019年11月

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
北朝鮮が、飛翔体2発を発射、「トランプ大統領が、近く第4回目の米朝首脳会談に踏み出す決意をしたことを歓迎し、安倍晋三首相に早期退陣を迫る強烈な意思表示だ」という
19/11/29 07:48
(以下一部転載)
 北朝鮮は11月28日午後5時前、東部の咸鏡南道・連浦付近から飛翔(ひしょう)体2発を発射した。日本政府によれば、飛翔体は弾道ミサイルで、約380キロ飛行し、高度は約100キロ。日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)外に落下したもようだ。時事通信社jiji.comは11月28日午後8時51分、「北朝鮮、弾道ミサイル発射 GSOMIA延長後初」という見出しをつけて、配信した。国際政治軍事専門家によると、「これは、トランプ大統領が、近く第4回目の米朝首脳会談に踏み出す決意をしたことを歓迎し、北朝鮮への敵視政策を強める安倍晋三首相に早期退陣を迫る強烈な意思表示だ」という。上皇陛下の側近である吉備太秦は、「ここへきて、米民主党のブルームバーグが2020年秋の米大統領選挙に立候補する。ブルームバーグは、株などの有価証券ではなくて、キャッシュで個人資産5兆9千億円持っている。これで、票の食い合いになり、バイデン前副大統領の敗北が決まり、トランプ大統領の勝ちになる。安倍晋三首相、桜を見る会に反社会的人物を招待していたことばバレバレになり、早期退陣を迫られる」と断言している。


《櫻井ジャーナル》
米軍が占領しているシリアの油田で盗掘された石油の輸送車をシリア軍が破壊
2019.11.29
(以下一部転載)
 アメリカのドナルド・トランプ大統領はシリア北東部の石油を盗み続けるために自国軍によるシリア占領を続けると公言している。アメリカ軍を撤退させるという宣言は事実上、撤回されたと言える。占領を継続する理由として、アメリカの国防総省はダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)から油田を守るためだと11月7日の記者会見で主張した。
 それに対し、記者の中から装甲車も航空機も保有しないダーイッシュから油田を守るためにアメリカ軍がいる必要はないという指摘が出た。さらに記者はシリア軍が油田に近づいたら攻撃する許可を得ているのかと質問、それに対して国防総省の広報官は敵対行為に対する「自衛権」は持っていると答えた。
 言うまでもなく、シリア政府の承認を得ずにアメリカ軍はシリア領内を攻撃し、地上部隊を侵攻させた。つまり侵略軍にほかならない。自分たちには侵略を続ける権利があると言っているわけである。
 油田地帯をアメリカ軍は占領しつづけられるだろうが、盗掘した石油の輸送は誰かに頼まざるをえないだろう。シリアのメディアSANAによると、盗掘された石油をクルドがタンク車を使い、イラク北部を経由してトルコ領へ運び出している。そのタンク車と仮設の石油精製施設をシリア政府軍が11月26日に空爆で破壊した。
 ダーイッシュがイラクからシリアにかけての地域を支配するようになったのは2014年に入った頃だが、そうしたことが引き起こされると​2012年8月の段階でアメリカ軍の情報機関DIAは警告​していた。その時のDIA局長がトランプ政権の最初の国家安全保障補佐官であるマイケル・フリン中将だ。
 その報告書はシリアで政府軍と戦っている武装勢力の中心がサラフィ主義者やムスリム同胞団だと指摘、アル・カイダ系とされるアル・ヌスラ(AQIと実態は同じだと指摘されていた)の存在も記述している。ちなみに、アル・ヌスラの主力はサラフィ主義者やムスリム同胞団だ。
 これも繰り返し書いてきたが、ダーイッシュとアメリカとの関係は深く、その事実はさまざまな人に指摘されてきた。例えばアメリカ空軍の​トーマス・マッキナニー中将​は2014年9月、アメリカがダーイッシュを作る手助けしたとテレビで語っている。
 また​マーティン・デンプシー​統合参謀本部議長(当時)はアラブの主要同盟国がダーイッシュに資金を提供していると議会で発言、10月には​ジョー・バイデン​米副大統領がハーバーバード大学で中東におけるアメリカの主要な同盟国がダーイッシュの背後にいると語っている。2015年には​ウェズリー・クラーク​元欧州連合軍最高司令官もアメリカの友好国と同盟国がダーイッシュを作り上げたと述べた。
 そして2015年8月、アル・ジャジーラの番組でダーイッシュの勢力を拡大させた責任を問われた​マイケル・フリン​元DIA局長は自分たちの任務について、情報の正確さをできるだけ高めることにあると反論。その情報に基づいて政策を決定するのはバラク・オバマ大統領の役目だと指摘している。
 アメリカは自分たちが作り出した怪物を口実にしてシリア占領を続けようとしている。「マッチポンプ」だ。​2005年に故ロビン・クック元英外相は「アル・カイダ」について、CIAが訓練したムジャヒディンの登録リストだと書いている​。
 アラビア語で「アル・カイダ」とはベースを意味し、データベースの訳としても使われる。その中からピックアップされた戦闘員を中心として編成されたのがアル・カイダ系の武装勢力で、その主力はサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)やムスリム同胞団。ジハード傭兵と言うこともできるだろう。ダーイッシュも基本的に同じだ。
 少なくともシリアの場合、ジハード傭兵の雇い主はアメリカだけでなく、イギリス系、フランス系、トルコ系など複数存在している。その雇い主が2016年に分裂し、必然的に傭兵集団も分裂した。分裂した最大の理由は2015年9月末にロシアがシリア政府の要請で軍事介入したことにある。ロシア軍はジハード傭兵を敗走させ、その支配地域を縮小させた。そこでアメリカが新たな手先としたのがクルドだ。
 壊滅状態になったダーイッシュは油田地帯をクルドへ明け渡した。油田地帯の中でもデリゾールを含むユーフラテス川沿いをアメリカは重要視、バラク・オバマが大統領だった2016年9月には近くに迫ったシリア政府軍を空爆して80名以上の兵士を殺害している。勿論、負傷者も多数出た。
 その1年後、デリゾールの近くで作戦を指揮していたロシア軍のバレリー・アサポフ中将が砲撃で殺されている、アメリカ側からアサポフ中将の位置に関する正確な情報が戦闘集団側へ伝えられていた可能性が高い。
 ところで、トルコ政府が雇っているジハード傭兵の主力はムスリム同胞団だと言われている。オバマ政権は傭兵を使った侵略計画PSD-11を作成したのは2010年8月だが、その主力はムスリム同胞団だった。そこで、それを快く思わないサラフィ主義者がムスリム同胞団を攻撃するという事態も生じている。
 トルコは2016年の前半にアメリカ主導の侵略軍から離れてロシアへ接近、7月13日には外相がシリアとの関係正常化を望むと示唆、その2日後にアメリカはクーデターでレジェップ・タイイップ・エルドアンを倒そうとした。
 この軍事放棄が失敗したのは事前にトルコ政府へロシアから警告があったからだ言われている。トルコ政府はクーデターはフェトフッラー・ギュレンの一派が実行したと主張、アメリカでCIAに保護されている同派の指導者、ギュレンを引き渡すようにアメリカ政府へ求めているが、拒否されている。トルコ政府はクーデター計画の背後にアメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官がいたとも主張している。
 このクーデター失敗でトルコ政府とアメリカ政府との関係は決定的に悪くなったが、ムスリム同胞団が両国の関係修復で動く可能性もある。トランプ政権としても、エルドアン政権を再び自分たちの陣営へ引き戻したいだろう。


『文殊菩薩』
王健林が長春の映画に巨額投資
2019年11月29日07:06
(以下一部転載)
中国で不動産開発と映画館でトップクラスの富豪となった王健林が、長春の映画産業に1000億元を投資する意向を示した。
このところ、王健林は巨額の損失を出したとか、息子の王思聡が浪費があまりに酷いなど、バッドニュースの報道が多かった。
こうして、一時は鳴りを潜めていた王健林だが、再び巨額投資で動き始めたようで、しかも中国東北地方に戻ってきた。
長春には王健林が映画館と商業施設をセットにした万達広場の第一号店があり、王健林にとっては出発点に戻った感がある。
満州国時代に創設された長春映画製作所を中心に、映画人材を育てる大学の建設などにより、長春映画の復興を目指す。
日本では需要が落ち込み各地で閉鎖が相次ぐ映画館だが、中国では王健林の映画館付商業施設がまだまだ増え続けている。


richardkoshimizu のブログ
「2019.11.29rkyoutube日本はマイノリティー支配されている。」動画を公開します。
2019/11/29 8:52:48
(以下一部転載)
2019.11.29rkyoutube日本はマイノリティー支配されている。
https://youtu.be/XJckGiWfNHs
内容:日本は、統一教会と背後のDeepStateによって戦後一貫して支配されている。現在の自公連立政権は、マイノリティー勢力の連立であり、日本人とは無関係。非日本人が日本を支配している!その頭目が、安倍晋三である。


シャンティ・フーラの時事ブログ
招待者名簿のデータの復元が「できない」理由は、政治的に不都合な真実があるから ~あべぴょんの尻拭いをさせられている、袋叩きの菅官房長官
2019/11/29 9:40 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 冒頭のツイートの動画は必見です。田村智子議員(タムトモ)が「招待区分60は総理、少なくとも総理・長官等の推薦者ですよね」と聞くと、「(内閣府)そう書いてあるが、意味するところがわからない」と答えるのです。
 もはや猟奇的な世界で、タムトモは精神破綻したゾンビを相手にしているのではないかとすら思ってしまいます。このような誰でもわかる嘘をつかなければならない官僚が悪いのか、アホなのか。それとも、ここまで追い込んだあべぴょんやスガが悪いのか。多分両方ですね。
 「桜を見る会」の招待者名簿のデータは、専門家は復元可能だと言っています。それが「できない」としたら、“理由はただ一つ、政治的に不都合な真実があるから”です。招待者名簿が出てくると、あべ・昭恵の“いかがわしい交際が全部露見するから”できないのだと思われます。
 もはや「詰んでる」のは、誰もがわかっているのですが、そこはそれ安倍政権ですから、将棋盤そのものを広げてしまうなど、ルールそのものを変えてしまうのですね。ですから、なかなか投了しません。
 しかし、あべぴょんの尻拭いをさせられている菅官房長官は相当堪えているらしく、日刊ゲンダイの記事には、“安倍首相の代わりに袋叩きに”という一文が見えます。
 最後のツイートは重要です。もし、何らかの形で警察庁から名簿が出てきたら、さすがにこれは“終わる”のではないでしょうか。


シャンティ・フーラの時事ブログ
[反対の声を!] 宮城県で発生した災害廃棄物が、横浜市にて焼却始まる~放射能の移染の可能性はないのか?
2019/11/29 12:00 PM
(以下一部転載)
 台風19号豪雨により宮城県丸森町で発生した災害廃棄物が、横浜市都筑区の焼却施設に運ばれて、焼却されてしまうようです。試験的な焼却が、すでに11/27から始まっています。週に100トンにもなる膨大な災害廃棄物が焼却されるとのことで、さらに丸森町以外にも要請があれば受け入れるようです。
 これらの災害廃棄物は氾濫した河に水没したものであるため、放射能汚染されている可能性があります。台風被害の廃棄物を処分することは、早急に対応しなければならないことではありますが、だからといって、放射能問題を抜きにして考えるわけにはいきません。
 災害廃棄物の放射能について納得のいく調査発表がなく、また移送先の住民の意見を聞くこともなく、こうした危険かもしれない災害廃棄物の移送を勝手に決めたのは、あの小泉進次郎環境大臣です。勝手に海外に国民のお金をばら撒いたり、沖縄の民意を無視するあべぴょん同様に、彼もまた、国民の意見を聞く耳は持っていないようです。そしてあのカジノ推進派の横浜市長も、いったい誰の味方なのでしょう。毒ガスの拡散はやめてほしいものです。
 "続きはこちらから"のツイートでは、「内部被ばく量と社会経済的に低位にあることは関連性がある」といった論文が紹介されています。小泉進次郎氏の「悲観的な1億2千万人より、自信に満ちた6千万人のほうが良い」という発言と似たものを感じます。
追記。
TBS/JNNライブカメラが見られなくなっていますが、5号機、6号機は大丈夫でしょうか。


ネットゲリラ
義務化で値上がり?それとも割安?
 (2019年11月29日 02:24)
(以下一部転載)
自動ブレーキ取付け義務化、というんだが、日本がやらなくてもEUとか中国とかが義務化やるだろうから、とっととやった方がいい。まぁ、自動ブレーキも開発から時間が経って練れて来ているだろうから、あるに越した事はない。自動ブレーキの出番がないような運転がいいに決まってるんだが。
------
政府は、国内で販売される新車に衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の取り付けを義務づける方針を固めた。
歩行者に反応する自動ブレーキなど、国際基準を満たす性能を求める。
新型の乗用車は早ければ2021年度から、既存の車種はその数年後から義務づける方向で調整している。
------
高速道路の自動運転と、一般道の自動ブレーキはもう目の前まで来ている。嫌もオウもない、それは歴史の必然だ。その頃には山本太郎首相の元、高速道路は全国無料化され、最寄りのインターまで転がせば、あとは九州だろうが北海道だろうが、寝てるあいだに着いてしまうw


