『文殊菩薩』
『天気の子』が予告していた台風被害
2019年10月13日23:35
(以下一部転載)
新海誠監督のアニメは日本の近未来を予告する内容が多いが、7月公開の『天気の子』で今回の台風被害を予言していたのである。
同監督の『君の名は』で隕石の落下による街の消滅が描いているのは、北朝鮮による核ミサイル攻撃の予告であると思われる。
また、『雲の向こう、約束の場所』は、近未来に北海道がロシアに占領されるというテーマを予言するためだけに作られている。
同監督の『天気の子』は降りやまない大雨により関東地方が水没し、雨を止めるために人柱として犠牲となって死ぬ少女の物語だ。
もちろん、新海誠監督に予言能力があるわけではなく、彼は組織よりテーマと資金を与えられてアニメを制作しているに過ぎない。
以前にはスタジオ・ジブリが同じような役割を果たしていたが、2019年8月23日地上波放送の『崖の上のポニョ』も何やら怪しい。
『崖の上のポニョ』では津波で老人が亡くなる様が描かれているが、今回の台風でも養護施設が水没したとのニュースが流れている。
ハリウッド版『ゴジラ』で強風を起こすラドンは台風を、モスラは火山噴火を、ゴジラは地震と津波による原発崩壊を象徴している。
とすれば、大友克彦監督『AKIRA』で予告されたように、2020年東京オリンピックを前に複合災害が日本を襲う運命なのかもしれない。


シャンティ・フーラの時事ブログ
19/10/07 フルフォード情報英語版:カバール解体に向け軍隊が動員され、アメリカは内戦へ
2019/10/14 12:00 PM
(以下一部転載)
 このところ、自称“内部告発者”(実態は単なる又聞き)がアメリカ下院の民主党に駆け込んでは超しょーもない弾劾騒ぎを繰り広げています。次々とCIA関係者であることを早々に暴露されていましたが、グアンタナモの拷問指揮で悪名高きジーナ・ハスペルがやっと尻尾を出したようです。そして彼女もまた、ロックフェラーの一員でした。
 ということでアメリカの内戦は激化。予備役の招集まで現実化している模様です。JPモルガンなどのメガバンクも攻撃対象となっています。
 昨日の「ニール・キーナン更新情報:国際口座群、真実と盗人と嘘吐きと詐欺師 後半」でご紹介した動画も登場します。CIA筋に聞いたら、そりゃキーナン氏の悪口を言うでしょう。フルフォード氏とキーナン氏が直接会って、和解できないもんですかねぇ。
 一応、キーナン氏はUBSを潰すと宣言している側ですし、「仲介役が裏切っている」せいで時間を無駄にしていると訴えていました。動画は冒頭に10月2日と書いてあったので確かめませんでしたが、動画内で「今日はシンガポールでフォーミュラ1が開催されている」と本人も語っているので、あえて日付を偽っている訣でもなさそうです。ただしキーナン氏はジョコウィ大統領支持だったと思います。
 記事では他に米軍へのアドバイスとして、本丸スイスを狙うこと、カバールによる中国の取り込みを警戒することを挙げていました。孫正義は孫文の一族だったのですね。ザッカーバーグといい、実業家として成功するのは実力よりも他の要因が大きいみたいです。
 まずは十月革命でロックフェラー一族の粛清、となるのでしょうか。是非とも清々しいお正月を迎えたいものです。