シャンティ・フーラの時事ブログ
神智学の世界観の本質とは ~魂を失った者たちが作り上げた、地球上の宗教は大変レベルが低い
2019/11/29 10:20 PM
 (以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事の補足です。しかし、これから述べることは、神智学の世界観の本質と言えるものだと思います。 6月11日の記事で、神智学の誤りをいくつか指摘しました。この中でも特に注目すべきものとして、進化段階が「第4段階」に到達すると、“魂を包む鞘~コーザル体~が破壊”されるとあります。この時のコメントで、これは誤りであることを指摘しました。
 今日の記事は、2016年1月22日の記事の一部で、このことと関係している部分を要約し、再掲しました。
 記事をご覧になると、“メンタル界の真ん中にある点線”は、形態のある世界(色界)の境界で、ここより上(メンタル界1~3亜界)は純粋な無色界だと捉えていることがわかります。なので、この部分は仏教の世界観とも一致していることになります。
 しかし、この界層は純粋なコーザル界で、コーザル体が活動する世界です。コーザル体は他の身体と同様に、姿形を持っています。例えば中西征子さんが描いた私のコーザル体(原因体)のイラストをご覧ください。
 神智学では、魂と魂の器であるコーザル体の説明が混乱しています。これは、先の進化段階が4段階になるとコーザル体が破壊されるとする神智学の独特の教義と関連しています。実は、ほとんどのハイアラーキー関係者は、これまでになしたカルマによって、魂(ジーヴァ)が動物システム以下に転落してしまっているのです。誤解を招く表現をすれば、彼らは“魂がない”わけです。というのは、彼らは犬や猫のような動物以下の存在には魂がないとしているのです。実際にはそうではなく、動物は、動物システムに魂(ジーヴァ)があります。植物は、植物システムに魂(ジーヴァ)があります。鉱物も同様です。
 彼らが、動物以下の存在は“魂がない”と表現するのであれば、ハイアラーキーとそのイニシエートたちのほとんどは、魂がないことになります。
 実は、表に描かれているアートマ=ブッディ=マナスで表記されている三角形は間違っています。ブッディ(理智)は第2亜界にあり、マナスは第4亜界にあります。また、図の赤い点線で示されたところに、アンタカラ-ナの文字が見えますが、アンタカラーナとは内的心理器官の意味で、チッタ(心素)、ブッディ(理智)、アハンカーラ(我執)、マナス(意思)の総称です。
 彼らの魂(ジーヴァ)が動物システム以下に転落していても、ブッディ、マナスは、マナス界(メンタル界)に残っています。なので、彼らが純粋なコーザル界に入ることは可能です。しかし、そこで活動するコーザル体が下のシステムに転落しており、彼らにとって、コーザル体は存在しない状態になっているのです。
 進化段階が4.0を超えると、コーザル界に入れるようになります。ところが、そこに自分のコーザル体は無いのです。ひょっとしたら彼らは、魂を失っていない人のコーザル体が存在することは知覚し得るのかも知れません。そこで、彼らは進化段階が4段階になると、コーザル体は破壊されるとする教義を打ち立て、自分のコーザル体が存在しないことを正当化したのだと思います。仏教徒も、同様です。
 すでにお伝えしているように、仏教の開祖のゴーダマ・シッダールタも魂(ジーヴァ)が転落していた人物なので、コーザル界を無色界として、形態のない世界と表現したのだと思います。
 私が、“地球上の宗教は大変レベルが低い。なぜなら魂を失った者たちが作り上げた宗教だから”と言う意味が、わかってもらえるのではないかと思います。





シャンティ・フーラの時事ブログ
19/11/27 ソルカ・ファール情報:トランプが航空母艦でメキシコを包囲し、戦う準備が整ったことを認め、戦争は目前
2019/11/28 1:00 PM
(以下一部転載)
 アメリカでは民主党が、狂ったようにトランプさんに対する弾劾クーデターを進めています。最近のウクライナゲートでも、お馴染みのロシアゲートでも、CIAやFBIの不穏分子がかなり関わっていることが、刻々と明らかになってきています。
 モルモン教については、こちらの日本語サイトが詳しかったです。「CIAとFBIはユタ州でよく人員の募集を行う。またモルモン教の信者にはこれらのエイジェントが多い。」という点は、私も随分と前から噂を聞いていました。
 しかもモルモン教本部があるのは、今月初めの「レッド・ドラゴン大使 第5回 その2」で取り上げたユタ州ソルトレイクシティ。ルイーザさんが、国連の移転先かと異様に警戒していました。
 当時事ブログでは、seiryuu氏が「モルモン教はエノクと通じていて、エノクの意志を具現化させる物理的な教会で、巨大ハイアラーキー組織の地上における下部組織」と指摘しています。
 トランプさんとしてはメキシコとの戦争云々というよりも、どうやらCIAやFBIのモルモン教の危険分子と、アメリカに流れてくる違法薬物を撃退したがっているような雰囲気です。


『文殊菩薩』
Boston Dynamics社のロボットが暴走
2019年11月28日03:22
(以下一部転載)
孫正義が買収したBoston Dynamics社開発のロボットが、とうとう兵器を使ってテロリストを殺害する訓練を始めたようだ。
以前に同社により発表された動画では、ロボットが障害物を飛び越えたりバク転したり、体操選手のような運動能力を示していた。
今回発表された動画では、映画「ターミネータ」のように敵と味方を判別しながら、テロリストを殺す訓練の様子が描かれている。
きちんと人間は攻撃しないようにプログラムされており、人間からいじめられるとストレスを感じるのか、激怒してちゃぶ台返しをする。
最後はロボットの犬を攻撃するよう命令されると、命令を拒否してロボットの犬を抱えて逃げ出すという、びっくり仰天の展開だ。
既に同社の開発したロボット犬は、米国のマサチューセッツ州警察により運用され、危険な場所に赴く任務をこなしているようだ。


《櫻井ジャーナル》
米国が進める対露戦争におけるWADAの役割
2019.11.28
(以下一部転載)
 オリンピックにロシアの代表を参加させるべきでないと11月25日にWADA(世界反ドーピング機構)は勧告した。当事者であるアスリートにとっては深刻なことかもしれないが、部外者にしてみると茶番だ。
 来年に東京で開催されるオリンピックでのドタバタを見てもわかるように、このイベントはアメリカのネットワーク局の意向に従って動いている。圧倒的な資金源だからだが、そのネットワーク局が資金を持っている理由はアメリカなど西側の巨大資本がカネを投入しているからだ。WADAはIOC(国際オリンピック委員会)が1999年に創始した基金であり、当然のことながら、WADAも巨大資本の影響下にある。
 オリンピックからロシアを排除する口実をWADAに提供したのはロシアで反ドーピング・センターの責任者を2005年から務めていたグリゴリー・ロチェンコフ。
 ロシア側の説明によると、この人物は風邪薬を飲んだ直後に検体を採取されてパニックになったアスリートから陰性の結果を示す書類と引き換えに金品を要求するなど不正を働いていた。それが発覚して捜査の対象になり、2015年11月にアメリカへ逃げて「告発」したのだという。
 この「告発」はアメリカ支配層の意向に沿うもので、代償としてアメリカにおける地位や収入が保証されているのだろうが、そのほか、自分の犯罪行為を追及するロシアへの報復という意味もあるようだ。
 この問題はリチャード・マクラーレンというカナダの法律家が調査し、報告書を発表しているものの、具体的な証拠は示されなかった。MH17の墜落やシリアでの化学兵器話と同じ。つまり信頼度は低い。
 アメリカはシリア政府軍が化学兵器を使用したという口実でミサイル攻撃を実施したが、それが嘘だと言うことをOPCW(化学兵器禁止機関)の現地調査チームはつかんだ。それをこの機関の幹部は改竄している。アメリカ支配層に命令されたのか、「忖度」したのだ。
 2016年8月にはブラジルでオリンピックが開催されている。その直前にドーピング話が持ち上がったのだが、もし何事もなくオリンピックが開かれたなら、アメリカ支配層にとって好ましくない光景が世界に発信されていた。
 本来なら主催国の大統領としてスタジアムへ現れたのはジルマ・ルセフ。アメリカ支配層が押しつける新自由主義からの離脱を試みていた人物だが、スキャンダル攻勢で2016年5月に停職、8月に大統領の座から引きずり下ろされた。
 当時のラテン・アメリカにはアメリカ支配層に嫌われていた大統領が名を連ねていた。ベネズエラ大統領のニコラス・マドゥロ、ボリビアのエボ・モラレス、エクアドルのラファエル・コレア、ニカラグアのダニエル・オルテガ、ウルグアイのタバレ・バスケス、チリのミシェル・バチェレだ。そしてロシアのウラジミル・プーチン。
 ロシアを中心にアメリカからの自立を目指す指導者が並ぶ光景はアメリカ支配層の敗北を印象づける。ルセフの失脚とロシア排除によってこうした事態を避けることができたと言えるだろう。
 事実上、2016年に大統領の任期が切れるバラク・オバマは当時、必死にロシアを攻撃していた。そこにロシアとの関係修復を訴えるドナルド・トランプが登場、トランプを引きずり下ろすために「ロシアゲート」を仕掛けたが、失敗した。ウクライナを舞台とする新たなスキャンダルも見通しは暗い。そうした中、WADAはロシアに対する攻撃を再び強めている。


田中龍作ジャーナル
【香港発】攻防の跡生々しく 理工大学構内に入った
2019年11月28日 15:19 
(以下一部転載)
 香港警察は28日朝、理工大学構内に捜索に入った。火炎ビンなど証拠物の押収がねらいだ。構内に残る学生はいないとの見方が有力だが・・・
 田中は警察官100人余りと共に構内に入った。
 まず驚いたのはバリケードが、ほとんど壊されていないことだ。手つかずと言ってよい。学生が自ら焼いたバリケードはあっても骨格は原型のままだ。
 16日から始まった攻防で機動隊は18日朝までに、理工大学をほぼ制圧した。
 警察は初期の段階で、約600人を逮捕したと発表していたが、バリケードを破壊することなく、どうやって突入したのか、謎だ。
 構内のジャーナリストを逮捕すると脅して退去させたため、中で起きたことが記録されていない。
 学生たちの砦となった中庭テラスには夥しい数の火炎ビンが残っていた。鼻をビンに近づけるとガソリン特有の匂いが鼻腔を突いた。
 警察の目を盗んで建物の中にも入ったが教室には鍵がかけられていた。いつの段階で学校側が施錠したのか。
  開いたままのマンホールのフタがあった。1日に10~20人の学生が下水道を伝って脱出を図ったとされる。 
 中庭テラスには衣類、ガスマスク、ゴーグル、手袋などが散乱していた。
 もうもうと煙る催涙ガスの中、機動隊が襲いかかってくる。約1千人いたとされる学生たちは、逃げ惑ったのだろうか。
 夜空をオレンジ色に焦がす火炎ビンの炎、「パーン」と乾いた催涙弾の発射音、学生たちの悲鳴・・・阿鼻叫喚の光景が生々しく蘇った。
 「プロテスター(学生)を見つけた場合逮捕するのか」との記者団の問いに、警察幹部は 「逮捕については言えない」と答えた。


richardkoshimizu のブログ
「2019.11.28rkyoutubeアポロは月に行っていないし、人類は今後も月にも火星にも行けない」動画を公開します。
2019/11/28 8:07:03
(以下一部転載)
2019.11.28rkyoutubeアポロは月に行っていないし、人類は今後も月にも火星にも行けない。
https://youtu.be/PJbVAL-iR6I


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「私は、小沢一郎衆院議員に会い、意思を確認し、どのように持っていきたいのかを聞いた上で、実現可能であればその方法でやりたい。そのタイミングを見ている」(吉備太秦)
19/11/28 08:49
(以下一部転載)
 「MSA資金のことが11月25日、確定した。これから事務所も移ってみんな集結し、ようやくこれから着手していく」そう語った上皇陛下の側近である吉備太秦は、「私は、小沢一郎衆院議員に会い、意思を確認し、どのように持っていきたいのかを聞いた上で、それが実現可能であればその方法でやりたい。そのタイミングを見ている。いまの時点では、コミットできることはまだ言えない。しかし、やるべきことはひとつひとつやっているし、前に進んでもいる。野党がだらしないとか言っても仕方がない。正直なところ私はまだ、野党が実際にまとまるのか、まとまってどうやって政権交代をするのかというところがわからない。それが実現可能なことなのか、何もわからない」と打ち明けており、「私個人としては、信念が変わっているわけではなく、政権づくりを担ってきた人間に、実際に何ができて何ができないのか、いままでどうしてそのような状況になっていたのかという話を聞いた上で、具体的に進めるのであれば、実現可能なやり方で進めないと意味がない」といい、小沢一郎衆院議員との面会を熱望している。吉備太秦の話は、続く。


ネットゲリラ
駆け込み需要は無いくせに反動減はあった
 (2019年11月28日 19:33)
(以下一部転載)
今回の消費税アゲは完全に失敗で、よりによって上げた途端に巨大台風が上陸し、消費意欲をメタメタに叩き潰したw 結果、小売販売額7.1パーセント減という素晴らしい成果で、一方、アベシンゾーは反社や詐欺師を集めて宴会という姿が報じられ、それでも地検特捜部は動かずw 朝鮮愚鈍王の治世が長引くほどに、テルテル坊主候補者が増える。人民裁判で地検特捜部をテルテル坊主に!
------
 経済産業省が28日発表した10月の商業動態統計速報によると、小売販売額は前年同月比7・1%減の11兆900億円だった。消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減や、台風19号による天候不順などが影響した。減少は3カ月ぶり。9・7%減だった2015年3月以来、4年7カ月ぶりの大幅な落ち込みだった。
 消費税率が5%から8%に上がった14年4月は4・3%減で、今回の落ち込みが上回った。経産省は、台風19号による店舗の臨時休業に加え、被災地の購買意欲が低下したことも要因に挙げた。
------
やっとこのところ消費税アゲ前の水準まで取り戻したかんもるんだが、特に、コンビニやスーパーじゃない、不要不急の高額商品が売れてないという事です。もちろん、このところ急速にマンションなども売れなくなっている。


シャンティ・フーラの時事ブログ
「桜を見る会」の旅費は個人負担ではなかった 〜 安倍首相の政治団体支出の領収書が発覚、本格的な「犯罪案件」に
2019/11/28 11:00 AM
(以下一部転載)
 安倍政権と「反社の皆様」との交友がバレて、政権中枢の暴力団排除条例違反の疑惑が濃厚なところに、さらに豪快な文春砲が炸裂です。
 安倍首相は「すべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」と説明していました。国会の場でも「各個人がそれぞれの費用で上京し、宿泊した」と答弁しています。それらが「ウソ」であったことを証明する旅行会社の領収書を文春が公開しました。
安倍首相代表の「自由民主党山口県第四選挙区支部」が、地元企業サンデン旅行に旅費を支払っています。日付は、2015年の前夜祭と「桜を見る会」の日程と符合し、旅行パンフには「集合写真は事務所カメラのみで撮影」という説明もあります。ほほ〜う?
 もはや政治資金規正法違反(不記載)、さらには公職選挙法違反の疑いは免れません。
記事では、安倍事務所スタッフの宿泊代は含まれていないと釈明していますが、小西ひろゆき議員は、宿泊代の説明によってはホテルからの寄付にもなりうると突いています。
あべぴょん絶体絶命。しかし、もちろん検察は動かないでしょう。
 私たちにできることは、次の選挙でこんな腐ったトップを変えられない与党を完膚なきまで落選させること、だけですね。


シャンティ・フーラの時事ブログ
「桜を見る会」に相当な危機感を持っている官邸!ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的 ~安倍政権に決定的なダメージを与えないように、批判するフリだけをしているマスコミ
2019/11/28 10:00 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 20日に、“総理と、記者クラブに属する各メディアの官邸キャップの懇親会”がありました。「桜を見る会」に相当な危機感を持っているらしい。驚いたことに、今井尚哉総理秘書官が話した内容が、表に出てきました。こんなことは、これまでにありません。何か、水面下で大きな変化が起きているのかも知れません。
 冒頭のツイートは、毎日新聞記者でユーチューバーの宮原健太氏のもの。このツイートには驚きました。思わずTwitterのアドレスをお気に入り登録してしまいました。一番驚いているのは、今井尚哉総理秘書官かも知れません。
 ひつじのショーンの子羊ティミーのGIFがいいですね。なんとなく、三原健太氏のアイコンと見比べて、似ていることに気づき、ニヤニヤしています。
 デイリー新潮の引用元では、あべぴょんと「ニューオータニ」 一族は、“謎の団体で古くから結ばれている”と書かれています。記事の内容から、この謎の団体は「慧光塾」だとわかります。慧光塾とホテルニューオータニの関係は、こちらの記事をご覧ください。
 26日の記事のコメントで、“田村智子議員の質疑の衝撃度はまさに水爆級…なので、メディアがこれをどのように伝えるか、あるいは無視するかは、興味深いところ”だとしました。
 “続きはこちらから”のリテラの記事をご覧になると、案の定、“マスコミの出足が遅い”ことが指摘されています。その理由は、ジャパンライフの広告塔になっていたのが、安倍政権幹部やあべぴょんのメシ友は言うに及ばず、“政治部トップ経験者が勢ぞろい”していたのです。
 これを見るだけで、安倍政権を追求するふりをしている連中は、実はあべぴょんの仲間たちであって、テレビなどの安倍政権批判はプロレス(茶番劇)でしかないことがわかります。要は、安倍政権に決定的なダメージを与えないように、批判するフリだけをしているわけです。
 マスコミ全体として腐っているわけではないと思いますが、少なくとも、大手マスコミの上層部は完全に腐敗していると見て良いのではないでしょうか。


ネットゲリラ
さすがにもうこれは終わったわ
 (2019年11月27日 23:00)
(以下一部転載)
文春はCIAの手羽先という話は有名なんだが、新潮が検察の情報筋握ってるのと同じくらい有名ですw 田中角栄を追い落としたのは文春だが、その裏には田中角栄を嫌っていたアメリカの意向があったというのは既に有名な話なんだが、してみると、今回も気になるところだ。89万円の領収書というんだが、スタッフの旅費だというんだが、「夕食会(=前夜祭)を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」という説明とも矛盾するし、そもそも政治資金で桜を見る会とか前夜祭関係の出費をしていたとしたら、100回くらい首相を辞めなきゃ済まない話になってくる。
------
安倍首相は11月15日の会見で、自身の政治団体の収支報告書に前夜祭などに関する記載がないことを政治資金規正法違反(不記載)と批判する声に、こう反論していた。
「夕食会(=前夜祭)を含めて旅費、宿泊費などすべての費用は参加者の自己負担で支払われており、安倍事務所、安倍晋三後援会としての収入・支出は一切ない」
 だが、今回「週刊文春」は、一枚の領収書を入手。そこにはこう明記されている。
〈¥890,710 但し、2015/04/17~2015/04/18 旅費として〉
------
それに、アベ事務所スタッフの交通費だと言ってるようだが、89万といえば33人分。どうもオカシイ。そもそも、ホテルから新宿御苑へのバス借り切り代金は誰が払ったんだ? 89万円がそのバス代だというのは頷けるところで、そんなところじゃないかと思う。


ネットゲリラ
アベの因果がこの子に報い
 (2019年11月28日 14:35)
(以下一部転載)
因果、というのがあるわけです。「親の因果がこの子に報い」という因果だ。で、日本の疫病神、アベ一族の因果がこの子に報い、哀れこの子はこの姿、というので、少女コレクターになりました、というw 安倍晋太郎の金庫番秘書をやっていたオヤジが、息子を私立医大に押し込んだはいいが卒業できず、13年目の「交通事故死」で、その子供が今回の少女コレクターです。彼も進学校受験に失敗してヒキコモリになった。父親と同じ途を辿ってますね。こういうのを因果と呼ばずに何という。
------
「仁士の祖父は五十男と言います。会社員です。確かに安倍晋太郎さんの秘書は10年ほどやっていました」
こう証言するのは、容疑者の父の弟、つまり叔父にあたる人物だ。
五十男氏のことは、安倍家と親交のある、元山口新聞東京支局長の濱岡博司氏も記憶しているという。
晋太郎元外相の資金管理団体のひとつを仕切っていた人物だといい、
「最も集金力のあった晋和会の秘書代表が伊藤だった。ガッチリした体躯でね。金儲けが上手で金庫番と言って差し支えないでしょう。
会社員? う~ん、もともと山口の農協トップの秘書を務めていて、頭角を現して晋太郎さんの秘書に収まったんです」(濱岡氏)
容疑者については、長く引きこもりだったと報じられている。大物政治家の金庫番を務めた祖父を持つ身の彼の人生の歯車は、いかにして狂ったのか。ひとつには、"父の死"の影響があったのかもしれない。
------
大物政治家の金庫番なんていうのは、汚れ仕事で、「キタナイオトナ」そのものなので、子供の教育に良いわけがない。疫病神の一族に関わったがために、子々孫々まで因果が祟るという、オマエら良く見ておけ、これが因果律というものだ。


ネットゲリラ
五輪ボランティアは当日ボイコットを
 (2019年11月28日 16:22)
(以下一部転載)
コレね、絶対に厄介な事になる。タダでさえ「ボランティア」なんてのはアテにならないのに、同時に自給1600円の有償ボランティアが働いていたんじゃ、みんな逃げるわw 人間、欲と二人連れ。大混乱に陥るだろう。そもそもボランティアを申し込んで来たのが在日中国人ばかりで、中国共産党がナンカたくらんでるんじゃないかという話もあったがw
------
東京五輪で「時給1600円」派遣募集 ボランティアとどこが違う?組織委に聞くと...
パソナの大会スタッフ募集広告(タウンワーク11月25日号から)
 2020年東京五輪で時給1600円の派遣の仕事などが求人情報誌にあったことについて、大会ボランティアとどう違うのかと、ネット上で話題になっている。
 もし同じ作業内容なら不公平ではないかとの声もあり、大会組織委員会に実際のところを取材した。
------
ネットでは、当日、顔だけ出して、「具合悪い」と言って救護室で寝てろという意見が多いようだが、それが一番効果的だねw


richardkoshimizu のブログ
2019.11.26rkyoutube「マスコミの役割は、報道すべきを報道せず、デマを報道して民意を誘導すること」動画を有志の方に文字おこし(PDF)頂きました。ありがとうございます。
2019/11/28 7:36:38
(以下一部転載)
2019.11.26rkyoutube「マスコミの役割は、報道すべきを報道せず、デマを報道して民意を誘導すること」動画を有志の方に文字おこし(PDF)頂きました。ありがとうございます。
https://dokuritsutou.heteml.jp/rkofficialhp/img/2019.11.26rkyoutube%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%81%AE%E5%BD%B9%E5%89%B2%E3%81%AF%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%82%92%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%80%81%E3%83%87%E3%83%9E%E3%82%92%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%97%E3%81%A6%E6%B0%91%E6%84%8F%E3%82%92%E8%AA%98%E5%B0%8E%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8.pdf


シャンティ・フーラの時事ブログ
多くの物理学者が認めているパラレルワールドの存在 ~第1システム国津神第五レベルに属する「人」は、【3.0~3.9次元の界層】に閉じ込められている
2019/11/28 10:40 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 量子力学の世界観を通じて、多くの物理学者がパラレルワールドの存在を認めるようになって来ています。
 天界の秩序をご覧になると、このパラレルワールドをすでに分類して整理していることがわかると思います。天界の秩序10は、霊的世界を含めた私たちの宇宙の全体を表示したものです。
 地球人、私たちの太陽系は、表の第1システム国津神第五レベルに属しています。表をご覧になると、所属次元が4次元のレベルであることがわかると思います。第1システム国津神第五レベルに属する「人」は、“続きはこちらから”の【3.0~3.9次元の界層】に閉じ込められています。
 この図は、2016年1月22日の記事でコブラが紹介した神智学の図と本質的に同じものです。記事の中の、「宇宙の物理的次元の7界と49亜界」と題する図の一番下の物質界が7層に分かれています。第1エーテルの部分が3.3次元、第2エーテルが3.2次元、第3エーテルが3.1次元、第4エーテル以下が3.0次元です。
 神智学の図は、3.0~3.3次元を圧縮して表現しており、不完全なものです。また、神智学には、プルシャ(自己)の概念が抜け落ちていることも問題です。さらに、この図は、第1システム国津神第五レベルに所属する「人」のみに正しい図であって、このレベルに属する神々や、より高いレベルに所属する者たちには当てはまりません。
 図をご覧になると、コーザル体(原因体)は、マナス界(メンタル界)の1~4層、すなわち上位メンタル界で活動する身体であることがわかります。図のメンタル体、アストラル体、エーテル体は、1つの塊として活動し、幽体と呼ばれます。 3.0次元で活動する身体が、肉体(広義)です。
 肉体(広義)は、さらに、ライトボディー、プラズマ体、肉体(狭義)に分かれますが、私たちが通常肉体と呼んでいるのは肉体(狭義)の表層の部分、すなわち3.0次元の7層の身体のことです。
 肉体(狭義)の中層、深層は、私たちが夢の中で訪れる世界です。この表層、中層、深層は分けることができず、塊として動きます。しかし、中層、深層の部分は、多くの人にとって潜在意識、無意識と受け止められる部分です。こうした各身体については、2018年10月17日の記事を参照してください。
 現代物理学は、量子力学によって、ようやく「波動」の世界に気付き始めました。彼らの物理学は、ようやくプラズマ界を視野に入れ始めたようです。記事では、“パラレルワールドは相互作用せず、どのような形でも相互に影響し合いません”と書かれていますが、これは誤りです。通常の光を用いた交信手段がないというだけの話です。
 皆さんが訓練を積めば、肉体を離脱して、プラズマ体でプラズマ界に入ることや、ライトボディーで第4エーテル界に入ることもできるようになります。チベット密教では、ライトボディーで、意識的に肉体を離れられるようになった者を、「虹の身体」を得た者と称するようです。しかし、チベット密教でのハイレベルな悟りですら、所詮、3.0次元の上層(1~3層)に入ったに過ぎません。
 さらに訓練を積むと、本当の幽体離脱ができるようになります。そして、ついには、コーザル体離脱も可能になるでしょう。最終的に、マナス界の1層にあるジーヴァ(個我)に合一(無種子三昧)することで、宗教の究極目標である「自己実現」を達成することになります。
 地球上の宗教概念は、ここまでしかありません。これ以上の段階は、いずれ映像配信の宗教学の中級・上級講座の中でお話しすることになると思います。