《櫻井ジャーナル》
中東のパワーバランスが変化する中、露大統領がサウジを訪問
2019.10.14
(以下一部転載)
 支配体制が揺らいでいるサウジアラビアをウラジミル・プーチン露大統領が10月14日に訪れる。サウジアラビアは言うまでもなくアメリカの影響下にある国で、イスラエルと同じようにアメリカの支配システムにおける重要な柱のひとつになっている。揺らいでいるサウジアラビアの体制を支えるためなのか、アメリカは約3000名の部隊を同国へ派遣するようだ。
 現在、サウジアラビアはモハメド・ビン・サルマン皇太子を中心に動いていると見られているが、その皇太子が孤立化していることは本ブログでも指摘した。
 父親である国王のサルマン・ビン・アブドラジズ・アル・サウドからの信頼も失い、国王から最も信頼していた警護責任者のアブドル・アジズ・アル・ファガム少将を9月28日に射殺した黒幕は皇太子だと言われている。
 皇太子は2017年11月4日からライバルの粛清をはじめ、48時間の間に約1300名を逮捕。拘束された人びとは財産を取り上げられただけでなく拷問された。
 その拷問を行ったのはブラックウォーター(すでにXe、さらにアカデミへ名称が変更されているが、今でもよく使われているので、ここではこの名称を使う)だとされているが、皇太子は警護をブラックウォーターに任せようとしているとする情報が流れている。
 サウジアラビアを訪問するプーチンはシリア政府とクルドの話し合いを仲介しているという。シリアは2011年3月からアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの三国同盟、イギリスとフランスのサイクス-ピコ協定コンビ、パイプラインの建設でシリアと対立したカタール、そしてオスマン帝国の再興を夢見るトルコなどに侵略戦争を仕掛けられた。
 その中からカタールとトルコが2016年に離脱する。トルコの場合、シリアでの戦争長期化で経済が苦境に陥ったことが大きい。
 シリアでは2015年9月末に同国の政府から要請を受けたロシアが軍事介入、アメリカなどの侵略勢力が使っていたダーイッシュ(イスラム国、IS、ISIS、ISILとも表記)やアル・カイダ系武装集団、いわばジハード傭兵を敗走させ、戦況は一変。そこでトルコの戦闘機が11月24日にロシア軍機を撃墜した。アメリカ軍の命令によると見られている。
 その撃墜をトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は2016年6月下旬に謝罪、7月13日には同国の首相がシリアとの関係正常化を望んでいることを示唆。その2日後に軍事蜂起(クーデター未遂)があったが、すぐに鎮圧されている。事前にトルコ政府へロシアから警告があったと言われている。
 このクーデターでアメリカはフェトフッラー・ギュレンの一派を利用した。アメリカでCIAに保護されているギュレンを引き渡すようトルコ政府はバラク・オバマ政権に求めるが、拒否される。トルコ政府はクーデター計画の背後にアメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官がいたと主張している。
 クーデターの失敗はアメリカを厳しい状況に追い込むことになった。トルコは戦略的に重要な位置に存在するNATO加盟国であり、扱いが難しい。手先のクルド勢力をトルコ軍が攻撃したからといって、アメリカ/NATO軍がトルコ軍を攻撃するわけにはいかないのだ。こうした展開になったことで、クルドは自分の立場を理解しただろう。シリア政府と話し合いが始まっているとは以前から言われていたが、ここにきて​協議​は進んでいるようだ。
 クルドがアメリカの手先として動くことをやめ、「クルドの国」の建設を放棄したなら、アメリカのほかイスラエル、サウジアラビア、イギリス、フランスはシリア占領を続けることが難しくなる。
 こうした勢力はイラクの拠点を強化しているが、そのために関係が悪化しているイラク政府を揺さぶっているが、その目論見が成功するかどうかは不明だ。
 アメリカの支配力が弱まり、中東のパワーバランスは大きく変化している。そうした中、アメリカを支えてきたサウジアラビアをロシアの大統領が訪問、何が話し合われるのかは興味深い。


田中龍作ジャーナル
【香港発】「遊撃戦」に戦術転換のデモ隊 逮捕者出さぬよう
2019年10月14日 00:15  
(以下一部転載)
 行方不明者は何人いるんだろうか? 死者は何人いるんだろうか? 逮捕された友達は無事なんだろうか?
 「香港の惨状を世界に伝えたい」。市民たちが13日、無数の折り鶴で戦いのスローガンを書いた―
  FIGHT FOR FREEDOM
  STAY WITH HONGKONG 
 「鶴文字」を書いた場所は、外国人観光客で賑わうチムシャツォイの海浜公園だ。ドローンで撮影し、写真はSNSで世界に発信する。
 鶴を折った学生(21歳・女性)は、友達3人が逮捕された。行方不明も数人いる、という。
 「鶴を折ったからといって友達が釈放されるわけではないけど、これしかない。世界に香港の現状を知ってもらいたい」と力なく語った。もちろんマスクを着用しての参加だ。
 デモ隊としても1ヵ月に500人以上が逮捕される事態は避けなければならない。戦力を消耗するだけだ。
 この週末(12日)辺りから戦術を転換したようだ。機動隊とぶつかる市街戦は避けるようになった。
 代わりに展開し始めた主な作戦は、中国系企業や警察のお先棒を担ぐMTR施設の破壊だ。
 これらの作戦はもともとあったが、この週末辺りから集中的に実行し始めた。
 いきなり現れて作戦を実行したらすぐに消えるのである。確かに逮捕者をあまり出さずに済む。
 バリケードを築いたりするが、立て籠もり用ではない。機動隊の進撃を遅らせるための障碍物だ。
 デモ隊のコアなメンバーは田中に「遊撃戦に切り替えましたね」と話した。「遊撃戦」という言葉を使ったのである。
 デモ隊の神出鬼没に対応するため、機動隊の小型バスが激しく東奔西走する。これまで見られなかった光景だ。
 警察が遊撃戦を力で潰したりするようなことにでもなれば、デモ隊は地下に潜ることになる。
 中国人民解放軍の戦車が出てきても、どうにもならない。