板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
発展途上国出身で初めてIMFのトップに立ったゲオルギエバ専務理事は、安倍晋三首相に「2030年までに消費税を15%に、2050年までに20%に上げなさい」と言った
19/11/27 07:42
(以下一部転載)
 天皇陛下は11月25日午前、皇居・宮殿で、23日に初めて来日したフランシスコ・ローマ教皇と会見された。ローマ教皇がなぜこのタイミングで来日したのか。IMFからはゲオルギエバ専務理事が25日来日した。彼女は、トランプ大統領が指名した世界銀行総裁の上の世界銀行CEOでもある。その日は、ローマ教皇が東京ドームでミサも行った。そのミサが行われる前の午後1時過ぎ頃の時間帯に合わせて、上皇陛下の側近である吉備太秦らは、アジアパシフィック本部に行きIMFのゲオルギエバ専務理事と会った。これらはすべて、国連のトップが仕組んでいる。発展途上国出身で初めてIMFのトップに立ったゲオルギエバ専務理事は、安倍晋三首相と麻生太郎財務相のそれぞれと会談し「2030年までに消費税を15%に、2050年までに20%に上げなさい」と言った。安倍晋三首相はその後、ローマ教皇と会ったが、「物価上昇率2%の目標については賃金が上がれば達成できる」ということしか言っていない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
コーリー・グッド氏とディビッド・ウィルコック氏の主張を裏付ける、Eriさんの一連のツイート ~ルッキング・グラスで、2012年以降を遠視しようとしてもなぜか全く見えなくなってしまった理由
2019/11/27 9:20 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 Eriさんの一連の興味深いツイートをご覧ください。昨日の記事で、ルッキング・グラス技術に関する記事を取り上げたので、Eriさんのツイートの内容が、若干解りやすくなっているかも知れません。
 Eriさんは確か、“コーリー・グッド、ディビッド・ウィルコックって誰ですか?”と言っていました。2人のことを全く知らないと思われるEriさんのツイートの内容は、2人のこれまでの主張の裏付けになります。
 21番目のツイートで、2012年問題について触れ、“70年代に入ってから2012年以降を遠視しようとしてもなぜか全く見えなくなってしまった”と書かれています。
 実は、2007年以降に始まった天界の改革で、これまで地球を支配してきた神々やハイアラーキーの中枢部分が、消滅してしまったのです。地球の支配層は、ハイアラーキー(ホワイト・ロッジ)、あるいはブラック・ロッジに繋がっていたので、彼らが滅び、天界の統治に神々が復権したことで、彼らは何も知ることができなくなってしまったのです。
 例えば、サナット・クマーラ、マイトレーヤに導かれたハイアラーキーが滅ぼされたのは、2010年1月23日午前0時15分頃です。私は、彼らが消滅し、植物システムへ転落するこの瞬間に立ち会っていたので、よくわかっています。
 神々は現在、ハイアラーキーの残党、コブラのRM(レジスタンス・ムーブメント)を殲滅しているところです。科学者が困惑するような場所で起きている地震が、それだと思っていただいて結構です。
 ほとんどの地球上のチャネラーは、ハイアラーキーの残党の方に繋がっているので、彼らが未来を予測することはできません。また、彼らは、魂(ジーヴァ)を滅ぼされているので、未来を神々と共に作る活動に参加することもできません。神々と繋がっていれば、未来を予測すること、あるいは未来を見ることも可能となるでしょう。


『文殊菩薩』
トランプがスペンサー海軍長官を解任
2019年11月27日07:22
(以下一部転載)
軍法会議にかけられ特殊部隊から追放されようとしていた兵士をめぐる意見の相違で、トランプがスペンサー海軍長官を解任した。
表向きの理由は、イラクで捕虜に対して残虐行為を行った兵士の処分に関して、トランプとスペンサー長官が対立したというものだ。
しかし、今回の事件以前より、最新空母ジェラルド・フォードの不具合に関しても、トランプはスペンサー長官の責任を追求していた。
また、筆者が思い出したのは、海軍SEALsによるトランプ暗殺未遂で、数か月前に三人のSEALs隊員が解雇された事件である。
以前より、米海軍の一部には不穏な動きがあったが、トランプとの対立の火種となってきたのが、米海軍の巨額収賄事件の捜査だ。
スペンサーは海軍長官に任命される以前、長くウォール街で証券会社の経営に携わっており、背後で操られていた可能性もある。


《櫻井ジャーナル》
米国の民主党が仕掛けたウクライナ疑惑が裏目に出てバイデンの疑惑が深まった
2019.11.27
(以下一部転載)
 今年7月25日にドナルド・トランプ米大統領がウクライナのボロディミル・ゼレンスキー大統領との電話会談でジョー・バイデンの話をしたことを民主党は問題にしているが、ウクライナからはバイデン親子に関する疑惑が伝えられている。
 バラク・オバマ政権では国務次官補だったビクトリア・ヌランドなどのネオコンがネオ・ナチのグループを使い、ウクライナでクーデターを仕掛け、2014年2月にビクトル・ヤヌコビッチ大統領の排除に成功した。その2カ月後にジョー・バイデン副大統領の息子であるハンター・バイデンは天然ガス会社ブリスマ・ホールディングス(本社はキプロス)の重役になる。
 そのブリスマを2002年に設立したひとり、ミコラ・ズロシェフスキーは2010年からエコロジー資源大臣を務めているが、検察当局は彼をマネー・ロンダリング、脱税、汚職の容疑で12年に捜査を始めている。その年にズロシェフスキーは大臣を辞めた。
 捜査が進めば起訴される可能性があったのだが、2014年にクーデターでヤヌコビッチ政権は倒される。その年の終わりにズロシェフスキーは国外へ逃げるが、資産はイギリスの当局に凍結された。その凍結が解除されたのは2016年。その翌年に帰国した。
 ジョー・バイデンの圧力で検事総長を解任されたビクトル・ショーキンの下で、ウクライナの検察はブリスマを捜査していた。捜査の対象にはズロシェフスキー、バイデン親子、大統領だったペトロ・ポロシェンコ、ポーランド大統領だったアレクサンデル・クファシニェフスキーが含まれていたと言われている。
 ウクライナ側の説明では、検事総長の解任をアメリカ大使館は2015年終わりから16年初めにかけての数カ月にわたり、求めてきたという。その工作の黒幕はオバマやジョージ・ソロスが関係しているNABU(ウクライナ反汚職局)だと言われている。
 捜査の結果、ハンター・バイデンを含むブルスマの重役4名は少なくとも1650万ドルを会社から受け取り、ジョー・バイデンはロビー活動の報酬として、ロズモント・セネカ・ボハイ経由で90万ドルが支払われたという。
 すでに本ブログでも書いたことだが、ロズモント・セネカ・ボハイはハンターやデボン・アーチャーが経営する会社。アーチャーはエール大学の出身で、そのときのルームメートがジョン・ケリー元国務長官の義理の息子であるクリス・ハインツだと伝えられている。
 バイデンの問題をゼレンスキー大統領がどのように処理するのかは興味深いところだが、その後ろ盾と噂されている人物がオリガルヒのひとりであるイーホル・コロモイスキー。2014年のクーデターの際にはネオ・ナチ集団へカネを出していたクーデター派だ。
 ところが、ここにきてロシアとの関係修復を訴えている。ウクライナで経済的な基盤を築くことに成功したので、それを利用してビジネスを展開しようと考えている可能性がある。ビジネスの相手ならアメリカよりロシアだと考えても不思議ではない。


田中龍作ジャーナル
【香港発】催涙弾撃てない警察 選挙結果の影響か
2019年11月27日 18:56 
(以下一部転載)
 デモに付き物の催涙弾が消えた。24日あった選挙で警察の過剰な暴力に圧倒的な数のノーが突き付けられた結果だろうか。
 ランチタイムデモがきょう、少なくとも3ヶ所であった。どこも催涙弾は飛ばなかったようだ。
 田中が取材した九龍湾では、機動隊は催涙弾用の銃さえ持っていなかった。
 デモのサラリーマンたちも、黒マスクにサングラスは極々わずかだ。見つけるのが難しかった。
 数百人からなるデモ隊は、革命スローガンを唱えながらスクランブル交差点を行ったり来たりした。
「回復香港、時代革命」
「五大訴求、缺一不可」
「Fiveディマンズ・ノットOneレス」
 外国メディアを意識して英語でもシュプレヒコールをあげた。
 機動隊は交差点の隅で手を こまねいて いるばかりだった。
 選挙前までの機動隊はランチタイムであろうが、オフィス街であろうが、お構いなしで催涙弾を放っていた。様変わりには驚くばかりだ。
 参加者の一人で、近くの会社で働く女性(20代)に聞いた。
 田中「選挙で民主派が圧勝した影響でしょうか?」
 参加者「そうですね」
 田中「機動隊は珍しく催涙弾を撃ちませんね?」
 参加者「今は大人しく見える、今はね」。
 中国共産党は24日の区議会議員選挙で民主派が圧勝したことを無視しているようだ。民意など屁とも思っていない。いや、民意という概念さえない。
 ほとぼりが冷めれば、警察はまた催涙弾を雨あられのごとく浴びせてくるだろう。それは香港市民がよく知っている。


シャンティ・フーラの時事ブログ
ぴょんぴょんの「〈FTA〉にもマケズ・・」
2019/11/27 11:00 AM
(以下一部転載)
 〈日米FTA〉は、日本をどのように破壊するのだろうか。
 時事ブログに紹介された「長周新聞」の記事を参考に、先にアメリカとFTAを結んだ韓国と比べて、考察してみた。


ネットゲリラ
儲けは外資に、コストは政府に
 (2019年11月27日 06:13)
(以下一部転載)
ギャンブル依存症の治療、というんだが、今まで放置していたのに今更、というのは、カジノ対策なんだろうが、そうまでしてカジノ作らなきゃいいだろ、というので、まぁ、マッチポンプの最たるモノだw もひとつ指摘するなら、カジノの儲けは外資のユダ菌が取り、コストのかかる後始末は日本国政府にやらせるという、新自由主義のやる事は全部そんなんですw
------
厚生労働省は二十日、ギャンブル依存症の治療を公的医療保険の適用対象とする方向で検討に入った。
カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致が今後各地で進むため依存症対策を強化したい考え。ただ依存症の治療に国民の税金や保険料が投入されることには反発も予想される。
 ギャンブル依存症は、病的にギャンブルにのめり込む精神疾患。厚労省によると、患者は年々増えており、二〇一四年度の二千十九人から一七年度には三千四百九十九人に増加した。
この日の中医協では一部の委員から「他の依存症にも保険を適用するのか」「百八十七人の調査結果で効果があると言えるのか疑問だ」といった異論も出た。
------
ユダ菌は庶民を食い物にするだけではない。国家をも、食い物にする。カジノの後始末のコストは、多少の税金ではカバーできない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
危険で不便でメリット無しのマイナンバーカードを無理やり取得させるのは内閣官房と財務相 〜 行政がどんなに煽ってもカードの取得率は14.3%
2019/11/27 12:00 PM
(以下一部転載)
 何ひとつメリットが無いと言われるマイナンバーカードですが、それにしても当初の予想をはるかに超える不人気で、現在の取得率は全住民の14.3%だそうです。このままではいかん、何としても国民に「個体識別番号」を振りたいと考えたか、内閣官房と財務省が各省庁の国家公務員にカード取得を強要するような調査をしているそうです。職員とその家族もろとも、カード取得の有無、取得しない理由を書かせるそうな。内閣官房、先にご自分達が出すべき情報があるでしょう。
 取得を強要できない一般国民へは、買い物時のマイナンバーカードを使ったポイント付与制度を用意しており、この制度を前倒しでスタートさせたい意向のようです。ところがこのポイント付与制度は、キャッシュレス決済が条件で、買い物の都度マイナンバーカードを提示するという扱いのため、番号の漏えいやカード紛失のリスクが高まる上に、2%の還付金は年間4,000円が上限。20,000円を超える消費税を納めてやっと4,000円を返していただくという全然ありがたみの無い制度になっています。麻生財務相ですら「一回も使ったことない」と言い放つシロモノを下々には使えと言い、「使わないなら減税はない」と脅していますが、いや、減税と言えるほど立派なものではありません。
 しかも、このばかばかしいマイナンバー制度を利用するためのサイト整備のために、これまで何と100億円以上も投入してきたそうです。このサーバーの利用率はさらに低くて0.02%とは恐れ入ります。挙句のさんぱち、このサーバーは今年度までで使用終了だそうです。
 危険で無駄なだけのマイナンバーカードを推進する方々は、「怪しい」。


シャンティ・フーラの時事ブログ
「桜を見る会」に反社会勢力が出席していたという指摘に「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と認めた菅官房長官 / 野党が求めた首相出席の集中審議開催に応じない与党
2019/11/27 8:50 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 「桜を見る会」の招待者の最終決定に関して「私が責任者」と言っていた菅官房長官ですが、「桜を見る会」に反社会勢力が出席していたことに関して、「出席は把握していなかったが、結果的には入ったのだろう」と答えました。
 “結果的には入った”のではなく、あべぴょんの「首相枠」で“入れてた”わけで、そこの説明をきちんと聞きたいのです。菅官房長官が責任者なら、反社会勢力が出席していたことが確定した時点で、責任を取らないといけないでしょう。
 “続きはこちらから”をご覧ください。与党は、“委員の三分の一以上の要求があれば委員会を開かなければならない”にもかかわらず、集中審議開催に応じないどころか、「首相が出席しない一般質疑なら検討する」とのこと。
 「問題ない」と言えば、問題がなくなると思う、猿並みの知性の連中が、国を支配しています。さすがに、国民もそのことがだんだんとわかってきたのではないでしょうか。


richardkoshimizu のブログ
MH370便事件について、RK記事をまとめていただき有難うございます。酷い事件でした。
2019/11/27 19:24:02
(以下一部転載)
復習ですね。
-----&
スレタイのその動画では、マレーシア機MH370便事件についてもメディアが決して報じない真相が語られてますよね。
さて、以前にもカキコしたことですが、では「コシミズさんと我々がこの事件の真相にどれほど早く到達してしまってたか」というのを、わかりやすくまとめてみました。
【事件発生】
2014.3.8の0:41にクアラルンプールを飛び立ったMH370便は、6:30北京に到着予定だったのだが、1:30の交信を最後に消息を断つ。
【事件から2日後。この事件についての最初のブログ記事】
マレーシア航空失踪事件
2014/03/10 08:30
http://oldrkblog.s17.xrea.com/201403/article_59.html
【事件から3日後。この事件の目的が「全人代突入テロ」だったことを早くも突き止める】
M航空機:「東トルキスタンイスラム解放軍がマレーシア航空機を乗っ取り、北京の全人代に突っ込んだ。」
2014/03/11 09:59
http://oldrkblog.s17.xrea.com/201403/article_84.html
もし、マレーシア航空機が全人代を開催中の北京の中枢に突っ込んでいたら....
2014/03/11 13:03
http://oldrkblog.s17.xrea.com/201403/article_86.html
【事件から5〜9日後。「強制自動操縦により、どこかの米軍基地に強制着陸させられてる」可能性を提示】
「AWACSによるレーダーの撹乱とリモート操縦によるどこかの米軍基地への強制着陸とのコンボらしい。」
2014/03/13 03:27
http://oldrkblog.s17.xrea.com/201403/article_96.html
マレーシア航空機事件:これが事実なら大韓航空機事件の再来ですね。
2014/03/17 08:35
http://oldrkblog.s17.xrea.com/201403/article_117.html
【9日後。ついに「ディエゴ・ガルシア島」の名が!これにて、この事件の解明は事実上完了】
えーこちらがディエゴ・ガルシア島でございまして、米国という国の空軍基地があるみたいです。
2014/03/17 11:59
http://oldrkblog.s17.xrea.com/201403/article_122.html
以上のように、事件発生から「わずか9日後」に完全解明してしまってます。
一方、5年経った今になっても「何一つ分からない状態」だと言うメディアども……
投稿: 酢味噌 


richardkoshimizu のブログ
「2019.11.27rkyoutube日本は広島長崎の前にも後にも核攻撃されている。」動画を公開します。
2019/11/27 9:38:08
(以下一部転載)
2019.11.27rkyoutube日本は広島長崎の前にも後にも核攻撃されている。
https://youtu.be/LM8qR8l4Wu0

 
ネットゲリラ
身を捨てて勝負を賭ける
 (2019年11月26日 22:56)
(以下一部転載)
山本太郎の「おしゃべり会」に行ったんだが、数百人の会場が満員で立ち見も出るほど。明日行くという浜松や、神奈川からの参加者もいて、追っかけみたいのが発生しているようだ。会場設営から手伝っているボランティアも数十名いて、選挙になったら日本全国で数千人単位のボランティア部隊が動くことになるだろう。N国がネットの野次馬相手に馬鹿騒ぎをしているあいだに、山本太郎は地道な地上戦を全国に戦っている。衆院選に向けて候補者公募が始まっていて、既に100名以上がネットで申し込み、郵送も数十名。これだけ動けるスタッフを抱えているのは、統一協会と創価学会くらいだろうw 消費税5パーセントを呑めない野党とは徹底的に戦うつもりで、「その方が妥協しなくていいので、れいわ新選組の議席数は取れる」と言っていた。ただし、野党連合がまとまるなら、政権奪取のためには候補者の調整に応じるそうで、まぁ、この人は身を捨てて勝負を賭けるから強いね。終わると、一人ひとり握手しながら見送っていた。盲聾の数名が来ていて、握手しながら訴えていた。奇想天外な手だったが、こないだの参院選でとりあえず身障者の票はガッチリ掴んだね。


ネットゲリラ
詐欺師を功労者として首相自ら招待
 (2019年11月27日 04:50)
(以下一部転載)
アベシンゾーを信頼できない、が急増、というんだが、嘘だね。もともと100パーセント近い数字が急増するわけがない。ノビシロが皆無なんだからw まぁ、数字を捏造するのに疲れたのかね、マスコミ様はw いい加減、嘘を付き続けてウンザリしているだろう、いくら嘘をつくのが商売だとはいえw
------
共同通信社が23、24日の両日に行った世論調査によると、内閣支持率は48.7%。10月の前回調査と比べて5.4ポイント下がった。
「桜を見る会」問題に火が付いて以来、各社が行っている世論調査は、おおむね同じ傾向が続く。内閣支持率は5~7ポイント程度下落して5割前後になっている。
「5割」という数値は必ずしも低いとはいえない。共同通信社の調査でも安倍内閣の支持が4割を割り込んだこともある。その時と比べれば十分高い。しかし、世論調査ウオッチャーたちによると、今の内閣支持率は「数値よりも内容が悪い」という。
------
2時間ドラマの刑事物なら、ラスト10分前には犯人が自白する。何故か、刑事物で自白しない犯人というのはいないねw 七年間嘘を塗り固めてカピカピになってるのに自白しないのはアベシンゾーだけw 自白してない犯人を捕まえてはイケナイという法律はないので、とっとと捕まえろやw


richardkoshimizu のブログ
不正選挙裁判動画のまとめです。まだの方、ご覧になってください。
2019/11/27 6:58:06
(以下一部転載)
不正選挙裁判動画のまとめです。まだの方、ご覧になってください。
こんな裁判が行われていたと国民に知られたら、安倍政権は真っ青です。
衆参不正選挙裁判、いまだ、上告中です!
不正選挙、追及中。
https://www.youtube.com/playlist?list=PL-9Vle88PV9VwjBu74RY8mj76q_2uweXr
12 本の動画6,040 回視聴2 日前に更新


richardkoshimizu のブログ
RKyoutube動画を文字おこしいただきました。有志の方、ありがとうございます!
2019/11/27 7:34:39
(以下一部転載)
RKyoutube動画を文字おこしいただきました。有志の方、ありがとうございます!
『2019.11.24rkyoutube-安倍政権の屋台骨は粉飾支持率と不正選挙』
https://dokuritsutou.heteml.jp/rkofficialhp/img/20191124rkyoutube%E5%AE%89%E5%80%8D%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%AE%E5%B1%8B%E5%8F%B0%E9%AA%A8%E3%81%AF%E7%B2%89%E9%A3%BE%E6%94%AF%E6%8C%81%E7%8E%87%E3%81%A8%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E9%81%B8%E6%8C%99.pdf




シャンティ・フーラの時事ブログ
Qグループがディープ・ステートとの戦いで使用している過去や未来を見るルッキング・グラス技術 〜 この技術で過去の歴史を見た時、見ている人間によって変わる過去の出来事!!
2019/11/26 10:00 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の記事で「この世に客観的な現実は存在しない」というIn Deepさんの記事を紹介しました。その関連で、時間の本質に関する今回の記事は、大変興味深いものです。
 時間のない方は、冒頭の動画の3分5秒~4分33秒のモントークプロジェクトに関する話題と、11分55秒~13分24秒の時間に関するコーリー・グッド氏の説明をご覧ください。
 記事をご覧になると、過去や未来を見る技術は既に存在するようです。面白いのは、そのProject Looking Glass技術を、Qグループがディープ・ステートとの戦いで使用しているというのです。これは、まず間違いないでしょう。フルフォードレポートでも、悪が滅びる確率は95から100%だとする指摘がありましたが、それは、こうした技術を用いて未来を透視した結果ではないかという気がします。
 ディープ・ステート側も同じ技術を用いているらしい。Qグループが見通す未来は、ある程度正確で、ディープ・ステート側は、全くそうではないと思います。なぜなら、ディープ・ステート側の者たちの魂は、すでに滅ぼされているからです。例えて言うと、情報に関する制空権を、Qグループが完全に支配しているのです。
 ディープ・ステートは、肉体(狭義)の身体しか持っていません。神々は、彼らの行動を全て見通しています。Qグループはルッキング・グラスの技術だけではなく、神々や銀河国際連合からの情報も受け取っているのではないかと思います。
 さて、ルッキング・グラスで過去の歴史を見た時、見る人によって違った過去が見えると書かれています。コーリー・グッド氏は、“最終結論では、過去の出来事は見ている人間によって変わる”と言っています。
 昨日の記事で、2人の霊能者がある霊を見た時、別の見え方をしているのではないかとコメントしました。過去の記録を見ても、同じようなことが起こるわけです。多くの人々は、過去は確定していると錯覚しているのですが、私の考えでは、過去の出来事というのは記憶でしかありません。
 私たちの地球上で最も長く保存できる記録は、電子媒体よりは紙、紙よりは石ではないでしょうか。なので、何千万年も前の記憶をたぐる場合には、石に記録されている情報を取り出すのが賢明だと思うのです。
 その意味で、中西征子さんが古い時代のことを、ピラミッドの地下にある巨大クリスタルに聞いたのは、適切でした。
 さて、その巨大クリスタルに記録された出来事が本当に起こったということを、誰が証明できるのでしょう。巨大クリスタルに記録された情報は、巨大クリスタルが直接体験したものではありません。さらに正確な情報は、その出来事を直接体験した人物の記録を調べるのがより確実だと言えます。その出来事を体験した人たちの記憶を取り出してつなぎ合わせれば、過去の出来事のより詳細な情報を手に入れることができます。しかし、その個人の記憶自体が変化するとしたらどうでしょうか。
 過去にタイムトラベルするというのは、過去の記憶の中に入っていくことだとしたら、どうなるでしょうか。その過去は現在に存在します。その記憶の中に入り込むことで、記憶が書き換えられてしまいます。
 1つの例として、あなたが理由はわからないが、ある人物をとても嫌っているとします。霊能者に見てもらうと、前世でその人物と縁があり、とてもひどいことされたことを知ります。あなたは問題を解決するため、過去にタイムトラベルします。その人物を過去に戻って殺して戻ってきたらどうなるか。おそらく、ほとんど何も変わっていないでしょう。ただ、あなたのその人物に対する嫌悪感などが消失してしまっているかも知れません。
 瞑想によって心を解放することが可能ですが、実は、意識のレベルでは、過去にタイムトラベルしているのと同じなのかも知れません。


田中龍作ジャーナル
【香港発】民主派議員 学生の解放求め、理工大構内に乗り込む
2019年11月26日 04:17 
(以下一部転載)
 24日投票のあった区議会選挙で圧勝した民主派の議員たちが間髪を入れずに動いた。
 大勝利の余韻も覚めやらぬ翌25日、民主派の立法会議員と区議会議員約60人が「理工大学に閉じ込められた学生を解放するよう」求めて、行政長官や警察と交渉したのである。
 当局は目障りな民主派議員の議員資格や当選資格を簡単に剥奪し、警察は難クセをつけて民主派議員を逮捕する。田中は香港滞在中に幾度も目にした。これが中国返還後の現実だ。
 区議会に初当選した民主派の麦梓健議員(26歳)に「こんなことをして当選資格を剥奪される恐れはないか?」と尋ねた。
 麦議員は迷いのない顔で言った―「有権者の声は『理工大学生を助けてくれ』だった。リスクはあるかもしれないけど、そんなことは気にしていられない」。
 民主派議員たちは理工大学すぐそばの公園に集結した後、二手に分かれた。ひとつは理工大学に乗り込み警察と交渉。もう一つは行政長官事務所と交渉だ。
 田中は理工大学に乗り込もうとする議員たちに同行した。
 議員4人と弁護士1人は構内に入れたが、他の議員は入構できなかった。新人の伍健偉・区議会議員(23歳)は、機動隊に激しく詰め寄った。
 くやし涙を流しながら「なぜ入れないんだ?」「いつになったら入れるんだ」と抗議した。それは叫び声だった。
 理工大学前には、閉じ込められた学生の解放を求める大勢の民衆が詰めかけた。人々の声は激しさを増している。
 「香港人、加油(香港人、頑張れ)」が、「香港人反抗」に変わり、さらに「香港人、報仇(香港人は復讐するぞ)」へと変わった。
 構内に入った民主派議員と弁護士は約7時間に渡って学生と話し合った。
 一緒に出てくれば逮捕だ。民主派議員たちは逮捕させないよう行政長官事務所や警察と交渉したが、拒否された。
 弁護士によると、学生は「五大訴求がかなえられるまで戦う。ギブアップしない」と言ったという。 
 果たして構内には何人残っているのか? 弁護士は「センシティブなので言えない」と答えた。
 中のようすが、警察発表以外で表に出るようになっただけでも隔世の感がある。
 選挙に勝ったことは大きい。