板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
「天が、悪魔の黒い貴族とその眷属を最終浄化する作業を進めており、『外交の安倍』の化けの皮が剥げた安倍晋三政権は、もう持たない」と上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、予告している
19/10/14 08:16
(以下一部転載)
 安倍晋三首相は10月11日の衆院予算委で質問に立った国民民主党の前原誠司元外相(衆院京都2区)に「外交面ではロシアとの北方領土交渉や北朝鮮による拉致問題が進展していない。外交の安倍と言いながら何の成果を上げたのか」と厳しく批判された。在任通算8年にもなるのに、「外交の安倍」の化けの皮が剥げて、あえなく沈没、「政府専用機で外国にばかり観光旅行三昧」の末に、政治の要諦「治山治水」を忘れていたツケが、毎年発生する風水害、河川大決壊、山崩れなどの災害によって安倍晋三政権を根底から揺るがしている。「令和元年9月9日台風15号」(千葉県を中心に甚大な被害、死者1人、負傷者148人)と「10月12日『ハギビス』台風19号」(1都10県に被害、死者35人、行方不明18人、負傷者187人)によってひと月に2度も大打撃を受けた。国民有権者からは、政府に対する非難の投稿が多く出ているという。上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦は、「天が、悪魔の黒い貴族とその眷属を最終浄化する作業を進めており、安倍晋三政権は、もう持たない」と予告している。以下、続けて言う。


ネットゲリラ
動かざる事、アベシンゾーの如し
 (2019年10月14日 02:08)
(以下一部転載)
朝鮮愚鈍王アベシンゾーが休日は何が起きてもヒキコモリで何もしない、というんだが、シャブやってる人って、そういう事、あるよね。二、三日、連絡も取れない。人前に出られる状態ではないんだろう。狩野川台風の時は、時の首相が稀代の売国奴、岸信介だったんだが、それでもあわててヘリコプターで現地視察している。ネトサポが口を揃えて「大した被害は出てない」というんだが、何十人も死んでいる近来稀に見る大災害です。
------
首相動静―10月12日
 終日、公邸で過ごす。
------
トップがコレだから、現場でも気合いが入らない。婆さんを40メートルも落っことして殺したり、緊張感欠けてます。
------
近年TV等で武蔵小杉と呼ばれている場所は小杉ではなく市ノ坪や宿河原という地名。地名から分かる様に昔は多摩川の蛇行の中。元は砂利採掘、その後は工場。土地が低く溢れて当たり前の場所なんですよ
------
そんな場所にタワーマンション建てて、ちょっとした水害で住めなくなるというのも、乱開発の結果で、今だけカネだけ自分だけ、売り逃げした不動産屋の勝ちだw


ネットゲリラ
安倍はもちろん何もしません
 (2019年10月14日 04:05)
(以下一部転載)
一日で台風の犠牲者が倍になったんだが、まだまだ日毎に倍々で増えるのだろう。311の時もそうだった。おいらもほとんど外出せずに情報を集めていたんだが、結局、TwitterとFacebookが一番早かった。何もしない朝鮮愚鈍王はご自慢のネット部隊を動員して、せめて、被害情報を集めるべきだったね。
------
 各地に大雨被害をもたらした台風19号で、13日夕方までの朝日新聞の集計では、少なくとも23人が死亡、20人が行方不明となっている。国土交通省などによると、関東や東北など計21河川で堤防が決壊して浸水するなど、東日本を中心に36都道府県に被害は広がっている。
 この台風の影響で、関東や東北など10県で計23人が亡くなった。栃木県や神奈川県、群馬県でそれぞれ4人が死亡したほか、宮城県でも3人が死亡。福島県では6人が行方不明になっている。河川の水が広範囲にあふれ出たことなどから、各地で計1575棟が床上浸水し、1656棟が床下浸水した。さらに被害は広がりそうだ。
------
近年では、50名を超す犠牲者というのは大災害です。来る前から、大きな被害が予想されていたわけで、それが、10万円のワイン飲んで酔っ払って以降、何日間も消息なしの首相って、どうよ? つくづく政治が嫌いに違いない。