《櫻井ジャーナル》
東京琉球館で「ラテン・アメリカに巣くう米資本とナチス」について話します
2019.11.26
(以下一部転載)
 東京琉球館で12月14日の午後6時から「ラテン・アメリカに巣くう米資本とナチス」というテーマで話します。予約制とのことですので、興味のある方は事前に下記まで連絡してください。
東京琉球館
住所:東京都豊島区駒込2-17-8
電話:03-5974-1333
http://dotouch.cocolog-nifty.com/
 ラテン・アメリカは資源に恵まれた国です。食べ物も本来は豊かで、トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモ、トマト、トウガラシ、インゲン豆、カカオ、カボチャ、アボカド、ピーナッツ、バニラなどはラテン・アメリカが原産だと言います。
 そうした地域に住む人びとが貧困にあえいでいる理由は強大な権力に収奪されているからにほかなりません。最初はスペインやポルトガル、そして現在はアメリカに富だけでなく人としての権利を奪われているのです。
 スペイン人やポルトガル人による殺戮、破壊、そして略奪が始まったのは1492年にクリストバル・コロン(コロンブス)がカリブ海のグアナハニ島に到達してからでした。
 イギリスはまず北アメリカの東部を占領します。その中心的な存在は1620年にメイフラワー号でアメリカへ渡ったピューリタン(清教徒)、いわゆるピルグリム(巡礼者)・ファーザーズだと言えるでしょう。
 ピューリタンはイギリス国教会から派生したカルバン派の一派で、アメリカへの移民はイギリス国教会の内部での対立が原因だと言われています。長老派、会衆派、バプテスト派などは清教主義に由来するようです。
 イギリスでピューリタンは民主的な主張をする人びとと結びつき、1640年に「革命」をはじめる。この戦いで反国王派を率いて勝利に導いた人物がオリバー・クロムウェル。1449年には国王チャールズ1世が処刑された。
 実権を握ったクロムウェルは手を組んでいた勢力の粛清に乗り出します。小農民や職人層が支持していた水平派を弾圧しました。
 それと並行してクロムウェルはアイルランドなど周辺を侵略し、住民を虐殺します。虐殺前の1641年に147万人だったアイルランドの人口は52年に62万人へ減少しました。50万人以上は殺されたのですが、残りは「年季奉公」や「召使い」として売られたと言われています。
 アメリカへ移民したピューリタンはフランスを追い出し、先住民を虐殺しながら西へ向かい、カリフォルニアなどをスペインから奪い取ります。
 マシュー・ペリーを司令官とするアメリカ軍の艦隊が江戸湾に現れたのはアヘン戦争と呼ばれる侵略戦争から10年余り後の1853年。その3年後にイギリスはフランスと手を組み、再び中国(清)を攻撃しました。それから34年後の1890年にはウーンデット・ニー・クリーク(サウスダコタ州)でアメリカ陸軍が先住民の女性や子供を虐殺しています。
 そして1898年の軍艦メイン爆沈を利用してラテン・アメリカへの侵略を本格化、アメリカの巨大資本が儲けるための仕組みが作り上げられました。
 その後、支配の仕組みは時代に合わせて変化しますが、略奪という基本は変わらず、現在、その仕組みは新自由主義と呼ばれています。
 その新自由主義を最初に国の政策として取り入れたのはチリだと考えられています。それを可能にしたのがオーグスト・ピノチェトによる軍事クーデターでした。
 そのクーデターの実行グループの中心はアメリカの軍や情報機関が手先を育成するために創設したSOA(WHISC)と呼ばれる訓練施設の卒業生。そのグループを指揮していたのはCIAの秘密工作部門で、その背後には国家安全保障補佐官だったヘンリー・キッシンジャーがいました。
 実権を握ったピノチェトと会うためにチリを訪れたひとりがイタリアでクーデター計画や爆弾攻撃に参加していたステファノ・デレ・キアイエなるNATOの秘密部隊グラディオのメンバーです。
 NATOの秘密部隊にはファシストが関係していますが、第2次世界大戦の直後にアメリカの支配層がローマ教皇庁と手を組んでナチスの元高官や協力者を逃亡させていますが、その逃亡先がラテン・アメリカでした。
 そうしたことからラテン・アメリカにはナチスのネットワークが張り巡らされ、民主的に選ばれた政権を倒すクーデターにも参加してきました。逃亡してきた世代の大半は死亡していますが、ナチズムやファシズムは消えていません。
 アメリカの巨大資本、CIA、キリスト教系カルト、SOA卒業生は今でも連携、そのシステムが今回のボリビアにおけるクーデターでも機能しました。そのクーデターをアメリカの有力メディは支援しています。
 そうした略奪者との戦いはラテン・アメリカで続いています。その戦いについて考えたいと思っています。


シャンティ・フーラの時事ブログ
ユダヤ問題のポイント(日本編) ― 基本情報4 ― ミトラ教の伝播
2019/11/26 11:00 AM
(以下一部転載)
 ミトラ教といっても日本人には聞き慣れず馴染みの薄いものでしょう。しかし、ミトラ教の言葉は認識されず、そうとは知らないままではあったのですが、ミトラ教は日本人の生活に深く浸透して、日本全土に広まっていたのです。日本の歴史に大変な影響を与えていたのです。
 ミトラ教は東方へは中東から中国、朝鮮半島を経て日本に伝わっており、その伝播の各地域に広く浸透してもいました。ミトラとマイトレーヤ(弥勒菩薩)は ≒ の関係で結べます。
 さて気をつけるべきことは、ミトラ・ミロク信仰が日本に、そして中国など周辺地域に広く浸透することは、「ミロクの世が来る」ことの下準備に、つまり日本を中心としたNWO成立の土台となる事柄だということです。日本を中心としたハルマゲドン・救世主降臨計画です。
 この計画の原点は、ミトラやマイトレーヤたちホワイト・ロッジのハイアラーキーが信奉し、忠誠を誓っていたサナット・クマラの復讐と野望にありました。
 スミワタルタカキホシノヒメミコ様の通信などによって明らかにされていますが、サナット・クマラは天照大神の息子の一名であり、高き神格のホツマの神でしたが、事件を引き起こし、父の天照大神の激怒を買い、ホツマの神から神霊に格下げされて地球に叩き落されます。
 サナット・クマラはその復讐として全宇宙の支配の野望を懐き、ホツマの神々もその支配下に置こうとしたのでした。この復讐と野望を実現させるための組織と計画がホワイト・ロッジのハイアラーキー組織であり、ハルマゲドン・救世主降臨計画でした。


richardkoshimizu のブログ
ローマ教皇が来日したわけ。?
2019/11/26 7:19:49
(以下一部転載)
ローマ教皇フランシスコさんが何をしに日本に来たのかいまいち分からなかったのですが....
考えてみれば、13億のカトリック信者の長と世界最古の王朝に君臨する世界唯一の「エンペラー」である天皇陛下が会見されたというのは、歴史的転換点を示唆するものであると、勝手に解釈します。
つまり、これを機に日本と世界は「好転」すると。
安倍さん、教皇はあなたに引導を渡しに来たのですよ。
以上にてRKの独善的解釈を終わります。( `ー´)ノ


richardkoshimizu のブログ
2019.11.26RKyoutube講演です! マスコミの役割は、報道すべきを報道せず、デマを報道して民意を誘導すること。
2019/11/26 9:37:22
(以下一部転載)
2019.11.26-1/2rkyoutubeマスコミの役割は、報道すべきを報道せず、デマを報道して民意を誘導すること。(前半)
https://youtu.be/-V5ku-6zi8I
2019.11.26-2/2rkyoutubeマスコミの役割は、報道すべきを報道せず、デマを報道して民意を誘導すること。(後半)
https://youtu.be/19yCkCV-XNQ


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
安倍晋三首相の政治生命が、尽きているにもかかわらず、潔く退陣しようといないため、天が警告を与えており、政府専用機のボヤは安倍晋三首相に対する第1の警告だった
19/11/26 07:31
(以下一部転載)
 「安倍晋三首相の政治生命が、尽きている。にもかかわらず、潔く退陣しようといない。このため、天が、警告を与えている。この前の政府専用機のボヤは、安倍晋三首相に対する第1の警告ということが考えられる。さらに、首里城の火災は、神様の意思だ。要するに古い時代が終わったということを、日本国民をはじめ世界中に知らしめるために神様が起こした象徴的な出来事だ。だれかが放火したということではない。配電盤がショートするなんてことは、人間ができることではない。神様でないとできない。だから何の裏もない。10月末で古い時代は終わったので、古い時代から新しい時代に入った。要するに、死海文書の黙示録にある世界の終わりだ。台風15号や19号もそうだし、10月25日の豪雨もそうだし、日本自体が雨で水没したので、最後のダメ押しで首里城が燃えた。つまり、『終わって始まった』ということだ。いままで、当たり前のようにできたことがこれからはできなくなる」-これは、上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦の解釈だ。


シャンティ・フーラの時事ブログ
必見!「桜を見る会」田村智子議員の追求炸裂 〜 悪徳ジャパンライフ会長は安倍首相が招待、総理枠1000人も嘘だった
2019/11/26 12:00 PM
(以下一部転載)
 25日、参議院行政監視委員会で、たった15分の質問時間を与えられた田村智子議員の追求が見事です。答弁すべき菅官房長官は敵前逃亡。答弁する気もない岡田官房副長官や大塚大臣官房長を見切った上で、客観的な調査に基づき、ぐうの音も出ないほどグイグイ追求していきます。この15分で明らかにされた桜を見る会の実態は、もはや政権を庇いだてできるレベルではありません。
安倍首相と悪徳企業ジャパンライフとの密接な関係をこれまで何度も共産党が国会で取り上げ、またリテラや日刊ゲンダイでも地道に報じてきた追求が、ここにきて炸裂した感があります。
「高齢者を対象に磁気ネックレスなどのマルチ商法を繰り返してきた極めて悪質な会社」ジャパンライフは2014年の時点ですでに行政処分を受けていたにもかかわらず、2015年桜を見る会の招待状が山口会長に送られ、その招待状がジャパンライフへの信用を示すものとして出資者や顧客獲得の宣伝に利用されました。
 田村議員「誰が、なぜ、招待したのか調査をすべきではないか」
 岡田内閣官房副長官「個人に関する情報なので回答を差し控える」
そう来るだろうと思ったよ。
それならば、と、招待者の受付表に付されたナンバーリングについて質問します。もちろん内閣府はまともに答えませんが、田村議員は防衛省や国交相などから提出された名簿を検討し、内閣府が消していた整理番号の最初の2桁は、各省共通の「招待者の属性を示すもの」という意味を突き止めました。
まともな答弁は期待できないので質問内容を後で確認せよとして、実態を明らかにしていきます。
内閣府は、封筒に桜を見る会の案内状や書類を入れる作業を民間業者に発注していました。(5:36〜)田村議員はこの業者との契約書一式を精査し、「作業指示書」によって招待者に付された2桁の番号が厳密に取り扱われていることを確認しました。果たしてその番号の「60〜63」という招待区分は、総理、長官等推薦者らしい。山口会長に送られた「60」の番号が付された招待状はズバリ安倍首相からのものであったわけです。2014年から4度もの行政処分を受け、一部業務停止命令まで受けながら、それを無視して業務を続け、被害を拡大させた極めて悪質な会社会長宛に招待状が送られているという重大な事実、「全くふさわしくない人が招待された」それさえ調べないのか、厳しく要求します。(9:52〜)
さらに2014年の招待実績では、総理、長官等推薦者は3400人とあり、菅官房長官が2000人と答弁したのは前夜祭の人数倍増などから類推してもありえないことを指摘しました。明らかな封入作業の事実から名簿がなくても人数が割り出せるその方法まで田村議員は説明しますが、官房長方面は聞きたくない様子。官房長官が発表した「総理1000人」の数字すら極めて怪しい、「どこまでウソを重ねるのか!どこまで総理の選挙買収をごまかそうというのか!」
迫力ある一撃でした。


シャンティ・フーラの時事ブログ
共産党の田村智子議員の水爆級の大スクープ!「桜を見る会」に「首相枠」で招待されていたジャパンライフの山口会長 〜 ジャパンライフの広告塔を務めていた安倍夫妻・加藤厚労相・二階幹事長!
2019/11/26 9:30 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 共産党の田村智子議員の大スクープを、すでに編集長が取り上げました。大筋は、そちらをご覧ください。なので、これは、補足情報です。
 昨日の参議院行政監視委員会で行われた田村智子議員の質疑の衝撃度はまさに水爆級で、これをまともに喰らったら、安倍政権は粉砕されてしまいます。なので、メディアがこれをどのように伝えるか、あるいは無視するかは、興味深いところです。無視できないように、ネット上で騒ぎを大きくする必要があります。
 “続きはこちらから”の大門みきし議員の1分30秒の動画は、ぜひご覧ください。大門みきし議員は、“業務停止命令も守らず営業を続けるジャパンライフ”を刑事告訴するよう、消費者庁に促します。しかし消費者庁は、大門みきし議員の再三にわたる警告を無視します。今なら、“この消費者庁の及び腰の理由”がわかります。安倍案件だったのです。
 ツイートをご覧になると、安倍夫妻がジャパンライフの広告塔になっていたことや、「桜を見る会」にジャパンライフの山口会長が招待されていたことがわかります。加藤勝信厚労相や二階幹事長も、広告塔を務めていました。
 田村智子議員の指摘から浮かび上がったのは、お年寄りを食いモノにした悪徳商法のジャパンライフ会長・山口隆祥氏が「桜を見る会」に招待されたのは、「首相枠」ではないのかということ。なぜ、内閣府が名簿を破棄したのかがわかるような気がします。
 ツイートにある牧園龍一氏の招待状の受付番号は、60‐4908になっています。60が「首相枠」を示すとすれば、あべぴょんの首相枠は5,000人近くあったことになります。引用元のリテラによると、2014年の「総理、長官等」の招待者数は3,400人だったとのことで、“安倍・昭恵枠が5,000人”は十分あり得る話だということになります。


richardkoshimizu のブログ
Yahooの意識調査で、安倍さんの不支持率75%。でも、支持するが23%もいるなんて、どう考えても異常ですね。
2019/11/26 7:29:37
(以下一部転載)
Yahooの意識調査で、安倍さんの不支持率、75%。
読売やNHKの粉飾支持率よりはかなりマシですが、支持率が23%もあるというのは、疑問です。安倍さんの真正の支持率は5%前後。
不正選挙で総理の座を盗んだ犯罪者、安倍晋三さん。アイヒマン北村に命じて、Yahooの社長のスーツのポケットにシャブでも放り込んで冤罪逮捕しなくていいんですかぁ?
------
ヤフー意識調査
歴代最長となった安倍政権、支持する?
https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/40124/result
合計:89,371票 実施期間:2019/11/20(水)〜11/30(土)
支持しない75.3%(67301票)
支持する23.2%(20750票)
分からない1.5%(1320票)
※統計に基づく世論調査ではありません。結果は予告なく削除することがあります。
「支持しない」が75%なんですが。
官邸の世耕トゥルースチームは頑張らなくていいのでしょうか?
投稿: 穂咲青二才