richardkoshimizu のブログ
台風19号と日本経済の関係
2019/10/14 8:23:56
(以下一部転載)
スーパー台風19号が発生したワケ「強大なストームはもっと強大化し、もっと頻繁に起きる」米気象学者
 コロラド州立大学の気象学者フィリップ・クロズバック氏もこの速さに驚き、こうツイートしている。
「ハギビス(台風19号)は、最大瞬間風速が18時間で40メートルも強まり、熱帯低気圧からスーパー台風になった。北太平洋西部で、18時間でここまで急速に発達した熱帯低気圧は、18時間で風速が40メートル強まった1996年の台風イェーツ以来だ」
------
台風19号は、発生直後に信じがたい短時間に急速に発達してスーパー台風になった。つまり、発生直後にちょっと細工をしてやると強大化する。実際、気候改変特許で、そのような「手法」が論じられていた記憶がある。今回の台風、サイズが大きすぎる。雨量が気違い沙汰である。1000ミリを超えている。ありえないことの連続だ。
当然ながら、被害は甚大である。だが、人的被害は一部で予測された死者8000人といった数字には達しなかった。なにやら、熊本地震同様に「中途半端」な結果で終わった「人災」だったのかもしれない。東京湾で高波・大潮による大規模な浸水が起きれば、死者は多数出たかもしれない。過去に例を見ない大台風だった割には、人的被害は「甚大」ではなかった。
一方、河川の堤防は決壊し、家は流され、田畑は水没した。そして、鉄道があちこちで寸断された。中でも、北陸新幹線が10編成、120両が水没して「廃車」となる模様であり、痛手だ。当分の間、復旧しそうにない鉄道網もある。これは、日本経済に多大な影響を及ぼす。だが、日本の経済劣化を願う連中にとっては、まだまだ不十分な「ダメージ」だったかもしれない。
なにやら、日本を壊そうとする「勢力」に、日本が、無意識に最大限の抵抗をしているかのように見える。
これも、DSの衰退を意味するのであろうか。
台風の犠牲者の方々に深く哀悼の意を捧げます。被災者の皆さん、大変な事態ですが、希望を失わずに!
ところで、おかげで収賄事件が有耶無耶になった、関電と自民党清和会の犯罪者の皆さん、特に、安倍晋三さん、台風様に感謝していますか?


シャンティ・フーラの時事ブログ
台風19号の直撃を受けたフクイチ、排気筒の倒壊は免れたものの、汚染水流出の不安に加えてフレコンバッグが浸水、流出
2019/10/14 11:00 AM
(以下一部転載)
正直に報道してくれた自治体。
もっと多くの場所で似た様な事象が発生していると
想像はできる。
相当な雨量が地下に染み入ったからこれが
F1(東京電力福島第一原子力発電所)を通り
太平洋へ。
回遊する海産物の汚染を想像しましょう。
(DFR)
 台風19号の予想進路上には福島第一原発がありました。311以降、応急処置のまま経年劣化した脆弱な施設が強風に耐えられるのか、また、これまでの台風の時と同様、地下水位の上昇により汚染水が流出するのではないか、さらに現在、解体作業が進行中の1号機2号機の排気筒が倒壊し高濃度の放射性物質が強風に乗って大量に飛散するのではないか、多くの不安を抱えつつ夜が明けました。
NHKのニュースでは、フクイチの「配管の水漏れ検知器の警報が鳴っている」と報じながら、同時に「放射性物質が漏れ出す異常は確認されていない」と断じており意味不明です。それに対して、ロイター通信では「放射能汚染水感知器の異常な測定値の検出が続き、汚染雨水も含め放射能汚染水が海洋に漏出されたことは疑いない」と報じています。結果的にNHKの「異常」を報じたようなものでした。
 そして13日、福島県田川市では除染廃棄物をつめたフレコンバッグの仮置場が浸水し、川に流出したと報じられました。野ざらしのまま台風対策などは取られておらず、流出は「想定内だった」状況です。空気中の飛散だけでなく、河川の下流域の汚染も一層深刻です。途方に暮れる思いですが、除染利権にとっては、再び「宝の山」ということでしょうか。


シャンティ・フーラの時事ブログ
一般人をブロックしまくっておいて、防災情報をツイート発信する河野防衛大臣 / 台風19号の被害について、二階幹事長の発言「まずまずで収まったという感じだ」に批判の声
2019/10/14 8:50 PM
(以下一部転載)
 河野防衛大臣の災害に関するツイートが、「ブロックされてるから見れない」事態になっているとのことです。河野大臣が、“一般人をブロックしまくっている”のはよく知られています。一度も絡んだことがないのに、先まわりブロックされている人も結構いるようです。
 一般人をブロックしておいて、防災情報を発信するというのは、理解しがたいところです。河野大臣にすれば、自分を批判する連中は、“死んでもいい”と思っているのでしょうか。それとも、こうしたことに関して、“何も考えていない”ということでしょうか。いずれにしても自民党は人材の宝庫で、次から次へと問題のある議員が湧き出してきます。
 “続きはこちらから”をご覧ください。二階幹事長は、台風19号の被害について、「まずまずで収まったという感じだ」と発言。多摩川、荒川の氾濫を想定していたので、“まずまずで収まった”と言ってしまったのでしょう。
 政治家としては極めて不適切な発言で、批判が出るのも当然です。しかし、今の安倍政権を見ていると、地方がいくら被災しようが、東京さえ守られれば良いと思っているように見えます。
 あべぴょんの言動と二階幹事長の発言を見ると、与党議員は、国民のことなどどうでもいいと考えているとしか思えません。あべぴょんの場合、株価と支持率しか頭にないのかも知れません。


シャンティ・フーラの時事ブログ
橋下徹氏「都市部に被害が出ないように上流部であえて氾濫させる」 ~いざというときは江戸川区を沈めて都心を守る設計
2019/10/14 8:20 PM
(以下一部転載)
 橋下徹氏が、“都市部に被害が出ないように上流部であえて氾濫させる”とTV番組で発言。大阪の治水行政を例に出して、ゲストの専門家に質問していましたが、尋ねられた専門家はしどろもどろ。事実上、橋下氏の発言をそのまま認めていたように見えました。
 10月12日の記事で取り上げましたが、江戸川区のハザードマップの文章は、「ここにいてはダメです」でした。7割以上が海抜0メートル未満ということで、災害が起こると、区の全域が浸水してしまうと予測されています。
 マンションの3階以上に住んでいたとしても、電気、ガス、水道、トイレが使えない状況になります。しかも、浸水の中に250万人が取り残されるとなると、救助しきれません。
 また、“いざというときは江戸川区に沈んでいただいて、都心を守る設計になっている”ということらしいので、元々江戸川区全域が水没するようになっていると考えられます。“原発を都市部に造らないのも同じ理屈”とのツイートが、的を射ていると思います。
 なので、橋下氏の発言は、大阪府のトップだった人物の発言として十分に納得できるものです。問題なのは、現実に水没することを想定される地域に住んでいる人たちが、こうした治水行政のことを全く知らないことだと思います。いざという時に犠牲を強いられる地域に住んでいる人たちと、比較的安全な地域に住んでいる人たちが、同じように税金を払わなければならないことに、納得できない人も多いのではないでしょうか。


Facebook - Sumire Hashimoto
宇宙人と通じている人って結構いるよ
とにかく気持ちイイのよ♪
(以下一部転載)
宇宙人と通じている人って結構いるよ
とにかく気持ちイイのよ♪
あちらと繋がるにはスケジュールと満期がある
ムリにやるとすれば方法はあるけど
コレができるかどうかは分からない
『自意識を失う』『自我の消滅』
基本的必要条件のエゴ=生命維持の意識
をそうしつする
だから死にかけた人は生還すると
通じている場合が多いのよ
逆説的に言うとエゴとか自意識とか自我が
この世とあちらのボーダーラインシールドになっているとうこと
だからタイマとかNGなワケさ
本当にオープンマインドで
脳のロストコントロールをさせちゃう物質は
マズいって輩が阻止いてる
どうせ解禁しても製薬会社が
薄めるとか変なものを加えるとかしてさ
効果を得られないように操作すると思うよ
自家菜園を禁止した理由のひとつも
ここに通じてくる
みんなが宇宙人と通じたら
この世の支配構造がいかに原始的であるか
バレバレちゃうからね
もう誰も輩の嘘を相手にしなくなる
本質が見えてくるようになり
バカバカしいにもほどがあるって
笑えちゃうと思うよ