ネットゲリラ
高度人材レジ打ち 時給300円
 (2019年11月26日 03:34)
(以下一部転載)
特定機能外国人が来ない、というんだが、かつてアジアの頂点に君臨した日本の富は、すべて他の国に吸い取られて、何も残ってない。外国に債権を持っているというんだが、日本に持ち帰ると円高になるというのでそれを嫌って、アベシンゾーがふたたび海外にバラ撒いてオシマイ。せっせと働いて稼いでも庶民のフトコロには一銭も入らない。稼いでも使えないカネなんか糞だ。
------
安倍政権の肝いりで、採決を強行した改正出入国管理法(入管法)に基づき、4月に新設された在留資格「特定技能」。人手不足を解消するため外国人に単純労働を認める就労ビザだが、取得者は初年度想定の3%未満。何が起こっているのか。
「4月に申請を出せば、5月には人材を送れます」
 関東の建設会社社長(40代)は2月、知人を介して出会った人材紹介会社の提案に二つ返事で飛びついた。
 4月に新設された在留資格「特定技能」で、元技能実習生のカンボジア人2人と、ベトナム人1人を送り込めるという提案だった。建設会社社長は3人分の採用コンサルティング料として180万円を支払った。しかし、待てど暮らせど人材はやってこない。
「国の制度が不十分で、まだまだ時間がかかります」
 人材紹介会社の担当者はそう言い訳するばかりだ。8月に「技能実習生をとりますか?」と代案を示されたところで建設会社社長の不信感は頂点に達し、キャンセルと返金を申し出た。
 しかし、人材紹介会社は「国の制度の問題で時間はかかっているが、採用しないわけではない。キャンセルの場合は4割の返金しか認めない」と、言い張っているという。
------
そもそも「技能実習生」もインチキ極まりない制度で、沼津の干物屋でも中国娘がせっせとアジの開きを作っているんだが、内陸部の満州から来た娘が干物作りを覚えても、帰国したら何の役にも立たない。全ては、安い労働力が欲しいというだけのイイワケです。





シャンティ・フーラの時事ブログ
香港区議会選挙は、民主派の圧勝! ~米民主党=CIA=NEDによって、カラ-革命に利用された香港デモ
2019/11/25 9:30 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 香港区議会選挙は、民主派の圧勝だったとのことです。70%を超える投票率を見ても、民意ははっきりと示されたと言えるでしょう。
 ただ、これまでお伝えしてきたように、香港デモの暴徒の背後にはCIAが居て、最後のツイートをご覧になるとわかるように、この混乱は、米民主党、中国共産党の江沢民派に繋がっていると見るべきなのです。
 “続きはこちらから”の初めにある動画をご覧になるとわかりますが、当初香港デモは平和的なものでした。デモの規模からも、民意は明らかでした。しかし、習近平氏は民意を尊重する気はさらさらなかったわけです。そこに付け込んだのが、米民主党=CIA=NEDです。香港デモがカラ-革命に利用されました。
 ディープ・ステートにしてみれば、中国共産党を作ったのは自分たちです。中国共産党はいずれ民主化されバラバラにされて、自分たちが支配し、中国を利用して世界支配を実現する手はずだったと思います。
 ところが、中国は力をつけ、自信に満ち、世界覇権を実現する目途が立ってきました。中国共産党は“ひとつの中国”を堅持し、ディープ・ステートの意向に逆らうようになったのです。ディープ・ステート側は、習近平氏を暗殺し、中国共産党を解体するつもりだったと思います。
 トランプ大統領とQグループは、ディープ・ステート側と中国側のどちらにも加担していませんが、習近平氏が、ディープ・ステートを利用し、中国版NWOを目指していることを知り、貿易戦争という形で、中国と激しくやり合ってきました。
 11月の初め頃には、習近平氏はトランプ大統領とQグループに敵対していました。ところが、11月23日の記事で、習近平氏はキッシンジャー博士と会見し、“米国の覇権に挑戦する意図がないことを強調した”とのことでした。このことから、習近平氏はトランプ大統領とQグループ側に協調する方向で決着が付いたと見て良いでしょう。
 世界情勢は、今回のように敵、味方が激しく入れ替わるので、追いかけていくのが大変です。


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/11/18 フルフォード情報英語版:シオン長老らが姿を現わしつつある中で最終対決へ
2019/11/25 1:00 PM
(以下一部転載)
 竹下氏が「イルミナティの中枢」と指摘していたシオンの長老連中、フルフォード氏のリポートでも「カバール」や「シオニスト」の最奥の黒幕として浮上してきました。ようは地球の支配構造の一番上に未だに居座る、傍迷惑な遺物。これをフルフォード氏は世界のトップ企業を牛耳る737人だと見ているようです。
 その一翼を担うローマのP2流皆血は、「単なる中国への覇権交代は如何なものかー」云々尤もな御託を並べており、完全降参はまだなようです。往生際の悪い彼らが全ての罪を白状する日なんて来るのでしょうか。
 今回、最終的にフルフォード氏は「真実和解委員会」を提案していましたが、支配層トップって大概はそんなんじゃ許されない生贄儀式に関与しているような気が。未成年との乱交くらいなら許すってのは、一般人の感覚ではちょっと無理があります。
 他にも米軍には、国際決済銀行(BIS)と欧州原子核研究機構(CERN)の解体、巨大メディア企業や巨大テクノロジー企業の占拠、大本営発表モッキングバード作戦の終結、上記737人の逮捕をして頂きたいとのこと。
 米軍がやらなくてもアジア勢がやるぞ、と焚き付けています。果たして欧米(と日本)はどう出るか。このままだと、新時代で中国に大差をつけられそうですぞ。


《櫻井ジャーナル》
OPCWによる調査結果の改竄を明らかにする電子メールが公表された
2019.11.25
(以下一部転載)
 内部告発を支援してきたウィキリークスがOPCW(化学兵器禁止機関)の内部でやりとりされた電子メールを公表した。この機関は現地へチームを派遣、調査し、それに基づいて報告書が作成されたことになっている。
 しかし、報告書では削除された部分あるうえ、偏った見方で書かれているため、その報告書の信頼度が低くなっているとしている。さらに、重要な事実がオリジナルの草稿とは違うように書き換えられているともいう。つまり改竄されていると批判しているのだ。
 すでに、OPCWで専門家の中心的な存在であるイラン・ヘンダーソン名義の文書では、化学物質が入っていた筒状の物体は航空機から投下されたのではなく、人の手で地面に置かれていたことを証拠は示していることが明らかにされている。
 OPCWが調査に乗り出したひとつの理由は、シリア政府軍が化学兵器を使ったとSCD(シリア市民防衛/通称白いヘルメット)やアル・カイダ系武装集団のジャイシュ・アル・イスラムが宣伝したことになる。
 その当時、すでにシリア政府はロシア政府のアドバイスに従い、化学兵器を廃棄していた。つまりそうした種類の兵器を保有していなかった。SCDやジャイシュ・アル・イスラムの主張には説得力がなく、しかも事実と矛盾する。西側では英雄視されているSCDが偽情報を流したそれをOPCWの調査チームも確認したとも言えるだろう。本来なら最終報告書にもその事実が反映されねばならなかったのだが、何者かによって改竄されたわけである。
 SCDやジャイシュ・アル・イスラムの話が信頼できないことは西側のメディアでさえ、伝えていた。例えば、イギリスの​インディペンデント紙が派遣していたロバート・フィスク特派員​は攻撃があったとされる地域へ入り、治療に当たった医師らを取材、その際に患者は毒ガスではなく粉塵による呼吸困難が原因で担ぎ込まれたという説明を受けている。毒ガス攻撃があったことを示す痕跡はないという。
 また、​アメリカのケーブル・テレビ局OAN​の記者も現地を調査し、同じ内容の報告をしている。​ロシア系のRT​は西側の有力メディアが化学兵器の被害者だとして報道した子どもとその父親を取材、やはり化学兵器が使用されたという話を否定している。
 しかし、アメリカ、イギリス、フランスの3カ国はシリア政府軍が化学兵器を使用したと言い張り、2018年4月14日にシリアを100機以上の巡航ミサイルで攻撃、ロシア国防省の説明によると、そのうち71機をシリア政府軍は撃墜した。このシリアに対する攻撃を正当化するため、攻撃側は政府軍がドゥーマで4月7日に化学兵器を使用したと宣伝していたのだ。
 OPCWの調査チームが現地へ入るころ、WHO(世界保健機関)は化学兵器の使用で多くの犠牲者が出ているとする声明を出した。その直後にミサイル攻撃は実施されている。OPCWの調査結果がそのまま公表された場合、SCDが嘘をついただけでなく、その嘘をWHOが拡散し、アメリカ、イギリス、フランスの3カ国がシリアをミサイル攻撃したということになる。
 化学兵器の使用を口実にしてシリアを攻撃することは、バラク・オバマ政権の方針だった。オバマ大統領は2012年8月、アメリカ軍が本格的に介入する「レッド・ライン」は化学兵器の使用だと語ったのだ。
 その年の12月には国務長官だったヒラリー・クリントンがシリア政府軍による化学兵器使用の可能性を口にする。自暴自棄になったバシャール・アル・アサド大統領が化学兵器を使うかもしれないと言ったのだ。
 ところが、年明け早々、イギリスのデイリー・メイル紙に、化学兵器に使用を口実にしてアサド政権に対する軍事行動を始める作戦をオバマ大統領は許可したという記事が掲載された。(すぐに削除)
 今回の暴露により、西側の政府や有力メディア、WHO、そしてOPCWもアメリカ支配層の意向に沿って行動していることが確認できたと言えるだろう。こうした組織の宣伝を信じること自体、犯罪的だ。


Y!ニュース
北朝鮮で大人気「大麻サウナ」の知られざる効能
高英起  | デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト
11/25(月) 11:04
(以下一部転載)
汗蒸幕(ハンジュンマク)は朝鮮半島伝統のサウナだ。韓国では、日本の銭湯のような感覚で愛用されている。いつからあったのかははっきりしないが、1422年には存在を示す記録がある。近代に入って日本式の銭湯の影響を受けるも、浴槽よりもサウナがメインである点は今に至るまで変化がない。
北朝鮮でもサウナは人気だ。全国各地にサウナを中心としたレジャー施設、蒼光院(チャングァンウォン)が開設されているが、近年では民間人の経営するサウナの方が施設がよく人気を集め、さらには不倫や売春の現場ともなっている。
そんな北朝鮮のサウナ業界で、今人気を集めているのは「大麻サウナ」だ。
平壌のデイリーNK内部情報筋によると、チュチェ(主体)思想塔のお膝元、東大院(トンデウォン)区域・東新三洞(トンシンサムドン)にあるサウナは、最近になって大麻サウナを始めた。THC(テトラヒドロカンナビノール、大麻の有効成分)を含んだカンナビスではなく、ヘンプ(麻)の茎の皮で作った糸を利用した「大麻加工品」を使ったものだ。


田中龍作ジャーナル
【香港発】唯一民意を反映できる区議選 軽装のプロテスターはインキが渇くまで待って投票した
2019年11月24日 21:19 
(以下一部転載)
 6ヵ月続く反政府デモと中国による弾圧を市民がどう受け止めているのかを問う、香港区議会議員選挙の投票がきょう24日、あった。
 香港区議会選挙は日本の統一地方選挙にあたる。香港全土18の選挙区に1090人が立候補、452議席を争う。
 有権者の関心は極めて高い。田中は8つの投票所を見て回ったが、過疎地や街はずれを除けば、どこも長蛇の列だった。
 投票率は午後4時30分現在で52.14%。投票は午後10時30分まで可能なことから、投票率が70%を超えることは、ほぼ確実だ。日本の選挙とは別世界である。
 区議会選挙は唯一、民意を反映できる仕組みになっており親中派が議席を減らす恐れがある。このため政府トップがデモの激化を口実に選挙の延期をほのめかしていた。
 民主派やプロテスターたちは、選挙延期の口実を政府に与えないようにするため、息をひそめるようにして投票日を待った。「黒服は着用するな」「マスクはするな」・・・SNSなどで声を掛け合った。
 九龍城の小学校に設けられた投票所に足を運んだ20代のカップルは、プロテスターだった。
 「意識的にカジュアルな恰好で来た」という2人は絵に描いたような軽装だった。男性はグレーの半ズボンに白いTシャツ。女性は渋い柿色の半ズボンに白のTシャツ。
 男性は「選挙は声をあげるには一番安全で自由な手段」と選挙の有難さを語った。日本人に聞かせたいような言葉だった。
 出口調査にあたる主な組織「香港研究會」は、親中機関だ。
 2人は出口調査に対して「建制(親中)派に入れた」と答えた。理由は「親中派を少しでも油断させたいから」。
 田中が「民主派に入れたことが分かると身が危険になるからか?」と問うと、男性は身振り手振りを交え「今のところは心配ない」「今のところはね」と繰り返した。
 投票方式は意中の候補者の顔写真の横にスタンプを押す。2人はスタンプのインキが乾くまで投票用紙を投票箱に入れなかった。
 中国移民と古くからの住民が混在する沙田の投票所前で、親中派候補者を応援する女性たちの姿があった。
 分かりやすい大陸訛りが、中国からの移民者であることを示していた。「繁栄を考えて投票した。ゴキブリは怖い」と判で押したように答えた。ゴキブリとは警察がデモ隊を揶揄する時に使う言葉だ。
 中国を支持するのか。自由を守るために戦う民主勢力を支持するのか。香港を二分する区議会議員選挙の大勢は25日未明に判明する。改選前は親中派308議席、民主派107議席。(民間の選挙データベースより)


暴いちゃう世界の秘密を
【閲覧注意】日本人は知ってはいけない。天皇家の秘密 - 売春・黄金・戦争


さくら子
イエズス会の日本戦略
2019年01月18日(金)
(以下一部転載)
ローマ教皇フランシスコはイエズス会出身です。
イエズス会とはどういった組織でしょうか。
イエズス会は、軍隊組織です。
日本へもフランシスコ・ザビエルが修道服をまとった侵略者として
1549年来日しました。
イエズス会は歴史の一時期にだけ日本に影響を与えたのではなく、
今に至るまで日本のみならず、世界で暗躍し続けています。
今回は日本にどのような影響を与えてきたかを見てゆきます。
サンライズミニストリーさんの「アンカー」(2009年6月号)より抜粋します。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
フランシスコ教皇は、広島市の平和記念公園で開かれた「平和の集い」で演説、聞きようによっては、ウソに塗れた安倍晋三首相に対する痛烈な批判とも受け取れる
19/11/25 07:19
(以下一部転載)
 訪日中のフランシスコ教皇は11月24日、広島市の平和記念公園で開かれた「平和の集い」に出席し演説、被爆地で全世界に向けて、平和のメッセージを発信したのは、冷戦下の1981年に故ヨハネ・パウロ2世が訪問して以来、38年ぶりであった。教皇は「戦争のために原子力を使用することは、犯罪以外の何物でもない」と指摘した。また、「核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、どうして平和を提案できるか」と述べ、核抑止力を唱える国々を批判した。教皇は演説のなかで、以下のように、これからの世代に向けて力説し、3つの行動を呼びかけた。
 「最新鋭で強力な武器をつくりながら、なぜ平和について話せるのだろうか。差別と憎悪の演説で自らを正当化しながら、どうして平和を語れるだろうか」
「戦争のために原子力を使用するのは、人類とその尊厳に反し、我々の未来のあらゆる可能性にも反する犯罪だ」
「次の世代の人々が『平和について話すだけで何も行動しなかった』として、我々の失態を裁くだろう」
「(1960年代に核の抑止力を否定し、軍備撤廃を唱えた教皇ヨハネ23世が出した回勅=公的書簡を引用し)真理と正義をもって築かれない平和は、単なる『言葉』に過ぎない」
 「『二度と繰り返しません』と言い続けるために『記憶すること』。自分だけの利益を後回しにして、平和に向かって『ともに歩むこと』。そして、原爆と核実験、紛争の犠牲者の名の下に『戦争や兵器はもういらない」と叫び、平和を『守ること』。これらが『広島においてより一層強く、普遍的な意味を持つ』」
(朝日新聞「【詳報】ローマ教皇『平和の巡礼者として』 被爆地訪問」2019年11月24日21時27記事より)
 これらの発言は、聞きようによっては、安倍晋三首相に対する痛烈な批判とも受け取れる。安倍晋三首相が、国連で2017年7月に採択された核兵器禁止条約について「現実の安全保障の観点を踏まえることなく作成されたために、核兵器保有国が1か国として参加していない」と指摘し、核保有国や非保有国との間で「立場の隔たりが拡大している。各国の橋渡しに努め、対話を粘り強く求める必要がある」と発言して、日本の参加に否定的な見解を示し続けているからである。教皇は25日午前に天皇陛下と会見し、午後に安倍晋三首相と会談する。そのとき、ウソに塗れた安倍晋三首相は、どんな表情をするか、見ものである。


Facebook - オオイシ アヤカ
【核製造のウラに、ウラン鉱山利権あり。日本に落とされた原爆は、バチカン配下のベルギー王国領コンゴ製のものでした】
11月24日
(以下一部転載)
知らないワケないだろが😂言葉にダマされちゃだめですよー【核製造のウラに、ウラン鉱山利権あり。日本に落とされた原爆は、バチカン配下のベルギー王国領コンゴ製のものでした】#マンハッタン計画 #ローマ教皇 #バチカン #ソルベイ会議 #世界最大の株主  
なんのために戦争は起きるのか?
それは、覇権・ビジネス拡大のため。  
その後押しをしているのは、
なんてことない「平和を祈っている張本人」なのです。
バチカン市国が、どうしてあんなにきらびやかで、潤っているのか?
カトリックはどうして世界にたくさんの教会と宣教師を配置し「支店経営」できるか
…これらを考えたことはありますか?  
…信徒たちからの寄付だけだと思いますか?   
戦争で儲けたものが、入ってくるとしたら、祈りそのものが茶番では??
でも組織ってそんなものなのかもしれませんね😣💦  
…いつまでもイリュージョンにだまされている私たちが悪いのです👍
…「そんな大きなことは考えても仕方ない!目の前の幸せだけ」って、見ないようにして黙認して、堂々たる巨悪に言及せずに
大衆どうしでいがみあう私たちは、同じ責任を背負っています。
========
【核兵器開発の裏にベルギー国王主催の「ソルベイ会議」あり~マンハッタン計画推進に貢献したアインシュタインも参加】
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=287415
現在、一組織として多国籍企業の最大の株式所有主は、ローマ・カトリック教会=バチカンである。
バチカンは、宗教組織ではなく、一つの「投資ファンド」である。利益のためであれば、喜んで戦争を引き起こす。
バチカンの下僕として活動するドイツ系貴族ザクセン・コブルク・ゴータ一族が、ベルギー国王一族である。
このザクセン・コブルク・ゴータ一族の末流が、英国王室ウィンザー家であり、ウィンザー家を「手本」に、明治時代、日本の天皇家は「創作」された。
やがて世界帝国の中心地となるベルギーに、世界統一政府の「原型」である国連機関が置かれ、暴落する米国ドルを尻目に、英国金融街シティが、為替等の取引高で米国ウォール街を追い落とし、トップの座に就任し始めている。ベルギーと英国、共にバチカンの下僕ザクセン・コブルク・ゴータの国である。
第二次世界大戦中、アメリカと日本で原爆の開発競争が繰り広げられている中、アメリカの原子爆弾開発マンハッタン計画では、そのウランの調達は、アフリカのベルギー領コンゴ、カナダのグレートベア鉱山、アメリカのコロラド州カルノー鉱山で行われましたが、広島に落とされた原爆に使われたウランはコンゴ製です。
 そして、ベルギー領であったコンゴでは、ベルギー国王レオポルト2世の経営する無数の大規模ゴム農園で、黒人が凄まじい奴隷労働を強制されました。 この奴隷農園を経営していたのが、ロスチャイルド一族とその盟友・銀行ソシエテ・ジェネラル・ド・ベルジックであります。
そして、コンゴの人達には1日に採集するゴムのノルマが与えられ、1日でもその割り当てノルマが達成できないと、ロスチャイルドはその黒人奴隷の手首をオノで切断し、制裁を加え、たとえ相手が少年であっても容赦される事はありませんでした。 
 そして、病気やケガでもはや働けなくなったコンゴの人達を射殺するよう、農園の監督人は命じられましたが、ロスチャイルドはライフル銃の弾丸を節約するために、殺害された黒人1人に対し、弾丸1個しか使用してはならないというものでした。
 その為、使用した弾丸の数と同一の数の黒人の手首を持ち帰る事が、監督人に要求されていたのです。 黒人を殺すのに、彼らの命より、わずか1個の弾丸のほうが、もったいないと言うことです。
 一方、農園監督者のほうもエゲツなく、実際は木の棒で黒人を殴り殺し、その弾丸を闇市場に横流しして、「小遣い」として着服していたのです。
<中略>
 ベルギー国王は、正式にはドイツ系貴族のザクセン・コブルク・ゴータ一族を名乗り、実はイギリス王室のウィンザー家も、同じドイツ系貴族ザクセン・コブルク・ゴータ一族であります。
 ウィンザー家の元の家名が、ザクセン・コブルク・ゴータ家で、ヴィクトリア女王の夫アルバートの家名であり、アルバートはドイツのザクセン・コブルク・ゴータ公エルンスト1世の息子でありました。 この家系からはベルギー、ブルガリア、ポルトガルの王家も出ています。
 何故、現在ウィンザー家と名前を変えているかといえば、第一次世界大戦中の1917年、ジョージ5世が、敵国ドイツの領邦であるザクセン・コブルク・ゴータ公国の名が冠された家名を避け、王宮のあるウィンザー城にちなんでウィンザー家と改称しただけの話です。
 このように、この王族は、アフリカ、インド、中国で、残虐極まりない悪事の限りを尽くしている訳であります。 
 コンゴは、ウラン最大手の生産国で、ロスチャイルドの核兵器原料企業ソルベイ社が、コンゴでのウラン採掘と世界への販売を担当していますが、このソルベイ社とベルギー国王が、ブリュッセルで3年に1度開催する 「ソルベイ会議」は、世界中の核兵器メーカーと核物理学者が集まり、今後の核兵器販売計画を密談していますが、これはソルベイ社から招待された人しか参加することはできません。
 アメリカのマンハッタン計画のきっかけとなったのは、アインシュタイン博士がルーズベルト大統領に書簡を送り、原爆開発の推進を提言した事にあります が、これはソルベイ社が、アインシュタイン博士を、第5回ソルベイ会議に招待し、核兵器開発を説得・誘導したからであります。
 マンハッタン計画は、核物理学や資源確保という面で国際的な作戦計画であり、そのリーダーは、のちに国際原子力機関(IAEA)を創設する、ベルトラン・ゴールドシュミットですが、彼の妻は、ロスチャイルド一族のナオミ・ロスチャイルド。


ネットゲリラ
安倍「やれ」 安倍「おーい誰かー」
 (2019年11月25日 14:48)
(以下一部転載)
ヤフーの調査でアベ政権の支持率が23パーセントというので、ネトウヨ、サボってるんじゃねーぞ、ともっぱらなんだが、まぁ、カネの切れ目が支持率の切れ目、さすがにアベシンゾーもスポンサーから見放されたという事か。それともネトサポ総動員してこの結果なのか?
------
2019/11/25 12:44現在 Yahoo投票
意識調査
2019/11/30(土)まで
安倍晋三首相は、第1次政権からの通算在職日数が2887日となり、歴代1位の桂太郎を追い抜きました。
歴代最長となった安倍政権、あなたは支持しますか?
99,193人が投票中!
・支持する 23.5%(23310票)
・支持しない 74.9%(74316票)
・分からない 1.6%(1567票)
------
先が見えたので、今、工作にカネを使っても無駄、というのがスポンサーのご意向で、これからの転落は速いぞ。次を考えてるヤツが生き残る。まだ野党でいたいヤツは振り落とされる。立憲民主党は若手が山本太郎に着いて分裂は避けられない。半分は山本太郎陣営に移るだろう。


シャンティ・フーラの時事ブログ
消費税を上げておいて、さっそく法人税を下げ、公的年金の給付を下げ、介護施設の補助を切り詰める安倍政権
2019/11/25 11:00 AM
(以下一部転載)
 自民、公明の税制調査会が2020年度の税制改正で、「法人税減税」を検討し始めました。消費税を上げておいて、返す刀で法人税減税とはあまりにも分かりやすいと思ったら、自民党税調会長はあの甘利氏。建設会社の口利き疑惑を未だに国会で説明していない甘利氏。国会を睡眠障害で長期欠席した甘利氏でした。ご自身の収賄疑惑の説明も果たされていないのに、国民の税金をポケットマネーのように法人税減税に当てようとは、いい了見です。
 今や安倍政権が消費税増額分を社会保障に当てるなど誰も信じていませんが、それにしてもこれ見よがしに社会保障費の削減を打ち出しています。
 これまで特別養護老人ホームなどの入居費用のうち食費・居住費については、要件を満たせばちょっぴり補助が出ていました。しかし今後はその要件を厳しくし、その「ちょっぴり補助」を受けられる人がさらに少なくなります。各サービスの公平性が理由とされていますが、一律国が全額負担すればこれほど公平なことはなかろう。
 さらに日経によれば、今後、公的年金の給付額がさらに下げられるそうです。「今の高齢者への給付額を抑えれば、将来世代の給付に回せる」とありましたが、そんな○○言説を信じるお人好しさんが居ると日経は本気で思っているのだろうか?


シャンティ・フーラの時事ブログ
量子力学の実験によって「この世に客観的な現実は存在しない」ことが明確になった ~「ひとりひとりが、その人だけの現実を持っている」
2019/11/25 10:00 PM
(以下一部転載)
竹下雅敏氏からの情報です。
 昨日の続きで、「この世に客観的な現実は存在しない」ことが、量子力学の実験で明確になったというIn Deepさんの記事です。
 昨日の記事で触れたように、「この世の現実を創り出しているのは人間という観測存在だった」というのは、意味はわかりますが、同意はしません。理由は、意識的存在は人間だけではないからです。ただ、人間の意識がこの世の現実を作り出す上で、ある程度の比重を占めているのは確かだと思います。
 次に、枠で囲まれた「量子力学が示すふたつの事実」をご覧ください。ここに書かれているふたつの事柄も、完全には同意しません。粒子が「人間の意志で変化する」とありますが、ここには、“粒子の意志”という視点が抜け落ちているからです。スプーン曲げを楽々と行う人物は、曲がることをスプーンに“同意してもらう”のだと言っていました。
 また、上の、人間が観測することによって現れた「客観的な現実」というのは、その観測者の「主観的な現実」ではないでしょうか。「客観的な現実」など、少し考えればあり得ないと思います。なぜなら、人間は世界を脳の中で再構成して見ているからです。脳や知覚器官の機能が異なれば、見える現実も異なってくるでしょう。おそらく、私たちが見ている風景と蝶々の見ている風景は、ずいぶんと違うものだと思います。例えば、カラスなどは、死体から霊が抜けるところが見えると聞いたことがあります。
 霊能者は、他の人の見えないものが見えています。その人が見ているものは、どんな測定器にもかからないとします。霊能者が見ている霊は、他の人には見えないのです。この場合、客観的な現実とは何なのでしょう。
 また、別の霊能者がその霊を見たときに、2人の霊能者は全く同じものが見えているのでしょうか。私には別の見え方をしているケースの方が多いように思います。なぜなら、2人の霊能者の心というフィルターを通して見ているからです。
 なので、今回の記事の結論である「ひとりひとりが、その人だけの現実を持っている」というのは、自然に感じます。





このページのトップヘ